2010年 07月 05日

夢のようなコンサートの余韻。。。【 予告編 】

f0057849_1694481.jpg
前回のSIRの来日コンサート(大阪ドーム)は当時、小学生だった娘を連れて出掛けました…。

"let it be ライト"(蛍光(夜光?)液体の入った光るスティック)を健気に振りつつ"Jet!!"とか遣ってたのが非常に懐かしく思い出される特別なmemory(*彼女にとって最初に行ったコンサートが元ビートルズ!と言う既成事実(笑))…と、感慨深い素晴らしいライブでした。どちらかと言えば以降のステージ構成はこの頃のDRIVING 〇〇ツアーの改訂版と言った趣で御座いますがそれでもSIRのライブ自身6回目の今回はそのシチュエーションも手伝って最高に堪能出来ましたのは言うまでも御座いません!

f0057849_1618544.jpg

スクリーン一面に浮かんだ蝋燭の灯火に酔った"LET IT BE"。。。手の届きそうな(*実際には当然ながら届かないけど(笑))直ぐ其処でビートルズ歴史遺産たる楽器を抱えSIRが唄う!



f0057849_1621695.jpg
当然ながら焦点イマ百でありますが、自分が撮影したお写真達の中でもこの予告編でチョイスした数枚は特に好きなショットです。
今や"サヴァイビング・ビートル"としてJOHNばかりかGEORGEの分まで、まるで将来に遺すべき歌を生で唄い継ぐ"語り部"の如し(*勿論ショウとしての構成/楽曲のマーケティングと言う側面こそあれどだ!)。其の双肩に独り十字架の如く重く背負う(*もしかしたら そんな自意識はないのかもしれないけど深層心理下には絶対存在すると思います。)のは、それこそcarry that weightか!? ホテルで生のSIRを目の当たりにし、その飄々とした形相に何処となくそんな事すら感じてしまいました。。。
f0057849_16434280.jpg
僅か数メートルの距離で観れた悦び。。。兎に角、この格別な体験を"私的記念"として記憶と記録を辿って満足ゆくように遺したいと思います。コンサートの始まる前の独特のワクワク感、其れは( ↓ )のその歌詞も其の侭に体験出来ました♪

sittin' in the stand of the sports arena, waiting for the show to begin...

red lights, green lights, strawberry wine.

good friend of mine follows the stars, venus and mars are alright tonight...



さぁ!

by one_after909 | 2010-07-05 17:52 | 閑話休題 | Comments(0)


<< 英国日記⑫ 【グラスゴウ~ロン...      英国日記⑪ 【 サウンドチェ... >>