飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 29日

the three colors of... "TROPICAL" ref.2526

f0057849_0135867.jpg
またの名…『meeting が開催されました。(*粒粒は"いくら"ぢゃないよ(^-^))

<序章>
なかなかお目に掛かる事の出来ない、素晴らしい逸品を目前にお店の閉店時間を軽く過ぎてしまいました。其れ程にスペシャルな…

溜息の出る様な特別なお時計達。それも単一リファレンスでである!! これを全部所有出来て その日の気分によって素材をセレクトし着用する"至福"を思わず夢想してしまう。逆説的に捉えればそんな"叶わざる夢"をひとときだけでも妄想させる罪なミーティングでもありました。さぁ!それでは目眩めくtropical worldにご案内いたしましょう。。。



f0057849_0314136.jpg
<第一章>
rose gold & yellow gold
我が左腕に載った至高の金無垢時計。…しかも贅沢の極致にも2本嵌め!!1950年代初頭のローズゴールドに1950年代後期のイエローゴールドの"塊り"。しかしそれは限りなく滑らかで優雅、なにものの追随も許さぬ佇まいを確実に備えて居ります。
f0057849_0391019.jpg
限りなくセクシーな奥側のRGバージョンのブレス。ああ堪らない!…過去、色んな金無垢を嗜んで参りましたが、僕にとりまして間違いなく最高の無垢無垢時計。。。"なにも足さない、なにも引かない"…的な真理を着用する側が探る極限のシンプルよ!
数多の時計と異なり其れは主人(あるじ)を飾らない、決まるも決まらないも主人の"男度"次第!…って言ったトコでしょうか?(*ちょっと言いすぎですね?スミマセン<(_ _)>)

お写真の写りが少々残念ですが、それでもこうして比較してみますと麗しき陶製の文字盤の微妙なお色目の差が見て取れます。RGの方は少し暖色系でYGは白っぽいです。これは各金素材に合わせたものだそうでより全体の印象を鮮明に演出してますね!?

f0057849_94631.jpg

爽やかなYGに艶やかなRG…。

(*但し、残念ながら一般及び女性受けは絶対に良くないと断言出来ます!まぁ判ってくれとは言いませんが、それでもコレ等を"男前"に着けこなすには相当、研鑽は必要だとおっかなびっくり着用した今年の夏にそう感じました。。。)
f0057849_9213237.jpg
<第二章>
the platinum with diamonds

更なる驚きはコレ!

なんと50本しか存在しないと言われて居りますプラチナ素材の同リファレンス。当時の小冊子の其の頁上で奇跡の撮影!(*僕にとりましてはね(^-^)、大興奮です!)第一章のYGとRGのブレス仕様が無垢無垢の理想なら、此方は間違いなく白系宝飾の理想郷に違い有りません。
 コレに憧れて…しかし流石に手に出来る筈もなく比較的イメージの近い現代のモデルをセレクトしたものです。其れが我が愛称"麗しのサブリナ"さん=ref.5108 宝飾カラトラバなので御座います。
f0057849_930531.jpg
エナメル調の白い文字盤に小粒のダイヤがセットされた様は清楚な中に煌びやかな華やぎがあり5108の大好きな処なのですが、2526Pの方の圧倒的存在感の前には流石に道を譲らざるを得ません。。。

このモデルを御存知の方には堪らない存在ではないでしょうか?勿論、僕も含めまして!f0057849_9375386.jpgf0057849_938917.jpg

f0057849_9384428.jpg

素晴らしいディテイルの数々に嘆息。その纏った雰囲気をしっかり我が五感に焼きつかせて頂きました~(^-^)

さぁ!本題参りましょうか~?

<最終章>
YG / RG / PT 夢の共(競)演(*means 三色丼の完成!)
f0057849_9502734.jpg
この風景はなかなかお目に掛かる事が出来ないと思います。遂に面前で実現の運びと相成りました♪

'50年代の販売当時、複雑系のref.と大差ないプライスが掲げられ、その価値は現代の貨幣価値に換算致しますと家が一軒買えるほど…であったそうです(*一番生産数の多いYGで)。むうう…。
当時では既に余り用いられなくなった手の掛かる手法で焼成された美しい文字盤を擁するシンプルな3針時計。そしてPP社初の自動巻きの機械を内に抱き。。。
f0057849_10104668.jpg
f0057849_1011374.jpg
満喫です(^-^)v

素晴らしいお料理も失礼な事に翳んでしまったほど…。

今回のmeetingは、ワンランク上の素晴らしき…まさにHN通り其の侭な趣きを誇られます Luxurydaysさん との待望の邂逅で御座いました…。

全体の雰囲気とかアバウトなムードは僕の頁で"なんとな~く"お伝え出来たのではないかな?…と存じます。僕如きではカバー出来ない 更なる詳細/マニアックな観点の分析は、伺って居りますと唸ってしまいます様な氏の解説を心待ちにしてて下さいませ!

年の瀬、押し迫った御多忙な時期にも関わらず、大阪の方にお越し下さって最高に濃厚な数時間を過ごさせて戴きました。ありがとうございました<(_ _)>
(*…しかし閉店時間があっ!という間でしたね(^-^)?最後、もうちょっと時間が有れば!! でもようやく実現した"TROPICAL meeting"。嬉しかったです!また次の機会も楽しみに致して居ります。。。)

おまけ…僕を完全にノックアウトしTROPICALへ向かわせた氏の罪なる記事…ミニマムな文字数で有無を言わさぬ表現にメロメロでした(^-^)

by one_after909 | 2010-12-29 01:12 | PATEK PHILIPPE | Comments(7)
Commented by 健康オタク at 2010-12-29 14:34 x
いや~いい物を見せていただき、ありがとうございます
(本当は実物を見てみたい)
他の2本も相当な目の保養ですが2526Pは初めて見ました
しかもダイヤ・・・
恐れ入りました
ホント参ります
変なコメントでスミマセン
Commented by humming-watch at 2010-12-29 17:45
超絶!三色丼・・・素晴らしいですね~(絶句。。。)
ヴィンテージRやΩとは全く趣が違いますが、間違いなく時計趣味の最終到達点ですね!
妖艶かつ気品溢れるそのお姿に魂が吸い込まれるようです。
小生にとってはまだまだ銀河の果ての如き存在ですがいつか辿り着けるように日々精進致しますヽ(`・ω・´)ゞ
Commented by 天下御免@ALL at 2010-12-29 19:00 x
ロレックスもそうですが、Pというのはダイヤモンド文字盤(しかも、3の倍数の位置にはバー型ダイヤ)というのが似合いますなぁ。そして、RとJのブレスもたまりませんね。
拙の3403では三色丼ができない?(Jしか見たことがない)ので、同じ12-600ATを搭載する2526のJRPによる夢の共演は素晴らしい記念写真であります!
Commented by one_after909 at 2010-12-29 21:56
健康オタクさん こんばんわ!
いやはや、凄い光景で御座いましたよ。3本揃うとホント壮観!。。。中でも仰るとおり"p"の存在感は圧倒的でした。目の保養を通り越して三種の神器的な神々しさ(笑)

欲しいな~?…と思うもやはり其れは叶わぬ夢。

それでも見てるだけでも幸せな気分に相成れました(^-^)♪
Commented by one_after909 at 2010-12-29 22:05
hummingお師匠様 こんばんわ!
ただただ素晴らしかったです。。。
Rの艶やかさ、Pの圧倒的な存在感…垂涎って言葉がまさにピッタリな氏のコレクションで御座いました<(_ _)>

シンプルなヴィンテージとコンプリケーション。道は多岐ですが自分なりにチョイスして愉しめればなぁ…と思います。全方向に極めるのは無理・無理~!と悟りましたゆえ最近、妙に力抜けてま~す(笑)

村名ワイン買いました♪
Commented by one_after909 at 2010-12-29 22:25
天下御免@ALLさん こんばんわ!
御無沙汰致して居ります<(_ _)>
仰るとおり!Pはとても素晴らしかったです!ダイヤモンドも妖艶な煌めきを放って居りました…くらくら。JRP集合は、ハイ!最高の記念撮影でした♪

薄い金ブレスの感触は最高で御座います(^-^)♪
…ただ、小心者なので取り扱いに細心の注意を払いつつ~(笑)
Commented at 2010-12-30 12:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< かわりゆく大阪駅あたり。。。      英国日記⑫ 【グラスゴウ~ロン... >>