飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 03月 31日

TIFFANY REED & Co, GENRVA...

f0057849_1428565.jpg

クラックの入った陶製の文字盤。素晴しく繊細なローマ数字...

しかし実物を手にして思わず、この19世紀中(circa 1850)に組まれた精密機械の醸し出す想像を絶する美しさに引き込まれてしまいました..。
f0057849_14424493.jpg

立体的に織り成す人の造り出した機能美。ただただ魅入ってしまいます...。

これは何と云いますか?初めてランゲ&ゾーネのダトグラフを裏っ側のグラスバック通しで覗かせて頂きました時の感覚によく似てます。

f0057849_8303142.jpgf0057849_830349.jpg


そしてこのゴングが奏でる音色は一体どんななんでしょうか?期待が膨らみます(^ー^)
...しかし、実はミニッツなのか?クォーターなのか?其れ以前に稼働するのか?それさへ判って居りません。。。
f0057849_1445171.jpg
f0057849_144828100.jpg
噛み合う"狼の牙"。

正浩に見て貰ったら『APの機械によく似てるね?』...と教えて貰いましたが、実際どこのメーカーで作られたムーブメントなのでしょうか? 当時よりTiffanyはいろんなメーカーに発注していたと思いますが、もしご存知の方がいらっしゃいましたら是非!ご教示頂戴出来れば嬉しいです<(_ _)>

...う〜ん?PANERAIの47mmに挑む大径の腕時計仕様にするか? モダンとクラシックの融合したかの様なのに仕上げれればええかな〜?

...とかいろいろ妄想中♪

by one_after909 | 2012-03-31 14:54 | 閑話休題 | Comments(1)
Commented at 2012-03-31 15:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 木目細かな...      彼女は。。。 >>