飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 07月 05日

"ちょい"小振り?

f0057849_1143131.jpg

ん〜? 此処で云う"ちょい小振り"とは大凡38mm辺りを指している様だ。。。

確かに42~5mm辺りをずっと推していた事実からすれば、7mmはかなりのdown sizingと云えましょう。

..ま、スタンダード/スポーツ(カジュアル)って区分だけでも随分変わって来るし、年齢的なものもある。大きさなんて所詮 人の好み! as you like でいいのであります。


でも、その下の世界は更に甘美でっせ!その辺りの雑誌の感覚が世間を支配する限り『こんな小っちゃなのんしちゃって』な背徳感(?)も手伝って...ぐへへ^^♪

by one_after909 | 2014-07-05 11:59 | 閑話休題 | Comments(6)
Commented at 2014-07-05 12:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by one_after909 at 2014-07-05 16:50
こんにちは!
"ちょい古の"...そうですね~^^? そうだと個人的には非常に嬉しい事です(..でも案外そうなったら又、別なトコに行きそうな気が致します.(天の邪鬼)^^;)♪

ブーム...なにより歴史と蘊蓄がありますし、時代を2つ3つ程越えましたので支持は根強い気が致します^^ 広告..確かにもしこの大きさ(38mm近辺)が幅を利かせればマガリナリにも響きますよね?
Commented at 2014-07-05 17:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by one_after909 at 2014-07-05 17:38
おお〜!!((((^0^)))))おめでとうございます!!!

さっすが〜!旬なトコを押さえてますね!...なんでしょう? 非常に楽しみであります(公開待ってます)♪

ふふふ...こちらは(不敵な(笑))
Commented by かもとろば at 2014-07-07 15:54 x
お師匠様

時計のサイズは人それぞれで、たとい細い手首でもご本人が気に入っている以上他人がとやかくいう問題ではありませぬ。

でもちまたのデカ厚ブームはエスカレートする一方で、欧米人ならいざ知らず40mm超は日本人の一般的な手首のサイズだと時計が主張しすぎて粋じゃないように思えるのは小生だけでしょうか?
1970年代には高級時計メーカーは薄さを競ったと言います。
流行は繰り返すと言いますからいずれ揺り戻し回帰が来るのでは?

世間の常識では38mmは小振りですか・・・。

16.5cmと乙女並みの手首の小生にはアクアノート5065Jもデカ過ぎでどうしても違和感があります。

そこでノーチラスは5711/1Aではなく5800/1Aにしましたが、細い手首に吸い付くようにフィット。
小振りにして正解だったとつくづく思います。
小振りが話材して不人気モデルだったのか僅か3年でディスコンとなりましたが、いつかトレンドが小振りに回帰して、あの幻の3800と人気が出たりしないかなあなんておバカなことを考えてみたりしました。

Commented by one_after909 at 2014-07-07 21:26
"ひとそれぞれ""主張"..まさに仰る通りだと思います(⌒^⌒)<(_ _)>!

"流行り"は過ぎればかならず一度は陳腐化は免れぬ運命ですから、そんな繰り返す波を乗り越えたお品こそstandardと呼ばれるのでしょうね〜?大きくとも小さくとも...そう云う意味ではPANERAIは既に'流行'の域を越えていると賞賛します(本音)。

5800は(既に)かなり稀少だと思いますよ(仕様も含めまして)!^^。そして個人的には3800は今でも自分ベストノーチラスであります!5065Jと共にいつかまた復帰したいなぁ..と虎視眈々と目論んで居る次第で御座います♪(..だから正直あんまり人気出ない方が嬉しいかもです、お値段あがっちゃうので(笑))

..and 今年の夏、更に小型化しました!


<< 梅雨..朝顔...そして夏☀時計      Valbray EL1 >>