飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 07月 29日

thirteen years with my rickenbacker 320...

f0057849_10582875.jpg

ステージ終了後、無造作に煉瓦の壁に立て掛けられた我が愛しの320...

普通、リッケンはクルーソンのペグであるが、何故かこの頃のはグローバーが付いている。..まぁ何というか? 最初はとても気になって交換も考えましたが、PORSCHE 912の北米スタイルの出目金お目々同様になんか『これはこれでエエやん?』な納得のもと今に至ります。。。
*聞く所によるとこのグローバーは非常に壊れ易く、上の蓋がボロっと取れてしまう症状が頻発するらしいのですが、'82年製の自分のは幸いオリジナルの状態をキープ致して居ります。

Jetgloなブラックのネックに赤いボウタイなのは.."カポ" *しかも昔懐かしいゴムのんね^^;

f0057849_1224075.jpg

オヤヂバンドなので普段は1♭でチューニングを落とし一晩30曲程を乗り切ります。今回ピアノ曲をオリジナルキーで演ったのでご覧のような些かショートスケールリッケンには似つかわしくない風体に相成った訳でございます^^; *前日のイベントではちゃんと真面目に後期曲はカジノに持ち替えて時に同様にカポ装着して演奏しました。

因みに"Here Comes The Sun"も7カポでこの320で演奏しました(笑)

f0057849_1225075.jpg







最後のステージを終え、カウンターで4人で乾杯してふうっ..と一息ついてたら、スタッフの方が『お客さんがギターを弾かせて欲しい..と言っている』と。..まぁ、別にいいか?っと 黒いスーツのまま、タイだけ少し緩めステージの所迄戻りますと。

それは前脇の席に陣取って、1ステから最終迄観てくださってリクエストもくれた欧米オヤヂ御一行の中心オヤヂさんでした..。

f0057849_12242795.jpg

ピックとギターを差し出すと、昔を懐かしむように...アニマルズともう一曲は何だろう? マイクも入れて暫し熱唱。その間自分は手拍子喝采と、新ジョージはドラムセットに座ってRythm合わせました。

大きな催しやホテルでの演奏は別として、長年こじんまりしたバーやレストランで演奏してますとお客さんとも近く、こんなほっこりとした場面も偶にあります。皆さん最初は『なんや?このギター?短くて弾き辛いな?』な怪訝な表情を一様に浮かべられるのもちょっと心の奥底でニヤリ??とする瞬間です。*性格極悪


そうそう、付け加えればビートルズに"Hotel California"とか"Born In The USA"をリクエストするのもよして戴きたい、その都度 ジョン並みにちょっと棘のあるMCが炸れ。。。。*性格極悪again


by one_after909 | 2015-07-29 01:41 | Comments(2)
Commented by i-colors at 2015-07-29 23:42
お疲れさまでございます〜〜

Born In The USA・・・爆!!WWWW
Commented by one_after909 at 2015-07-30 10:45
3日経過でようやく回復傾向〜^^; ..あきまへんなぁ♪

そんなrequestが来れば『じゃあリクエストにお答えしてBorn in the USA!』と叫んで"Back in the USSR"始める。。。とか思う性悪なのですが実行出来てません〜??


<< 取敢えず。。。      日々是。。。 >>