飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 10月 06日

Jersey Boys

f0057849_10145129.jpg
これまでに一番聴いた所謂サウンドトラックのレコードと言えば"シェルブールの雨傘"で間違いないです。。。??


近頃のお気に入りと言えばコレ! ..昨年の劇場公開時は逃しましたが先月、ようやくDVDで観る事が出来ました C・イーストウッド監督の"ジャージーボーイズ"です。
f0057849_9424390.jpg

ミュージカル/音楽映画は鳥肌の立つような..高揚する瞬間が際立ちますが、この映画もご多聞に洩れず自分がモデル(THE FOUR SEASONS)の大ファンなのも手伝って素晴らしい場面が幾つもありました!

例えば...ボブ・ゴーディオが初めてフランキー・ヴァリの歌声に触れた時、フランキーが歌っていた"moody's mood for love" のスキャット、そのシーンの後ボブが自作の曲を披露する際に徐々にメンバーが加わって行って素晴らしいケミストリが起きた時。..そういう意味では遡ってニックマッシ達と教会に忍び込んで歌うシーンも同様の鳥肌感動でした。。。'50年代中頃メジャーデビュー前の逸話シーンなので我々が良く知る著名な曲達では勿論ありませんが、それでも尚。

もしかしたら自分の知識が間違ってるのかも知れませんが、時系列的に歌の登場箇所が..とか厭なマニア根性的な指摘点もありますが、嵌っているので勿論文句のつけようなどある筈もありません!
f0057849_9293241.jpg


数年前、英国で観るチャンスがあったにも関わらず逃したミュージカル版。数年前に購入したそのサントラCDには曲間に印象的なセリフ*踏襲した映画観るまで当然シチュエーションは掴めませんでしたが..も収録されていて短いが曲も映画版と比べ多く収録されている。素晴らしい音質で一曲あたりも長く...セリフもなく音楽だけ聴くにはいい映画版サントラ。何故か映像での演奏シーンで気になったハイライトシーンの"君の瞳に恋してる"披露シーンでのチープなホーン音色とアレンジもちゃんと(?..どういった意図だ?)まともなアレンジで収録されていて安心しました♪

甲乙つけがたし!

ひとつだけ言えるのは、このグループ/チームの遺した作品には語彙だけではないまさに"珠玉"と言える楽曲がどれだけ多い事か!

勿論、全盛期は過ぎてはいてもそんな事は感じさせない御大フランキーヴァリ、昨年初頭に生でそのオリジナルの歌声に触れれたのは幸せな事だった。。。機会があればもう一度*この映画見た後では感慨もきっと違うだろうから、そしてミュージカルの方も!..と切に思う。


by one_after909 | 2015-10-06 09:35 | 閑話休題 | Comments(0)


<< わっちゃ〜??      工作日報 vol.Ⅲ >>