飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 09月 09日

現代の音

f0057849_22444214.jpg

こういうのはじっくり聴き込まないといけないのは判っている。。。


第一印象...


それは "とても狭いハリウッドボウル"


そして板バネエコーの不自然な響きと拡がりのなさ。のっけから随分否定的な書き出しで恐縮であるが*誰に対してや? 余りにも'77年リリース盤の音が染み込み過ぎてるから..そして愛着があるからご容赦戴きたい。


再生機はBOSEのシステムで、決してハイエンドオーディオ機器の類ではないが 近年のリマスター/リミックス盤を再生すれば、例えば"TUG OF WAR"などの透明で筆舌に尽くしがたい響きを以って一聴して鳥肌が一斉にざわつく 充分以上の感動を覚える事が出来たから遜色はないと思う。そんな期待もあって当時のハリウッドボウル=会場に居るかの様な臨場感に包まれる錯覚を待望してリモコンの再生ボタンを押したのである。。。


雑味の無い良い音で、ステージ近くでビートルズのコンサートを観(体感す)る


きっとそんなconceptの元に編集が為されたのだろうか? 今(現代)の耳とデジタル機器を持ってタイムマシンで'64年〜'65年のビートルズのライブを録音する。。。当然、この音盤を聴くリスナーは2016年の若者が中心であるべきで 且つ当時を知らないあらゆる世代である。古臭い音は違和感を与えるからこういう音場感..."少しだけノスタルジアを感じられる今の音"なのであろう。*そう書けば聞こえは良いが、要は近年のREMIXものの海賊版でよく聴けるけったいなエフェクトの掛かってるこれは絶対"BEATLYでない"..そんな印象のものと似ている。


勿論、自分だってビートルズのライブを生で観た事なんてある筈も無い!..しかし’77年盤の圧倒的音場を知っていると。。。厳密に言えば、自分でその正規盤を購入する前に友人から借りて聴いてはいたものの当時、ビートルズのライブ盤と言えば 今の表現方法で顕さばグルーブ感が'62~'65年と比べれば随分希薄に感じる'66年の東京公演を除き、音が悪く粗いスカスカのモノラルながら圧倒的な'64年2月のワシントンDCであり、正規録音流出の音質最高のモノラル'64年8月版ハリウッドボウルの海賊版だった!

そんな当時にあっても、'77年正規盤はステレオで随分端正で綺麗に感じはしたものの、コンポとかでは無い家のでかい家具みたいな'60年代からあるウッドキャビネットのあまり音も素晴らしいとは言い難い所謂'ステレオ'での再生だったにも関わらず、歓声と嬌声うねる様な空気の中でコンサート会場の熱気はもうビシバシと伝わってきたものである!

前述の"編集の意図"の推測があってるあってないに関わらず、これはその空気感=録音現場に居た者(ジョージ・マーティン)が編み出した音と、その編集に敬意を払い忠実に構成をなぞり 今のリスナーに違和感のないカタチで伝えようとした、当時の空気感を直接知らない者(息子さん)の編み出した意図的な音の肌触りの差に他ならない。

f0057849_1310086.jpg

..いや、もしかしたら'77年の時点でG・マーティンにも10数年前の一時代過ぎ去ったライブ音源を当時の世に違和感なく伝えようとした意図があって(そしてご自身が間近に知るビートルズ像と大いなる'60年代の熱狂を崩さない程度に..)編集されたものだったのかも知れない。其れをその時の自分は『これがビートルズのライブの音!』として認識し刷り込まれたのだろう。だから今のリスナーにとってもきっと今回のこの音こそがそう刷り込まれるのであろう。

”当時の空気感”

もし其れをただ忠実に追体験させる為だけなら、その音を奏でていたご本人達が存命である以上、クレームをつけアドバイスをし こうはしなかった筈である。だからこそこの音を否定はしない!...が! 時計趣味に擬えれば 昔からのPATEK愛好家が、新しいモデルのリリースの度に愛憎入り混じったコメントを発するのと似た感覚である^^;


...お察し下さい。


いや? 先ほどご本人達が存命の..アドバイス云々と書きましたが、PAなぞない時代の演奏者のステージ上で体験した感覚、何万もの熱狂した観客が狂乱する坩堝のような観客席でのその感覚はきっと大きく印象を異にした事だろう。それは騒乱の歓喜の'気の塊'の様なモノをステージ上で一身に享受した其のご本人達には絶対経験出来ないまた別モノの宝物の様な感覚だった筈。。。今の段階でその様なものは聞き取れない。コレはどちらかといえば演奏者に近いフロントロウ的特等席で'完全無菌状態'で鑑賞する..そんな感覚なのかな?



きっと今後この音がスタンダードになってゆくのでしょう。..そして自分の老いた感覚は受け入れる事は出来るのだろうか?

*そうこう言いながら今日は昼間なので少しLoud気味に掛け流している♪


by one_after909 | 2016-09-09 21:49 | 閑話休題 | Comments(0)


<< step...      メーター(距離計)。。。 >>