2016年 09月 17日

NAUTILUS 40th anniversary...


f0057849_15203919.jpg


さて、巷で話題の(?)40周年記念のモデルチェンジや果たして?

..ああ、あれからもう10年経つんやなぁ? と遠い目(=_=) 30周年のマガジン付録の別冊子が鮮烈で今でも懐かしく思い出されます。基本デザインが完成されているので一体どういった風体で発表されるのか? 興味津々でありますが、果たして?






referenceで云えば 3800、3700、5980の3リファレンス計5本を嗜ませて戴きましたが、残念乍ら手許には一本も残りませんでした..。

最初に購入したのがAJの3800で、やはり当時の時流柄か? 小ささは否めませんでしたので、同じAJの3700へ...しかしオリジンたる価値と世間的評価とは裏腹にこのバランスはまったく肌に合わず再び3800に舞い戻り、epochmakingだったクロノーチは除いても矢張り個人的 BESTは3800だったのかなぁ? ..いや、現時点 辿り着いたデイリーが5165A/5065Jだとすれば其の中間サイズ=38mm径がラインナップされなかった事が一本も残らなかった決定的要因のひとつである事は間違いないでしょう。。。

ま、その辺はね?

38mmサイズがそのAquaに於いても継続販売される事はなかった事を鑑みても、自分の感覚の方が世間からずれているのは明白と云えましょう
^^;

f0057849_16191792.jpg
素晴らしいconditionだった3800J...

'70~80年代の特有の繊細さ、気品溢れる雰囲気は今の時代にはともすれば華奢にすら映りがち..。しかしこのニュアンスを現在に醸す事は困難だからこそラグジュアリースポーツの原点として今も尚 愛されるのでしょう。。。この"耽美"さが初代で、優美な曲線と逞しさを得たケースラインと力強く輪郭のより際立ったディテイルが今現在を顕すのなら、此れから先10年を見据えたデザインとは一体どんなものなのか? 興味津々であります^^♪ ..自分はもう買う事はないと思いますが....


by one_after909 | 2016-09-17 15:10 | PATEK PHILIPPE | Comments(4)
Commented by kujisuke at 2016-09-17 23:46
ワタシも、5165Aを嵌めてると、あぁこの時計だけでいいのかなぁ、、、となります。
5711も素晴らしくよい時計ですが、、よい時計と、自分の感性に合うかは、別問題なんですね。
もちろん、自分が経験した時計にしか、そゆう気持ちは表現できませんが。
ただ、許されるのであれば、5711Rは所有してみたい今の気持ちです~。
Commented by one_after909 at 2016-09-18 10:19
Kujiさん おはようございます。

諸事情許されるなら是非是非Rを〜^^(無責任扇動w)!..欲情して、手に入れて、そして肌に合うのが一番だと思います(近頃、欲情すらしなくなりましたので全く羨ましい...(笑))♪

5165はスポーツ/スタンダードの中庸みたいで、いいですよね?大きさ的にも^^ 発汗等まったく気兼ねなく着用出来るのも最高です♪ ..多分、後継で取って代わるmodelがなければ、(実用機)最後に残るのは間違いなくコレだと思ってます☆
Commented by かもとろば at 2016-09-25 16:57 x
お師匠様

 ご無沙汰しております。
アクマの弟子かもとろばでございます。
お変わりございませんか?
朝晩涼しゅうなってまいりましたが、気候的にはまだまだラバーベルトがすーたぶるでございますね。

 さて、御礼が遅くなりましたが、お師匠様から再UPされた2007.02.02のブログ(5065Aと5066Aの仲良く兄弟揃い踏み)も懐かしく拝見いたしました。
ご高配に感謝申し上げる次第でございます。

弟子めの5066Jはようやく馴染んできて、ちょこんとすましております。細い手首に吸い付くような装着感は格別です。
すったもんだの末やっと5065Jからの買い替えを果たした甲斐があったと喜んでおるところでございます。

 お師匠様の3800の画像も素敵でございますね。
でもお師匠様には現行のほうが手首のサイズにマッチしているのではございませんか?

弟子めはほぼ絶滅した5800がぴったりサイズで、5066J同様
こちらもブレスの吸い付くような装着感が気に入っております。

ところで、またしつこくブルーアクアのお噂でございますが、
今ギャラリー稀さんで出ておりますね。付属品完備の正規代理店モノの美品とはいえ弟子めがヤフオクで最終ビッドのダブルプライスでございます。
さすがにどなたも手がでないようでございますが・・。
いやはやなんともえらい時代になりました。

Commented by one_after909 at 2016-09-26 17:10 x
かもとろばさん こんにちは〜^^
5066J 馴染んで来られたご様子、何よりです♪ ...矢張り、流行りとかより自分の腕許、感覚に馴染むのが一番ですね〜!

5800も好きなreferenceです!しかし3800が矢張り何度舞い戻っても馴染まな(残らな)かった様に、そしてかもとろばさんおっしゃる通りもう少し大き目の...しかし3700や現行のサイズは合わなかった事を鑑みて、ノーチラスでは実在しない38㎜サイズが自分にはピッタリな様です♪

青アクアも。。。本当、もうどうなっちゃってるんでしょうね〜^^;? とか言いつつもきっとこれが現実なのでしょう...。幸いにも何となく自分レベルではやり切った感もあり特段欲しい対象もなく…結構平穏な日々が続いております。此の儘、アクア3本+1くらいで時計趣味余生を愉しめればなぁ?とと思う今日この頃です^0^♪


<< 秋にとっておいた初夏の音。。。      1985年8月11日 ハリウッ... >>