飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 07日

15年後の徹底比較 vol.2

今回はまずチョット裏返しまして、ヘッド裏。。。

これも重要ポイントとなるチューナーです!

当時、V59や350でこのジョンの'58仕様を目指した時、一番ネックになったのがこのパーツだったと記憶してます。ギアがゴールドであるとか、径が少し違うとか? 見た目も違和感感じながらも確かギア同色のゴトー製を装着した覚えが...^_^
f0057849_1159949.jpg


これが、所謂 グローバーオープンバック*ステタイト

チューナーに関しましては この頃(50年代の終わり頃...)のスタンダード型番的特徴でしょうか? 手持ちでは'59年 model(335)迄 装着されておりますが、'60年 model(315)になりますとクルーソンが付いております。時期的には混在している様ですね?

f0057849_1205251.jpg


C58のチューナー

螺子やギアの目切りの微妙な大きさの違いは流石に現代の改良型..と捉えるべきでしょう。これもゴトー製だったっけ?...忘れました^_^; しかし決定的な見た目の違いはGROVER のロゴがRIC-TITEになってる事に尽きましょう。

↓のお写真は、その'60年製の315。クルーソンデラックスが装着されて居ります。センターに縦にKLUSON DELUXと刻まれて居りますが、'66年製の325を裏返して見ますと2列表記に変わっておりました。一説によると'64年頃を境に仕様変更(?)になったと言われております。
f0057849_21131849.jpg

裏側...

と言えば、ズズ〜っと引いて このボリュートも初期モノのリッケンの大きな特徴と言えますよね?



つづく




by one_after909 | 2017-08-07 00:11 | GUITAR | Comments(0)


<< 夏季休暇。。。      噂話のウソ・ホント >>