飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 29日

GenèveにはじまりKagoshimaに終わる!...part 2

f0057849_22421896.jpg

由緒ある日本家屋の粋。

陰影に富む、夕暮れ時の光の輪舞曲...

余りにも素晴らしい様式/造型の数々。S家ご当主様の特別なお計らいで思わず沢山写真に収めさせて戴きましたが、通常はご法度という事で少し控え目に参らせて頂きましょう^^;

f0057849_23242324.jpg


現在は名所'仙巌園'内に佇むお屋敷の奥座敷を会場に催されました宴は..

今年の年初にGenèveにて残念ながら一旦 '最終回' と相成りました Ay & Ty style party その夢の様な続編の様相と相成りました^^








f0057849_2340423.jpg

集合から鹿児島の幹事さんの粋で格別な、流れる様な演出に乗せられて...そしてTyさんの威勢のいい御当家慣習のご発声にて開宴致しました^^

f0057849_13201752.jpg
垂涎のPPのスペシャルピースやリミテッド。最新のAPのtuxedo、ランゲはデッドビートセコンドの腕時計版!そして何よりFPJ率が異様に高い事も特筆すべき事。etc etc...並んだ時計が素晴らしいのは勿論のこと。しかし、それ以上にお久し振りでお会い出来る事が何より嬉しいものですね^^


僕はちょっと気分的な事もありまして一張羅は封印して1月のGenèveに続きベルトを新調したFPJで臨みました。
f0057849_1318193.jpg

DIVINE diamond...4年程前の神戸以来の2ショットも実現し、嬉しい事この上なし^^

バゲットダイヤモンドの目映くbrilliantな煌めきは万人が認めるものであり、ドレスウォッチ至上の価値観である事は疑念の余地はありませんし身を以てそう感じ得ます。..数(あま)多の宝飾modelを左腕に纏って参りました中でも、"特別な場所の照明下"でケース/文字盤全身に纏ったこの極小粒ダイヤの微細な反射が醸す優雅さ...相反し通常の光線下では殊の外地味に光沢を吸収しご覧の通りエングレーブモデルくらいにしか見えない-_- はそう計算されたものなのか?通常のサイズのダイヤの放つ其れとは明らかに一線を画し、前述のバゲットの煌めきとも異質の上品で華やかな趣きを湛えており、其れこそがこの一本が自分の中での特別な位置づけにある所以なのです...一度は別れたけどな^^;


いつも参加させて戴き楽しい時間を享受させて頂くばかりで恐縮であります..。凄い時計やvariety溢れる話題も事欠くことなく..毎回とても刺激になります。しかし前述のとおりやはり最終的には'人ありき'。幹事Kさんご夫妻、Ay&Tyさんはじめみなさま大変お世話になりました。またお会いできる日を楽しみに致しております<(_ _)>^^


by one_after909 | 2017-11-29 23:59 | 旅に出よう♪ | Comments(0)


<< 紅葉と...      理想 >>