飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 19日

待望の秋のはじまりの音...

f0057849_836504.jpg

発売日がなんとも待ち遠しかった。。。


重複曲も多いが、現代のある意味'画一化'されたライブ録音とは多少異なり、時代感もある。何れにせよビバリー・ケニーの実況録音盤である。

とても収録時間の短い、ラジオ/TV音源。

得も言われぬチャーミングな歌声...ナイトクラブで聴いてるような感覚。あ、ハウリング!機材の不具合も!そして観客の拍手、大仰しくはない。ヒュー・ヘフナーとのトーク etc etc...
*当然音は拙なmonauralではあるがハリウッドボウルの不快な音聞いてるよりなんぼかマシに感じる。どんだけ毛嫌いしてんねん?ってハナシ(笑)

f0057849_8372382.jpg


これから、...余りつっこまず、いつも彼女のCDを掛けるのと同じシチュエーションで流して 聴いていきたいなぁと思います。*今日はこの静かなる悦びを噛みしめ また改めてレビューなどを書いてみたいと思います♪


f0057849_8375017.jpg
余談ながら、初めて彼女の声を聴いたのは好きになった他の方々よりかなり後の事。確か'90年代に入った頃だったと記憶しています。

その記憶を確かめるべく、当時の愛聴盤だったBlue NoteのオムバニスCDを取り出してみました。

輸入盤のコレ、裏返すと1992年とある。..あゝ そうだったのか? その頃だったのか? *ちょっと個人的に含み笑いしつつ思ったり(笑) チャーミングすぎるその"This Little Town Is Paris"、ライナーノーツに1965とあったからすっかり'60年代のシンガーさんだと思い込んでいたが、其れがどうやら誤植だったと知るのはもう少し後の事。




つづく





More

# by one_after909 | 2017-09-19 19:15 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 09月 11日

-加筆版- 4人乗り♪

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by one_after909 | 2017-09-11 00:18 | EXCEPT ME & MY MONKEY
2017年 09月 09日

週末guitar...

f0057849_22475884.jpg

さて、

先日の連夜のライブの興奮の余勢をかって*勿論、素人レベルででの話ありますが早速、次のステージに向けての新曲のセレクト擦り合わせを行いました。

勿論、
'BEATLES'は共通項ととしましても、夫々音楽的バックボーン/嗜好も違うわけで、若けりゃエゴの衝突何て事もあるでしょう? しかしソコはオヤヂバンドのいい所で程よい所で落ち着く所もイイ所^^

新曲は、後期曲ばかり3曲。

前身の2フォームでは何れもやった事ある曲達。...しかも一曲は弦楽隊*全く偶然だが、その前回のライブで繋がったその時共演したバイオリンの方。なんと13年振りの事!SNSも偶には..ですね^^ との共演で再現したいい思い出もある。今回は4ピースでの演奏だから一工夫必要かも? あと2曲はまぁ、普通に。

で、午後からチョット練習しよか? ..とギター取り出した訳でありますが折角なので久々に('60)315も取り出してみました。流石にこれは弾く気しませんけど。。。ふと、我に返らば『弾けないギター』なんてなぁ..とか近頃思ってしまいます。 その内の2曲、本番ではJ160Eも弾いてみようかな?...とか♪




つづく。。。


# by one_after909 | 2017-09-09 23:38 | GUITAR | Comments(0)
2017年 09月 03日

while my guitar tries to smile ; )

f0057849_952937.jpg

移転オープンした此方の柿落とし日に演奏させて頂きました^^

何処のお国の方にも ある意味、共通した心地よさみたいなものが有るのでしょうね? きっと。。。着の身着のままで訪れられるカジュアルさと同意のお料理/お酒...気取らないこの雰囲気は過当競争の激しい上海の中にあって永く受け入れられる要因なのでしょうね?

f0057849_1074582.jpg

そして、オープン当初よりお世話になってる此方とは姉妹店。

そのお料理は、ファウンダーの方がスイス人女性であられましたので、基本スイス料理をベースに欧米人の方々が好まれるメニューで構成されております。*と思いきや、今回 新メニューでアジアンテイストな数種が新たにラインナップされててビックリ! そう言えば、毎回 素晴らしいレストランで舌鼓を打たせて頂きましたが純然たる『スイス料理』...って、何度か訪問した際に余り食した経験がありませんね〜? そんな中でも高校時代の友人がご馳走してくれたチューリッヒでのドイツ寄りな..晩餐が一番お味として記憶してて、其のお味に似たメニューを頼んでちょっと思い出に浸ったりします♪

バンドも..

此方では契約なんかは有りませんが現オーナーご夫妻と『阿吽』の関係でハウスバンドに近い待遇にて、上海在住の各国の皆様と毎回 ナニモノにも代え難い時間を共有させて頂き続けております。昔、冗談で『和平飯店のOLD JAZZ BANDの域を目指す!』とか豪語してましたが、何かあながち?。。。って感じ*長寿って意味合いに於いてのみ(笑)ですね^^

f0057849_10275685.jpg





More

# by one_after909 | 2017-09-03 11:02 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 08月 30日

things we said today...

f0057849_1271896.jpg

気温が一気に下がった..

早朝の蝉の声も見事に一斉になくなった。


似たnuanceで'既存の興味'の対象が一気に瓦解した感もあったこの夏、

此処のところの何十年に一度の"体重移動"も大いに関係してるのでしょう、きっと...


危うさは否めずも、扉は開かれた! さぁ、もう一息! ようやくな^^;>


# by one_after909 | 2017-08-30 10:26 | 閑話休題 | Comments(2)
2017年 08月 27日

ハイド氏の日曜日。

f0057849_11575652.jpg

白黒で撮れば若草山も立派な絵画的景色やな^0^


如何にも女性好みオーガニックなcafe/雑貨屋さん(?)..に行きたいって事で、ドライブがてら ひとっ走り奈良郊外まで。。。

お店の駐車場はいっぱいでしたゆえ其の侭、一旦通り過ぎドライブウェイを駆け上がった..って次第でした。

..そう言えば 此処は3年ほど前にトルコンAT号が来て比較的早い頃、霞さんとラリー(笑)した思い出の場所^^ 当日はウォーキング?のイベントが催されておりランナーの方で一杯でした。酷暑のなかお疲れ様で御座います...<(_ _)>凄いなぁ、自分もやらなきゃなぁ..と(上辺だけ)気を揉むばかり

f0057849_11283621.jpg

展望台の方へ続く道の脇の木々の間を併歩する鹿さん。 奈良公園から繋がってるんですかね〜?

f0057849_11281540.jpg

心地よく...いやまだまだ強烈な日差しの下、暫し特徴的な古(いにしえ)の奈良の町並みを眺めながら少しほっこりして下山、目的地に赴く事が出来ました♪


お供はJL レベルソくん*"Jekyll & Hyde" ver.ハイド(白側の方)でございました。

More

# by one_after909 | 2017-08-27 12:17 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 08月 21日

Reimagined...

f0057849_19504827.jpg

これは本格的?

あのSinger Porscheから腕時計が!!

ヴェリ・レイト・シックスティーズ〜セブンティーズなimageですね^^


お値段は... $41,000だそうです。

f0057849_19565022.jpg

自由でいい^^♪


しかしヤッパリ TARGAの造形は..
f0057849_2247330.jpg



# by one_after909 | 2017-08-21 20:01 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 08月 19日

lately.

f0057849_17233912.jpg

...さて、お盆のお休みも終わり皆様如何お過ごしでしょうか?

まだまだ暑い近畿圏。ちょっと夏バテ気味^^; ...それでも早朝に嬉しいニュースも舞い込み心踊る♪ ありがとうごあいます<(_ _)>
f0057849_17285533.jpg

久々に夕刻に時間の出来た数日前、トルコンAT号でお山まで夕暮れ時あがって参りました。

往路、163の対向車線は外環辺りまで結構詰まってたましので帰路は阪奈道路を下って戻りました。まだまだ休暇中と思しきmood*ナンバープレートより想像 のクルマも多い様で、そんなゆったりした流れに乗って往きます。 残念な事にCDを前回全部出しちゃったのをうっかり失念してて'音無し'ドライブ。仕方ないのでトンネル抜けて山間部へ入ったら少しだけ窓を開けてEG音も愉しみつつ...。しかし"ストイックに!"は柄でもないのでやっぱり音楽はあった方がいいなぁ。。。

あゝ..気持ちエエ。

旧車も...10月には満を持して912も車検を通して復活させて頂きましょうか♪..それはそうとアパートの駐車場の改変はどうなってるんやろう?



# by one_after909 | 2017-08-19 18:11 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 08月 18日

glovebox set.

f0057849_23124342.jpg

こちらも...

久し振りに引っ張り出し撮影しましたので^^ 912 targaの'68 オリジナルglovebox set

f0057849_2313892.jpg
f0057849_2313042.jpg
f0057849_23132034.jpg
f0057849_23125479.jpg






# by one_after909 | 2017-08-18 23:17 | PORSCHE 912 | Comments(0)
2017年 08月 14日

ケンブリッジ

f0057849_22233451.jpg

f0057849_22235174.jpg


綺麗に撮れたので^^

もう永くウチで使ってるCambridge。このスカスカ感溢れる音がいい感じでこの'59との組み合わせは特に好きです♪


今日は嫁さん実家でお寺さん、その後お墓参り &会食。さ、そろそろ練習せにゃあ。。。


# by one_after909 | 2017-08-14 22:45 | GUITAR | Comments(0)
2017年 08月 12日

cafe-racer 途中経過

f0057849_1630867.jpg


だいぶ仕上がってきた模様♪

なかなか格好エエもんやなぁ? マフラーとか変わってます。そして今日のmodefiはヘッドライト!...これは我々の世代/感覚ではなかなか出難い発想か^^;

f0057849_16295260.jpg


あとは、タンクも少しフラット気味なのへ交換と...そしてシートは固くいいタン革に張り替えたいところですね〜?

f0057849_17563218.jpgf0057849_1784768.jpg

ウィンカーもヘッドライトのニュアンスに併せ換装される模様。PORSCHEで云えばSINGER的な感じなのでしょうか? まさにmodern classicなカフェレーサーに仕上がる事でしょう。これがガレージに鎮座してるだけでいい感じです♪


# by one_after909 | 2017-08-12 17:18 | Comments(0)
2017年 08月 12日

夏季休暇。。。

f0057849_10591380.jpg

強烈な集中豪雨に見舞われました。


そのちょっと前、特に海水浴の予定もありませんでしたが、浜辺まで降りてみました。

真夏のビーチって感じではなくどちらこ言えばうねる真冬の海!って感じ(苦笑) ..風も強く油断してると波が此処まで迫って来ます。

f0057849_10592588.jpg
ザザァ〜

こんな日は部屋で温泉浸かって読書が吉!の様です♪



More

# by one_after909 | 2017-08-12 11:22 | 旅に出よう♪ | Comments(0)
2017年 08月 07日

15年後の徹底比較 vol.2

今回はまずチョット裏返しまして、ヘッド裏。。。

これも重要ポイントとなるチューナーです!

当時、V59や350でこのジョンの'58仕様を目指した時、一番ネックになったのがこのパーツだったと記憶してます。ギアがゴールドであるとか、径が少し違うとか? 見た目も違和感感じながらも確かギア同色のゴトー製を装着した覚えが...^_^
f0057849_1159949.jpg


これが、所謂 グローバーオープンバック*ステタイト

チューナーに関しましては この頃(50年代の終わり頃...)のスタンダード型番的特徴でしょうか? 手持ちでは'59年 model(335)迄 装着されておりますが、'60年 model(315)になりますとクルーソンが付いております。時期的には混在している様ですね?

f0057849_1205251.jpg


C58のチューナー

螺子やギアの目切りの微妙な大きさの違いは流石に現代の改良型..と捉えるべきでしょう。これもゴトー製だったっけ?...忘れました^_^; しかし決定的な見た目の違いはGROVER のロゴがRIC-TITEになってる事に尽きましょう。

↓のお写真は、その'60年製の315。クルーソンデラックスが装着されて居ります。センターに縦にKLUSON DELUXと刻まれて居りますが、'66年製の325を裏返して見ますと2列表記に変わっておりました。一説によると'64年頃を境に仕様変更(?)になったと言われております。
f0057849_21131849.jpg

裏側...

と言えば、ズズ〜っと引いて このボリュートも初期モノのリッケンの大きな特徴と言えますよね?



つづく




# by one_after909 | 2017-08-07 00:11 | GUITAR | Comments(0)
2017年 08月 05日

噂話のウソ・ホント

f0057849_10571114.jpg

フェラーリは壊れる?

912お仲間のyamaさん情報でClassic Porsche本と共に紹介されてました コチラの方を注文してみました。。。

う〜ん 確かに!...こういう内容の本を待ってました!

f0057849_1057266.jpg
V8~V12全く別物ですが可能な限り幅広くカバーし掘り下げてありますね...*お写真も小さいですがツボを押さえて多数掲載してます。

f0057849_10572138.jpg



More

# by one_after909 | 2017-08-05 21:56 | EXCEPT ME & MY MONKEY | Comments(0)
2017年 08月 03日

15年後の徹底比較 vol.1

f0057849_17221022.jpg

ちょっと前に宣言しました'58 ORIGINAL vs C58 "徹底比較"。先日少し写真に収めましたので徐々に始めていきたいと思います♪

最初にお断りしておきますが、このC58は発表から15年が経過し既に廃番となっております。当時から賛否両論 様々な意見があったmodelではありますが、復刻モデルとしましては傑出した出来であり、その個人的意見は今でも変わりません。...但し決定的"音"の違いを除けば。コレは当時 東京のWITHさんでもローカットコンデンサーを組み込んだモディファイをご提案された様に、決定的に当時の音の輪郭とは異質だと自分も感じます。*またこの辺りもいずれ... そんなC58。また近い将来、新たなシリーズとして更なる深化を伴った復刻版として市場に登場するでありましょう。今回、hommageの意も込めまして素人で可能な限りのオリジナル'58との比較をやってみたいと思います。

*勿論28本と言われる生産本数、しかもほぼ手作りで個体差が大きい当時のオリジナルですから一概に全てが...とは云えない事を最初にお断りしておきたいと存じます<(_ _)>


f0057849_9405844.jpg

それでは先ずはPU周りを比較してみましょうか?

パッと見本当、よく雰囲気迄捉えてていい感じですね〜♪ *余談ですが、JOHNのミドルPUは結線されてなくダミーだったと言われてます。
f0057849_9404516.jpg


拘りのポイントは2箇所。...まぁ、よっぽどのマニヤしか着目しないトコだとは思いますが...^_^;

ずぅ〜...っとズームアップして参りますと...

①スクリュウ

ORIGINAL
f0057849_102094.jpg

C58
f0057849_1015760.jpg

マイナスはそうなのですが、端がなだらかなラウンドを描くフラットトップなオリジナルに対して、全体的にラウンドしたC58。このネジは単体でも模したリプレイスパーツが出回っている*其れも出来の良し悪し数種類有り ので結構拘りの部位で間違いないでしょう。。。(もう少しだけ後年のネジは正にこの形状)

そして、其のトースターPUの口*黒い部分。

樹脂パーツの② 成形跡の丸いトコ。『どこや?』って感じですね(苦笑)?

少し後の'66年には既にこの部分は見られません。そう考えればよくこんなトコまで再現したなぁ?と感服ですが...実際その形状や?どうでしょうか?

ORIGINAL
f0057849_10154766.jpg

C58
f0057849_10155697.jpg


...-_-:

なんか顕微鏡レベルで粗探しする厭なマニヤ全開でそれこそ嫌になってしましますが、こんな感じです。まぁ彫りや形状(径)的に拘れば確かに...なのでしょうけど此処は、先述の通りこんなポイントまで再現されてる事を純粋に評価したいと思います。



ではではまた次回vol.2の'重箱の隅つつき'..でお会いしましょう〜(^0^)/


# by one_after909 | 2017-08-03 23:59 | GUITAR | Comments(0)
2017年 08月 02日

ガレージの更新...

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by one_after909 | 2017-08-02 11:54 | EXCEPT ME & MY MONKEY
2017年 07月 29日

étranger

f0057849_22233547.jpg

お招きに預かり、宝宝*baby 100日記念の宴に参加して参りました。

赤ちゃんの誕生後、丁度100日のお披露目(?)会をする習慣が此方にはありまして、 結婚披露宴もそうですが、この手の宴席に参列する度になにか毎回感じるこの...98%くらい見知らぬ皆さんの中にあって、上手に笑みを浮かべたつもりで下手糞な中国語で会釈したって、心中ポツネンとした感覚に陥るのはやはり性格の問題ですね〜? ...ま、これは国内であっても一緒か^^;?

お食事とお酒、宴の推移を傍観し愉しむのと同じくらい同様に'この感覚'も楽しんでますが♪
f0057849_19555120.jpg

この時計の針が示すたった1時間の時差以上に、習慣や感覚の差は大きい。

...四半世紀に渡ってはぼ半分の時間を過ごした地でわかったつもりではいても、やはり埋めきれない部分は存在する。しかし長年の友人も知人ともそんな'部分'はお互い理解する様努めるふりするか無視するかで上手く帳尻はあってる。それでいいのではないか?とも思っている。。。

f0057849_22374143.jpg

..少々入り過ぎたか? いや先週末ほどじゃないな(苦笑)



おめでとう! 健やかに^^



More

# by one_after909 | 2017-07-29 23:19 | etc...etc... | Comments(2)
2017年 07月 29日

volume 4

f0057849_12571870.jpg


"今も人気絶大のビヴァリー・ケニーの未発表音源集第4弾。1956年ルースト時代にNYCのバードランドに出演した時のラジオ録音と、1960年、死の直前に出演したTV映像から収録。" amazonより..


すぐ其処で彼女が歌ってくれてるかの如きデモ音源"Snuggled on your shoulder(二人でお茶を)"のインパクトは素晴らしく、好きな曲が沢山収録されてる事もありJazz Vocal関係のアルバムでは一躍トップ3圏内に踊り出た程です♪

生前のオリジナルではなく所謂没後の発掘音源でありながら、そのオリジナルLPに収録されたこのデモ音源曲のスタジオ録音正規バージョンがやけに堅苦しく感じてしまう程 リラックスしたチャーミングな歌唱*笑ったり、途中やり直したりも..は 魅力的過ぎてこの数年で一番プレイヤーに載った一枚に間違いありません。

f0057849_1334295.jpg


この vol.4 はラジオ音源/TV音源ということで、こちらも楽しみに待ちたいと思います^^


# by one_after909 | 2017-07-29 13:37 | Comments(0)
2017年 07月 25日

アルファロメオのSUV?

f0057849_2272483.jpg
*画像はofficial pageより

夕暮れ時、

しかも裏道のマンションの外門のトコ。↑の様な夕闇に紛れる様な見慣れぬSUV、しかしフロントグリルは昔、馴れ親しんだ"盾の開口"=アルファロメオ車であることは一目瞭然だ。

『ふ〜ん?アルファロメオのSUVねぇ?マセラティもそうだけど...猫も杓子もSUVな?』

別段珍しくもないか...と其の時は流しましたが、これ市販されたトコでまだあんまり出回ってなかったんですね?近くにテスラやポルシェのディーラーはあるけどアルファロメオなんてコッチじゃ聞いたことないし... だいたい何でこんな片田舎にいたのかも不明。

Stelvio

f0057849_22272015.jpg
というネーミング*48箇所ものヘアピンカーブのある峠道に因んでいるらしい。しかもSUVにしてはもの凄く速いらしい。...シルエット的にはその後ろを走って来たマツダ車の方が圧倒的にスマートだと思うが、さて? 昔、大好きだった156/166*足掛け10年以上は乗ったでしょうか? デシルバ時代それ以降のデザインには正直余りワクワクするような"ナニか"は感じ得ませんでしたが、近頃のはどうなのでしょうね^^? 4Cとかジュリアとか...


'00〜'10年代初頭。私的にはアルファロメオは車趣味の楽しさを再認識させてくれた事は間違いありません♪ しかし馬力や空気抵抗とかエコも大切なんやろうけど、最も重要なファクターはやっぱり"ワクワクするような見た目の良さ"やなぁ...個人的には。


# by one_after909 | 2017-07-25 00:24 | Comments(0)
2017年 07月 21日

星期五

f0057849_16441650.jpg

前記事の冬のグローブした感じから一転..


温度計の41℃の表示に眩暈を覚えつつ真夏の高速をひた走って'無錫旅情'のその少し先まで。。。。


リゾートホテルを目指してる訳でもなく、残念ながら普通にお仕事です^^;


突き抜けた蒼空を見て見ぬ振りしつつ。。。


さて、もうひと頑張りして帰ったら今宵は久々に一杯遣りに行こかな?


More

# by one_after909 | 2017-07-21 17:49 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 07月 19日

FOR SALE

f0057849_11372776.jpg

私的呼称 MAGNUM CALATRAVA for driving として10年近く旧車ドライブのいいパートナーとして活躍してくれた一本です。

古くからお付き合い戴いた方はご存知の通り、懐中時計を腕時計にコンバートしたもの。
f0057849_11484082.jpg


ご覧の通りステアリングを握った時に、12時が大凡上に目視可能な様にケーシングしてあります♪

材質はステンレスでワンオフ削り出し。42.5mm

裏面は蓋ギリギリ迄開口し、旧世紀のムーブメントを目一杯鑑賞出来る様にして貰いました。
f0057849_1153574.jpg


流石に文字盤は雀斑(そばかす)だらけで遥か昔にメンテの際についたと思しき瑕も散見されます。...しかし個人的には、旧車=古いクロノグラフ的な漠然的な固定概念/イメージを打破してくれただけでなくご覧の通り派手さもなく、現代のカラトラバと同じ顔を持つシンプルな佇まいは満足度も非常に大きかったです^^


...ここの所、在社/運転の際にコンディションチェックの為着(試)用しております*外出時は暑いので(笑) が問題なく稼働致しております。しかしなにぶん古いのでその辺りも寛容に見て戴ける事を条件に引き継いで戴ける方がお見えでしたら嬉しいです<(_ _)>^^

PATEK PHILIPPE社製は間違いありませんが、当然、個人的'改装品'なので正規メンテナンスは通りません事も併せてご理解下さいませ<(_ _)>

付属品は懐中時計時のケースのみ。現在、竹斑クロコダイル革バンド(使用感あり)にステンレス製山形バックル(PP社製ではございません)を装着しております。



価格等、コメント欄に非公開でお問い合わせ頂ければと存じます。よろしくお願いいたします。

More

# by one_after909 | 2017-07-19 12:23 | Comments(3)
2017年 07月 15日

予算会議

f0057849_11264016.jpg

前記事の続きとなる Ulysse Nardin。ある意味これはご先祖様ですね?

文字盤の質感/小振りなケース…華奢で繊細な印象..近頃こういう感じに弱いです^^:

さて、

正式にデッドビートセコンド・デュアルタイム懐中時計が遣ってくる事と相成りました。腕時計にコンバートするかどうかは検討中ですが、弐號機=アヴィエーター・リピーターの改装費用がオリンピック開催費用当初予算より大幅に上方修正されるかの如く想像を絶する程に膨張し…まぁ、欠損及び破損した部品を全て別作しOVHを施し、ケース(ステンレス削り出し)/文字盤(銀製)全てワンオフ作成、レバー等は金でこれも削り出して貰いましたので当たり前っちゃあ当たり前なのですが…アクアノートが視野に入る程になってしまう勢いです-_-;

More

# by one_after909 | 2017-07-15 11:55 | etc...etc... | Comments(0)
2017年 07月 11日

美ツクシキ選択。。。

f0057849_1085696.jpg

燦々たるスポットライトを浴びるそんなスターモデル達の狭間にあって忘れてはならぬ存在...


ベーシックな部分で、そして本質的に佳い時計とはきっとこういうmodel達を指すのでありましょう。腕にしっくり収まる感じはブランドバリューを遥かに超越した存在・価値観なのだとつくづくそう感じ得ます。

f0057849_1026680.jpg

特に拝見したかったKMR-氏のこの一本。

ドンツェ・カドランのエナメル文字盤を擁する ULYSSE NARDIN

この存在/ご入手を知った時、『やられたっ!』感を大いに抱かされ、実機を拝見させて頂くと その美しく焼成された有機感すら漂わせる文字盤の佇まいは、まさに至上の価値感ではないか?と納得させらるものでした。この辺りをチョイス為されるセンスは流石であられますね^^?

ご存知の通り近頃、19世紀の懐中時計を物色する機会が多く、其の当時の機械、装飾そして何よりえも言われぬ表情の文字盤を前にしますと思わず溜息が漏れてしまいます。そんな当時の趣きに遜色のない佇まい...云々





つづく...


# by one_after909 | 2017-07-11 00:58 | JAEGER LECOULTRE | Comments(8)
2017年 07月 09日

おめでとうございます!

f0057849_22435121.jpg

NAUTILUS

..あゝ懐かしい響き^^

しかしこの一本は大きく異なった!一瞥した感じは極フツーの趣き...しかし着用し細部に目を凝らせばオーナーだけが知る事となる拘りに満ちみちて居り至高の満足感を感じ得るで有ろう事は想像に難くない。

あの宣材写真は一体なんだったのか?此処には目を瞑って買っても絶対後悔のない本領が確かに存在しました。

詳報を待て!

f0057849_2257991.jpg
...ワインでも戴き乍ら待ちましょう^^♪


More

# by one_after909 | 2017-07-09 23:00 | PATEK PHILIPPE | Comments(2)
2017年 07月 07日

八弦小唄さん

f0057849_19335164.jpg

今日は(も)暑かった。


心斎橋〜本町で商談が集中したので車を停めて徒歩で移動。アメ村まで足を伸ばしました。溶けたわ 脂肪-_-;


持ち帰ったHofner やっちゃってました...ほんとうに可哀想なことしました...自責の念、余りにもごむたいな惨状に写真に収めとく気にもなれず、ただただ打ち拉がれました。藁をも縋る思いで dubaiさんにご紹介して頂いた ありがとうございます<(_ _)>リペアショップさんに30分の隙を見て小走りで赴いて参りました次第です。

...プロの方御用達、そしてオリジナルギター...うう、畏れ多いですが思い切って扉を叩きました。『腕のいい工房さんでなんとかして頂きたい!』 ...その一念で。緊張しながらも症状をお伝えし丁寧に応対して下さいました。急きませんのでどうかよろしくお願い致します<(_ _)>

f0057849_20545257.jpg

Tina Weymouth この方も一時愛用されてましたね♪ トムトムクラブおしゃべり魔女^^


# by one_after909 | 2017-07-07 20:50 | GUITAR | Comments(0)
2017年 07月 04日

ホチキスと鮫の鰭。

f0057849_11443669.jpg

club bass...

持ち帰りました。

f0057849_11442745.jpg


'63年 staple & '66年 shark fin

PORADAをギターハンガーを打ってる壁側に模様替え。ベースを掛ければ其の隙間は1cmもない-_-; ...だから当然乍らグラストップを開けようとすればベースはハンガーから一旦外さねばならないならない。あゝ面倒也。

More

# by one_after909 | 2017-07-04 17:14 | GUITAR | Comments(0)
2017年 07月 01日

...more than 15years of relationship.

f0057849_17221455.jpg
来月のぶっつけ本番の夏フェ..否 "夏祭り"(笑)参加演奏に備え、揃うメンバーだけで一ヶ月振りのスタジオ入り致しました。。。

先月、退任帰国しましたC58に代わりライブメイン機である現有最古参の1982年製 320を携えまして豪雨の中いそいそと^^

う〜ん...此方も前回まで見られなかったガリがジャックに少々。次接点復活剤忘れないようにしなきゃ...

15年もの間、異国の地でほぼノーメンテでライブのパートナーとして*素人ながら供に色んな思い出を刻んで参りましたこのGUITAR..。そう考えればリッケン12弦ムック中で故ムッシュウ・カマヤツが仰ってた『頑丈さ』はまさに仰る通りだった訳だ! 

その15年もの月日の間には....

More

# by one_after909 | 2017-07-01 18:14 | GUITAR | Comments(0)
2017年 06月 28日

参號機 & more

f0057849_20551156.jpg

1800年代中〜後半 のスイス某渓谷キャビノチェ作の一品。

なにより驚いたのはquartz時計みたいなステップ運針であります事! 2つの秒針も連動しており見た事もないこのsynchroしたステップに先ず度肝を抜かれる!1800年代でっせ!? 美しいエマイユの文字盤には既に2タイムゾーン機能が備わっており、なんとこれも連動し片方の時針のみの独立調整が可能!...というシロモノだ*鍵巻き。前述調整/時刻合わせも同じ鍵で行う(鍵穴は3つ) 文字盤の仕上がり及びデザインの整合性、繊細なハンド類、どれを取っても魅惑的であり久々にドキドキしてしまった。

"おい? ようやく抜け出れたんちゃんけ?"

...と心の中のthe other meが呆れがちに囁く。。。が、贖えない。しかし残念ながら既にHOLDが入っており一週間内に先約さんがご購入意思表示されなければ自分に回ってくる事と相成った。実現すれば1號機"ドライビングウオッチ" 未完の2號機は"クオーターリピーター・アヴィエーター"に続く..

まだ世界が今ほど狭くなかった頃の ジャンピング・セコンド "デュアルタイム"と相成るでしょう。自分に回ってくればの話ですがね〜^^; しかしこの動き表現方法こそ異なれど何処っかで見た様な(笑)?



女性の華奢で長い手が優雅かつしなやかな所作を描くに似たりて、忙わしなくチチチチチ..とハイビートな鼓動を見せつけられるのを由とした'常識'からすれば、なんて落ち着くんやろう? 第一印象はそんな感じ。なんとなく...暖炉の焔をぼ〜っと眺める風情の様な。。。

時代的にはほんのちょっと後なのかも知れませんが、この頃の個人的imageとして真っ先に思い浮かぶのが間違いなくこの方だ...

More

# by one_after909 | 2017-06-28 21:30 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 06月 27日

Can't you see? hey you, SAKE。。。

f0057849_0153192.jpg

今では新しいいいホテルも沢山出来てますが、やっぱりなにかと落ち着くお宿のロビーラウンヂにて..


午後のお茶の時間に、何か日本酒の"利き酒(?)コース"みたいなのがあるから..と勧められ、同席者が物珍しさにオーダーした。。。-_-

f0057849_17233228.jpg

お酒は色の薄い/濃いお味が淡麗/濃厚くらいしか解らない。そう、ワイン以上に知識ありませんし、こと日本酒に関しては本当に弱くって直ぐ酔いがまわるし 往々にして翌日エラい目に遭うし辟易する程です。*お猪口で冷酒、最初の1〜2杯はとても美味しく飲めるんですがね?

f0057849_16373814.jpg
陽が落ちて、対岸のネオンが灯り出す頃には案の定もうヘロヘロやわ。。。-_-;

わかるか?なぁSAKEよ...


お供は。。。


香港も返還20周年ですね?...20年かぁ? 中国も随分と変わりました。いろんな意味で時代に則して変わっていかねばなりません。言うのは簡単だけど遣るは色々大変ですね^^;? もうひと頑張り!

つづく


# by one_after909 | 2017-06-27 17:28 | 閑話休題 | Comments(4)
2017年 06月 21日

playback...

f0057849_1347524.jpg


PLAYBACK: THE BRIAN WILSON ANTHOLOGY


1. "Love And Mercy"
2. "Surf's Up"
3. "Heroes And Villains"
4. "Melt Away"
5. "Let It Shine"
6. "Some Sweet Day" *
7. "Rio Grande"
8. "Cry"
9. "Lay Down Burden"
10. "The First Time"
11. "This Isn't Love"
12. "Soul Searchin'"
13. "Gettin' In Over My Head"
14. "The Like In I Love You"
15. "Midnight's Another Day"
16. "Colors Of The Wind"
17. "One Kind Of Love"
18. "Run James Run" *

* previously unreleased

今年の誕生日プレゼント from me to me はこれやな^^


いろんな事が節目で、長〜い趣味でさへもどうやら...な今日この頃。BEATLES関連から遅れる事9年、大学の4年頃から真剣に聴きそしてレコード/洋書*smile gadgetとか...漁って掘り下げたこれもそうなんかな?

未発表曲を除けば自分で編集しようと思えば出来るのかも知れませんが、そういう問題でもありませんね? "神からの贈り物"と捉える事としましょう^^

More

# by one_after909 | 2017-06-21 11:07 | 閑話休題 | Comments(0)