飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:GUITAR( 50 )


2013年 08月 20日

一分間の....



ちょっといいハナシ♪...ぢゃあありませんよ^0^

過日のVeronaでのアレーナでのライブ全長映像が一分間に凝縮されてます!う〜...しかし なんて贅沢な映像だ!堪らん!(((>~<;)))興奮が蘇る!

...ステージ直ぐ近くからも勿論最高でありますが、こういう特殊な場所では角度を変えてこんな愉しみ方も大いに有りですね〜?


11月なんて きっとすぐ遣って来るんだろな?
...トコロで大阪公演会場の公式アナウンスはいつあるんざんしょ?勿論ドームが妥当なんだろうけどブック出来なくて急遽、どっか面白い場所で...なんてのも楽しいかもです^^♪

しかし 今.com見たら、大阪公演 出てないぢゃあないか〜? ...もしかしてブック出来なくて落ちた^^;?

by one_after909 | 2013-08-20 11:56 | GUITAR | Comments(0)
2013年 07月 17日

祝!sir ご来日決定!

f0057849_21362754.jpg


by one_after909 | 2013-07-17 21:37 | GUITAR | Comments(6)
2013年 06月 04日

1976.......2013

f0057849_10151895.jpg

あのBoston公演のVIP passでしょうか?

Archives series 第五弾!'Wings over America" が届きました。

前回の"Ram"を更に上回る分厚さ(-_-;)!...これだけ付録が付いてるんだから当然か? まさに記録を編纂した感じで凄いボリュームだ!
..これから ゆっくり楽しもうっと♪
f0057849_10151455.jpgf0057849_10151111.jpg

soloになってから..近年のもいつの日か将来 纏められる時が遣ってくるのでしょうね?

...2010年 'up and coming tour' グラスゴウ 想い出の品も大切に保管しておきましょう*若しかしたらその時 使って貰えるかも知れないし〜^^b

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2013-06-04 11:01 | GUITAR | Comments(0)
2013年 04月 08日

今宵の肴。。。

f0057849_18133378.jpg

...すぐ影響されます(^ー^;)

1963年製 HOFNER 500/1 謂わずと知れた violin =beatle= bass!

f0057849_18132931.jpgf0057849_1813223.jpg


全体像のお写真は敢えて載せずにおきましょう...ディテイルだけで充分イケます故。 ああ〜...やっぱりBEATLE-MANIAにとりましては堪りませんな〜^^♪
f0057849_18132658.jpg

*ではでは 成城石井で買い物ついでに買った安々 Gevrey Chambertin で一杯遣ると致しましょうか〜^^?

by one_after909 | 2013-04-08 18:33 | GUITAR | Comments(4)
2013年 01月 21日

nearでいこう〜♪ ...か?

f0057849_12401433.jpgf0057849_12394222.jpg


Beatles-Gearは相変わらず大好きです。贋ビートルズ・バンドを演っておりますとやっぱり其の辺も嬉し恥ずかし拘ったりして...(^ー^)

...しかし'本当に好きな楽器'と謂えば、そのgearの雰囲気/匂いを漂わせつつも少し拘った自分オリエンテッドなモノでしょうか?
*其れはHOFNERなら 500/1ではなく500/2 であったり、EPIPHONE casino ではなくsorrentoであったり。そしてRICKENBACKERなら迷わずcapri!...的なセレクトです♪
f0057849_12294547.jpg
f0057849_1243429.jpg


*う〜ん... '64のf-hole無し(*因に一番上のお写真のJohnが抱えてるヤツです)かぁ。。。もうこれはズバリ!なんだよなぁ。。。思わず'分不相応'!と言葉が思わずついて出る(-_-;)

by one_after909 | 2013-01-21 12:51 | GUITAR | Comments(6)
2012年 11月 05日

嵐のルーフトップ・ライヴ!< 後 編 >

f0057849_2383065.jpg


...そしてPM 9:15過ぎ、ステージの開始を待ってたかの様に雨が降り出し、途中からは土砂降りに!


雨飛沫の中、熱演する贋ビートルズ!

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2012-11-05 01:50 | GUITAR | Comments(2)
2012年 11月 04日

嵐のルーフトップ・ライヴ!< 前 編 >

f0057849_1039717.jpg
f0057849_10382419.jpg

...どんよりと曇った夕暮れ時。。。そして陽が落ちてネオン..いやイルミネーションと言うのか?に灯がともる。


19:00『 なんとか天気も持ったかな?』

主催者さん自ら『1969年以来のルーフトップライブだ!マニアか(-_-;)?...と少々大袈裟に我々を焚き付けて、募金の為のパーティのメインアクト(?)で、この現代上海の代表的景色を雄大にオープンエアで臨みながらステージは敢行されました。

f0057849_11363567.jpg
f0057849_1232664.jpg




開演前の事。主催者さんが準備したポスター。...ええんか?怒られるど(-_-;) しかも何故か TOKYO BEATLES SHANGHAIと刷れれている...(-_-*)
違う!我々は自称、栄光の SHANGHAI BEATLES なのである!其処んトコ宜しく。。。

f0057849_11534155.jpg

その栄光のナントカ...贋JPGR。開演前の寛ぎ with 一緒に会食出来なかった贋RINGO うな丼を食しつつの絵(^ー^)♪


続く。。。

by one_after909 | 2012-11-04 12:12 | GUITAR | Comments(0)
2012年 09月 22日

color of your smile♥....虫干し

f0057849_13325430.jpg


f0057849_13322369.jpg


何故でしょう?rickenbackerの ファイアグロはモノクロ写真でも美しい其の芸術的グラデーションを感じ得てしまいます。。。単なる先入観?


今日は誰も居ないので、思い切って根性入れて超汗だくになりながら... 奥の奥に格納されてるハードケースを取り出して普段弾きの出してる分も纏めまして虫干し作業です...。

埃を払ったり、積もった所を綿棒で拭き拭きしたり。。。しかし、嗚呼...なんちゅうか? なんて美しいんだ? このカプリのシェイプは?
...思わず手を止めて眺めて悦に入ってたら、陽が翳ったときの陰影が何とも言えない雰囲気を醸し出して居りましたのでカメラを構え何枚か撮影してみました。。。
f0057849_13463073.jpg


我が理想なる造形のギター。。。

後継機のない...厳密に言えば今の330/360系のは此処からの発展系だからそうは言えないのかも知れないけど、そんな細かい事ぁどうでもいい。... 50年代後半から60年代最初期の数年間だけ見られるこのシェイプ。勿論、ビートルズ・ギア系には属さないし、誰か有名なミュージシャンの方が愛用されてる訳でもないが、単純至極に大好きで、琴線に触れる...只其れだけなのです(^ー^)♪
f0057849_13553285.jpg

現有する3本のカプリは335が一本に豪華仕様の365が二本。でも何故か僕はドットポジションマークでバインディングのないシンプルな335(*手前の半分隠れてるヤツが一番好きです。大きさ/PU数/ネックのスケール等の違いこそ有れジョンの同時期の325と同様のボディ厚を有し配色も含め、凄くフィーリングが似てます。...音色ももうまんまあの時代の空気感を紡いでくれます♪

このギターと上海に置いてるHOFNERの500/2 クラブベースはコレクタブルと言いますよリ其の音色に骨抜きにされた素晴しい楽器であります。


ああ。。。やっぱり vintage guitar は堪らないなぁ〜(^0^)♪

(*写真奥より '67 325 JG、'63 500/1、'60 365 capri MG、'60 365 capri FG、'66 325、'59 335 capri MG)

by one_after909 | 2012-09-22 14:21 | GUITAR | Comments(5)
2012年 01月 15日

kisses on the bottom...

f0057849_212495.jpg

sir.の新作は2曲の書き下ろしを含みますスタンダード集。

オフィシャル頁で聴けますその新曲の内の一曲がこの素敵な曲。"my valentine" 気持ちが高揚する様にミドルでメジャーに転じる処が、素敵な素敵なシンプルな愛の歌詞とも相俟って...そうそう!エリック・クラプトン氏のギターも雰囲気最高で曲に溶け込んで只の失礼<(_ _)>スタンダード風ナンバーとは趣を異にしてますかね?...ミドルエイジ以上にはなかなかに刺さる濁りの無い普遍的な仕上がりと相成って居ります。。。気に入りました(^ー^)

officialの頁で聴けます♪

f0057849_2121394.jpg


by one_after909 | 2012-01-15 21:37 | GUITAR | Comments(0)
2011年 06月 29日

pray for japan

f0057849_9592592.jpgf0057849_9592214.jpg

最初はビートルマニアの動機で聴き始めたSean Lennon

『フレンドリー・ファイア』の頃から確実にその紡ぎ出す音楽に惚れて現在に至ります。
特に「GHOST OF SABER TOOTH TIGER」あたりの感じは琴線に触れ堪らなく好きです。キメラレーベルのオムニバス、"legend" Yoko Ono盤と共に我がalfa rome166の旧型CDチェンジャーに未だに格納され続けて居ります。

まぁ、当然Seanも好きなのですが、パートナーの Charlotte (Kemp Muhl)嬢も同様な訳でありまして、その好きが高じて先日のオークションで是非、欲しかったのがコレだったので御座います...。
f0057849_948525.jpg

"PRAY FOR JAPAN"とイラスト、御両名のオートグラフ入りベース(schecter製)です。

シャーロットの愛用品と御座いましたが、写真/ビデオ等にこのベースが登場した事がありませんので定かではありません。。。(*韓国製だし
ま、小っちゃいことは気にしない!わかちこわかちこ〜♪*そうですね、古いですね?でも結構好き(^ー^)...と言う事でお気持ちと共にコレクションに加えさせて頂きましょう♪

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2011-06-29 11:03 | GUITAR | Comments(0)