カテゴリ:SIR.PAUL McCARTNEY詣出( 57 )


2017年 03月 11日

Not a second time.

f0057849_9535612.jpg

やはりは本当だった。。。


先日、正式に25日の武道館公演が発表された。

折角、公演初日いい席確保出来たのになぁ^^;? 有り難味半減。 ..相変わらず上手い商売でんな〜? 旦那(笑)

..まさにヲタ心理を完全手玉に取った悪魔の所業やな? *卑屈にならんと素直に喜んどけや?..と窘められそだが。



ポール・マッカートニー武道館公演 最速先行抽選

先行抽選: 抽選受付中
受付期間:3月10日(金) 4:00 ~ 3月20日(月(祝)) 23:59
結果発表開始日時: 3月22日(水) 18:00頃から順次

4月25日(火) 18:30開演(予定)

SS席 10万円
S席 8万円
A席 6万円
B席 4万円
C席 2100円 (税込、全席指定)

More

by one_after909 | 2017-03-11 10:42 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2017年 02月 24日

ガラガラポン!

f0057849_135349.jpg

...やはり申し込んでしまった-_-; サガやな?


しかし今回は姑息な手段はなしで、フツーにやってみた。運を天に任せて。

結果、

VIPは見事にハズレ。..きっとそういう運命(さだめ)なのでしょう。そして昨日公式ページにての申し込みで表題の如しであたった席は良かった!最前ブロックでVIP確保列の次くらいだったからコレはラッキーと言わざるを得ない。素直に嬉しさがこみ上げる。

しかしだ!そう考えれば 過去の来日で安全確保の為、某クラブや国内販売先(?)経由で申し込んで充当てがわれた席って一体なんやったんや?...先行販売の癖にはじめっから残りもんか?的な疑念さへ抱かせる程トホホな、とても同じ金額の席とは思えないものばかりでした。
...今だから言うけどね。本当に最後かも知れないから(笑)...そりゃないか^^;?


とかなんとか文句垂れつつも今回も変わらずご来日を楽しんでる自分がいる。*25日に武道館が噂されてるなんてハナシ、昨日聞きましたが...ウソかホントか知りませんが もう勘弁してください。歴史的場所再訪は一度っきりが心に刻めます。

f0057849_13165455.jpg
...過日、8mm撮影フィルム・コレクションなるものをウチで眺めてました。

いろいろ珍しい映像あるものですね〜? 500/1と325添えで...同時期のカントリージェントルマン欲しいなぁ^^


by one_after909 | 2017-02-24 13:29 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2017年 01月 07日

浪速の靴屋とSir.ご来日

f0057849_1245192.jpg

もうあかん やめます!

...と言い(?)続けて20余年間。つい先日 本当に閉店した靴のオットー*今もネット販売があるらしいけど をつい思い出してしまうSir.来日公演


今回がきっと最後の来日となるだろうから日本でのそのご勇姿を瞼と脳裏に刻みつけなあかん!


まぁ、一部マスコミがそう書き立てるだけで 公式発表でそう明言された訳ではないので一概に...だが、言葉悪いけど宣伝文句的に'最後最後'詐欺の如し来日公演、きっと今回もそんな強迫観念にも似た感覚で行ってしまうのであろうか? 毎回同じ様なリストにも関わらず^^;


f0057849_11414266.jpg

ONE ON ONE tourの括りなので大幅な入れ替えは望むべくもないが、数曲初披露の曲が含まれるであろう事は想像に難くない... 予想(願望)リストはこんな感じ。


a hard day's night
新曲*
got to get you into my life
my brave face ...*前月に発売の最後のアーカイヴシリーズプロモ兼ね希望的観測と"let me roll it"流石に飽きたし^^;
letting go
temporally secretly
I've got a feeling
my valentine
in the blink of an eye...*"1985"も堪能したんでもう結構です。このいい新曲を生で聴きたい♪
here there and everywhere
maybe I'm amazed
I've just seen a face
inspire of all danger
you won't see me
love me do
and I love her
black bird
here today
a day in the life/give peace a chance
why don't we do it in the road
queenie eye
the fool on the hill
lady madonna
silly love songs...*ご無理を承知で切望する!若しくは"uncle albert/admiral halsey"..は叶わぬ夢か?
back in the USSR
I saw her standing there....*久々ロッカー!久し振りっちゃあ"I'm down"でもいいですぜ?
helter skelter...*先日のパーティ飛び入りで火が点いた(笑)
something
ob la di ob la da
let it be
live and let die
hey jude


yesterday
sgt pepper's lonely heart's club band~reprise
hi hi hi
abbey road medley


2曲目は順当であれば"save us"若しくは"jet"辺りに違いないであろう、

しかし此処は聞いた事もない様な...リリース前の新曲を望みたい!

f0057849_12145680.jpgf0057849_12145947.jpg
*上:'72年 欧州 下:'79年 英国ツアーのジャケットも含め好きな海賊盤達を何枚かセレクト。大昔から取ってあるLPとそして近年の音のいいCDで今では考えられないリストで愉しむ♪

古くは'72年の欧州ツアーで次のアルバムからの曲を発表前にご披露したり、最たるものは矢張り'79年ツアーでの演奏で後にそのライブバージョンもシングルにもなり全米#1にも輝いた"coming up"の如く...

あ!マニヤ的には2001年頃のベネフィットライヴのリハーサルにて発表前にご披露された"driving rain"も、聴いた その刹那射抜かれた曲だけに忘れ得ない! まぁ2局目はあり得ないが、そんな瞬間も心待ちにしてみたい♪
f0057849_0103399.jpg


もう人間世界宝が其処で、最高の曲を演奏してくれるだけで有難く幸せを感じなければならないがやはりね? 望んでしまう。昔からの癖で^^;

"martha my dear"とか"no more lonely nights"とか生で聞きたい曲はまだまだある。サプライズは期待したい。...しかし、敢えてあのmemorialな武道館を最後に、我が青春の締めくくりとして"ポール"を心に仕舞うのも悪くないかな?..と思ったりもする。


ブライアンの前回来日公演をそうした様に...



by one_after909 | 2017-01-07 09:04 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2016年 12月 31日

new year's eve to...元旦

f0057849_2291362.jpg


大晦日、暦上今年最後の1日。

さて、ようやく落ち着いて、昔っから自分とはまったく無縁の紅白歌合戦が放映されているのを横目にしつつ...流行ったと云われるモノ殆ど知らんな-_-


..でも"愛の讃歌"とかやっぱりエエなぁいい歌はいい! by 古い人(笑)


途中、突然のご登場/予期せぬサプライズに耳を疑う! な、なんと!'17年 Sir.の来日宣言がぁぁ〜!

f0057849_1010518.jpg


PAUL McCARTNEY ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017
ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017

■公演日程
4月27日(木)、4月29日(土)、4月30日(日)
東京ドーム
開場 16:30 / 開演 18:30 (予定)

■料金(全席指定・税込)
S席 18,000円 A席 16,000円 B席 14,000円



...無縁とか言いつつ現金なもので、突然の展開に慄きつつも観ててよかった..とか^^; なにはともあれ。。。

今年もおつきあい頂き本当に有難うございました<(_ _)>


そして年が明けたら、この11年の時計ブログを総括するeventが控えていて此方もとても楽しみです^^


年の瀬のひととき、皆様もどうかよい団欒/寛ぎの時間を... また来年も変わらず宜しくお願い申し上げます...


                                                                                                           2016年12月31日   飽商909


by one_after909 | 2016-12-31 22:36 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出
2016年 09月 26日

HELP ! 昂揚から疲弊へ...の体感型映画。

f0057849_18285637.jpg


香港での出張中ではあるが、時間をこさえて出向いて参りました。。。

場所もシステムも判りませんが、好きこそ全て!為せば成る!...WEBでチケット購入して全然ビートルズマニアでない友人を誘って...上映の広告も何も出てないTHE ONEという商業ビルの一番上のこじんまりした映画館にて兎にも角にも想いを遂げて参りました。

自分はどちらかと言えば、いや、確実に嫌なマニアな部類に属すでありましょう。それは否定はしません。

この映画に初期の最もチャーミングでキラキラした世界を席巻したFAB4の心躍る様なライブの臨場体験が出来る!

そんな勝手な思い込みをしてこのマニアは臨んだのでした。。。


More

by one_after909 | 2016-09-26 19:03 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(2)
2016年 09月 16日

1985年8月11日 ハリウッドボウル

f0057849_16383481.jpg


"ビートルズの熱狂の宴よりまだ20年しか経っていなかった。。。" ..解散からもたった15年。


スキャンした写真ではなく、原始的にもマクロでないレンズで銀塩プリントを普通に撮ったものなので鮮明でなく恐縮ですが...紛れもない、当時自分で撮った写真です^^

もっと沢山ある筈なんだけどなぁ、この2枚しか見つけれなかった..
f0057849_1638409.jpg
これは珍しい!って当時も思った裏っ側の写真(笑)


今回、ハリウッドボウルのライブ盤が発売され 『そういえば昔、撮った写真があったっけなぁ?』 っと思い出して探してみました。日本の夏とはまったく異なったアメリカ西海岸の其の季節。夜ともなれば長袖の羽織りものが欲しくなったり..。だからあんなキッチリしたスーツに身を包んでてても30分一本勝負の熱演も出来たんだ? とか妙に納得したりして。。。

そう言えば、BerkeleyのDurant Ave.の寮に左様奈良して空港行く道すがら 最終公演地キャンドルスティック・パークも遠目に見る事が出来た。*確か此方も遠くから写真撮った記憶あるので何処かに仕舞ってあるのだろう...

改めて地図を眺めて立地を色々眺めれば。。。

この近辺だと南のMontereyの切り立った断崖の方まで足を伸ばした記憶はあるが、北の方のNapaやSonomaなんてもうすぐ其処*とは言え、当時は夜に繰り出す地元学生街のバーや退役軍人宅でのパーティ、長い長いベイブリッジ渡って通ったサンフランシスコのディスコ、昼間は余りに安価な中古レコード屋巡りの方に夢中だった。。。あぁ〜...そんな地名なんかを目にしますと何か珍しく感慨に浸ってしまいます。

f0057849_17135427.jpg
...話をビートルズに戻し、そして昨年の武道館。

残念ながら未訪問のシェアスタジアムは建て替わってもう当時の面影はなく残念だけど..。でも数年前のLiverpool紀行も含め、こうしてみれば長い長い時間をかけてビートルズゆかりの地の巡礼(?)もなんやかんやで結構行ったのかも? ストイックに其れ目標に行くと言うよりも近くに行った時にちょこっと寄って..な感覚ですが♪ あとハンブルグとか巡ってみたいなぁ。。。

..で、あのライブ盤の音はどうなったって?

まぁいまだ認めてませんけどね? 普通に聞いてますよ
...違和感拭えない侭
^^(笑)

by one_after909 | 2016-09-16 17:07 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2016年 07月 20日

And now, Here they are...【加筆版】

f0057849_18311063.jpg

来たる9月9日...

ビートルズ唯一の公式ライブアルバムが遂にCD(デジタル)化発売される! きっと同時期に公開される『EIGHT DAY'S A WEEK』=ツアー時代のドキュメンタリー映画のサントラという位置付けなのであろう。これを正規リリースするいいタイミングだと思う。


THE BEATLES AT THE HOLLYWOOD BOWL

我々の世代には"スーパーライブ"という名称がしっくりくるこの実況録音盤は、ご存知の如く単独公演を収録したものではなく'64年と'65年の録音を上手く編集したものだ。*77年リリース

f0057849_17402217.jpg

因みに個々の公演はSTEREOの生々しい音の原盤が海賊盤として出回っている。コレは比較的初期に出たBOXセットの決定版で近年は技術の進歩か?音が磨かれ更に素晴らしい音質のものがリリースされているという。..所有は致しておりませんが。

f0057849_1740281.jpg

'64年の公演は'70年代、既にモノラルではあるが非常に良い音質の海賊盤LPが出回っており、中学生だった自分もワクワクしながら聞いた。

正規編集盤には収録されていなかった大好きな曲『恋におちらた(If I Fell)』が聞けた。12弦ギターで奏でられる響きが「ナンか変だな?」と感じた『ツイストアンドシャウト』や『抱きしめたい』などなど。『オールマイラヴィング』に代表される早く終わらせようとして演奏が異様に早回しだった事、それ故にレコードと違って粗々しく曲に違う魅力を感じ得た。等々当時は全てが鮮烈に感じたものだ..。



今回リリースされるものはどういうformatなのだろう? '77年盤踏襲? 当然Remixはされるでしょう。驚きの新たなる編集が施されるのか?


...




内容詳細がでました。。。

by one_after909 | 2016-07-20 18:18 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2016年 06月 24日

来日から50年...

f0057849_11105559.jpg


イベントとか書籍とか目白押し...


70年代中期頃からの我々、後追い第二世代。。。

友人の海賊盤ではじめて聴いた武道館公演

同時期に貪った、ハリウッドボウルワシントンDCの熱気と比べれば

中坊のガキンチョにも感じた一種のぬるさの様なもの..

きっとそれは"後追い第二世代"故の極断片だけを捉えた印象なのだろう。

あのTV画面の"Mr.ムーンライト"の昂揚、

あとで知った様々なepisode..

当時の"現役時代世代"の皆様が直に接された、時代を包む熱気の様なうねりの中で

感じられた事を色んな側面から更に追体験出来るのも楽しいやも知れません♪



...残念ながら、不在で行けないんだけど(-_-;)

思い起こせば、昨年のSir.の東京公演もライブ前はそんなnostalgiaに浸ったり追体験を目したりもしたが*これはいい意味で凌駕してくれた。 やはりファン、特に我々日本のビートルズファンにとりましては武道館はいまだ特別な響きがあるように思います^^

by one_after909 | 2016-06-24 11:29 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2016年 06月 13日

ベスト盤物語

f0057849_18241874.jpg

PURE McCARTNEY


最新ベストアルバムが届いた。


WINGS GREATESTALL THE BESTWINGSPAN』。ソロ時代のベスト盤は近年*それでももう15年程が経過か?の'ウィングスパン'は除いて当然アナログが主流の頃で丁度'オールザベスト'の頃が過渡期であった記憶がある...。

の米盤にはアメリカではシングルA面で№1を獲得した大好きな"coming up"のライブバージョンが当時の音的gradeのベストで収録されてたから迷わず両方...買わざるを得なかった。しかし今回はどうやら各国盤に収録曲の差異は認められない模様。 ..まぁ、諄いがその"coming up"(LIVE ver.)も数年前にアーカイヴシリーズで無事いい音になってたので...とは言え、編集上昔の面影はないが...余り気にせずに、日本盤の半額で購入出来る米盤にしました^^




the continuing story of....

by one_after909 | 2016-06-13 20:12 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2015年 10月 03日

something that didn't happen..

f0057849_2324491.jpg

アーカイヴスシリーズ最新作『TUG OF WARと『PIPES OF PEACE』 が届いた。

大学時代のとても思い出深いアルバムである。何度も何度も書いてるので詳細には触れませんが..単純にいいLPである。しかも今回はなんとシリーズ初めてのREMIXが施されているという! ジョンの『DOUBLE FANTASY』のスタイルを期待したが、どうやらオリジナルを忠実に踏襲したミックスと相成っている様だ...。

一曲目のタイトルトラックのSEからもう圧倒的な拡がりと素晴らしく磨かれた音粒が見事に調和し、あの頃すごく音が良くクリーンに感じた第一印象を感慨を以って現代の耳で追体験する事と相成った! ..逆に2曲目のセカンドシングルナンバーは一転閉じた感じで凄腕達の演奏が強調されてるMIXで各楽器の分離がよく少しimageが変わったかな? ジョンに捧げた"here today"はもう。。。筆舌に尽くしがたい仕上がり*シンプルが故に特にそう感じる。で、この曲に対する特に強い想いを感じ得ました。etc etc

この圧倒的REMIIXを聴いた後では、やはり他作でもこれを望んでしまうファン心理といったところか?
ジョンの先例があっても尚そうしなかったのはコレが代表作のひとつである!と言う認識/自負/気概に違いないであろう! そして『敢えていじる必要なんてない..』それで間違いないのである。。。




by one_after909 | 2015-10-03 18:16 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)