飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:閑話休題( 199 )


2016年 10月 23日

これは久々の MUST BUY!

f0057849_8334788.jpg

春先に四半世紀振りに訪れたHAWAIIにて、一軒のウクレレ屋さんで結構な時間を過ごし物色しました。

う〜ん? まさにピンからキリまで...

予習もなにもなかったのでアレヤコレヤ目移り、お店の方に色々 伺ったが結局は購入せず仕舞い。。。


昨日、ちょっと別件で探し物してましたら偶然発見致しました。此の CHEEZY ULLELE! なかなか琴線に触れます! よござんすね^^
*このお写真も、バックのクラッシュベロアの感じが本家Rickenbackerのハードケース内のクロスを連想させ、わかる人には『おっ!?』って思わせる雰囲気を醸してます♪

f0057849_8355788.jpg

贋ビートルズ引退したら、ちょっと肩の力抜いて コレ抱えて...がいいかもです♪ *厚みも'58を彷彿させるし^^


by one_after909 | 2016-10-23 08:49 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 10月 18日

アケンターノス!!

f0057849_17144238.jpg

20℃くらいで、関西とは結構 気温差があった感じの雨上がりのTOKYO。。。

べとつかず、しっとりした丁度いい少し冷たい空気♪...あ〜この季節がやっぱり一番エエわぁ〜..な9月生まれの天秤座^^


午前のアポイント、出撃前に相棒をパチリ!と一枚。

アケンターノス 気付けば今年もあと2カ月半、お互い体調に留意しまた...


by one_after909 | 2016-10-18 09:17 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 10月 10日

HIRAKATA 生活急便

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by one_after909 | 2016-10-10 22:28 | 閑話休題
2016年 10月 04日

でけぇな...

f0057849_7323978.jpg

..我ながら、なにか近頃書くインプレの類 否定的なもんばっかな気がする-_-;

寄る年波により更に屈折・偏屈化したか?

飽くまで個人的な嗜好なので....AudiのQ3くらいのんが理想なんだがな? マカンも。ま、何時もの'無い物ねだり' ですがね。

でも再来年にはこのLEVANTEより一回りちっちゃなモデルが出るらしいって'噂'もあります..が、画像見る限りあんまり格好良くないかなぁ? 偏屈化は加速する。。。


by one_after909 | 2016-10-04 07:54 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 09月 22日

朝の風景...

f0057849_15331932.jpg


これがスイス辺りだと実に心地良いやろうけど...

多分、今 PM大量摂取してるよなぁ? とか慄きつつも早朝ウォーキング/ジョギング励行致して居ります^^;

広大な敷地に縦横に2本のクリーク(ドブ川)が走査している其の奥の方は緑化も豊潤に施されていて実に心地よいです。。。普段は余り此方方面に歩を進める事はないのですが、イヤホン通しの音楽とも相俟って意外と新鮮♪

f0057849_15334071.jpg

先日、少し書きました太極拳お爺とお婆*携帯撮影時指入っちゃってますが... そして、今日は真紅のドレス(?)をお揃いで纏われたダンス叔母さま方^^

f0057849_15332958.jpg
とても中国らしい景色...

年齢的にも、もう少ししたら... 真っ赤な服着てダンスも流石にアレだから太極拳混ぜて貰いたいな? とか思ってる。いや、結構真剣に昔っからそれは思ってました。此方で仕事させて貰ってるウチに...。そしてなんとなく、時折り傍から眺めてて、ふと..その動作とか 呼吸とかが凄く理に適ってて、自分の理解が合ってるか合ってないか判らないけど'気'の出入りの様なもの=自然との遣り取りを少し感じ得る事が出来る様な気がします。...いや? それこそ気のせいかな^^;


..そんなお年頃♪


時計は?...勿論 外します。




by one_after909 | 2016-09-22 01:50 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 09月 20日

USS Indianapolis... men of courage

f0057849_20234451.jpg
from ...May 1963 issue of Stag 'pulp' magazine


フライヤー*次㌻に全ての要素が描かれていると思います。


ただ"二つ"...


アメリカ本土からテニアンの基地に運ばれる原子爆弾を積んできた艦であったこと、そしてニコラス・ケイジが演じる艦長が全ての責任を負わされた*後に無罪そして名誉回復..、その背後... 


を除いて。。。


More

by one_after909 | 2016-09-20 15:51 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 09月 14日

熟成の913...

f0057849_9172523.jpg

in OSAKA, down town FUKUSHIMA...

Fine casual champagne, wine, marriage with aging-fish(?) sushi, with the best casual wrist-watches AQUANAUT ref.5065J / 5167A

f0057849_8533591.jpg

昨夜は初めての'熟成寿司'なるものを食しました。。。

つづく


by one_after909 | 2016-09-14 09:07 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 09月 09日

現代の音

f0057849_22444214.jpg

こういうのはじっくり聴き込まないといけないのは判っている。。。


第一印象...


それは "とても狭いハリウッドボウル"


そして板バネエコーの不自然な響きと拡がりのなさ。のっけから随分否定的な書き出しで恐縮であるが*誰に対してや? 余りにも'77年リリース盤の音が染み込み過ぎてるから..そして愛着があるからご容赦戴きたい。


再生機はBOSEのシステムで、決してハイエンドオーディオ機器の類ではないが 近年のリマスター/リミックス盤を再生すれば、例えば"TUG OF WAR"などの透明で筆舌に尽くしがたい響きを以って一聴して鳥肌が一斉にざわつく 充分以上の感動を覚える事が出来たから遜色はないと思う。そんな期待もあって当時のハリウッドボウル=会場に居るかの様な臨場感に包まれる錯覚を待望してリモコンの再生ボタンを押したのである。。。


雑味の無い良い音で、ステージ近くでビートルズのコンサートを観(体感す)る


きっとそんなconceptの元に編集が為されたのだろうか? 今(現代)の耳とデジタル機器を持ってタイムマシンで'64年〜'65年のビートルズのライブを録音する。。。当然、この音盤を聴くリスナーは2016年の若者が中心であるべきで 且つ当時を知らないあらゆる世代である。古臭い音は違和感を与えるからこういう音場感..."少しだけノスタルジアを感じられる今の音"なのであろう。*そう書けば聞こえは良いが、要は近年のREMIXものの海賊版でよく聴けるけったいなエフェクトの掛かってるこれは絶対"BEATLYでない"..そんな印象のものと似ている。


勿論、自分だってビートルズのライブを生で観た事なんてある筈も無い!..しかし’77年盤の圧倒的音場を知っていると。。。厳密に言えば、自分でその正規盤を購入する前に友人から借りて聴いてはいたものの当時、ビートルズのライブ盤と言えば 今の表現方法で顕さばグルーブ感が'62~'65年と比べれば随分希薄に感じる'66年の東京公演を除き、音が悪く粗いスカスカのモノラルながら圧倒的な'64年2月のワシントンDCであり、正規録音流出の音質最高のモノラル'64年8月版ハリウッドボウルの海賊版だった!

そんな当時にあっても、'77年正規盤はステレオで随分端正で綺麗に感じはしたものの、コンポとかでは無い家のでかい家具みたいな'60年代からあるウッドキャビネットのあまり音も素晴らしいとは言い難い所謂'ステレオ'での再生だったにも関わらず、歓声と嬌声うねる様な空気の中でコンサート会場の熱気はもうビシバシと伝わってきたものである!

前述の"編集の意図"の推測があってるあってないに関わらず、これはその空気感=録音現場に居た者(ジョージ・マーティン)が編み出した音と、その編集に敬意を払い忠実に構成をなぞり 今のリスナーに違和感のないカタチで伝えようとした、当時の空気感を直接知らない者(息子さん)の編み出した意図的な音の肌触りの差に他ならない。

f0057849_1310086.jpg

..いや、もしかしたら'77年の時点でG・マーティンにも10数年前の一時代過ぎ去ったライブ音源を当時の世に違和感なく伝えようとした意図があって(そしてご自身が間近に知るビートルズ像と大いなる'60年代の熱狂を崩さない程度に..)編集されたものだったのかも知れない。其れをその時の自分は『これがビートルズのライブの音!』として認識し刷り込まれたのだろう。だから今のリスナーにとってもきっと今回のこの音こそがそう刷り込まれるのであろう。

”当時の空気感”

もし其れをただ忠実に追体験させる為だけなら、その音を奏でていたご本人達が存命である以上、クレームをつけアドバイスをし こうはしなかった筈である。だからこそこの音を否定はしない!...が! 時計趣味に擬えれば 昔からのPATEK愛好家が、新しいモデルのリリースの度に愛憎入り混じったコメントを発するのと似た感覚である^^;


...お察し下さい。


いや? 先ほどご本人達が存命の..アドバイス云々と書きましたが、PAなぞない時代の演奏者のステージ上で体験した感覚、何万もの熱狂した観客が狂乱する坩堝のような観客席でのその感覚はきっと大きく印象を異にした事だろう。それは騒乱の歓喜の'気の塊'の様なモノをステージ上で一身に享受した其のご本人達には絶対経験出来ないまた別モノの宝物の様な感覚だった筈。。。今の段階でその様なものは聞き取れない。コレはどちらかといえば演奏者に近いフロントロウ的特等席で'完全無菌状態'で鑑賞する..そんな感覚なのかな?



きっと今後この音がスタンダードになってゆくのでしょう。..そして自分の老いた感覚は受け入れる事は出来るのだろうか?

*そうこう言いながら今日は昼間なので少しLoud気味に掛け流している♪


by one_after909 | 2016-09-09 21:49 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 08月 31日

New Enzo?

f0057849_16585799.jpg
唐突ですが、これは凄く格好いいですね〜^^?

KEN-OKUYAMA code 57

まぁ..きっと我々には買えるクルマではないのでしょうけど、過去の傑作の面影も漂わせつつもコレは圧倒的逸品ですありますね♪ 日本発であるところも尚由です!

'日本発'..とは書きましたが、勿論 古来よりの美しき日本的感覚/ものづくりの確かさと拘り、精緻さはベースとして当然あれど、実際この様な素晴らしいデザインを目の当たりにしますと、奥山さんがその昔ご在籍されていたデザインチーム経由のF様エンブレムが燦然と輝いててもまったく違和感(*勿論、発動機とか別として外面的な..)もないわけで、そう考えれば起(基)点といいますのももう全くもって陳腐な表現ですがボーダーレス..って言うか? 随分と変わったなぁ...と感じます。

新しくても古くても、稀少で存在価値のあるもは今後よっぽどの事がない限りそのvalueを落とす事はないのでしょう *大将の受け売り(笑)

これは羨望的な例と致しましても、近頃やっぱり時計ひと段落した事もありましてか? 『クルマやなぁ..』な感もあり自分もソワソワ致しております(笑)そろそろいい季節も遣って来る事でありますしね〜^^


..しかしG20のお陰か? 今日の午後から急にVPNが接続出来なくなりました。まったく不便極まりなし-_-*! 逆に以前は規制対象だったexciteは何故か今月、普通にアクセス出来ます。ん〜??


by one_after909 | 2016-08-31 12:52 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 08月 25日

温度差。。。

f0057849_9161435.jpg

先日、久々にトルコン2号でお金を払ってお山/山頂迄あがって参りました。。。

渋滞の市街を抜け山道を往きますと、窓を開けても涼しくって気温は下界より5℃程も低かった! ..まだまだ暑いけどオープン旧車の季節も遠くない^^?

大阪の街...

左のノッポのが阿倍野ハルカス? 右手の六甲山系、そして遥かむこうに淡路海峡大橋の橋柱も見える。。。あ美しい。惜しむらくは折角の風情を思った様に上手く収めれなかった事でしょうか?

f0057849_1371033.jpg

息子と一緒に、いい夕暮れ時でした♪
^^

More

by one_after909 | 2016-08-25 09:48 | 閑話休題 | Comments(0)