<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

英国日記⑩ 【 サウンドチェック …前編 】

f0057849_1444132.jpg
7~8台連なった海老茶色のメルセデス軍団に圧倒されながら、我々はTAXIでホテルを出ました。。。

ラスティがお食事中だった事を鑑みても、SIRとバンドメンバーの出発時間は未だ先に違い有りませんしね!
…そんな訳でTAXIで走る事、約15分。。。なにやらPAUL McCARTNEYの字が視認出来る看板が目に飛び込んで参りました!
f0057849_14364797.jpg
ぐおっ!?コンサートの広告看板ぢゃあありませんか~?これは否応にも気分も盛り上がります~!!
(*前回までの撮影不可故の駄文だけの展開と異なり、今回からは執拗なる写真攻めで構成しますよ~!)
f0057849_14473150.jpg
すると間も無く巨大なスタヂアムが姿を現しました。いかにも外国らしい郊外にある大駐車場を擁するフットボール場です。正面のエントランスから入りまして受付へ…
f0057849_1452434.jpg
結局、事前の情報どおり実際のチケットは出発前(事前)に届く形式ではなく此処で全て確認される模様です。
受付時間の午後1時過ぎ。其処には簡素なテーブルが設けられておいました…。ポールが全て遣ってくれます(ありがとう)。そして渡されたVIPパス等の内容がコレ!
f0057849_14594646.jpg
上から…
コンサートチケット
・手首に巻くサウンドチェックのパスx2種
・首から下げるラウンジ利用の通行証


これを実際に受け取ると更に気分がウキウキと高揚します(笑)。

このVIPツアーに参加したのは世界各国から集まった16人。本国イギリス、アメリカ、ドイツ、オランダ等々そして日本からも僕等を含め3人。…なんかコアそうな人多い(苦笑)傍から見れば僕も充分その一員なのか?? 確かにマニアには違いないのですが、なんかちょっとだけ複雑な気分。。。
f0057849_15103610.jpg
チケットは…と、AA6/D といいます事はド真ん中かイッコ横のブロックの前から4番目ですね?…まぁまぁですか?
(*実施のポジション的にはブライアンの前、上段に置かれたグランドピアノの前辺りと言った処でした。)

そしてラウンジ…と言いますか沢山のテーブルが並んだ宴会場みたいな所に通され、円卓2つに分かれ、ひととおりの説明を受けます。此処はリハ/前座/コンサート中/後を通しましてパスを見せれば自由に使える模様。お飲み物もチケット会社が用意したワイン等は自由みたい。。。
更にツアーの刺繍が入った簡素なスポーツバックにパンフレットなどを戴きました。しかし一番吃驚したのは…
映像/録音を除く写真の撮影が自由だって言う事!ええ~~~??聞いてないよぉ~~~!!

中国は別としまして、それ以外の国でライブに来るのは初めての事!日本の慣例でどうせ持ち込みなんて禁止なんだろうと、この旧型ボロカメラしか持って来てません、予備電池もなし!! こりゃあなんとも勿体無い!!
…しかし今更仕方ない。そんなこんなで16名ご一行様と相成りました我々はラウンジを出ましてスタヂアムへ…
f0057849_15322893.jpg
通路を出ますと其処には関係者、警備しか居ない…演奏者すらまだ足を踏み入れていない会場の景色がバ~ン!っと目前に拡がっていたのでした!うえぇ~…こりゃあ何とも壮観な!
f0057849_15371262.jpg
f0057849_15382785.jpg
そしてスダヂアム独特の緩い傾斜の階段をゆっくりと下って遂に降り立ちました!嬉しがりメイッパイ全開な飽商909(笑)
f0057849_1543239.jpg
サウンドチェックはこのアリーナ最前列ブロックの後方で…が慣例のようです。少し遠い。。。でも構いません!

暫くするとバンドメンバーが我々の間を歩いて遣って参りました。エイブ、ブライアン、ラスティの順でばらばらに。。。フラワーズインザダートの頃より長くから活動を共にする、サウンド面でも重要な位置を占めるウィックスは既にステージで準備・待機中。
メンバー各々、順番にステージに上がって音出し、そして準備が整うとランダムにジャムの様なセッションが展開され始めます。76年のフォーメイションのWINGSに匹敵、若しくはそれ以上に抜群の…しかし時折り荒れた演奏を繰り出すこのバンド。過去にも述べましたがBEATLESを除くSIRの過去のキャリア中では間違いなく一番大好きです!そして演奏が更に白熱したグルーブを醸し出し始めたのが合図のように。。。海老茶色のメルセデスが登場!!
カメラが既に廻ってます。青紫のポロシャツに身を包んだSIRは颯爽とスタッフと握手したりしてステージ歩を進める!
(*そしてこのお洋服を拝見してあの自転車の男性がSIRだったと確信致しました…。)
f0057849_1643010.jpg
f0057849_1651233.jpg
f0057849_1685749.jpg
そして遂にステージへ!サングラス姿のSIR。そしてこちらに向かってお手を~~~!!!うお~~~!!!(暑苦しい)
f0057849_16111421.jpg
f0057849_1612974.jpg
ブライアンに向かって"う~ん、いいね~ブライアン♪ いかしたノリだ!"とノタマわれたのか?そして向かって右のスクリーンにそのお姿が大アップになって映し出された!!
f0057849_16283787.jpg
f0057849_16183059.jpg
…まだ楽器を手に取られる前。しかしこのビートルマニアから一瞬で時計変質者的着眼点を顕した僕はそのスクリーンに映し出されたお姿、その右腕に収まった"お時計"の存在を見逃さなかったのである!!

そしてヘフナーバイオリン・ベースよりも先にギターを手に為されましたSIRの演奏が始まる、さぁ!僕にとっても今回の最初のハイライトと相成りましょう至福の時間の始まりです!!

by one_after909 | 2010-06-30 16:40 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(4)
2010年 06月 30日

英国日記⑨ 【 興奮の一夜明けて …編 】

結果的にこのホテルで大当たり!だった訳で御座います(有難う御座いました<(_ _)>)。う~ん…えがった。。。♪


まぁ、サインを貰えなかった事に対しましては、正直な所 余り後悔の様なものは不思議とありませんでした。多分、これは今の僕の年齢の為せる業なのかな?と思ったりも致します(笑)
hummingお師匠様とのワイン会で、前回来日時に大阪のリッツでSIRに相対されましたいかしたソムリエ藤次さんからのお話どおり、まさにそんな感じの展開で御座いました!うんうん!…この予備知識は非常に有益でありましたよ。。。こちらも多謝<(_ _)>


SIRを間近でそのお姿を拝む事が出来た!


非常に幸運な…まさにwith a little luckな!…そんな一夜(*しかし予想外にも意外によく眠れた(笑))が明けました翌日、日曜日。

早朝8:30、ポールとレストランで合流。
彼は"待ち"で朝の6時頃から此処に陣取ってるらしい(笑)"おはよう!"と挨拶し色々喋りながら、しかし昨夜、あれから上の階(2F)のバーを貸しきって御一行様は飲んでおられたみたいだし、休日の朝だし御高齢だし…今日はお部屋でブランチやろう?とか話しながら笑いました。。。

僕がお皿を持ってサーモンやオニオンを盛って居りましたら、2mの軍曹(総警備長?)が偶然、朝食を摂りに遣って参りました。彼も盛りに対面に…。
"昨夜はいろいろと。。。"…と、僕は一応お詫びを述べますと"いや、大丈夫。気にしなくていいよ"とニコリ。これは結構救われた気がしました。
"大変ですけどいいショウを""ありがとう"みたいな感じで僕は席の方へ戻りました。

実は、昨夜、貸切のバーの近くで"此処で飲んでるらしいね?"と表に居たら、軍曹が出てきて思い切り諭された!…みたいな一幕が恥ずかしながらあったのです(苦笑)別にストーキングしようとか無理に押しかけようとかそんな気は更々なかったのですが、ましてはプライベート尊守の事を予め"それだけは自重すべし"と言われておりましたし、遣るべきではない!しかし結果的に徘徊と視されスピルバーグ/ゼメキスのあの映画I WANNA HOLD YOUR HANDとあんまり変わらない行為に近かったのではなかろうか?ましてやSIR御本人、2m軍曹にしてみたら狂信的なファンが何時凶器と化す可能性もないわけではないのだし(*忌々しいJOHNの事件の事もあり)。これはマットウなファンならそういう疑いを掛けられる行為は絶対慎まねばならないことでありました。。。大反省。


しかし朝食にソーセイジやベーコンが当たり前の様に並んでるこの状況。普通、SIRがお越しに為るなら料理は総入れ替えされるに違い有りません(笑)?一般客が入ってるこの状況では此処にお見えになる可能性は極めて少ないですよね~♪

さて前置きがかなり長くなりました。朝食を済ませ お昼頃に出発するまでそれぞれ別行動と相成りましたので僕は独り、散策に出掛けました。。。
f0057849_1233416.jpg
古い建物や教会が粛々を立ち並ぶ町並み。ホテルは丘の上に有りますので戴いた地図を頼りに辺りを巡ります…。
f0057849_127572.jpg
KINTYRE HOUSE。。。そう!ここはスコットランド!あの"夢の旅人"("mull of kintyre")の土地。此処では窺い知れませんがきっと郊外の方へ出ればそんな風景に出会う事が出来るのでしょう(今回は残念ながら…)。
f0057849_12462310.jpg
f0057849_12473527.jpg
相変わらず澄んだ空気と美しい青空の許。付近に散在する重厚な石造りの教会を4つほど見て廻りました。中はひんやりと冷たい空気が纏わり付くようで半端じゃない年月、此処で祈りが捧げられ続けられている重厚感があります(*決して荘厳ではございませんが…)。
f0057849_1244288.jpg
f0057849_12541750.jpg
その後、Clyde川の方へ向かって丘を下り、セントラル駅をくぐって繁華街へと。。。正直、途中かなりの建物/部屋に空きが見られ景気は決して宜しくない様な印象を受けましたが、どうなのでしょう?
f0057849_1315858.jpg
まだお店もオープン時間ソコソコでしたので人通りも疎らな感じ。通りの一番端っこにあったギャラリーも残念ながら開いてませんでした。。。
2時間ちょいくらい歩きました。ロンドンからホントよく歩いてます(*それは僕にしましては超絶なくらい(笑))。その後また坂をえっちら登ってホテルへの戻りました。…実は教会を見て廻ってる時、ホテルの真向かいの公園のアチラ側を少し下ったところに僕はいたのですが、少し距離のあるその丘の上の方(ホテルの有る方)を見上げますと自転車に乗った男性と小さな女の子が見えました。。。直前に自転車が準備されていたのを知っていたので、あれはもしかしたらSIRとベアトリス?…とか思ったりしました。

部屋に戻ってシャワーを浴びてお着替え、準備OK!! 

…でもたくさん歩いたので、もの凄く腹が減りましたのでちょっと予定変更してホテルのレストランでガッツリ!戴きました。ステーキと海老カクテル!う~堪らん!とても美味かったです!

と、ラスティが独りで昼食を摂りに近くのテーブルに…。会釈するとニコッと応えてくれました。優しい方ですね♪

さぁ!腹ごしらえも完璧!これからが本番!SIRのリハ~コンサートと長丁場を目一杯楽しむ為のエネルギー補充はOKだ!いざゆかん!!…と、エントランスを出て表には。。。

うおっ!?そこには型は新旧あれ同じ海老茶色のメルセデスの軍団がぁ~~~!?
f0057849_13233466.jpg


by one_after909 | 2010-06-30 13:29 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(2)
2010年 06月 29日

英国日記⑧ 【 ミッション・グラスゴー 後編 】

f0057849_1615994.jpg
遅い午後の斜めの陽に透かしたモヒト。。。

緯度が高いからでしょうか?午後の7時を廻っても一向に陽の沈む気配が感じられない。折りしもこのホテルのレストランとバーでは何かのパーティが催されておりカジュアルとおめかしの中間、ちょっと後者寄りくらいにドレスアップした人たちに溢れて居りました。

ちょっと其の場から息抜きに来た人達が、エントランスの真向かいのこの椅子と真紅なベロアの貼られたスペースで一杯やっている。それも暫しと言う感じでまた会場へと散ってゆく。。。
f0057849_16103854.jpg
開放感は無いが流石にモダンなお部屋は素晴らしく荷物を置いてお着替えしまして30分後。此処で贋ポールと合流しました..。

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2010-06-29 19:00 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(8)
2010年 06月 29日

英国日記⑦ 【 ミッション・グラスゴー 前編 】

さて、ABBEY ROAD訪問、ワールドカップTV観戦を終えましてホテルを出まして、地下鉄でヒースロー空港へ。。。

SIRに倣って小型機をチャーターしてGLASGOWへ向かったのでした(*嘘(笑)SIRは勿論 自家用機でありますよね~♪)
f0057849_10501713.jpg
こんな小さな飛行機に搭乗するのは久しぶりの事。ラウンジで一服しましたあと登場口が直前に変更になったりして結構な距離を新しいゲートに向かって歩きます。ここで僕のトロリーの口が開いてるのに気付きました。

"あれ?"
…どうやら手荷物検査でラップトップを出して通した侭、忘れてきてしまったようです。

"ありゃりゃ。。。"
離陸時間もある事ですからしゃあないですね?運を天に任せてLOST AND FOUNDに届いてる事を期しつつ機密書類の一杯詰まってない(笑)旧型PCを遺して僕は機上の人と相成りました。。。
f0057849_10585098.jpg
そして1時間チョイの快適なフライトを終えグラスゴウに着陸。小型機のタラップを下りて地面に降り立ちました。

このお写真は翌朝の散策で撮影したものですが、ちょっと其れをもじって正にMISSION GLASGOWが始まろうとしております!
f0057849_11165520.jpg
すがすがしく澄んだ空気と抜けるような青空の下、タクシーで宿泊予定のホテルへ向かいます。20分程で到着しましたこのBlythswood Squareと言いますホテル…。

このホテルを予約するに到りましては、ちょっとした経緯が御座います。

どうせならSIRの宿泊するホテルがいいよね?…とバンドのポールからの指令を受け色々と検索致して居りましたが、当然、判る筈もなく。。。藁をも掴む思いで、このブログを通してお知り合いに為らせて戴きました業界の方を通じまして色々とアドヴァイスを頂戴したり伺ったりして最終的に2つに絞ったわけです。僕個人的な見方からすれば前回の来日の際、京都の由緒ある小旅館に御宿泊された事などを鑑みて、地方都市では自己所有若しくは知人の邸宅やお城に御宿泊される可能性を除けば比較的こじんまりした近頃、話題な…しかしちゃんとした"箔"のある処をセレクトされるのではないか?と言う推測に基づいて到った結果でした。アドヴァイスを仰ぎました先般の業界の方も"可能性無きにしもあらずだね"と!早速ポールに伝達し彼が予約試みるも一方は既に満杯で予約不可!
うおっ!?もしやSIR御一行様が既に抑えた結果なのか???

唇を噛み足が震える(大袈裟(笑))!仕方ないのでもう一方。。。とセレクトしましたのがこのホテルなのでした。
f0057849_1147653.jpg
The massive renovation of the former Royal Scottish Automobile Club on Blythswood Square in Glasgow is reaching completion with the opening of the first batch of rooms and the hotel’s 120-seater restaurant and cocktail bar. Part of the Town House Collection which runs The Bonham and Channings in Edinburgh, Blythswood Square is bidding to become Glasgow’s premier luxury hotel and spa. Executive head chef Daniel Hall has come from the Pool House Hotel in Wester Ross, and promises up-scale food with ‘one foot in the past and one foot in the future’.
f0057849_11485968.jpg
此処は昔の"真の"お金持ちの皆さんのカークラブだった場所で更に後年モンテカルロ・ラリーのスタート地点にも為りました。素晴らしくリノベイトされた佇まいはエントランスに足を踏み入れた瞬間に"ああ、此処は違うな…"と感じさせる、正に上の宣伝文通り"過去と未来の…"そんな最先端のムードです。

チェックイン時。

さり気無く、ポールが尋ねる。

"明日、SIR.McCARTNEYのコンサートがハンプデン・パークで催されるけどもしかして泊りは此方?"

はりせんぼんの感染されなかった方の方から眼鏡をとってダウンサイジングしたようなレセプションの女性はキーボード叩きながらチラ!と上目使いで彼の方を見上げsaid...

"ん~…そうねぇ?それは。。。"

…とやけに長い1~2秒のインターバルの後、にやっ!と微笑んで、そしてこう続けた。

"これ以上のことは私の口からは言えないわ"

"!"

顔を見合わせる我々、思わず"其れ本当?"みたいな感じで詰め寄るポール、しかし彼女はそれ以上は…。これは英国独特のジョークか?そうなのか?以降も"え~ほんとかなぁ~?"ポールは疑心暗鬼である。でも心にポワッ!と花が咲いたような不思議な気分と高揚感!そんなものが芽生えたのだけは確かでした。

マジで間近で夢にまで見たSIR ポール・マッカートニーに会えるかも知れない!!

そんな淡い希望を胸に抱きまして…取敢えず、部屋は彼とはまったく方向が違いましたので一旦別れて後程、ロビーで待ち合わせる事と致しました。。。





そして此処からは極端に撮影したお写真が少ないです…。後編へ続く。。。

by one_after909 | 2010-06-29 13:06 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2010年 06月 28日

英国日記⑥ 【 ABBEY ROAD 編 】

f0057849_1765817.jpg
遡る事 オランダ戦の数時間前..。

地下鉄 St. John's Wood 駅...その長~いエスカレーターを上がって暫く歩きました(*これ帰りの下りだけど(笑))。
f0057849_17115851.jpg
閑静な住宅街?みたいな感じなのでしょうか…?古いけど佇まいのいい建物が並んでます。

そしてとある交差点に差し掛かって、僕らは歩みを止めました。。。
f0057849_1719122.jpg
その先にあるのは…。

生活の中に普通に溶け込む交差点と横断歩道。しかし多分それは世界で一番有名であろう、あのビートルズの事実上の最終録音盤(*リリースされたのはLET IT BEの方が後)ABBEY ROADのジャケットで有名な横断歩道なのであります!
f0057849_172825.jpg

ナンバープレートは'28IF'ではない新型のBeetleが過ぎる。。。

ああ..しかし時計変態以上に長年、生粋のビートルマニアをずっと勤めてきた輩にはなかなかに感慨深いものが御座います。

f0057849_8311344.jpg
f0057849_838127.jpg


..そして、そっと目を閉じれば其処に4人の幻影を見れる気がしそうでなりません。。。
f0057849_1742368.jpg
ミーハーと云われれば、それまですが、其の感慨は取敢えずひとまずは置いておいて、ここは意気揚々と渡る事と致しましょう!!

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2010-06-28 11:50 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(4)
2010年 06月 24日

英国日記① 【 序章 】

…と言うわけで、昨夕無事に上海に戻って参りました。



ひとことで言えば "なかなかに出来過ぎな滞在" であったと云えましょう!

…even 最初に言っときますが結果的にSIRのサインは頂戴出来ませんでしたが(笑)…

それでも僕自身撮影した写真で今回の旅行の感じを一葉で表すなら正にこんな感じです!
f0057849_12193595.jpg


何の写真かって?暴発する"LIVE AND LET DIE"で御座いますよ。


…訳有って、滞在中その間一週間もPCとは無縁の日々。たまにはいいモノですね~?そんなこんなで記憶が鮮明なうちに旅行記としてここに纏めることと致しましょう。。。♪

by one_after909 | 2010-06-24 11:00 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)