飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 29日

問答無用のPORSCHE...

f0057849_2141024.jpg

'73Sのお隣、そして沢山の新旧porscheの中で静かに佇む我が 912...久し振りのご対面でした^^


雨のち晴れの4月29日。加古川のFroschさん迄、悦楽のLong Driveでした...♪ あゝしかしポルシェの花苑に来れば堪らないなぁ。。。

なにがって? 911でも無論、912でもなく..

928

f0057849_885169.jpg

412とか...多分 日本では一番人気のないゾーンやも知れませんが、近頃やっぱり、否此処数年ずうっと コノ手の大型クーペに惹かれて〼 完全にエコな時代の潮流に逆行してますが^^;

確か前回お邪魔させて頂きました際にも同じ一台をお見掛けしてやっぱり同様にエエなぁ?..と思った記憶が蘇る...。

f0057849_8202645.jpg

GTカーのいいところは

長距離ドライブをしても疲労度が全然違う事。上質な皮革を使用した硬いシートと空間、ATと余裕の排気量の為せる技ですね^^


小〜中型のハンドリングに優れたクルマの悦しみとはまた一線を画す様におもいます。


by one_after909 | 2017-04-29 22:45 | PORSCHE 912 | Comments(2)
2017年 04月 27日

信念はあるか?

f0057849_121071.jpg

昨年の映画らしいですが...

当事国の一方である事、描写が過度で生々しい事*映画だから仕方ないのだろうけど..を除けば非常に感動的な内容の映画でありました(実話)。

自分に其の生死を賭しても貫くべき信念などあるか?問う ...恥ずかしながら"ない"。嗚呼〜-_-;




by one_after909 | 2017-04-27 12:17 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 04月 27日

初めて味わう魅惑の角時計♪

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by one_after909 | 2017-04-27 11:43 | etc...etc...
2017年 04月 27日

Za, Bitoruzu~♪

f0057849_2320568.jpg

"サヨナラ...僕の中のポール・マッカートニー"


僕は気付かぬ内に、曲達がそうであるのと同様に"永遠"をSir.に投影してしまっていた。

'80年の落胆から丁度10年後、'90年に初めて念願叶って以来、作者自らの歌唱により享受させて貰い続けた この'幸せ'を何度も何度も...

そしていつの頃からか? やがて枯れた、幾分憂いを纏った表現が加わった歌の新たな味わいもあり、自らの老いと感受性の移ろいと丁度重なって違和感もなく受け入れる事も出来た。しかし今回、幾つかの過酷な曲達では最早、痛々しささへ漂わせ こう書けば語弊があるのかも知れないが其の'作者ご本人の歌唱で..'が叶わなくなってきた事をいやがおうにも悟る事と相成ったのだ。。。
ご年齢からしても当然で仕方なき事!このお歳で2時間以上のステージを熟しツアーを行う事自体が天晴れなのだ!..という事をその求めた"永遠"の中に見誤ってしまっていた。

ALL THINGS MUST PASS...
f0057849_23415144.jpg

崇拝者/ファン/マニアなら黙って有難く、生でこうして未だにお聞かせ頂ける事に感謝しとけ! ...とお叱りを受けるのであろう。そう、其の通りなのだ!


..冒頭の此の感覚は極個人的な一線、感謝を込めたケジメみたいなもの。


兎に角そうなのである。そんな感慨を抱いてしまったちょっとばかしセンチメンタルなショウと相成りました武道館は...最初に断っておこう!
サブライズはnothing! しかし頭のAHDNからガツン!恐ろしい程タイトな演奏で最初の数曲は痺れた!正にROCKだった!

f0057849_064824.jpg



続く'Jet'で'76年、'Junior's farm'で'75年の雰囲気をチョット味わせて貰いつつ 骨太なロックで固められたその冒頭を過ぎコンサートは...




by one_after909 | 2017-04-27 00:02 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2017年 04月 24日

Pattie Boyd写真展 『George, Eric & Me -パティが見たあの頃- 』

f0057849_1943867.jpg


あのアストリッドのセルフポートトレイトと同じくらいBEATLES関連の本人達以外のショットで好きな一枚です。残念ながらこのオリジナルプリントは大判で5枚しかプリントされず既にSOLD OUTでした。


f0057849_19121885.jpg




More

by one_after909 | 2017-04-24 19:59 | Comments(0)
2017年 04月 20日

'66 そして'15、いよいよ3度目の武道館...

f0057849_12471991.jpg

不穏な情勢が囁かれる中...


"いよいよ"次週を目前に控え、果たして何事もなくご来日為されるのだろうか? ..な懸念も抱きつつ^^;

直近のインタビューで『まだ日本ではご披露していないプロダクションが...』くだりがございましたが、此れはアタマの'A hard day's night'の事でしょうか?

武道館に響き渡るアタマのコード一発!...も勿論いいのだが、ネット時代の弊害か? 性格の悪いマニヤには既に其の新鮮感は希薄になってしまっているのは否めない事実だ。じゃ、何が良いのか?

安直に50周年だからって"再現ライブ"なんてやって欲しくないし、そんな事は毛頭眼中にないだろう...

それでもSgt.Pepper'sからはタイトルトラックも含め何曲かは聴きたい! それも望むなら'She's leaving home''When I'm 64'辺りだ。悪いが耳タコの'Kite''Rita''Life'はもう結構です。'Getting Better'もいいです。

なまじっかビートルズ知識があったりすると、武道館='66=その辺りの中期のイメージがこびり付いてるからあらゆる意味で其の殻を破りきれない引き篭りマニア*自分も其のケなきにしもあらず にとりましては、『これは懐古的な事ではなく現在なんだ』と常識的に判ってはいても邪魔するのだ。初期/後期の曲やソロナンバーがしっくりこない。。。まぁそんなネガティブな概念も前回の武道館公演の余りの素晴らしさに'vanished in the haze'だったのですが^^;

f0057849_1255449.jpg
そう、この眺めは伝説の景色の幻影に投写された現在! 感慨深く、そしてスクリーンレスのステージはとても新鮮だった!

'I'm down'は個人的*オープニング希望を諦めていない。しかしこれも謂わば衝撃だった2001年のあのオープニングの再現でしかないのだが...

ツアーの前レッグでご披露された以下はリストに載るのだろうか?

'Why don't we do it in the road?'
'Love me do'

長いインタビューを読んでてエピソードが出てきた曲だが案外、演奏されれば案外新鮮な筈!だと思ったのは、ジョンの曲で且つ歌詞内容はSirの好みとは明らかに一線を画すとは思うが..

'Yer blues'

だ! スゴク新鮮で締まると妄想する。。。

そして一曲くらい最後のアーカイヴスシリーズ"Flowers In The Dirt"の中からあってもいいと思うが? はてさて? ま、別に無くってもいいか^^?...ソロ曲での要望はズバリ!
'No more lonely nights'と
'Silly love songs'だ!

正直、実現度は限りなきゼロに近いとは思うが、人生一度 生で聴いてみたい。。。

アニメの挿入歌の現時点での最新曲であります佳曲 'In the blink of an eye' も 'Here today'みたいな感じで..しかしさらりとご披露して頂ければとても嬉しいな。

それより何より、其のインタビューで語られた既に4曲が次のアルバムの為に録音された...との事なので此方も実現薄ながら発表前の新曲披露を!..とぜひぜひ期待したいところであります♪

...

この詣出も'90年から11回目を数え... さて、今回の"武道館"はその過去11回中最高だった前回を凌駕し、新たな伝説となるのだろうか? いや、もうそんな期待やネガティヴなマニヤ的思考は全て晒してこの特別な場所、然もこの伝説の風情は来るオリムピックを前に改装に入るという噂もあるので、あの'66年の景色の中で味わえる最後の機会と言って差し支えないのであろう。同義であの当時のシェアスタジアムはもうない...。そんな感慨の中でご勇姿を拝見させて戴ける幸せを大いに享受したいと思う次第である。


by one_after909 | 2017-04-20 20:35 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2017年 04月 18日

弍號機の仕様変更

f0057849_0305138.jpg

ミュージアムで長時間眼にしっかりと焼き付けて戻りましたが、最終的に『別に全部似せる事ぁないや..』との結論に達し、ハンドの意匠だけ変えて貰う事にしました。

提案して貰ったコレいいなぁ♪..と、そうする事にしました。何れも英/露 マリンクロノメーターのもの...
f0057849_2337658.jpg

立体的にラウンドしたこの感じ、厚い元ガネから手作業で削って表現してくれるそうです! きっと弐號機の文字盤とも好相性な筈^^*法則的にはどうなんでしょうね〜?


進捗状況は..と申しますと。

金でこさえて頂いたリピーターのレバー機械側内部に更に部品の欠品が発覚し、また別作する事に相成りましたのと、風防も分厚いガラス製別作を希望しましたので、時計士さんもAHCI関係のトゥールビヨンのお仕事でご多忙の様ですのでまだ暫く掛かりそうな気配であります..。空き時間で一向に構いません<(_ _)>

f0057849_0312637.jpg

併せて、エナメル/ポーセリンの文字盤の事を聞いたので、あの軍用モチーフの交換用で ↑ (右)な儚いBreguetイメージでひとつ?とも思いましたが其れは参號機のコンセプトへ譲る事としました..。単純にもう少し小さ目の径の方がいいと思ったからです。2針の上品なヤツ...嫁さんの7200の感じですかね〜?


by one_after909 | 2017-04-18 00:16 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 04月 16日

yozakura??

f0057849_21564657.jpg

先週末の箕面が不発だったので...

翌日から、上海入りって事もあり 『次、帰国する頃はもう間違いなく散ってるよな?』と思えば、無性に切なくなり駆り立てられるかの様に夕刻より近所の通り抜けに出向いて参りました。

別のところで こういう投稿をすれば中高時代の友人達からは『年やな?』とからかわれる。

f0057849_2243770.jpg

"桜"

嫁さんと出掛ける事もそうだが、年一回の風物詩'今年の桜'。これ迄意識した事なんて露ぞなかったが、『え? 自分、今年はもう終わりか? 来年までお預け?...って、あと何十回観れるのよ?』とかふと思ってしまった! 一度そんな思考が巡らばもうアカン(笑) 

f0057849_22201578.jpg


...年齢相応の持病は抱えるが、別に余命幾許の病を患ってる訳ではありません。イチオウ..ハイ^^;

まぁ、何はともあれ此方も6部咲き乍ら '今年の桜'通り抜けを堪能させて頂きました♪ ..川沿いの出店街を天満橋の方迄抜けまして*美味そうな匂いの誘惑を断ち切ってトウモロコシも何も食べず 寿司喰って帰りました^^

f0057849_222012100.jpg
...今年初めて知った種。建物の壁際にひっそりと咲いてました。ネーミングがいいな♪


by one_after909 | 2017-04-16 23:40 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 04月 15日

2017版 カタログ届く

f0057849_15194523.jpg

2017 collection PATEK PHILIPPE

本年度の新作のカタログをいち早くスイスより送って頂きました!有難うございました<(_ _)>^^


f0057849_15184374.jpg


気になるそのお値段はと言いますと。。。

More

by one_after909 | 2017-04-15 12:49 | PATEK PHILIPPE | Comments(2)
2017年 04月 12日

広告頁...

f0057849_18717100.jpg

大昔の雑誌の広告頁。

なにかこの雰囲気が好きで、額装までして飾ったりしてました^^

f0057849_187766.jpg

そう言えば、3/6/9文字盤のサブマリーナのなんてのもありましたね? 手巻きのデイトなとかと一緒に載ってます。..と言う事は'60年代後半か'70年代初頭なのでしょうか。。。こちらは額装してません。

f0057849_1814541.jpg


そうそう、先日の香港の友人がいいシードが欲しいらしく、日本で探してくれ...と指令が^^ お譲り頂ける信頼性の高い個体ないでしょうか? それとref.1530(オイスターケース50周年(?) SS自動巻き in クオーツケース)も引き続き<(_ _)>


by one_after909 | 2017-04-12 18:22 | 閑話休題 | Comments(0)