飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 29日

étranger

f0057849_22233547.jpg

お招きに預かり、宝宝*baby 100日記念の宴に参加して参りました。

赤ちゃんの誕生後、丁度100日のお披露目(?)会をする習慣が此方にはありまして、 結婚披露宴もそうですが、この手の宴席に参列する度になにか毎回感じるこの...98%くらい見知らぬ皆さんの中にあって、上手に笑みを浮かべたつもりで下手糞な中国語で会釈したって、心中ポツネンとした感覚に陥るのはやはり性格の問題ですね〜? ...ま、これは国内であっても一緒か^^;?

お食事とお酒、宴の推移を傍観し愉しむのと同じくらい同様に'この感覚'も楽しんでますが♪
f0057849_19555120.jpg

この時計の針が示すたった1時間の時差以上に、習慣や感覚の差は大きい。

...四半世紀に渡ってはぼ半分の時間を過ごした地でわかったつもりではいても、やはり埋めきれない部分は存在する。しかし長年の友人も知人ともそんな'部分'はお互い理解する様努めるふりするか無視するかで上手く帳尻はあってる。それでいいのではないか?とも思っている。。。

f0057849_22374143.jpg

..少々入り過ぎたか? いや先週末ほどじゃないな(苦笑)



おめでとう! 健やかに^^



More

by one_after909 | 2017-07-29 23:19 | etc...etc... | Comments(2)
2017年 07月 29日

volume 4

f0057849_12571870.jpg


"今も人気絶大のビヴァリー・ケニーの未発表音源集第4弾。1956年ルースト時代にNYCのバードランドに出演した時のラジオ録音と、1960年、死の直前に出演したTV映像から収録。" amazonより..


すぐ其処で彼女が歌ってくれてるかの如きデモ音源"Snuggled on your shoulder(二人でお茶を)"のインパクトは素晴らしく、好きな曲が沢山収録されてる事もありJazz Vocal関係のアルバムでは一躍トップ3圏内に踊り出た程です♪

生前のオリジナルではなく所謂没後の発掘音源でありながら、そのオリジナルLPに収録されたこのデモ音源曲のスタジオ録音正規バージョンがやけに堅苦しく感じてしまう程 リラックスしたチャーミングな歌唱*笑ったり、途中やり直したりも..は 魅力的過ぎてこの数年で一番プレイヤーに載った一枚に間違いありません。

f0057849_1334295.jpg


この vol.4 はラジオ音源/TV音源ということで、こちらも楽しみに待ちたいと思います^^


by one_after909 | 2017-07-29 13:37 | Comments(0)
2017年 07月 25日

アルファロメオのSUV?

f0057849_2272483.jpg
*画像はofficial pageより

夕暮れ時、

しかも裏道のマンションの外門のトコ。↑の様な夕闇に紛れる様な見慣れぬSUV、しかしフロントグリルは昔、馴れ親しんだ"盾の開口"=アルファロメオ車であることは一目瞭然だ。

『ふ〜ん?アルファロメオのSUVねぇ?マセラティもそうだけど...猫も杓子もSUVな?』

別段珍しくもないか...と其の時は流しましたが、これ市販されたトコでまだあんまり出回ってなかったんですね?近くにテスラやポルシェのディーラーはあるけどアルファロメオなんてコッチじゃ聞いたことないし... だいたい何でこんな片田舎にいたのかも不明。

Stelvio

f0057849_22272015.jpg
というネーミング*48箇所ものヘアピンカーブのある峠道に因んでいるらしい。しかもSUVにしてはもの凄く速いらしい。...シルエット的にはその後ろを走って来たマツダ車の方が圧倒的にスマートだと思うが、さて? 昔、大好きだった156/166*足掛け10年以上は乗ったでしょうか? デシルバ時代それ以降のデザインには正直余りワクワクするような"ナニか"は感じ得ませんでしたが、近頃のはどうなのでしょうね^^? 4Cとかジュリアとか...


'00〜'10年代初頭。私的にはアルファロメオは車趣味の楽しさを再認識させてくれた事は間違いありません♪ しかし馬力や空気抵抗とかエコも大切なんやろうけど、最も重要なファクターはやっぱり"ワクワクするような見た目の良さ"やなぁ...個人的には。


by one_after909 | 2017-07-25 00:24 | Comments(0)
2017年 07月 21日

星期五

f0057849_16441650.jpg

前記事の冬のグローブした感じから一転..


温度計の41℃の表示に眩暈を覚えつつ真夏の高速をひた走って'無錫旅情'のその少し先まで。。。。


リゾートホテルを目指してる訳でもなく、残念ながら普通にお仕事です^^;


突き抜けた蒼空を見て見ぬ振りしつつ。。。


さて、もうひと頑張りして帰ったら今宵は久々に一杯遣りに行こかな?


More

by one_after909 | 2017-07-21 17:49 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 07月 19日

FOR SALE

f0057849_11372776.jpg

私的呼称 MAGNUM CALATRAVA for driving として10年近く旧車ドライブのいいパートナーとして活躍してくれた一本です。

古くからお付き合い戴いた方はご存知の通り、懐中時計を腕時計にコンバートしたもの。
f0057849_11484082.jpg


ご覧の通りステアリングを握った時に、12時が大凡上に目視可能な様にケーシングしてあります♪

材質はステンレスでワンオフ削り出し。42.5mm

裏面は蓋ギリギリ迄開口し、旧世紀のムーブメントを目一杯鑑賞出来る様にして貰いました。
f0057849_1153574.jpg


流石に文字盤は雀斑(そばかす)だらけで遥か昔にメンテの際についたと思しき瑕も散見されます。...しかし個人的には、旧車=古いクロノグラフ的な漠然的な固定概念/イメージを打破してくれただけでなくご覧の通り派手さもなく、現代のカラトラバと同じ顔を持つシンプルな佇まいは満足度も非常に大きかったです^^


...ここの所、在社/運転の際にコンディションチェックの為着(試)用しております*外出時は暑いので(笑) が問題なく稼働致しております。しかしなにぶん古いのでその辺りも寛容に見て戴ける事を条件に引き継いで戴ける方がお見えでしたら嬉しいです<(_ _)>^^

PATEK PHILIPPE社製は間違いありませんが、当然、個人的'改装品'なので正規メンテナンスは通りません事も併せてご理解下さいませ<(_ _)>

付属品は懐中時計時のケースのみ。現在、竹斑クロコダイル革バンド(使用感あり)にステンレス製山形バックル(PP社製ではございません)を装着しております。



価格等、コメント欄に非公開でお問い合わせ頂ければと存じます。よろしくお願いいたします。

More

by one_after909 | 2017-07-19 12:23 | Comments(3)
2017年 07月 15日

予算会議

f0057849_11264016.jpg

前記事の続きとなる Ulysse Nardin。ある意味これはご先祖様ですね?

文字盤の質感/小振りなケース…華奢で繊細な印象..近頃こういう感じに弱いです^^:

さて、

正式にデッドビートセコンド・デュアルタイム懐中時計が遣ってくる事と相成りました。腕時計にコンバートするかどうかは検討中ですが、弐號機=アヴィエーター・リピーターの改装費用がオリンピック開催費用当初予算より大幅に上方修正されるかの如く想像を絶する程に膨張し…まぁ、欠損及び破損した部品を全て別作しOVHを施し、ケース(ステンレス削り出し)/文字盤(銀製)全てワンオフ作成、レバー等は金でこれも削り出して貰いましたので当たり前っちゃあ当たり前なのですが…アクアノートが視野に入る程になってしまう勢いです-_-;

More

by one_after909 | 2017-07-15 11:55 | etc...etc... | Comments(0)
2017年 07月 11日

美ツクシキ選択。。。

f0057849_1085696.jpg

燦々たるスポットライトを浴びるそんなスターモデル達の狭間にあって忘れてはならぬ存在...


ベーシックな部分で、そして本質的に佳い時計とはきっとこういうmodel達を指すのでありましょう。腕にしっくり収まる感じはブランドバリューを遥かに超越した存在・価値観なのだとつくづくそう感じ得ます。

f0057849_1026680.jpg

特に拝見したかったKMR-氏のこの一本。

ドンツェ・カドランのエナメル文字盤を擁する ULYSSE NARDIN

この存在/ご入手を知った時、『やられたっ!』感を大いに抱かされ、実機を拝見させて頂くと その美しく焼成された有機感すら漂わせる文字盤の佇まいは、まさに至上の価値感ではないか?と納得させらるものでした。この辺りをチョイス為されるセンスは流石であられますね^^?

ご存知の通り近頃、19世紀の懐中時計を物色する機会が多く、其の当時の機械、装飾そして何よりえも言われぬ表情の文字盤を前にしますと思わず溜息が漏れてしまいます。そんな当時の趣きに遜色のない佇まい...云々





つづく...


by one_after909 | 2017-07-11 00:58 | JAEGER LECOULTRE | Comments(8)
2017年 07月 09日

おめでとうございます!

f0057849_22435121.jpg

NAUTILUS

..あゝ懐かしい響き^^

しかしこの一本は大きく異なった!一瞥した感じは極フツーの趣き...しかし着用し細部に目を凝らせばオーナーだけが知る事となる拘りに満ちみちて居り至高の満足感を感じ得るで有ろう事は想像に難くない。

あの宣材写真は一体なんだったのか?此処には目を瞑って買っても絶対後悔のない本領が確かに存在しました。

詳報を待て!

f0057849_2257991.jpg
...ワインでも戴き乍ら待ちましょう^^♪


More

by one_after909 | 2017-07-09 23:00 | PATEK PHILIPPE | Comments(2)
2017年 07月 07日

八弦小唄さん

f0057849_19335164.jpg

今日は(も)暑かった。


心斎橋〜本町で商談が集中したので車を停めて徒歩で移動。アメ村まで足を伸ばしました。溶けたわ 脂肪-_-;


持ち帰ったHofner やっちゃってました...ほんとうに可哀想なことしました...自責の念、余りにもごむたいな惨状に写真に収めとく気にもなれず、ただただ打ち拉がれました。藁をも縋る思いで dubaiさんにご紹介して頂いた ありがとうございます<(_ _)>リペアショップさんに30分の隙を見て小走りで赴いて参りました次第です。

...プロの方御用達、そしてオリジナルギター...うう、畏れ多いですが思い切って扉を叩きました。『腕のいい工房さんでなんとかして頂きたい!』 ...その一念で。緊張しながらも症状をお伝えし丁寧に応対して下さいました。急きませんのでどうかよろしくお願い致します<(_ _)>

f0057849_20545257.jpg

Tina Weymouth この方も一時愛用されてましたね♪ トムトムクラブおしゃべり魔女^^


by one_after909 | 2017-07-07 20:50 | GUITAR | Comments(0)
2017年 07月 04日

ホチキスと鮫の鰭。

f0057849_11443669.jpg

club bass...

持ち帰りました。

f0057849_11442745.jpg


'63年 staple & '66年 shark fin

PORADAをギターハンガーを打ってる壁側に模様替え。ベースを掛ければ其の隙間は1cmもない-_-; ...だから当然乍らグラストップを開けようとすればベースはハンガーから一旦外さねばならないならない。あゝ面倒也。

More

by one_after909 | 2017-07-04 17:14 | GUITAR | Comments(0)