飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 25日

アルファロメオのSUV?

f0057849_2272483.jpg
*画像はofficial pageより

夕暮れ時、

しかも裏道のマンションの外門のトコ。↑の様な夕闇に紛れる様な見慣れぬSUV、しかしフロントグリルは昔、馴れ親しんだ"盾の開口"=アルファロメオ車であることは一目瞭然だ。

『ふ〜ん?アルファロメオのSUVねぇ?マセラティもそうだけど...猫も杓子もSUVな?』

別段珍しくもないか...と其の時は流しましたが、これ市販されたトコでまだあんまり出回ってなかったんですね?近くにテスラやポルシェのディーラーはあるけどアルファロメオなんてコッチじゃ聞いたことないし... だいたい何でこんな片田舎にいたのかも不明。

Stelvio

f0057849_22272015.jpg
というネーミング*48箇所ものヘアピンカーブのある峠道に因んでいるらしい。しかもSUVにしてはもの凄く速いらしい。...シルエット的にはその後ろを走って来たマツダ車の方が圧倒的にスマートだと思うが、さて? 昔、大好きだった156/166*足掛け10年以上は乗ったでしょうか? デシルバ時代それ以降のデザインには正直余りワクワクするような"ナニか"は感じ得ませんでしたが、近頃のはどうなのでしょうね^^? 4Cとかジュリアとか...


'00〜'10年代初頭。私的にはアルファロメオは車趣味の楽しさを再認識させてくれた事は間違いありません♪ しかし馬力や空気抵抗とかエコも大切なんやろうけど、最も重要なファクターはやっぱり"ワクワクするような見た目の良さ"やなぁ...個人的には。


# by one_after909 | 2017-07-25 00:24 | Comments(0)
2017年 07月 21日

星期五

f0057849_16441650.jpg

前記事の冬のグローブした感じから一転..


温度計の41℃の表示に眩暈を覚えつつ真夏の高速をひた走って'無錫旅情'のその少し先まで。。。。


リゾートホテルを目指してる訳でもなく、残念ながら普通にお仕事です^^;


突き抜けた蒼空を見て見ぬ振りしつつ。。。


さて、もうひと頑張りして帰ったら今宵は久々に一杯遣りに行こかな?


More

# by one_after909 | 2017-07-21 17:49 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 07月 19日

FOR SALE

f0057849_11372776.jpg

私的呼称 MAGNUM CALATRAVA for driving として10年近く旧車ドライブのいいパートナーとして活躍してくれた一本です。

古くからお付き合い戴いた方はご存知の通り、懐中時計を腕時計にコンバートしたもの。
f0057849_11484082.jpg


ご覧の通りステアリングを握った時に、12時が大凡上に目視可能な様にケーシングしてあります♪

材質はステンレスでワンオフ削り出し。42.5mm

裏面は蓋ギリギリ迄開口し、旧世紀のムーブメントを目一杯鑑賞出来る様にして貰いました。
f0057849_1153574.jpg


流石に文字盤は雀斑(そばかす)だらけで遥か昔にメンテの際についたと思しき瑕も散見されます。...しかし個人的には、旧車=古いクロノグラフ的な漠然的な固定概念/イメージを打破してくれただけでなくご覧の通り派手さもなく、現代のカラトラバと同じ顔を持つシンプルな佇まいは満足度も非常に大きかったです^^


...ここの所、在社/運転の際にコンディションチェックの為着(試)用しております*外出時は暑いので(笑) が問題なく稼働致しております。しかしなにぶん古いのでその辺りも寛容に見て戴ける事を条件に引き継いで戴ける方がお見えでしたら嬉しいです<(_ _)>^^

PATEK PHILIPPE社製は間違いありませんが、当然、個人的'改装品'なので正規メンテナンスは通りません事も併せてご理解下さいませ<(_ _)>

付属品は懐中時計時のケースのみ。現在、竹斑クロコダイル革バンド(使用感あり)にステンレス製山形バックル(PP社製ではございません)を装着しております。



価格等、コメント欄に非公開でお問い合わせ頂ければと存じます。よろしくお願いいたします。

More

# by one_after909 | 2017-07-19 12:23 | Comments(3)
2017年 07月 15日

予算会議

f0057849_11264016.jpg

前記事の続きとなる Ulysse Nardin。ある意味これはご先祖様ですね?

文字盤の質感/小振りなケース…華奢で繊細な印象..近頃こういう感じに弱いです^^:

さて、

正式にデッドビートセコンド・デュアルタイム懐中時計が遣ってくる事と相成りました。腕時計にコンバートするかどうかは検討中ですが、弐號機=アヴィエーター・リピーターの改装費用がオリンピック開催費用当初予算より大幅に上方修正されるかの如く想像を絶する程に膨張し…まぁ、欠損及び破損した部品を全て別作しOVHを施し、ケース(ステンレス削り出し)/文字盤(銀製)全てワンオフ作成、レバー等は金でこれも削り出して貰いましたので当たり前っちゃあ当たり前なのですが…アクアノートが視野に入る程になってしまう勢いです-_-;

More

# by one_after909 | 2017-07-15 11:55 | etc...etc... | Comments(0)
2017年 07月 11日

美ツクシキ選択。。。

f0057849_1085696.jpg

燦々たるスポットライトを浴びるそんなスターモデル達の狭間にあって忘れてはならぬ存在...


ベーシックな部分で、そして本質的に佳い時計とはきっとこういうmodel達を指すのでありましょう。腕にしっくり収まる感じはブランドバリューを遥かに超越した存在・価値観なのだとつくづくそう感じ得ます。

f0057849_1026680.jpg

特に拝見したかったKMR-氏のこの一本。

ドンツェ・カドランのエナメル文字盤を擁する ULYSSE NARDIN

この存在/ご入手を知った時、『やられたっ!』感を大いに抱かされ、実機を拝見させて頂くと その美しく焼成された有機感すら漂わせる文字盤の佇まいは、まさに至上の価値感ではないか?と納得させらるものでした。この辺りをチョイス為されるセンスは流石であられますね^^?

ご存知の通り近頃、19世紀の懐中時計を物色する機会が多く、其の当時の機械、装飾そして何よりえも言われぬ表情の文字盤を前にしますと思わず溜息が漏れてしまいます。そんな当時の趣きに遜色のない佇まい...云々





つづく...


# by one_after909 | 2017-07-11 00:58 | JAEGER LECOULTRE | Comments(8)
2017年 07月 09日

おめでとうございます!

f0057849_22435121.jpg

NAUTILUS

..あゝ懐かしい響き^^

しかしこの一本は大きく異なった!一瞥した感じは極フツーの趣き...しかし着用し細部に目を凝らせばオーナーだけが知る事となる拘りに満ちみちて居り至高の満足感を感じ得るで有ろう事は想像に難くない。

あの宣材写真は一体なんだったのか?此処には目を瞑って買っても絶対後悔のない本領が確かに存在しました。

詳報を待て!

f0057849_2257991.jpg
...ワインでも戴き乍ら待ちましょう^^♪


More

# by one_after909 | 2017-07-09 23:00 | PATEK PHILIPPE | Comments(2)
2017年 07月 07日

八弦小唄さん

f0057849_19335164.jpg

今日は(も)暑かった。


心斎橋〜本町で商談が集中したので車を停めて徒歩で移動。アメ村まで足を伸ばしました。溶けたわ 脂肪-_-;


持ち帰ったHofner やっちゃってました...ほんとうに可哀想なことしました...自責の念、余りにもごむたいな惨状に写真に収めとく気にもなれず、ただただ打ち拉がれました。藁をも縋る思いで dubaiさんにご紹介して頂いた ありがとうございます<(_ _)>リペアショップさんに30分の隙を見て小走りで赴いて参りました次第です。

...プロの方御用達、そしてオリジナルギター...うう、畏れ多いですが思い切って扉を叩きました。『腕のいい工房さんでなんとかして頂きたい!』 ...その一念で。緊張しながらも症状をお伝えし丁寧に応対して下さいました。急きませんのでどうかよろしくお願い致します<(_ _)>

f0057849_20545257.jpg

Tina Weymouth この方も一時愛用されてましたね♪ トムトムクラブおしゃべり魔女^^


# by one_after909 | 2017-07-07 20:50 | GUITAR | Comments(0)
2017年 07月 04日

ホチキスと鮫の鰭。

f0057849_11443669.jpg

club bass...

持ち帰りました。

f0057849_11442745.jpg


'63年 staple & '66年 shark fin

PORADAをギターハンガーを打ってる壁側に模様替え。ベースを掛ければ其の隙間は1cmもない-_-; ...だから当然乍らグラストップを開けようとすればベースはハンガーから一旦外さねばならないならない。あゝ面倒也。

More

# by one_after909 | 2017-07-04 17:14 | GUITAR | Comments(0)
2017年 07月 01日

...more than 15years of relationship.

f0057849_17221455.jpg
来月のぶっつけ本番の夏フェ..否 "夏祭り"(笑)参加演奏に備え、揃うメンバーだけで一ヶ月振りのスタジオ入り致しました。。。

先月、退任帰国しましたC58に代わりライブメイン機である現有最古参の1982年製 320を携えまして豪雨の中いそいそと^^

う〜ん...此方も前回まで見られなかったガリがジャックに少々。次接点復活剤忘れないようにしなきゃ...

15年もの間、異国の地でほぼノーメンテでライブのパートナーとして*素人ながら供に色んな思い出を刻んで参りましたこのGUITAR..。そう考えればリッケン12弦ムック中で故ムッシュウ・カマヤツが仰ってた『頑丈さ』はまさに仰る通りだった訳だ! 

その15年もの月日の間には....

More

# by one_after909 | 2017-07-01 18:14 | GUITAR | Comments(0)
2017年 06月 28日

参號機 & more

f0057849_20551156.jpg

1800年代中〜後半 のスイス某渓谷キャビノチェ作の一品。

なにより驚いたのはquartz時計みたいなステップ運針であります事! 2つの秒針も連動しており見た事もないこのsynchroしたステップに先ず度肝を抜かれる!1800年代でっせ!? 美しいエマイユの文字盤には既に2タイムゾーン機能が備わっており、なんとこれも連動し片方の時針のみの独立調整が可能!...というシロモノだ*鍵巻き。前述調整/時刻合わせも同じ鍵で行う(鍵穴は3つ) 文字盤の仕上がり及びデザインの整合性、繊細なハンド類、どれを取っても魅惑的であり久々にドキドキしてしまった。

"おい? ようやく抜け出れたんちゃんけ?"

...と心の中のthe other meが呆れがちに囁く。。。が、贖えない。しかし残念ながら既にHOLDが入っており一週間内に先約さんがご購入意思表示されなければ自分に回ってくる事と相成った。実現すれば1號機"ドライビングウオッチ" 未完の2號機は"クオーターリピーター・アヴィエーター"に続く..

まだ世界が今ほど狭くなかった頃の ジャンピング・セコンド "デュアルタイム"と相成るでしょう。自分に回ってくればの話ですがね〜^^; しかしこの動き表現方法こそ異なれど何処っかで見た様な(笑)?



女性の華奢で長い手が優雅かつしなやかな所作を描くに似たりて、忙わしなくチチチチチ..とハイビートな鼓動を見せつけられるのを由とした'常識'からすれば、なんて落ち着くんやろう? 第一印象はそんな感じ。なんとなく...暖炉の焔をぼ〜っと眺める風情の様な。。。

時代的にはほんのちょっと後なのかも知れませんが、この頃の個人的imageとして真っ先に思い浮かぶのが間違いなくこの方だ...

More

# by one_after909 | 2017-06-28 21:30 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 06月 27日

Can't you see? hey you, SAKE。。。

f0057849_0153192.jpg

今では新しいいいホテルも沢山出来てますが、やっぱりなにかと落ち着くお宿のロビーラウンヂにて..


午後のお茶の時間に、何か日本酒の"利き酒(?)コース"みたいなのがあるから..と勧められ、同席者が物珍しさにオーダーした。。。-_-

f0057849_17233228.jpg

お酒は色の薄い/濃いお味が淡麗/濃厚くらいしか解らない。そう、ワイン以上に知識ありませんし、こと日本酒に関しては本当に弱くって直ぐ酔いがまわるし 往々にして翌日エラい目に遭うし辟易する程です。*お猪口で冷酒、最初の1〜2杯はとても美味しく飲めるんですがね?

f0057849_16373814.jpg
陽が落ちて、対岸のネオンが灯り出す頃には案の定もうヘロヘロやわ。。。-_-;

わかるか?なぁSAKEよ...


お供は。。。


香港も返還20周年ですね?...20年かぁ? 中国も随分と変わりました。いろんな意味で時代に則して変わっていかねばなりません。言うのは簡単だけど遣るは色々大変ですね^^;? もうひと頑張り!

つづく


# by one_after909 | 2017-06-27 17:28 | 閑話休題 | Comments(4)
2017年 06月 21日

playback...

f0057849_1347524.jpg


PLAYBACK: THE BRIAN WILSON ANTHOLOGY


1. "Love And Mercy"
2. "Surf's Up"
3. "Heroes And Villains"
4. "Melt Away"
5. "Let It Shine"
6. "Some Sweet Day" *
7. "Rio Grande"
8. "Cry"
9. "Lay Down Burden"
10. "The First Time"
11. "This Isn't Love"
12. "Soul Searchin'"
13. "Gettin' In Over My Head"
14. "The Like In I Love You"
15. "Midnight's Another Day"
16. "Colors Of The Wind"
17. "One Kind Of Love"
18. "Run James Run" *

* previously unreleased

今年の誕生日プレゼント from me to me はこれやな^^


いろんな事が節目で、長〜い趣味でさへもどうやら...な今日この頃。BEATLES関連から遅れる事9年、大学の4年頃から真剣に聴きそしてレコード/洋書*smile gadgetとか...漁って掘り下げたこれもそうなんかな?

未発表曲を除けば自分で編集しようと思えば出来るのかも知れませんが、そういう問題でもありませんね? "神からの贈り物"と捉える事としましょう^^

More

# by one_after909 | 2017-06-21 11:07 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 06月 18日

most favorite advertisement♪

f0057849_2111204.jpg

'60年代当時のリッケンの広告の中でも一番好きな意匠です...

綺麗〜に額装して頂きました。嬉し^^♪

f0057849_2111328.jpg



advertisement


# by one_after909 | 2017-06-18 21:24 | GUITAR | Comments(2)
2017年 06月 13日

1958 rickenbacker 325 'the origin'

f0057849_853444.jpg


並んだ2本の色も形もよく似たギター... 違うのは棒の長さとツマミの数くらいか?

しかしこの2本には46年の時間的な隔たりがあり、古い方は或る意味 '究極'の一本と言って差し支えないでありましょう。

f0057849_944697.jpg


1958年製造 rickenbacker 325

勿論オリジナル度という観点に於いては販売された当時の状態により近いものが存在し其方が..とはなるのでありましょうけど、如何せん同年の製造本数は28本と言われており現存する個体そして選択肢云々以前に市場に出る事も稀ですから... なにより個人的嗜好でperfectなビンテージは過去の経験上、恐れ多すぎて手につかない臆病者ですから^^; もう充分以上に感謝致しております。。。


垂涎のオリジナルシェイプ、そして各ディテイルは...

折角なので10年以上ライヴを共にした、このギターを忠実に糢したC58と比較しながら細部を纏め記録しておきたいと思う次第であります。

More

# by one_after909 | 2017-06-13 00:24 | GUITAR | Comments(0)
2017年 06月 12日

宝の持ち腐れ。。。(涙)

f0057849_1153542.jpg


誘ざなわれる侭に買ってみました..

いろんな意味合いで深い世界が拡がる。。。-_-;


最新のも聴いてみたくなりました。...しかしsecretはウチのフツーの機器では再生出来ないのか? 嗚呼...なオチ


# by one_after909 | 2017-06-12 10:52 | 閑話休題 | Comments(2)
2017年 06月 11日

満月の大潮の時化...

う〜ん...

なんかいい響きだなぁ?


この時は魚が獲れないので休漁なんだそうです。


釣り師の友人はその辺りをよく心得ているらしい -_- 鯵 目当て


早朝に大阪を出発しての日本海・鳥取を目指し、友人の運転でひた走った。。。

f0057849_10554199.jpg


鳥取市公設地方卸売市場内にある此方のお店さん、


飾りっ気もなにも、お愛想もなにもないが圧倒的鮮度と圧巻のボリュームだ! ...配膳され一瞥した時『これ、完食は無理だなぁ..』と思った。

More

# by one_after909 | 2017-06-11 11:48 | 旅に出よう♪ | Comments(0)
2017年 06月 07日

青とピンク... 梅雨とrickenbacker

f0057849_17433886.jpg

紫陽花の話題が出たところで...


先週末撮影の。。。

f0057849_17442169.jpg


昨日、九州が..って言ってたら近畿地方も梅雨入りの報。


梅雨..と言えば、昨年の上海の梅雨での史上最強だった酷い"湿気"で、不覚にも黴を生じさせてしまった何本かのうちの一本。C58を前回のスタジオ入りを最後に今回思い切って持ち帰りました..。

f0057849_21545556.jpg


このギターは2004年くらいに大阪の専門店さんで直接 アメリカから新品で引いて貰い其の儘、上海へ持ち込み'82年製の320と並行してずっとライブで使って参りました。思えば10年以上なんですね〜? コフマンのアームだけ外してmodifyもせず...ジャックに少しガリが出てきた位で コンディションも良く しかし昨年のライブで気付かないうちにキャッツアイノブが一個、失われてしまいました..。

f0057849_2155149.jpg

帰国して、先ずコフマンのアームを再装着 10数年振りに...ん〜いい感じ^^

少しだけ覗く額の1963年撮影の写真中のジョンが抱えている1958年製の一本は、originalとしてこのC58の開発ベースとなったモデルです。

f0057849_8414683.jpg
ハンブルグで入手後比較的早い時期のショット。しかしこんな位置にアームがあってあのstyleで弾けたのか? あ" 場所は異なるがジョンのもノブ取れてます^^; これは最早持病かな?


ご存知ジョンの325は紆余曲折を経てバーンズのアルミノブ、ビグスビーのボウタイブリッジ、コフマンはビグスビーB5に換装される事に相成ります。いやらしいマニヤ的観点で更に重箱の隅をつつけばこのB5の大きなネジは"+"だ!

先に退役したヘフナーのクラブベースより先に此方を持ち帰ったのは、ちょっとやってみたい事があったから。まぁ本来ならCシリーズが発表された時がBEST!だったのでしょうけど、数年前にご縁あってモノホンの1958年製の325をお譲り頂いたので折角なので細部比較をしてみたい!

C58は本当に究極のリイッシューだったのか?

無論、'復刻'という意味では BやV59なんかとは比ではない出来であります。まぁそれでも現在そのC58自体も既に廃番となって久しいですが^^;


...と言う訳でその1958年製もコフマンに戻す作業をお願いしておりますので、手許に戻り次第取り組んでみたいと思います〜^^


# by one_after909 | 2017-06-07 20:53 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 06月 07日

ハートに火をつけて

f0057849_8572535.jpg
こんな時計やブランドモノ添えの写真なんかやと...今では別の意味で捉えられるそうな? う〜ん(-_-;) ま、他意はないし気にせずいつも通り参りましょ〜♪


...と或るオムニバスCD。

もう10何年も前に買ってかけ流す愛聴盤だ。スロースタートな時は殊の外嵌る(-_-)b

しかし

何故かCD2が欠如している。何処にいったのか皆目見当がつかないのだ! ここら辺は結構キッチリしてる方なので娘が持って出たか? ..兎に角ない。

で、

Amazonで頼もうって思ったら...........




More

# by one_after909 | 2017-06-07 00:02 | 閑話休題 | Comments(5)
2017年 06月 03日

返り咲き!

f0057849_2350473.jpg


49年振り...以下ユニバーサルミュージックのofficial home page より。



"オリジナルの『サージェント・ペパーズ』は1967年6月1日に発売され、1968年3月1日までに27週全英チャート1位を記録。今回の全英1位獲得は約50年ぶりのこととなり、これまでに最も期間が開いて1位に返り咲いたアルバムとなりました。あわせて発表された全英アナログ盤アルバムチャートと全英レコードストアチャートでも1位を獲得しています。

『サージェント・ペパーズ』はスタジオアルバムとしては全英で最も売り上げている作品で、これまでに全英だけで約520万枚のセールスを記録し、全英チャートには現時点までに合計で255週(=約4.9年)のチャートインなります。
"


# by one_after909 | 2017-06-03 23:54 | etc...etc... | Comments(0)
2017年 06月 03日

very strange tonneau-shaped stainless steel Breguet

f0057849_11445486.jpg
美しいお写真はHODINKEE頁より...

ショーメにての復興期のBreguetですか?


う〜ん...いいなぁ。このカタチ

More

# by one_after909 | 2017-06-03 12:01 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 06月 01日

50年前の今日。。。

f0057849_2053392.jpg

リリースされたアルバムは49年後の今、再び本国のチャートで1位を奪取しようか?...という勢いである。う〜ん? 恐るべし-_-;

金字塔として君臨するの'価値'を新たなるMIXで新鮮さを以って追(再)体験するにはきっといいタイミングだったのだろう。。。と推測します。

More

# by one_after909 | 2017-06-01 22:02 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 05月 31日

どこに入ってんねん-_-*

f0057849_2155485.jpg


音を聴きながら書いてます...

最初のSEからもう圧倒的! '87年からずうっとビートルズのCDには騙され続けて*語弊があるかな? きたが、

これはもう圧倒的に素晴らしいそして新しい音の地平線が拡がっていた。


...

早る気持ちで開梱し 全容を顕したBOXケースは、昔懐かしい立体に見える仕様が施されていて思わず『うわぁ...』と唸った。今回、
付録にはあまり興味はなく一目散にCDを探しに走った。。。

More

# by one_after909 | 2017-05-31 22:30 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 05月 31日

過剰包装

f0057849_19395559.jpg

箱を解梱する。。。

こんなに音を聴くのが待ち遠しく感じるのはいつ以来だろう?


f0057849_194852100.jpg


ダンボールの中からビニールに包まれた箱が顔を出したので取り出す。で、ビニールを剥ぎに掛かる...

More

# by one_after909 | 2017-05-31 20:06 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 05月 28日

サージェント・ペパーズ50周年記念盤届いた...ようだ。

f0057849_13273338.jpg

家の方にAmazonより荷物が届いたらしい。。。

そうか..SGT. PEPPER'S50周年記念 BOX-SETか?

Sir.のアーカイヴス・シリーズでもそうだったが、この'リミックス''リマスター'では意義が大きく異なる。勿論リマスターでも音は磨かれ良くなってはいるしボーナストラックのおまけの恩恵はあるが殊更の感動は少ない。しかし何度も書いているが"TUG OF WAR"での感涙もののお仕事でリミックスは大きな衝撃だったから、今回のこのセットの気の早いレヴューをつらつら眺めていると涎が出そうだ。早く聴きたい!

f0057849_16382594.jpg
09,09,09 remaster盤のCDを取り出しお茶を濁そうとしたが..
やっぱり聴くのは控えました。帰国後の楽しみに耳を枯らしておくとしましょう☆


その新たな音世界も勿論そうなのだが、特に余り派手すぎない定位が施されているというBlu-rayでの5.1サラウンド鑑賞が待ち遠しい。

TV派の家人達の中で、なかなか家のリビングで落ち着いて...なシチュエーションもアレだが灯りをtheaterモードにして堪能したい。そしてまた改めてゆっくりとレヴューでも書いてみたいと思っています^^


More

# by one_after909 | 2017-05-28 10:41 | Comments(0)
2017年 05月 24日

C'mon !

f0057849_10321312.jpg

お誘いを頂戴しそそくさと郊外迄。。。

随分久しぶりやなぁ?..っと記憶を辿れば大凡4〜5年振りか -_-?


午後をゆったりと過ごす事が出来ました♪


お供は...

More

# by one_after909 | 2017-05-24 11:41 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 05月 21日

personalized, inspired by the legendary...

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by one_after909 | 2017-05-21 12:19 | EXCEPT ME & MY MONKEY
2017年 05月 20日

近頃の日々の共...

f0057849_12195685.jpg

"一粒で2度美味しい..."

と言えば世代がバレますな^^; ...そんな久し振りの'プチ'時計のネタ(笑)

f0057849_12272781.jpg

機械の巻き上げ感が素晴らしいですね? これ迄 所有したどの手巻き時計より滑らかで安定感ある感触です。そして計算し尽くされたかの様なサイズ感! 此れは実際もうイッコ上のサイズのmodelと比較してみて得た個人的印象ですが...絶妙だと思います♪

f0057849_9363879.jpg


それは 同様に完璧な美しさとバランス、あの時代ならではの繊細さに溢れたNautilusの3800に相通づるニュアンスだと感じますsports watchのカテゴリーに括られますが、今の時代に絶対醸し出し得ないeleganceな風情を湛えています。 其れは個体的に貴重な3700とは全くベツモノの佇まいです。

More

# by one_after909 | 2017-05-20 10:46 | Comments(2)
2017年 05月 19日

elisir di lunga vita

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by one_after909 | 2017-05-19 00:09 | EXCEPT ME & MY MONKEY
2017年 05月 18日

スポルト化 決行?

f0057849_1252930.jpg

180,000円で単体で売りに出ている。。。写真は代用

厳密には925で始まるからもっと後年の930世代のものであろう? *我々のナロー年代は905〜と記憶している。 合うのか? 不明ながら気になる(-_-;)

f0057849_12522523.jpg

多分この年代のですね?

丁度、先日フロッシュさんにお邪魔しました折、その旨Zさんにお話ししたら『付随するパーツ類も含め、一筋縄ではいきませんぜ?』..みたいな感じだった。

む〜?

クーラー装着とスポルト化は果てしない彼方の目標のひとつである。

前者は、誰からも『パワーロス著しいですよ』と指摘されるが果たして本当にそうなのか? VWがあれだけ真夏に窓締め切ってブイブイ言わせてるのを羨望の眼差しで横目にしますと、『似たようなEGやん?』...と単純に考えてしまいがちだが、はて^^;

また、コーナーでシフトワークを愉しみ悦びを感じ得たり、マニュアル車至上主義でもありません。寧ろこれで運転がもう少し楽だったら..とすら考える変質者ゆえ、坂道発進でエンストせずソコソコ耐久性があり維持が難しくなければ(且つ換装が非現実的でなければ...)引き続き将来の目論見に掲げ続けたいと思います♪

f0057849_10205754.jpg
丁度一年前、修理入り直前撮影のショット。...やっぱりええなぁ? と思います^^

まぁ、クーラーに関しましてはコンプレッサーに繋ぐベルト一本増える訳ですから道理的にその分出力をロスするのは致し方ない事。オイル冷却等、課題はあると思いますがオールシーズン化と天秤にかければ個人的には...です♪


# by one_after909 | 2017-05-18 13:25 | PORSCHE 912 | Comments(0)
2017年 05月 14日

'return match'...公道グランプリ 2017 "月ヶ瀬"

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by one_after909 | 2017-05-14 22:35 | EXCEPT ME & MY MONKEY