飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 01月 26日

museum & salon ..

f0057849_12424116.jpg


あの鼠男訪問より 5年...

展示内容/ディスプレイも随分変わった様で、収蔵品の更なる充実もさる事ながら近年のwrist watchsが大幅に補完されより身近に感じる印象。

f0057849_1391638.jpg

やはり近頃の私的傾向もありシンプル顔に惹かれるなぁ? ...嫁さんからの影響大か?

そして趣味的には某ケースの前で留まり 撮影不可の許、ディテイルの細部まで可能な限り瞼と脳裏に焼き付けました。反面 以前は心惹かれ虜になった某modelの垂涎なる系譜なんかは意外に..だったり。WHY? 其れは気分的に結構mediaにクローズアップされたり 現行付近で多彩な再解釈が為され乱発気味だったのもその一因なのでしょうか? 若しくは只天邪鬼なだけ...かもですね^^?

今回の日本語によるguidanceで幾つかのとても興味深いお話も聞けたり、より捕捉的な細部も掴めました。...この長〜いintervalを挟んだ2回の訪問でmuseumを堪能させて戴く事が叶ったと云えましょう^^
f0057849_13361265.jpg

そして、ジュルヌさんとはまた少し異なる...重厚さを湛えたHQ。。。

訪れれば...此方も同じく5年前、極緊張下で冷や汗滴らせながら時計を購入した想い出が蘇って参ります(笑) 今でもとても佳い記念ですね^^

階をあがれば、より深遠な世界が其処には存在し 憧れと発奮、そして諦念の混じった微妙な感情を抱きます。この辺ですよね? 前日の神前での'悟り'とあわせ一体どの方向で作用するのだろうか? "時計"=趣味そして嗜みのその最高峰に君臨するPATEK PHILIPPEという存在。

ミュージアム収蔵品の様なvintageから此れらの現在を顕すモデル達迄 選択の幅は余りにも広く...


cue...


# by one_after909 | 2017-01-26 12:45 | PATEK PHILIPPE | Comments(2)
2017年 01月 22日

...intermission

f0057849_22301461.jpg



ステンドグラスを通して入ってくる光のsilhouetteというものは、どうにも神々しく...

教徒でもない癖に妙に神妙な面持ちになってしまいます。前頁のおお我が神よ!』からの続き...場所を大聖堂の中に移して さて優柔不断な男は何を祈る?

f0057849_1304314.jpg

いろいろな転機に在って、時計も友人のお陰もあり素晴らしい一本を手にさせて戴く事が叶った。

自分の嗜好的に機構的な複雑さ以上に審美的観点/バックストーリーの様なものにより惹かれる傾向にある事もなんとなく悟った。いや? もしかしたら今のタイミング=嗜好が'宝飾'という外面的な煌びやかさに惑っているだけの時期なのかも知れない? I don't know...
次のステージで何かを為す迄 暫くは。。。or もう自分の持ち物はいいや?..とか色んな思いを抱え此処に立っている。別に懺悔とか答えを探してとか そんなつもりで訪れたのではまったくないのだが...^^;

ドミニック・ローホーさんの本なんか空路の道中捲りながら来たもんだから余計そうなのかも?

..まぁ、兎に角

諦念とJourneさんで頂戴した新しい刺激の入り混じった微妙な心持ち。ま、別に心の赴く侭でって事で敢えて答えは明確にせず いつもの如く参るとしましょう☆

f0057849_22281910.jpg



坂の多い此の美しい街。

各界の偉い人や、オードリーヘップバーンとか何故この湖畔沿いの街々を愛したのか? 勿論お聞きした地域的人間性(?)=他人関さず..とお聞きした。とかも関係あるのだろうけど、余りにも趣きに溢れていて。。。一遍で惚れてしまいそうな風情に完全にやられてしまった。

f0057849_22244837.jpg


極寒の中、息を切らせてアップダウンを闊歩するにも疲れて地下鉄にも乗車した。その最終駅が湖畔の所に到着するわけだ。prologueの写真の処。






# by one_after909 | 2017-01-22 02:21 | 旅に出よう♪ | Comments(0)
2017年 01月 21日

prologue..

f0057849_13264865.jpg


それでは いきなりハイライトと参りましょう(笑)。


f0057849_1554574.jpg


印象は...月並みな表現で恐縮すが^^;

"偉大なる発想/人智と技術、そして機械化の融合が生み出す最高の。。。"

..といったところでしょうか? 勿論その最高位には *経営的な..と言う意ではなく。 そのすべての"源"たる唯一無比なるお方の存在があってこそ。

f0057849_13322428.jpg


More

# by one_after909 | 2017-01-21 14:28 | FP JOURNE | Comments(2)
2017年 01月 20日

蒼茫

f0057849_1135135.jpg

偶に静寂の中に我が身を預け、自分で決めた以外の選択に身を委ね 只 時の過ぎ往く儘、この湖に浮かぶ流れ木の如く在るのがいい。。。


f0057849_11111777.jpg


悪戯な水鳥が留まれば流木は揺れ、


風吹かば、


また何処かの岸に辿り着くまで漂泊の定め。


ああ、


そんな風は夢また夢...

f0057849_18432173.jpg

体感温度は零下6℃の湖畔にて暫し佇み想ふ。凍えながら^^; さぁ!時計的には最終章のはじまり...


# by one_after909 | 2017-01-20 05:26 | 旅に出よう♪ | Comments(0)
2017年 01月 15日

ポルシ

f0057849_122876.jpg

おかしい...と思ってたら、どうやらノロ系の症状が怒涛の様に押し寄せ臥せっております。。。

依然 ヘロヘロで節々は渋く腹痛を伴い瀉ってますが 3日目の今日は、少しだけマシな感じ...という事で雑誌を捲っておりました。


オモロ*興味惹かれそうな特集が2ツも並んでおりリーディンググラス=老眼鏡を掛けつらつらと専門誌...

More

# by one_after909 | 2017-01-15 14:36 | PORSCHE 912 | Comments(2)
2017年 01月 14日

寒波。。。

f0057849_2044023.jpg

東京出張の帰り、新大阪駅。

いつもの駐車場の傍に ぼぅ..っと淡い灯の漏れる小さな引き戸のお花屋さんを見つけた。何故今迄気付かなかったのだろう..。

花束をこさえて貰ってる中年の叔父さん あ"、そりゃ自分もそうか? 先客独り。

順番を待つ。

そして 『お待たせしました..』と、自分の番がやってくると お店のお兄さんとあれやこれや話しながらアドバイス貰いながら選ぶ楽しいひと時が訪れた。クリスマスローズをメインにグリーンローズ、トルコキキョウとか...お色目に合わせて。。。ユーカリとか沢山サービスして貰いました^^(嬉)


f0057849_12143915.jpg

帰宅して、花瓶に活ける小さな幸せよ♪









More

# by one_after909 | 2017-01-14 00:03 | 閑話休題 | Comments(2)
2017年 01月 12日

愛着と、そして情熱。。。

f0057849_0184845.jpg

中央大通り...

望む望まずは別として薄着の侭助手席に乗っけて貰いオープンで往(送って貰)った新年会前。 うう 寒ぶい...(>_<;)


レストアではない、お金の余り掛からぬ様上手く工夫し数千円単位でコツコツやるDIYでである。..で、いい具合に仕上がって来た様やなぁ?


...しかし

914 これは稀にみる''車ですね? 間違いなく。 さて漢字なんて読むでしょ〜^0^?


f0057849_22122634.jpg


# by one_after909 | 2017-01-12 07:41 | PORSCHE 912 | Comments(4)
2017年 01月 07日

浪速の靴屋とSir.ご来日

f0057849_1245192.jpg

もうあかん やめます!

...と言い(?)続けて20余年間。つい先日 本当に閉店した靴のオットー*今もネット販売があるらしいけど をつい思い出してしまうSir.来日公演


今回がきっと最後の来日となるだろうから日本でのそのご勇姿を瞼と脳裏に刻みつけなあかん!


まぁ、一部マスコミがそう書き立てるだけで 公式発表でそう明言された訳ではないので一概に...だが、言葉悪いけど宣伝文句的に'最後最後'詐欺の如し来日公演、きっと今回もそんな強迫観念にも似た感覚で行ってしまうのであろうか? 毎回同じ様なリストにも関わらず^^;


f0057849_11414266.jpg

ONE ON ONE tourの括りなので大幅な入れ替えは望むべくもないが、数曲初披露の曲が含まれるであろう事は想像に難くない... 予想(願望)リストはこんな感じ。


a hard day's night
新曲*
got to get you into my life
my brave face ...*前月に発売の最後のアーカイヴシリーズプロモ兼ね希望的観測と"let me roll it"流石に飽きたし^^;
letting go
temporally secretly
I've got a feeling
my valentine
in the blink of an eye...*"1985"も堪能したんでもう結構です。このいい新曲を生で聴きたい♪
here there and everywhere
maybe I'm amazed
I've just seen a face
inspire of all danger
you won't see me
love me do
and I love her
black bird
here today
a day in the life/give peace a chance
why don't we do it in the road
queenie eye
the fool on the hill
lady madonna
silly love songs...*ご無理を承知で切望する!若しくは"uncle albert/admiral halsey"..は叶わぬ夢か?
back in the USSR
I saw her standing there....*久々ロッカー!久し振りっちゃあ"I'm down"でもいいですぜ?
helter skelter...*先日のパーティ飛び入りで火が点いた(笑)
something
ob la di ob la da
let it be
live and let die
hey jude


yesterday
sgt pepper's lonely heart's club band~reprise
hi hi hi
abbey road medley


2曲目は順当であれば"save us"若しくは"jet"辺りに違いないであろう、

しかし此処は聞いた事もない様な...リリース前の新曲を望みたい!

f0057849_12145680.jpgf0057849_12145947.jpg
*上:'72年 欧州 下:'79年 英国ツアーのジャケットも含め好きな海賊盤達を何枚かセレクト。大昔から取ってあるLPとそして近年の音のいいCDで今では考えられないリストで愉しむ♪

古くは'72年の欧州ツアーで次のアルバムからの曲を発表前にご披露したり、最たるものは矢張り'79年ツアーでの演奏で後にそのライブバージョンもシングルにもなり全米#1にも輝いた"coming up"の如く...

あ!マニヤ的には2001年頃のベネフィットライヴのリハーサルにて発表前にご披露された"driving rain"も、聴いた その刹那射抜かれた曲だけに忘れ得ない! まぁ2局目はあり得ないが、そんな瞬間も心待ちにしてみたい♪
f0057849_0103399.jpg


もう人間世界宝が其処で、最高の曲を演奏してくれるだけで有難く幸せを感じなければならないがやはりね? 望んでしまう。昔からの癖で^^;

"martha my dear"とか"no more lonely nights"とか生で聞きたい曲はまだまだある。サプライズは期待したい。...しかし、敢えてあのmemorialな武道館を最後に、我が青春の締めくくりとして"ポール"を心に仕舞うのも悪くないかな?..と思ったりもする。


ブライアンの前回来日公演をそうした様に...



# by one_after909 | 2017-01-07 09:04 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2016年 12月 31日

new year's eve to...元旦

f0057849_2291362.jpg


大晦日、暦上今年最後の1日。

さて、ようやく落ち着いて、昔っから自分とはまったく無縁の紅白歌合戦が放映されているのを横目にしつつ...流行ったと云われるモノ殆ど知らんな-_-


..でも"愛の讃歌"とかやっぱりエエなぁいい歌はいい! by 古い人(笑)


途中、突然のご登場/予期せぬサプライズに耳を疑う! な、なんと!'17年 Sir.の来日宣言がぁぁ〜!

f0057849_1010518.jpg


PAUL McCARTNEY ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017
ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017

■公演日程
4月27日(木)、4月29日(土)、4月30日(日)
東京ドーム
開場 16:30 / 開演 18:30 (予定)

■料金(全席指定・税込)
S席 18,000円 A席 16,000円 B席 14,000円



...無縁とか言いつつ現金なもので、突然の展開に慄きつつも観ててよかった..とか^^; なにはともあれ。。。

今年もおつきあい頂き本当に有難うございました<(_ _)>


そして年が明けたら、この11年の時計ブログを総括するeventが控えていて此方もとても楽しみです^^


年の瀬のひととき、皆様もどうかよい団欒/寛ぎの時間を... また来年も変わらず宜しくお願い申し上げます...


                                                                                                           2016年12月31日   飽商909


# by one_after909 | 2016-12-31 22:36 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出
2016年 12月 30日

12月30日...

f0057849_21332492.jpg

ふぅ。。。

年末年始用の食料を買い込んだ其の後、嫁さんはおディーン様のコンサートにそそくさと出かけてしまったので おウチで独りポツネンと-_-(笑)


廊下の暖炉に灯火... あゝぬくい。。。


f0057849_2222411.jpg

そして気分はクリスマスに続きfireglo...

奏でようと...いや、手前のはこれはもうやっぱり弾けない。しかしこの...恐らく最初期の薄ボディの"このカタチ"はボディ板厚が薄いのか?
生鳴りが凄い!何れにせよリッケン世界遺産モノだ。 ..なので再びそそくさとHCに格納する^^;

CAPRIの方はハードに弾くと6弦が脱落するのでナットは要交換ですな? あ! CAPRIと言えば超久々に売り物が出てましたね〜?
Rick'O'soundを搭載した同年製の同じFGでしたが躊躇してる内にSOLD OUT! 海外相場からすればかな〜りお買い得でありましたのでチョット残念だったかな^^


さて..


# by one_after909 | 2016-12-30 22:53 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 12月 26日

12月25日...

f0057849_1233256.jpg

インド料理のテイクアウトで寂しく...しかし満腹満足で過ごしたイヴの夜。ひとりぽっちのクリスマスの事をクリボッチって言うのか^^;? しょうもな(笑)


手にしたのは、なんとなくepiphone sorrento...

1965年製の このギターのミニハム1基が醸すは音色は相変わらずメロウであり、弾けもしない癖になんとなくそんな感じのフレーズを奏でたくなる気分に駆られます^^

...

先日のライブに足を運んでくれたルワンダの旧友より 『火曜日に戻んなきゃならないのでどう?』..っとmessageが届いたので本日25日は 開発著しい虹橋天地の御宝*此方の烤鸭は上海でも屈指の一に予約を入れ再び彼と彼の奥様を囲み、友人達数人にも声掛けし晩餐を楽しみました。


元気で、また次は半年後に。。。



More

# by one_after909 | 2016-12-26 05:33 | GUITAR | Comments(0)
2016年 12月 24日

12月24日。。。

f0057849_1191465.jpg

飾られた控えめなツリー...

 そして 添えられた(笑) 時計は来たる'里帰り'を待ち侘びる。*ようやくscheduleの遣り繰りもついて往路/復路バラバラ乍らticketも押さえました..^^;


   皆様もどうかよい週末を^^

# by one_after909 | 2016-12-24 10:21 | FP JOURNE | Comments(0)
2016年 12月 23日

污染...

f0057849_12325486.jpg

今日は特別、PM2.5 ....大気汚染が酷い。

冬の冷たく曇ぐもった白い翳りの如き太陽と似乍ら また少し違った、汚染物質の大気に陰った其れはなんとも毒々しく映るものだ。。。

昨日までの雨の後だから余計に酷い。鼻の奥が常にむず痒く、気管支辺りの無言の悲鳴も聞こえて来る様だ-_-;


しかし事務所の電話が少ないのは、あぁ日本は今日は祝日でした。。。

f0057849_20174515.jpg
会う人皆『今日は空気が酷いね...』みたいな挨拶も別段珍しくなくなって。

外出時はマスク着用を励行して、屋内では空気清浄機を全開にして更にDysonにも補助的に活躍して貰って、まぁ こんなもんで全て防御出来るとは思いませんが、'BETTER THAN NOTHING' でありましょう。


明日辺りは、きっと飛んでゆくのやろうな? まったく迷惑な話だが... 没有办法っちゃあそうか?

しかしそもそもこの冬に深刻な原因って? 車の排気ガス? 工場排煙? やっぱり北方の暖房、石炭....etc etc

<後日談>
中国の友人との会食で話題に上がったこの'原因'に関してですが、彼が力説するにはこうです。

"10数年前とか以前はそうでもなかったのだが、'暖气'で地区/建物単位での集中方式の暖房のスチーム=お湯を焚く熱源として石炭が用いられるのは周知の事実で、その石炭の質の問題が原因。 政府の指示(?)で良質のものは昨今ほぼ工業用に回され一般用に用いられるものの劣悪な品質の石炭のお陰でこの有様なんだよ。。。"


なんなのだとか^^; マヂか?



# by one_after909 | 2016-12-23 12:55 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 12月 21日

失われてた箱から。。。

f0057849_12372535.jpg

事務所 引っ越しの際に出てきました。

さて、何が入っているのでしょう? ...上の小さい方には2本用のトラベルケースが入ってました。
そして本体の方には...ま、まさか? 買ったっきり忘れ去られた幻の一本が入ってるのだろうか ((((@0@;)))) ドキドキ!


f0057849_12442269.jpg


...相変わらず豪華なお箱様が姿を顕す。そして蓋を開けますと!!


More

# by one_after909 | 2016-12-21 12:14 | PATEK PHILIPPE | Comments(2)
2016年 12月 20日

銀色のメルセデス・ロードスター

f0057849_874825.jpg

週末の日中、疲労で動けずに居たので観てないDVDを新旧何本か。。。

Three Coins in the Fountain

フランク・シナトラのテーマ曲、50年代初頭のイタリア、ローマやベニスそして田園風景は何れをとっても極めて美しい。簡潔で他愛もない複数ラブストーリーも...敢えて悪くない。

残念ながら...

この映画の出演女優さん達に惹かれることはなかったが、登場したディーノ公爵の駆る表題のメルセデスに目を奪われてしまった。。。いい!

f0057849_8275619.jpg
ネット上でもいいお写真を見つける事が出来ず仕舞いでした。

う〜ん? しかしこの内外装の配色には弱いなぁ? 極めて官能的だ!尚且つこれまで昔のSL(W113)が大好きでいつか嗜んでみたい..と思っておりましたが、流石にこの時代のものは躊躇するものの もう少し大型のものをチョイスするのもいいかも? とか何時もの如く妄想グルグル^^

....

More

# by one_after909 | 2016-12-20 09:03 | Comments(2)
2016年 12月 19日

和食のこころ

f0057849_10181040.jpg

自慢出来る、有名店での会食経験もロクにない癖にこんな事書くのは甚だ恐縮だが...*お写真は許可を戴いています。


海外で日本食を戴く機会はそこそこある訳で、20余年を活動の場として参りました此処、上海でも今やなんら不自由すること無くありつける環境だと言えましょう。

ご多聞に漏れず、年齢的なものか? 超肉食からやはり魚へと食の嗜好も変遷し無性に寿司が喰いたくなる事がちょくちょくあります。

..しかし、上海の*間借りなりにも馴染みの寿司屋さんはほぼ日曜日は店休日でありまして、『どうしても寿司喰いてぇ〜!』なappetite欲求を抑えられずに戦慄いていた昨日そんな折り、超美食家美女Jから情報を頂戴しまして数ヶ月前にオープンした岳阳路の老房子を一棟贅沢に使った、通り名の一文字と番地を其の儘店名とした噂の和食屋さんにそそくさと出向いて参りました。 *注)残念ながら今回も謎の美女Jは一緒ではない。。。



More

# by one_after909 | 2016-12-19 00:17 | ダイエット | Comments(2)
2016年 12月 11日

最強 brace モデルか!?

f0057849_11384460.jpg

watchprosite投稿より...

コ、コレですな(-_-;)


referenceは 6104/1G。 究極、優雅・シンプル且つ 詩的であり抒情/浪漫に溢れし刻々と表情を変える文字盤を擁するこの天空時計は、
他の機械式超複雑機構を有するモデルとはある意味異種な独特な立ち位置にあると思います...。

独りの時、そして価値 *時計だけに限らずを共有出来る特別なひと時を過ごすには最高のpartnerと相為る。その ブレスモデル

f0057849_11334341.jpg

ああ、ブレス時計では私的には史上最強やな?


しかしなんとなく... コレに更なる付加機能を欲っしてしまう心(真)理が..あぁ これこそが-_-;? ...いや辞めておこう。




More

# by one_after909 | 2016-12-11 12:31 | PATEK PHILIPPE | Comments(2)
2016年 12月 11日

memories...№2

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by one_after909 | 2016-12-11 10:31 | PATEK PHILIPPE
2016年 12月 11日

memories...№1

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by one_after909 | 2016-12-11 10:28 | PATEK PHILIPPE
2016年 12月 09日

9th December...

f0057849_1424747.jpg


ビートルズ時代の4人のサインからジョンの部分を接写してみました..

滲みこそありますが、力強い筆圧からもご本人の存在の息吹きみたいなものを感じ得ます..*デビュー間もない1963年の春頃 Manchesterで記されれたもの。


そして今年は久し振りに纏めてジョンのレアトラックを聴いてます。

...今でも心が震える"Help me to help myself"や"Now and then"等々の静かなピアノデモ、そしてビートルズ時代の初期BBCとは違って力の抜けた*且つ途中かお得意のボブディラン少し入っちゃってる 'Too Much Monkey Business'のアコギバージョンなんてのが今年の気分かな^^


f0057849_19374260.jpg

そんなこんなの12月9日でした...

自分自身、何故そこ迄 BEATLESに惹かれるのか? 今となってはもうその動機やら理由なんて遥か彼方ではありますが、あれから40年経って...カタチは変わったかも知れませんし、音源探求等 深度も浅くなったかも知れません。


しかし、まぁ近頃 例えインテリア化しようとも続いてゆくのでしょう。。。実は今、欲しいモノはあるのですが、手が出ませ〜ん^^;





More

# by one_after909 | 2016-12-09 14:34 | Comments(0)
2016年 12月 08日

NAKANOSHIMA...

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by one_after909 | 2016-12-08 09:02 | ダイエット
2016年 12月 06日

my kind of x'ams deco??

f0057849_12255452.jpg

さて、そろそろ参りますか?

気付けば師走...芦屋より届いたリース、にFG=で自分なりに飾ってみましょう^^


カリカリに乾いた..しかししっとりとした溜息が漏れる様な塗装面が新品時を偲ばせる極初期の薄ボディのショートスケールCAPRIは最早 芸術品の域。2ピックアップの rickenbacker 315...眺めながら一杯やれます。


...明日は冷えそうですね?


# by one_after909 | 2016-12-06 22:53 | GUITAR | Comments(2)
2016年 11月 30日

バセロンのお土産♪

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by one_after909 | 2016-11-30 13:24 | VACHERON CONSTANTIN
2016年 11月 29日

体験教室! ロイヤルオークの文字盤彫ってみよ〜♪

f0057849_1239441.jpg


この催しはいいですね〜?楽しそう^^

...残念ながら不在でしたゆえ、参加は叶いませんでしたがやってみたかった。

壁もRO文字盤柄。残念ながら彫った文字盤を持ち帰る事は出来なかった様です。なにかもイッコ、ケースだか? ベゼルだかの体験コーナーもあった様で此方は持ち帰れたとかなんとか。。。

ファクトリーツアーでもやらせて貰えるんでしょうか? ...う〜ん? だとすればちょっと残念だったかなぁ..とか^^;(笑)?

f0057849_12391885.jpg
machine..

APも、過日のVCも 近頃、印象深いイベントが開催されていますね〜♪ PPも? ...全然、関係ないけどペンパイナッポーアッポーペン Ah'n!*意味はnothing<(_ _;)>





# by one_after909 | 2016-11-29 13:07 | AUDEMARS PIGUET | Comments(0)
2016年 11月 29日

スペイン製のヘフナー(HOFNER)?

f0057849_11182728.jpg
長年、ライブギアとして愛用して居ります我がclub bass(500/2) ヘフナーでもバイオリン型を使わないのは、やはりPAUL役に配慮してのこと(笑)


『変わった仕様やなぁ〜?』..ナニか有りがちなファクトリースペシャルピース(突発的な特別仕様)みたいなモノなのかな〜?とか予々漠然と思いつつも、その詳細はつい昨日迄 知らずに居ました。

偶々、別件でツラツラ眺めておりました英国のマニアックな頁で発見!な、なんと! 標題のごとく..

このヘフナーはスペイン製でありました!

Sir. そしてビートルズで有名なあの西ドイツの冠たるヘフナーがスペイン製?? あるんか??

驚きでした!

まぁ、マニヤ以外には『それがどないしたっちゅうねん?』位の事なのかもしれませんが、何にせよこの歳になって新たな事実を知るって事は凄く新鮮な気分です♪

f0057849_11224598.jpg
普通はセルロイドっぽいパールの模様が入るこのコントロールパネルもシンプル簡素(?)なベタのもの。これもスペイン製の特徴なんだそうです。う〜ん...

f0057849_1126266.jpg

..そしてナット。7枚重ねでコレもスペイン製のものにだけ見られるもの*未検証 だそうです。しかしトラスロッドカバーは普通CPと同じ素材なんだがなぁ?..とか疑問点も。

f0057849_1132277.jpg

そして矢張りこの大柄なチェッカーバインディンがその特徴の代名詞と言えましょう。

この手の縞縞模様って、同時期のフレクトゴンとかカメラのレンズのデザインにも多く取り入れられてた様なので工業デザイン的流行りだったんでしょうか? まぁそれはさておき... どの様な経緯でどの程度の本数が生産されたのか知り得ませんが、なかなかに興味のあるプロダクトである事は間違いないでしょう。ディテイル的な詳細は其の頁にも5本紹介されております(音に関するインプレはない)。しかし乍らディテイルもさる事ながらこの個体の特筆すべき点は、何度か書きましたが其の音です!

曲がりなりにも、谷口Hofnerから始めて過去8本程所有しましたが初めてこの個体をスタジオでアンプに繋げた時の感動は今も鮮烈です!

そう!これ迄、所有した...そして弾かせて貰った'62年から近年までのどのヘフナーよりも音圧が高く艶と伸びがあって楽器として素晴らしい!と感じたのです。サーキットとか電気系統の検証はまだ行っておりませんし木材は何処のもの(西ドイツから成型後運ばれた?)等もわかりませんが、コレ=電気系統がオリジナルの侭でスパニッシュ・ヘフナーの共通する特色であるのなら。。。

BETALESとかの枠に囚われる事なく楽器としても素晴らしい!と言えるのではなかろうか?

f0057849_124466.jpg

KELLER T-20 *というメーカー銘/正式型番だそう。

ヘフナー自体がある意味、廉価的な捉われ方がされてきた当時からの経緯があるにせよ、其の中にあっても単に"生産拠点を海外に持って行った際の産物"以上の何かがある様な気がします^^


尚且つ、先述のBEATLESの呪縛を取り払っても。。。

...なんかライブで使うの勿体なくなってきたなぁ(笑) でもこの音は、サイドギタリストがベースに回る際に奏でる稀な機会にもこの演奏者の実力以上の威力を発揮してくれるから捨てがたい...それは。一度、知ってしまうと離れ難い恋愛対象、その感覚にも似て


# by one_after909 | 2016-11-29 12:00 | GUITAR | Comments(0)
2016年 11月 27日

president's signature collection...

f0057849_10353621.jpg

米国より届いた、次期大統領が2005年に発表したシグネチャー・コレクション ラインナップの中の時計です。

ムーブメントは日本製クオーツ、ケース及びアッセンブリー...何処にも記載はありませんが恐らくは中国ではないでしょうか? *globalやな^^
f0057849_10361581.jpg

型番は TR/1058WTBN

一番シンプルなのを選びましたが、どことなくP社やC社のimageを醸しつつ〜な、流石 不動産王の銘を冠したmodel! 36mm径の正統派ドレスウォッチと..良く言えば 形容出来るでしょう。ま、これに対抗出来るのはジャンルは違いますが'フランク三浦'あたりでしょうかね〜^^
*お察しくださいませ


more global^^

# by one_after909 | 2016-11-27 10:44 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 11月 26日

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by one_after909 | 2016-11-26 23:42 | EXCEPT ME & MY MONKEY
2016年 11月 25日

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by one_after909 | 2016-11-25 20:59
2016年 11月 22日

四季...参

f0057849_2153710.jpg


春を起点とするならば...

銀杏の葉が色付く頃、歴代の趣味車 *912が2色/2台ですが...^^;並べた同じ場所にて。。。

f0057849_21293891.jpg


つづく...


# by one_after909 | 2016-11-22 21:08 | 閑話休題 | Comments(2)
2016年 11月 20日

冬のsoundtrack..Sir.の新曲収録CD届く。

f0057849_17145573.jpg


発売日が延期となったが、本日無事手許に届きました。

Sir.の新曲が聴ける喜びを噛み締めつつプレイヤーに載せる...


これはまた全編に溢れるnostalgia...我々の世代が抱くもうひとつ前の其れですが。 そしてきっとゴリ押しで入れたに違いない!と邪推する'エロイズ'。この雰囲気にあって流石違和感のない(笑) しかしよくその時代の音を醸してるなぁ? やがて自分が直に知っている時代の感じの音が何曲か...クライマックスとなるThema メロディのリフレインに続き待望の一曲が最後を飾る。

あれから結構、聴き込みました。きっと昔で言えば"Little Lamb Dragonfly"的なアルバムの中にひっそり埋もれている宝石の如き小作的な位置付けの様でもあり、長年愛してきた正統派マッカートニー節全開のシンプルでいい歌な印象です。


春頃に出たBEST盤では...

当時の最新曲であった "Hope For The Future"がトリ的な感じだった*その後にエンドロール/余韻的に"Junk"が収録されているが... 勿論、ちょっと 仰々しいほど壮大なそれで構わないんだけど、こうなってくればこの切ない曲が最後(トリ)に収められていたらなぁ...とか思ったり^^

f0057849_23185946.jpg


届いたと言えばコレも...

# by one_after909 | 2016-11-20 17:45 | Comments(4)