飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:beatles ( 25 ) タグの人気記事


2017年 08月 03日

15年後の徹底比較 vol.1

f0057849_17221022.jpg

ちょっと前に宣言しました'58 ORIGINAL vs C58 "徹底比較"。先日少し写真に収めましたので徐々に始めていきたいと思います♪

最初にお断りしておきますが、このC58は発表から15年が経過し既に廃番となっております。当時から賛否両論 様々な意見があったmodelではありますが、復刻モデルとしましては傑出した出来であり、その個人的意見は今でも変わりません。...但し決定的"音"の違いを除けば。コレは当時 東京のWITHさんでもローカットコンデンサーを組み込んだモディファイをご提案された様に、決定的に当時の音の輪郭とは異質だと自分も感じます。*またこの辺りもいずれ... そんなC58。また近い将来、新たなシリーズとして更なる深化を伴った復刻版として市場に登場するでありましょう。今回、hommageの意も込めまして素人で可能な限りのオリジナル'58との比較をやってみたいと思います。

*勿論28本と言われる生産本数、しかもほぼ手作りで個体差が大きい当時のオリジナルですから一概に全てが...とは云えない事を最初にお断りしておきたいと存じます<(_ _)>


f0057849_9405844.jpg

それでは先ずはPU周りを比較してみましょうか?

パッと見本当、よく雰囲気迄捉えてていい感じですね〜♪ *余談ですが、JOHNのミドルPUは結線されてなくダミーだったと言われてます。
f0057849_9404516.jpg


拘りのポイントは2箇所。...まぁ、よっぽどのマニヤしか着目しないトコだとは思いますが...^_^;

ずぅ〜...っとズームアップして参りますと...

①スクリュウ

ORIGINAL
f0057849_102094.jpg

C58
f0057849_1015760.jpg

マイナスはそうなのですが、端がなだらかなラウンドを描くフラットトップなオリジナルに対して、全体的にラウンドしたC58。このネジは単体でも模したリプレイスパーツが出回っている*其れも出来の良し悪し数種類有り ので結構拘りの部位で間違いないでしょう。。。(もう少しだけ後年のネジは正にこの形状)

そして、其のトースターPUの口*黒い部分。

樹脂パーツの② 成形跡の丸いトコ。『どこや?』って感じですね(苦笑)?

少し後の'66年には既にこの部分は見られません。そう考えればよくこんなトコまで再現したなぁ?と感服ですが...実際その形状や?どうでしょうか?

ORIGINAL
f0057849_10154766.jpg

C58
f0057849_10155697.jpg


...-_-:

なんか顕微鏡レベルで粗探しする厭なマニヤ全開でそれこそ嫌になってしましますが、こんな感じです。まぁ彫りや形状(径)的に拘れば確かに...なのでしょうけど此処は、先述の通りこんなポイントまで再現されてる事を純粋に評価したいと思います。



ではではまた次回vol.2の'重箱の隅つつき'..でお会いしましょう〜(^0^)/


by one_after909 | 2017-08-03 23:59 | GUITAR | Comments(0)
2017年 06月 13日

1958 rickenbacker 325 'the origin'

f0057849_853444.jpg


並んだ2本の色も形もよく似たギター... 違うのは棒の長さとツマミの数くらいか?

しかしこの2本には46年の時間的な隔たりがあり、古い方は或る意味 '究極'の一本と言って差し支えないでありましょう。

f0057849_944697.jpg


1958年製造 rickenbacker 325

勿論オリジナル度という観点に於いては販売された当時の状態により近いものが存在し其方が..とはなるのでありましょうけど、如何せん同年の製造本数は28本と言われており現存する個体そして選択肢云々以前に市場に出る事も稀ですから... なにより個人的嗜好でperfectなビンテージは過去の経験上、恐れ多すぎて手につかない臆病者ですから^^; もう充分以上に感謝致しております。。。


垂涎のオリジナルシェイプ、そして各ディテイルは...

折角なので10年以上ライヴを共にした、このギターを忠実に糢したC58と比較しながら細部を纏め記録しておきたいと思う次第であります。

More

by one_after909 | 2017-06-13 00:24 | GUITAR | Comments(0)
2017年 06月 07日

青とピンク... 梅雨とrickenbacker

f0057849_17433886.jpg

紫陽花の話題が出たところで...


先週末撮影の。。。

f0057849_17442169.jpg


昨日、九州が..って言ってたら近畿地方も梅雨入りの報。


梅雨..と言えば、昨年の上海の梅雨での史上最強だった酷い"湿気"で、不覚にも黴を生じさせてしまった何本かのうちの一本。C58を前回のスタジオ入りを最後に今回思い切って持ち帰りました..。

f0057849_21545556.jpg


このギターは2004年くらいに大阪の専門店さんで直接 アメリカから新品で引いて貰い其の儘、上海へ持ち込み'82年製の320と並行してずっとライブで使って参りました。思えば10年以上なんですね〜? コフマンのアームだけ外してmodifyもせず...ジャックに少しガリが出てきた位で コンディションも良く しかし昨年のライブで気付かないうちにキャッツアイノブが一個、失われてしまいました..。

f0057849_2155149.jpg

帰国して、先ずコフマンのアームを再装着 10数年振りに...ん〜いい感じ^^

少しだけ覗く額の1963年撮影の写真中のジョンが抱えている1958年製の一本は、originalとしてこのC58の開発ベースとなったモデルです。

f0057849_8414683.jpg
ハンブルグで入手後比較的早い時期のショット。しかしこんな位置にアームがあってあのstyleで弾けたのか? あ" 場所は異なるがジョンのもノブ取れてます^^; これは最早持病かな?


ご存知ジョンの325は紆余曲折を経てバーンズのアルミノブ、ビグスビーのボウタイブリッジ、コフマンはビグスビーB5に換装される事に相成ります。いやらしいマニヤ的観点で更に重箱の隅をつつけばこのB5の大きなネジは"+"だ!

先に退役したヘフナーのクラブベースより先に此方を持ち帰ったのは、ちょっとやってみたい事があったから。まぁ本来ならCシリーズが発表された時がBEST!だったのでしょうけど、数年前にご縁あってモノホンの1958年製の325をお譲り頂いたので折角なので細部比較をしてみたい!

C58は本当に究極のリイッシューだったのか?

無論、'復刻'という意味では BやV59なんかとは比ではない出来であります。まぁそれでも現在そのC58自体も既に廃番となって久しいですが^^;


...と言う訳でその1958年製もコフマンに戻す作業をお願いしておりますので、手許に戻り次第取り組んでみたいと思います〜^^


by one_after909 | 2017-06-07 20:53 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 06月 03日

返り咲き!

f0057849_2350473.jpg


49年振り...以下ユニバーサルミュージックのofficial home page より。



"オリジナルの『サージェント・ペパーズ』は1967年6月1日に発売され、1968年3月1日までに27週全英チャート1位を記録。今回の全英1位獲得は約50年ぶりのこととなり、これまでに最も期間が開いて1位に返り咲いたアルバムとなりました。あわせて発表された全英アナログ盤アルバムチャートと全英レコードストアチャートでも1位を獲得しています。

『サージェント・ペパーズ』はスタジオアルバムとしては全英で最も売り上げている作品で、これまでに全英だけで約520万枚のセールスを記録し、全英チャートには現時点までに合計で255週(=約4.9年)のチャートインなります。
"


by one_after909 | 2017-06-03 23:54 | etc...etc... | Comments(0)
2017年 06月 01日

50年前の今日。。。

f0057849_2053392.jpg

リリースされたアルバムは49年後の今、再び本国のチャートで1位を奪取しようか?...という勢いである。う〜ん? 恐るべし-_-;

金字塔として君臨するの'価値'を新たなるMIXで新鮮さを以って追(再)体験するにはきっといいタイミングだったのだろう。。。と推測します。

More

by one_after909 | 2017-06-01 22:02 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 05月 31日

どこに入ってんねん-_-*

f0057849_2155485.jpg


音を聴きながら書いてます...

最初のSEからもう圧倒的! '87年からずうっとビートルズのCDには騙され続けて*語弊があるかな? きたが、

これはもう圧倒的に素晴らしいそして新しい音の地平線が拡がっていた。


...

早る気持ちで開梱し 全容を顕したBOXケースは、昔懐かしい立体に見える仕様が施されていて思わず『うわぁ...』と唸った。今回、
付録にはあまり興味はなく一目散にCDを探しに走った。。。

More

by one_after909 | 2017-05-31 22:30 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 05月 31日

過剰包装

f0057849_19395559.jpg

箱を解梱する。。。

こんなに音を聴くのが待ち遠しく感じるのはいつ以来だろう?


f0057849_194852100.jpg


ダンボールの中からビニールに包まれた箱が顔を出したので取り出す。で、ビニールを剥ぎに掛かる...

More

by one_after909 | 2017-05-31 20:06 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 05月 28日

サージェント・ペパーズ50周年記念盤届いた...ようだ。

f0057849_13273338.jpg

家の方にAmazonより荷物が届いたらしい。。。

そうか..SGT. PEPPER'S50周年記念 BOX-SETか?

Sir.のアーカイヴス・シリーズでもそうだったが、この'リミックス''リマスター'では意義が大きく異なる。勿論リマスターでも音は磨かれ良くなってはいるしボーナストラックのおまけの恩恵はあるが殊更の感動は少ない。しかし何度も書いているが"TUG OF WAR"での感涙もののお仕事でリミックスは大きな衝撃だったから、今回のこのセットの気の早いレヴューをつらつら眺めていると涎が出そうだ。早く聴きたい!

f0057849_16382594.jpg
09,09,09 remaster盤のCDを取り出しお茶を濁そうとしたが..
やっぱり聴くのは控えました。帰国後の楽しみに耳を枯らしておくとしましょう☆


その新たな音世界も勿論そうなのだが、特に余り派手すぎない定位が施されているというBlu-rayでの5.1サラウンド鑑賞が待ち遠しい。

TV派の家人達の中で、なかなか家のリビングで落ち着いて...なシチュエーションもアレだが灯りをtheaterモードにして堪能したい。そしてまた改めてゆっくりとレヴューでも書いてみたいと思っています^^


More

by one_after909 | 2017-05-28 10:41 | Comments(0)
2017年 04月 06日

I read news today, oh boy!

f0057849_19405219.jpg


50周年記念盤 ..ヤハリ此レハ別格扱ヒカ?

予兆の正体はコレでした。ロック好き誰もが知ってる1967年の"金字塔レコード" SGT Pepper's Lonely Hearts Club Band
f0057849_19534875.jpg

アンソロジーリリース時の『この後はもう樽の底漁りさ』="scraps from bottom of the barrel"*自分でレア音源のコンピこさえた時のタイトルにした(笑)..と、音源の枯渇を匂わせるコメントがありましたが、いやいや手を変え品を変えまだまだでまっせ〜^^って感じ。きっと自分も海賊盤でも聞いた事もない驚きのテイクが収録されている事を切望しつつ。。。

リリースされるフォーマットは4種類

通常盤  アニバーサリーエディション

2枚組(LP)  アニバーサリーエディション

2枚組  デラックスエディション Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band

6枚組 スーパーデラックス BOXセット Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band




財布蝕ム-_-;

by one_after909 | 2017-04-06 07:13 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 09月 26日

HELP ! 昂揚から疲弊へ...の体感型映画。

f0057849_18285637.jpg


香港での出張中ではあるが、時間をこさえて出向いて参りました。。。

場所もシステムも判りませんが、好きこそ全て!為せば成る!...WEBでチケット購入して全然ビートルズマニアでない友人を誘って...上映の広告も何も出てないTHE ONEという商業ビルの一番上のこじんまりした映画館にて兎にも角にも想いを遂げて参りました。

自分はどちらかと言えば、いや、確実に嫌なマニアな部類に属すでありましょう。それは否定はしません。

この映画に初期の最もチャーミングでキラキラした世界を席巻したFAB4の心躍る様なライブの臨場体験が出来る!

そんな勝手な思い込みをしてこのマニアは臨んだのでした。。。


More

by one_after909 | 2016-09-26 19:03 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(2)