飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:john lennon ( 11 ) タグの人気記事


2017年 08月 03日

15年後の徹底比較 vol.1

f0057849_17221022.jpg

ちょっと前に宣言しました'58 ORIGINAL vs C58 "徹底比較"。先日少し写真に収めましたので徐々に始めていきたいと思います♪

最初にお断りしておきますが、このC58は発表から15年が経過し既に廃番となっております。当時から賛否両論 様々な意見があったmodelではありますが、復刻モデルとしましては傑出した出来であり、その個人的意見は今でも変わりません。...但し決定的"音"の違いを除けば。コレは当時 東京のWITHさんでもローカットコンデンサーを組み込んだモディファイをご提案された様に、決定的に当時の音の輪郭とは異質だと自分も感じます。*またこの辺りもいずれ... そんなC58。また近い将来、新たなシリーズとして更なる深化を伴った復刻版として市場に登場するでありましょう。今回、hommageの意も込めまして素人で可能な限りのオリジナル'58との比較をやってみたいと思います。

*勿論28本と言われる生産本数、しかもほぼ手作りで個体差が大きい当時のオリジナルですから一概に全てが...とは云えない事を最初にお断りしておきたいと存じます<(_ _)>


f0057849_9405844.jpg

それでは先ずはPU周りを比較してみましょうか?

パッと見本当、よく雰囲気迄捉えてていい感じですね〜♪ *余談ですが、JOHNのミドルPUは結線されてなくダミーだったと言われてます。
f0057849_9404516.jpg


拘りのポイントは2箇所。...まぁ、よっぽどのマニヤしか着目しないトコだとは思いますが...^_^;

ずぅ〜...っとズームアップして参りますと...

①スクリュウ

ORIGINAL
f0057849_102094.jpg

C58
f0057849_1015760.jpg

マイナスはそうなのですが、端がなだらかなラウンドを描くフラットトップなオリジナルに対して、全体的にラウンドしたC58。このネジは単体でも模したリプレイスパーツが出回っている*其れも出来の良し悪し数種類有り ので結構拘りの部位で間違いないでしょう。。。(もう少しだけ後年のネジは正にこの形状)

そして、其のトースターPUの口*黒い部分。

樹脂パーツの② 成形跡の丸いトコ。『どこや?』って感じですね(苦笑)?

少し後の'66年には既にこの部分は見られません。そう考えればよくこんなトコまで再現したなぁ?と感服ですが...実際その形状や?どうでしょうか?

ORIGINAL
f0057849_10154766.jpg

C58
f0057849_10155697.jpg


...-_-:

なんか顕微鏡レベルで粗探しする厭なマニヤ全開でそれこそ嫌になってしましますが、こんな感じです。まぁ彫りや形状(径)的に拘れば確かに...なのでしょうけど此処は、先述の通りこんなポイントまで再現されてる事を純粋に評価したいと思います。



ではではまた次回vol.2の'重箱の隅つつき'..でお会いしましょう〜(^0^)/


by one_after909 | 2017-08-03 23:59 | GUITAR | Comments(0)
2017年 06月 13日

1958 rickenbacker 325 'the origin'

f0057849_853444.jpg


並んだ2本の色も形もよく似たギター... 違うのは棒の長さとツマミの数くらいか?

しかしこの2本には46年の時間的な隔たりがあり、古い方は或る意味 '究極'の一本と言って差し支えないでありましょう。

f0057849_944697.jpg


1958年製造 rickenbacker 325

勿論オリジナル度という観点に於いては販売された当時の状態により近いものが存在し其方が..とはなるのでありましょうけど、如何せん同年の製造本数は28本と言われており現存する個体そして選択肢云々以前に市場に出る事も稀ですから... なにより個人的嗜好でperfectなビンテージは過去の経験上、恐れ多すぎて手につかない臆病者ですから^^; もう充分以上に感謝致しております。。。


垂涎のオリジナルシェイプ、そして各ディテイルは...

折角なので10年以上ライヴを共にした、このギターを忠実に糢したC58と比較しながら細部を纏め記録しておきたいと思う次第であります。

More

by one_after909 | 2017-06-13 00:24 | GUITAR | Comments(0)
2016年 12月 09日

9th December...

f0057849_1424747.jpg


ビートルズ時代の4人のサインからジョンの部分を接写してみました..

滲みこそありますが、力強い筆圧からもご本人の存在の息吹きみたいなものを感じ得ます..*デビュー間もない1963年の春頃 Manchesterで記されれたもの。


そして今年は久し振りに纏めてジョンのレアトラックを聴いてます。

...今でも心が震える"Help me to help myself"や"Now and then"等々の静かなピアノデモ、そしてビートルズ時代の初期BBCとは違って力の抜けた*且つ途中かお得意のボブディラン少し入っちゃってる 'Too Much Monkey Business'のアコギバージョンなんてのが今年の気分かな^^


f0057849_19374260.jpg

そんなこんなの12月9日でした...

自分自身、何故そこ迄 BEATLESに惹かれるのか? 今となってはもうその動機やら理由なんて遥か彼方ではありますが、あれから40年経って...カタチは変わったかも知れませんし、音源探求等 深度も浅くなったかも知れません。


しかし、まぁ近頃 例えインテリア化しようとも続いてゆくのでしょう。。。実は今、欲しいモノはあるのですが、手が出ませ〜ん^^;





More

by one_after909 | 2016-12-09 14:34 | Comments(0)
2015年 12月 10日

回想の12月9日...

f0057849_1033524.jpg

駅舎内の'imagine' cafeのテラスにて...

発車前のひとときを軽くブランチを戴きながら独り過ごしました。 ..あれから一箇月近くが経過した12月9日。写真眺めながらちょっと振り返りつつ。。。

f0057849_1040620.jpg
携帯変えたトコで余り音楽入ってなかったけど、

なんとなくこの曲が嵌りました。。。

More

by one_after909 | 2015-12-10 11:27 | 旅に出よう♪ | Comments(2)
2015年 05月 14日

clean up time...

f0057849_11114770.jpg


"Now it begins, let it begin, Cleanup(断捨離) time, well, well, well〜!"

f0057849_10584999.jpg

*photos taken sometimes in NEW YORK CITY
f0057849_1194460.jpg


by one_after909 | 2015-05-14 12:04 | etc...etc... | Comments(0)
2015年 03月 03日

月替り調度品..究極の

f0057849_10414532.jpg

1958y made rickenbacker 325

f0057849_1045247.jpg


More

by one_after909 | 2015-03-03 11:06 | GUITAR | Comments(0)
2013年 10月 02日

'66 epiphone E 230TD "casino"

f0057849_11205684.jpg

近年製の造りの良いしっかりしたハードケースの蓋を開けますと...

f0057849_11224311.jpg

うっとりする程素晴しいconditionのcasinoが鎮座して居りました! 堪らない...。

f0057849_11273113.jpgf0057849_11273423.jpg

Vintageのマーシャル アンプに繋がせて頂きますと、殊の外 予想外に乾いた音に驚かされます。もちっとサスティンの効いた伸びのあるサウンドを想像してましたんで...。

いや!マニアの観点から致しますと...これこそが正にあの中後期サウンドを支えた音以外ナニモノでもないのです!
(*そう!一見セミアコとは云え構造的に特殊な内部構造故、P90をして醸し出す特有なsoundである!と表現した方がいいのかも知れませんね?)

そして嬉しい数々のディテイルよ。

PUカバーや、ブランコがクロームなのは個人的には曇ぐもるニッケルより断然好きなんでOK ! ブリッジの駒はその内ナイロンに交換ですね?
...でも一点だけ、絶対交換したい箇所があるのです、それは。。。

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2013-10-02 12:08 | GUITAR | Comments(4)
2012年 11月 10日

大 scoop shot!!

JOHN、ナローを駆る!

f0057849_19424929.jpg


ジョン ref.2499着用す! ...に続く 堪らなく嬉しい画像でありました! もう最高だぜ〜!! Yeah〜(^0^)!!

拙考察。。。

by one_after909 | 2012-11-10 19:53 | PORSCHE 912 | Comments(2)
2012年 10月 31日

1957...that was the day <part 2>

f0057849_1013331.jpg

一面に芝生を敷きつめた裏庭広大ではない...の左手端っこの方で演奏している少年達のスキッフルバンド、其の中心でギター抱えて歌う少年。

それは紛れも無く若き日のジョン・レノン。
*この日は数カ所で演奏されているが、なんと奇跡的に録音が残っています!当然、音はプアですが歴史的価値は未曾有。長い間27秒程でしたが今はもう少し長く聞けます。


f0057849_10381287.jpg
   
                                 
                                    (☝のお写真は同日、別の場所で撮影(セット=トラックの荷台は一緒。

ズッダ!ズッダ!...と単調なリズムに乗って歌われる声は、数年後世界を席巻する事に為る正にその歌声に間違いない。
f0057849_13381121.jpg

歌詞は結構、適当(^ー^;)、押さえるコードも時折り何処かへんちくりん*なんと!バンジョーのが幾つか混じってたそう! それでもそんなモノは微塵ともせず我がのスタイルでギター掻き鳴らし歌い上げる肝っ玉と弾ける様な若々しいノリはもう聴いてて胸がすく程!

f0057849_10212884.jpg



冷たく湿った静寂が辺りをつつむ...

モノクロの景色から天然色の世界に舞い戻りて、

眼を閉じれば...

そんな短い音源ここで録音られたのか当日別の場所かは知りませんが...と、数枚の白黒の写真のイメージ。。。

55年前の夏の或る日。

確かに其の音はこの場所で響いていたのであろう...。


f0057849_1046887.jpg


この場所は一面芝生だった事は触れましたが、55年の間に月日は流れて。。。(*本当はもう少し下からの似た様なアングルで撮影したかった...)上の二枚のお写真でもお判りの通り、彼等が演奏したまさにこのスペースは2012年の現在ではセメタリの一角と相成って居る..。

そしてお墓と言えば...

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2012-10-31 11:38 | 旅に出よう♪ | Comments(0)
2012年 10月 23日

mendips.

f0057849_10552377.jpg


...余り言葉は要りません(*管理人さん(?)のお話ムチャ長かったけど...(苦笑))

f0057849_12265816.jpg


back yard...でっかいチャリに股がって帰って来た少年ジョン、芝生を張った裏庭で子犬と戯れたり。。。

f0057849_13262849.jpgf0057849_12255779.jpg


出来る限り当時を再現し*当然、ご本人のものではありませんがGallotone Championとか...展示品なんかも非常に興味深いものが多かったです。'60年代のパスポート頁まるまる(来日時のもアリ!)とか お写真の数々とか...

伝記とか記述でしか...当然の事ながらそんな外様の知識でしか知り得ない、このミミ伯母さんの家 mendips時代のジョン。幼少期かたティーンエイジャー期の多感な頃、ご両親のこととかお母さんを失った喪失感とか..余り幸せとは謂えなかったとか謂う、性格的にシニカルな一面を形成・助長した所以かの如くな、そんな文献の記述からのこれ迄の先入観もあり正直『ん〜...?』..な心持ちでこの"家"を訪れたのですが、その管理人さんの長いお話の中の幾つかの逸話とか、様々な展示品/写真に触れ、あたりまえの事ながら確かに存在した生活感と笑顔。勿論、ごく普通の一般家庭環境に育った他の子供と比較すれば欠如していた事も多々あったのでしょうけど、伯母さんの正当なご教育(...まぁご多分に漏れず少年には時として堅苦しかったかも知れないけど...また最終的に押し通したからこそのジョンがジョン足り得た事も併せまして(^ー^;))お家での雰囲気もあったからこそ、只単にやさぐれず。。。そんなムードを感じ得たのかな?とか思いました。

f0057849_13593376.jpg

ビートルズマニアでなくっとも『この家屋、どっかで見た事あるな〜?』...な方も多いのではないでしょうか? そう!OASISの"live forever"のシングルジャケットにも使用されて居りましたね...まぁ、それも随分と以前の事♪
f0057849_14195624.jpg

この場所は、前の記事でちょっと触れました"ナショナルトラスト"( national trust for places of historic interest or natural beauty )の管轄で有り、同機関(?)が企画/運営する参観ツアー以外の普通の一般ツアーでは建物内どころか敷地内への立ち入りも許されません!到着して先ず いの一番にこのツアーの予約を入れてくれた一流商社マン氏*もういいかな? ご本人も別に公開OK!って事だし...。バンドの贋ポールです(^ー^)♪に感謝です!

..当然、写真の撮影もこの場所以外では厳禁御法度。でも結構、ネット上で垣間見れます故、ご参照下さいませ。。。

f0057849_1523503.jpgf0057849_153897.jpg



35年間、敬愛の念を込めて崇拝して参りました人物の事。まぁ...飽くまでも上記の様な 個人的な感想に過ぎないのではありますが、少し近い場所でいろいろと感じる事が出来、とても幸せでした(^ー^)♪


...ひとことで謂えば一葉の写真で表現すれば...、こんな感じの幻影。。。やっつけでごめんあそばせ<(_ _)>

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2012-10-23 16:20 | 旅に出よう♪ | Comments(0)