飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:reverso ( 7 ) タグの人気記事


2017年 10月 06日

mid autumn festival...

f0057849_1195562.jpg


先日の中秋の名月...

そして腕には久々の'我が宇宙'。 by 妄想制服者^^ 然し支配下の月齢は調整が必要な様である-_-

ここ数日は気温も低く、ようやく秋も本格的に肌で感じる様になって参りました。 ..もう寒いくらいですね? ...と言う訳でREVERSOの交換して頂いたばかりの真っさらな革バンドもバックルを留め腕に巻きました..

f0057849_12543978.jpg

こと、

"スタンダードな金時計"

..は此れ迄 いろんな出会いがありました。

例えばref.2526 トロピカルの美しい乳白色の文字盤は抜群の雰囲気を湛えていたし、小振りなエリプスは控え目なホブネイルの装飾もあってシンプルな中にも清楚な華やぎが存在した。etc etc...そしてこのREVERSOは今の年齢にあうDailyな一本としてはお顔/サイズ感/佇まい...そして自身初めての老舗マニュファクチュール: Jaeger-LeCoultreという篤実(?)なimageと共に実にしっくり来ております♪


シンプルな3針以外が最早煩く感じてしまうそんなお年頃❤︎...な秋^^



f0057849_1203619.jpg


by one_after909 | 2017-10-06 23:55 | JAEGER LECOULTRE | Comments(0)
2017年 09月 19日

待望の秋のはじまりの音...そして巴黎の想ひ出

f0057849_836504.jpg

発売日がなんとも待ち遠しかった。。。


重複曲も多いが、現代のある意味'画一化'されたライブ録音とは多少異なり、時代感もある。何れにせよビバリー・ケニーの実況録音盤である。

とても収録時間の短い、ラジオ/TV音源。

得も言われぬチャーミングな歌声...ナイトクラブで聴いてるような感覚。あ、ハウリング!機材の不具合も!そして観客の拍手、大仰しくはない。ヒュー・ヘフナーとのトーク etc etc...
*当然音は拙なmonauralではあるがハリウッドボウルの不快な音聞いてるよりなんぼかマシに感じる。どんだけ毛嫌いしてんねん?ってハナシ(笑)

f0057849_8372382.jpg


これから、...余りつっこまず、いつも彼女のCDを掛けるのと同じシチュエーションで流して 聴いていきたいなぁと思います。*今日はこの静かなる悦びを噛みしめ また改めてレビューなどを書いてみたいと思います♪


f0057849_8375017.jpg
余談ながら、初めて彼女の声を聴いたのは好きになった他の方々よりかなり後の事。確か'90年代に入った頃だったと記憶しています。

その記憶を確かめるべく、当時の愛聴盤だったBlue NoteのオムバニスCDを取り出してみました。

輸入盤のコレ、裏返すと1992年とある。..あゝ そうだったのか? その頃だったのか? *ちょっと個人的に含み笑いしつつ思ったり(笑) チャーミングすぎるその"This Little Town Is Paris"、ライナーノーツに1965とあったからすっかり'60年代のシンガーさんだと思い込んでいたが、其れがどうやら誤植だったと知るのはもう少し後の事。





なぜこのコンピCDが、そしてこの曲が嵌ったのか? ...意外と単純で、この2年程前にはじめて訪れたから。^_^;

f0057849_2204698.jpg


欧州は激動の'89年の冬。

ボケボケの*30年近く前のプリントを工夫なしに写しただけなんで...^^;これらの写真は其の時に撮影したもので、エッフェル塔は丁度建造100周年だった。。。

f0057849_22175046.jpg

The loveliness of Paris seems somehow sadly gay...

"おもいでのサンフランシスコ"の冒頭で歌われる一節..。この歌詞におけるサンフランシスコの特徴的描写は素晴らしく秀逸でどのフレーズも、訪れたことのある人其々の情景が見事に..ノスタルジアに想起させられる。まだ21歳だったワカモノには殊更でありました... 只のオッサンのカラオケ曲でしかなかった認識が急に輝いて聞こえた。1985年、自分にとっての世界はまだ今程そんなに狭くはなかった時代。

対照的に揶揄された初めて訪れたそのパリの街。

米国での滞在期間とは比べ物にならない短い時間だったから、感じ得るところも限られた。しかも凄く寒かった!快晴の日に、空気がキラキラとダイヤモンドダストの様に凍てつくあの感じを初めて知った。そして...

あの時期、きっとそんな事を思い出しながら聴いたであろうこのコンピCD。そして小粒ながらとてもチャーミングだったのが彼女の歌唱のこの曲だったのだ。 描写はないけどね^^



つづく





More

by one_after909 | 2017-09-19 19:15 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 08月 27日

ハイド氏の日曜日。

f0057849_11575652.jpg

白黒で撮れば若草山も立派な絵画的景色やな^0^


如何にも女性好みオーガニックなcafe/雑貨屋さん(?)..に行きたいって事で、ドライブがてら ひとっ走り奈良郊外まで。。。

お店の駐車場はいっぱいでしたゆえ其の侭、一旦通り過ぎドライブウェイを駆け上がった..って次第でした。

..そう言えば 此処は3年ほど前にトルコンAT号が来て比較的早い頃、霞さんとラリー(笑)した思い出の場所^^ 当日はウォーキング?のイベントが催されておりランナーの方で一杯でした。酷暑のなかお疲れ様で御座います...<(_ _)>凄いなぁ、自分もやらなきゃなぁ..と(上辺だけ)気を揉むばかり

f0057849_11283621.jpg

展望台の方へ続く道の脇の木々の間を併歩する鹿さん。 奈良公園から繋がってるんですかね〜?

f0057849_11281540.jpg

心地よく...いやまだまだ強烈な日差しの下、暫し特徴的な古(いにしえ)の奈良の町並みを眺めながら少しほっこりして下山、目的地に赴く事が出来ました♪


お供はJL レベルソくん*"Jekyll & Hyde" ver.ハイド(白側の方)でございました。

More

by one_after909 | 2017-08-27 12:17 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 05月 24日

C'mon !

f0057849_10321312.jpg

お誘いを頂戴しそそくさと郊外迄。。。

随分久しぶりやなぁ?..っと記憶を辿れば大凡4〜5年振りか -_-?


午後をゆったりと過ごす事が出来ました♪


お供は...

More

by one_after909 | 2017-05-24 11:41 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 05月 20日

近頃の日々の共...

f0057849_12195685.jpg

"一粒で2度美味しい..."

と言えば世代がバレますな^^; ...そんな久し振りの'プチ'時計のネタ(笑)

f0057849_12272781.jpg

機械の巻き上げ感が素晴らしいですね? これ迄 所有したどの手巻き時計より滑らかで安定感ある感触です。そして計算し尽くされたかの様なサイズ感! 此れは実際もうイッコ上のサイズのmodelと比較してみて得た個人的印象ですが...絶妙だと思います♪

f0057849_9363879.jpg


それは 同様に完璧な美しさとバランス、あの時代ならではの繊細さに溢れたNautilusの3800に相通づるニュアンスだと感じますsports watchのカテゴリーに括られますが、今の時代に絶対醸し出し得ないeleganceな風情を湛えています。 其れは個体的に貴重な3700とは全くベツモノの佇まいです。

More

by one_after909 | 2017-05-20 10:46 | Comments(2)
2017年 05月 04日

くるりんばっ!

f0057849_12393312.jpg

...と言いますことで電車で一本、渡辺橋辺りをランチがてら散策して参りました。

フェスティバルホールにコンラッド、そういえば過日 美女さんにご紹介戴きS国のKMR氏と会食したのもこの界隈やったのかな^^? 昔からすれば随分変わりましたね。

其の儘、川沿いをテコテコ歩いて お祭り(?)の出店で賑わう 中之島/北浜あたりから天満橋迄。。。

お伴はJLの⇧...でありました♪


More

by one_after909 | 2017-05-04 13:28 | JAEGER LECOULTRE | Comments(0)
2017年 04月 08日

ひさしぶりに時計を見に行く。。。

f0057849_11273961.jpg

決してsuperbな一本ではないとは思うが、今年の新作をつらつら眺めてて現実的に欲しい..と感じた選択です。画像はコチラより転用させて頂きました。

Jaeger-leCoultre Reverso Tribute Moon

...当然、新作ですから現物がある筈もなく、似寄りの昨年'16年の一本を見せて戴きました。..ムーンフェイズがなかったり少々ディテイルは異なりますが

f0057849_1127452.jpg

私的には、この趣味をはじめて一度もご縁のなかったブランドの代表作です。 「白系の丸でない普段の仕事使いに最適な一本を!」...の要求になかなか良いのではないか? というセレクト。

うん、

いい雰囲気♪ 普段使いにはバッチリ!な第一印象。お値段もPATEKと比べれば凄くお値打ちに感じる。レベルソ=まさに'一粒で二度美味しい'グリコの様な一本やな?*そんな世代です^^; ブルーも青々しくなく落ち着いてていい感じ♪ ただ表面の針/インデックスはコンセプト的にこれが正しいとは思うのですが、自分はシルバーの普通の感じだったら尚、好みだったかも? ..な正直な印象


と、近くにあった同系統のもう一回り大きなmodelに目が行った。。。


by one_after909 | 2017-04-08 11:49 | 閑話休題 | Comments(6)