飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:rickenbacker ( 33 ) タグの人気記事


2018年 01月 07日

original '58y 325

f0057849_1594268.jpg

1958 Rickenbacker 325 Natural (Serial Number V83) Very Good All-Original Condition, Includes Original Case

Two serial numbers away from John Lennon's (Serial Number V81), the "Holy Grail".
Only 6 325 Solid Tops ever made, and only 4 with Natural finish.

In my 50+ years collecting guitars, this guitar required the most in-depth detective work and research to track down and acquire.

We came to know about the elusive and rare (ONLY SIX MADE) 1958 Rickenbacker 325's, 5/8 scale, hollow-body electric 6 string guitar during the Birth of the Beatles "Early" Hamburg days. The Holy Grail of guitars lovingly referred to as," V81" , Lennon's 58' Rickenbacker serial number. *"Lennon bought this guitar with a natural finish, gold pickguard, and Kauffman vibrato, on the Beatles' first trip to Hamburg, after he saw a Jazzman "Toots" Thielman playing a Ric model". With the advent of Beatles gear type "forums" such as Voxtalk's, and Rickenbacker Forum, many many more facts would begin to flood Cyberspace. Yes, there were ONLY were "SIX" solid top 325's ever made. Their serial numbers as follows:

V81 natural

V82 natural

V83 natural for sale here, now!!

V84 Two tone brown , and no photos known to exist.

V85 natural , considered lost or stolen

V86 Two tone brown

More

by one_after909 | 2018-01-07 02:20 | Comments(0)
2017年 09月 09日

週末guitar...

f0057849_22475884.jpg

さて、

先日の連夜のライブの興奮の余勢をかって*勿論、素人レベルででの話ありますが早速、次のステージに向けての新曲のセレクト擦り合わせを行いました。

勿論、
'BEATLES'は共通項ととしましても、夫々音楽的バックボーン/嗜好も違うわけで、若けりゃエゴの衝突何て事もあるでしょう? しかしソコはオヤヂバンドのいい所で程よい所で落ち着く所もイイ所^^

新曲は、後期曲ばかり3曲。

前身の2フォームでは何れもやった事ある曲達。...しかも一曲は弦楽隊*全く偶然だが、その前回のライブで繋がったその時共演したバイオリンの方。なんと13年振りの事!SNSも偶には..ですね^^ との共演で再現したいい思い出もある。今回は4ピースでの演奏だから一工夫必要かも? あと2曲はまぁ、普通に。

で、午後からチョット練習しよか? ..とギター取り出した訳でありますが折角なので久々に('60)315も取り出してみました。流石にこれは弾く気しませんけど。。。ふと、我に返らば『弾けないギター』なんてなぁ..とか近頃思ってしまいます。 その内の2曲、本番ではJ160Eも弾いてみようかな?...とか♪




つづく。。。


by one_after909 | 2017-09-09 23:38 | GUITAR | Comments(0)
2017年 08月 14日

ケンブリッジ

f0057849_22233451.jpg

f0057849_22235174.jpg


綺麗に撮れたので^^

もう永くウチで使ってるCambridge。このスカスカ感溢れる音がいい感じでこの'59との組み合わせは特に好きです♪


今日は嫁さん実家でお寺さん、その後お墓参り &会食。さ、そろそろ練習せにゃあ。。。


by one_after909 | 2017-08-14 22:45 | GUITAR | Comments(0)
2017年 08月 07日

15年後の徹底比較 vol.2

今回はまずチョット裏返しまして、ヘッド裏。。。

これも重要ポイントとなるチューナーです!

当時、V59や350でこのジョンの'58仕様を目指した時、一番ネックになったのがこのパーツだったと記憶してます。ギアがゴールドであるとか、径が少し違うとか? 見た目も違和感感じながらも確かギア同色のゴトー製を装着した覚えが...^_^
f0057849_1159949.jpg


これが、所謂 グローバーオープンバック*ステタイト

チューナーに関しましては この頃(50年代の終わり頃...)のスタンダード型番的特徴でしょうか? 手持ちでは'59年 model(335)迄 装着されておりますが、'60年 model(315)になりますとクルーソンが付いております。時期的には混在している様ですね?

f0057849_1205251.jpg


C58のチューナー

螺子やギアの目切りの微妙な大きさの違いは流石に現代の改良型..と捉えるべきでしょう。これもゴトー製だったっけ?...忘れました^_^; しかし決定的な見た目の違いはGROVER のロゴがRIC-TITEになってる事に尽きましょう。

↓のお写真は、その'60年製の315。クルーソンデラックスが装着されて居ります。センターに縦にKLUSON DELUXと刻まれて居りますが、'66年製の325を裏返して見ますと2列表記に変わっておりました。一説によると'64年頃を境に仕様変更(?)になったと言われております。
f0057849_21131849.jpg

裏側...

と言えば、ズズ〜っと引いて このボリュートも初期モノのリッケンの大きな特徴と言えますよね?



つづく




by one_after909 | 2017-08-07 00:11 | GUITAR | Comments(0)
2017年 08月 03日

15年後の徹底比較 vol.1

f0057849_17221022.jpg

ちょっと前に宣言しました'58 ORIGINAL vs C58 "徹底比較"。先日少し写真に収めましたので徐々に始めていきたいと思います♪

最初にお断りしておきますが、このC58は発表から15年が経過し既に廃番となっております。当時から賛否両論 様々な意見があったmodelではありますが、復刻モデルとしましては傑出した出来であり、その個人的意見は今でも変わりません。...但し決定的"音"の違いを除けば。コレは当時 東京のWITHさんでもローカットコンデンサーを組み込んだモディファイをご提案された様に、決定的に当時の音の輪郭とは異質だと自分も感じます。*またこの辺りもいずれ... そんなC58。また近い将来、新たなシリーズとして更なる深化を伴った復刻版として市場に登場するでありましょう。今回、hommageの意も込めまして素人で可能な限りのオリジナル'58との比較をやってみたいと思います。

*勿論28本と言われる生産本数、しかもほぼ手作りで個体差が大きい当時のオリジナルですから一概に全てが...とは云えない事を最初にお断りしておきたいと存じます<(_ _)>


f0057849_9405844.jpg

それでは先ずはPU周りを比較してみましょうか?

パッと見本当、よく雰囲気迄捉えてていい感じですね〜♪ *余談ですが、JOHNのミドルPUは結線されてなくダミーだったと言われてます。
f0057849_9404516.jpg


拘りのポイントは2箇所。...まぁ、よっぽどのマニヤしか着目しないトコだとは思いますが...^_^;

ずぅ〜...っとズームアップして参りますと...

①スクリュウ

ORIGINAL
f0057849_102094.jpg

C58
f0057849_1015760.jpg

マイナスはそうなのですが、端がなだらかなラウンドを描くフラットトップなオリジナルに対して、全体的にラウンドしたC58。このネジは単体でも模したリプレイスパーツが出回っている*其れも出来の良し悪し数種類有り ので結構拘りの部位で間違いないでしょう。。。(もう少しだけ後年のネジは正にこの形状)

そして、其のトースターPUの口*黒い部分。

樹脂パーツの② 成形跡の丸いトコ。『どこや?』って感じですね(苦笑)?

少し後の'66年には既にこの部分は見られません。そう考えればよくこんなトコまで再現したなぁ?と感服ですが...実際その形状や?どうでしょうか?

ORIGINAL
f0057849_10154766.jpg

C58
f0057849_10155697.jpg


...-_-:

なんか顕微鏡レベルで粗探しする厭なマニヤ全開でそれこそ嫌になってしましますが、こんな感じです。まぁ彫りや形状(径)的に拘れば確かに...なのでしょうけど此処は、先述の通りこんなポイントまで再現されてる事を純粋に評価したいと思います。



ではではまた次回vol.2の'重箱の隅つつき'..でお会いしましょう〜(^0^)/


by one_after909 | 2017-08-03 23:59 | GUITAR | Comments(0)
2017年 07月 01日

...more than 15years of relationship.

f0057849_17221455.jpg
来月のぶっつけ本番の夏フェ..否 "夏祭り"(笑)参加演奏に備え、揃うメンバーだけで一ヶ月振りのスタジオ入り致しました。。。

先月、退任帰国しましたC58に代わりライブメイン機である現有最古参の1982年製 320を携えまして豪雨の中いそいそと^^

う〜ん...此方も前回まで見られなかったガリがジャックに少々。次接点復活剤忘れないようにしなきゃ...

15年もの間、異国の地でほぼノーメンテでライブのパートナーとして*素人ながら供に色んな思い出を刻んで参りましたこのGUITAR..。そう考えればリッケン12弦ムック中で故ムッシュウ・カマヤツが仰ってた『頑丈さ』はまさに仰る通りだった訳だ! 

その15年もの月日の間には....

More

by one_after909 | 2017-07-01 18:14 | GUITAR | Comments(0)
2017年 06月 18日

most favorite advertisement♪

f0057849_2111204.jpg

'60年代当時のリッケンの広告の中でも一番好きな意匠です...

綺麗〜に額装して頂きました。嬉し^^♪

f0057849_2111328.jpg



advertisement


by one_after909 | 2017-06-18 21:24 | GUITAR | Comments(2)
2017年 06月 13日

1958 rickenbacker 325 'the origin'

f0057849_853444.jpg


並んだ2本の色も形もよく似たギター... 違うのは棒の長さとツマミの数くらいか?

しかしこの2本には46年の時間的な隔たりがあり、古い方は或る意味 '究極'の一本と言って差し支えないでありましょう。

f0057849_944697.jpg


1958年製造 rickenbacker 325

勿論オリジナル度という観点に於いては販売された当時の状態により近いものが存在し其方が..とはなるのでありましょうけど、如何せん同年の製造本数は28本と言われており現存する個体そして選択肢云々以前に市場に出る事も稀ですから... なにより個人的嗜好でperfectなビンテージは過去の経験上、恐れ多すぎて手につかない臆病者ですから^^; もう充分以上に感謝致しております。。。


垂涎のオリジナルシェイプ、そして各ディテイルは...

折角なので10年以上ライヴを共にした、このギターを忠実に糢したC58と比較しながら細部を纏め記録しておきたいと思う次第であります。

More

by one_after909 | 2017-06-13 00:24 | GUITAR | Comments(0)
2017年 06月 07日

青とピンク... 梅雨とrickenbacker

f0057849_17433886.jpg

紫陽花の話題が出たところで...


先週末撮影の。。。

f0057849_17442169.jpg


昨日、九州が..って言ってたら近畿地方も梅雨入りの報。


梅雨..と言えば、昨年の上海の梅雨での史上最強だった酷い"湿気"で、不覚にも黴を生じさせてしまった何本かのうちの一本。C58を前回のスタジオ入りを最後に今回思い切って持ち帰りました..。

f0057849_21545556.jpg


このギターは2004年くらいに大阪の専門店さんで直接 アメリカから新品で引いて貰い其の儘、上海へ持ち込み'82年製の320と並行してずっとライブで使って参りました。思えば10年以上なんですね〜? コフマンのアームだけ外してmodifyもせず...ジャックに少しガリが出てきた位で コンディションも良く しかし昨年のライブで気付かないうちにキャッツアイノブが一個、失われてしまいました..。

f0057849_2155149.jpg

帰国して、先ずコフマンのアームを再装着 10数年振りに...ん〜いい感じ^^

少しだけ覗く額の1963年撮影の写真中のジョンが抱えている1958年製の一本は、originalとしてこのC58の開発ベースとなったモデルです。

f0057849_8414683.jpg
ハンブルグで入手後比較的早い時期のショット。しかしこんな位置にアームがあってあのstyleで弾けたのか? あ" 場所は異なるがジョンのもノブ取れてます^^; これは最早持病かな?


ご存知ジョンの325は紆余曲折を経てバーンズのアルミノブ、ビグスビーのボウタイブリッジ、コフマンはビグスビーB5に換装される事に相成ります。いやらしいマニヤ的観点で更に重箱の隅をつつけばこのB5の大きなネジは"+"だ!

先に退役したヘフナーのクラブベースより先に此方を持ち帰ったのは、ちょっとやってみたい事があったから。まぁ本来ならCシリーズが発表された時がBEST!だったのでしょうけど、数年前にご縁あってモノホンの1958年製の325をお譲り頂いたので折角なので細部比較をしてみたい!

C58は本当に究極のリイッシューだったのか?

無論、'復刻'という意味では BやV59なんかとは比ではない出来であります。まぁそれでも現在そのC58自体も既に廃番となって久しいですが^^;


...と言う訳でその1958年製もコフマンに戻す作業をお願いしておりますので、手許に戻り次第取り組んでみたいと思います〜^^


by one_after909 | 2017-06-07 20:53 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 03月 08日

リッケンバッカーは自由だ!

f0057849_0501132.jpg

10代!

THE STRYPS の『ミステリーマン』や『ブルーカラージーン』に初めて触れた時の衝撃=自分の好きな音楽の'現代型'も相当だったが、彼女達の自由度も相当なものだ!リーガルリリーってグループらしい..


f0057849_0415151.jpg
MVでリッケンバッカーは登場しない。其処もいい!

...しかしライブではGrecoのリッケンモデルを掻き鳴らしてはるようだ。


ふと思い出した。バイオリンベースが欲しかった。大学時代 '1980年代前半の為替、当然HOFNERなんて買える訳がない。通学途中 梅田のナカイ楽器店の店頭に垂涎の思いで幾度となく立ち尽くしたあの頃、Grecoと迷った挙げ句に Fresherというメーカーのにした。単純に5万円台だった前者に比べ3万円台で安かったからだ。仕事を始め同僚に譲って貰った 多分彼女のと同じ Grecoのリッケンモデル。凄く嬉しかった。そしてフォステクスの4trカセットMTRで沢山自己満足曲をこさえた。


きみはおんがくを中途半端にやめた

きみはおんがくを中途半端に食べ残す



あたりまえながら人生のと或る一時期。一握りの方々を除き殆どの人がそうなのだ。それでいい...



50代

..今、自分はオヤヂになって真似っこバンドで再びギターを抱えて一生懸命やっている。其れなり以上の充足感もある。それは多分素人で享受し得る以上の経験なのだと感謝もしてる。...しかしふと宅録派だった自分がライブをやってる事が可笑しくもある。まぁ、中学の頃からのBヲタが夢見た事だからある意味叶ったと言って差し支えないのであろう。


おんがくよ人を生かせ

生かせ

生かせ

ニセモノのロックンロールさ、ぼくだけのロックンロールさ。




ホントなら彼女達の衝動にこそリッケンは相応しいのかも知れない、が!オヤヂもええやろう? そうだ、そうなんや!リッケンバッカーとはそんな存在なんや〜!…気管支をやられて点滴打って悶えてるのに思わず興奮してしまったわい^^;


by one_after909 | 2017-03-08 01:35 | GUITAR | Comments(0)