飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 08月 22日

I'm your☀️summer girl



このサックスの音。


曲も、涼しげな感じでいいなぁ。思わずクルマでリピートして聴いてしまう♪…そしてこの感じ、何処で聴いたんだろう? ん〜?


...しかし思い出せず居心地悪い-_- お気付きの方いらっしゃったら教えて下さい〜!


# by one_after909 | 2019-08-22 00:25 | 閑話休題 | Comments(0)
2019年 08月 18日

beautiful eyes

f0057849_20101878.jpg

お盆のお休みの間、帰省してた娘・息子も帰京し、また二人だけの生活が戻ってきた。

"二人だけの"...この空気感に慣れてしまってたから、結構なんて言うか? 人口密度的にも(笑)何か凄い違和感があって...勿論、楽しいんだけど...そんな訳で今年、自身は帰省しなかったので実家の両親と電話でそんなこと話してて笑い合いました^^


そんな訳で、解放された夕刻ちょっと走って参りました♪

ノンストップで折り返しルートで小一時間ほど走って、帰途に某駐車場にお邪魔して炭酸水で喉潤し一服しつつ眺めました。⬆︎のお目々出したこの角度の感じ...ええなぁ? このちょっと垂れた女性的な涼し気なアイラインは堪らん! 改めて近年のクルマでこれ程琴線に触れる造形はあろうか? との私見^^; ...そして何故か456Mのライトの話になるとimageはいつもLana Del Rey嬢^^

f0057849_23261312.jpg


と、夕暮れの蝉の合唱を聞きながら暫し独り、夏の残った欠片のひとときを愉しみました♪








# by one_after909 | 2019-08-18 20:22 | FERRARI | Comments(0)
2019年 08月 16日

唐変木蕎麦之會

f0057849_20204944.jpg

清滝の峠を越えた辺りには個人的に好きな蕎麦屋さんが多い。

 長年の'よしむら'さんに、此方の'山の神'さん。シンプルでお出汁のよく効いたお蕎麦、美味しい^^
f0057849_20202121.jpg

f0057849_20194199.jpg


あ〜満腹満足。

表題みたいな"會"も興味深し。 藁葺き屋根のお店さんもいいなぁ? 今度、丹波篠山行った時に行ってみたい^^




# by one_after909 | 2019-08-16 20:21 | 閑話休題 | Comments(0)
2019年 08月 15日

8/15

f0057849_22324268.jpg


台風前...

 しかし雲の流れが早い。。。

f0057849_22405645.jpg


12気筒と8気筒^^

 実は先日、最新型のん見に行った(中古)のですが、余りにも凄まじくアレに乗ってる自分の姿を全く想像出来ず...


まぁ、いつも相応しい感じの場所に赴いてカッコいい写真で気取ってられればいいのですが、現実は…翌日買い出しでこんなもんです^^; 帰省してきた娘・息子と暫し久々家族集結でした。なんか何する訳でもないけどありがたいですね? いい時間です♪

f0057849_1384823.jpg


話、全然違いますが京都のお漬物屋さんで頂いた水出しの緑茶が余りにも美味しかったので、なんとか家で飲めないもんか?って言ったら嫁さんが再現してくれました。家庭用の氷ではなく純氷用い濃い目のを淹れ...もう絶妙でした!

あゝ、これがいつも家で飲めれば幸せだ^^

f0057849_9431366.jpg


..夜になって風雨が強くなってきました。


# by one_after909 | 2019-08-15 22:41 | FERRARI | Comments(0)
2019年 08月 12日

da beijing...

f0057849_16272459.jpg

食べきれない...

 から包んで貰ってお持ち帰り^^


ず〜っと昔からある京橋の中華屋さん。ダイエーからイオンになって、ここも取り壊し(建て替え?)になる様です。30年以上前ですが、前職で此方のテナントさんに営業来てたのも懐かしい。。。

そしてクレープ屋さんとかドムドムとか、珈琲屋さん(今はもうない)とか...もう本当に懐かし過ぎますね^^


なくなるのは寂しいけど、はてさて? どんな再開発になるんでしょう?


# by one_after909 | 2019-08-12 16:31 | 閑話休題 | Comments(0)
2019年 08月 10日

真夏の報告会^^

f0057849_20405319.jpg

シンプルで佇まいの良い初期ROGER...


 これはいいですね〜^^? 近頃はこんな雰囲気のベーシックなのに凄く惹かれます♪

f0057849_20401818.jpg


防水のない我がRepeater。。。

 この季節は辛いものがございますが...^^; one and onlyですから(笑)

f0057849_20412032.jpg



お師匠様とワイン食堂にて...

More

# by one_after909 | 2019-08-10 20:53 | WINE? | Comments(0)
2019年 08月 10日

夏休みの工作

f0057849_172227100.jpg


さて、

今回の弦交換のタイミングで、以前目論んだオリジナルに近い姿に戻す...を敢行しようと決意! したものの、よく考えればこのコフマンはCのもの*アームのみがオリジナルの’58年製 で元々の当時のビス穴類は合いません。 model異なりますが詳細はコチラ...

標題の如しで、シコシコとやろうかな? とも思いましたがやはりここはプロにお任せしよう!と、Hofner Club Bassに続きアメ村へ...
f0057849_17345797.jpg


*accent vibrato → コフマン

*ブリッジ ボウタイ → ローラーブリッジ
*Cのもの

それぞれ交換、および

*ネックのクリーニング


をお願いしました。何度(10年以上前に2〜3度)か国内のライブで使用しましたが、常にリビングに置いて普段弾きで一番弄ってるギターである事は間違いありません。コフマンは邪魔で操作性とか取り回しは良くないと思います、でも当時のオリジナルの姿に戻るのは嬉しい限りです。

豪華版の365のCAPRIもありました。価値がありcollectibleではありましたが重く今ひとつ手に付かず其れこそソコソコのコンディションにも関わらずこの335の良さが長年実に肌にしっくり来ております。音も素晴らしいしね!

上がってくるのを楽しみに待つ事に致しましょう^^♪ よろしくお願いします。


# by one_after909 | 2019-08-10 17:27 | GUITAR | Comments(0)
2019年 08月 07日

the lost 1961 cavern bass....

f0057849_235015100.jpg


HOFNERのHPで、所謂CAVERN BASS捜索のキャンペーンが行われております。どう言う形にせよ見つかるといいですね^^

実物、写真でもいいから見てみたい!

…こと楽器に関しましては、最近なんとな〜く少しだけ解ってきたのですがコレクト用のものも勿論さることながら、何より長年 ライブ・演奏を共にした一本の愛着は何より格別!と言う事です。前記事の'82製 320はディテイル的にはマニアのそれではないが海外で17年、ライブのメインで使用し続けた思い出の重みは、コレクタブルな'58製 325の希少性とも個人的には…であります。

きっと年齢を經られたSir.も初期の活動の記憶と共に本当に戻ってきたら文面にあるように'幸せ'に違いない...と思います♪ 以下、email addのところ除き原文のままです。




The Campaign to Find Paul McCartney's Lost Bass

One of the most important musical instruments in the world vanished, it’s widely presumed to have been stolen at sometime after early 1969, and has never been seen since. What happened to it? Does it still exist? Where is it? The instrument is Paul McCartney's first bass guitar, a Höfner 500/1 model that he purchased in 1961.

Here is a short history of this bass and what happened:

In April 1961 The Beatles were back in Hamburg playing a 3-month residency at the Top Ten Club. The bass player, Stuart Sutcliffe, had just left the band and the job of playing bass was handed to Paul McCartney. Having no bass he went to a nearby music shop, Steinway Musikhaus, and purchased a Höfner 500/1 Violin Bass. (In fact, he ordered one since there were no left-hand models - his was the first-ever made.) This became his one and only bass up until October 1963 when Höfner produced another one for him, the one you see him play today.
The first bass was in need of repairs and so it was sent to a firm in London, early in 1964, who carried these out. They resprayed the bass a darker 3 part sunburst and fitted new knobs. Most significantly they custom made an unusual single pickup frame to hold both pickups. It was very distinctive, no other 500/1 bass looks like this.

After the repairs, the bass was used as the backup on tours but not often played. In 1969 The Beatles were at Twickenham Studios recording and filming. For these sessions, Paul used the bass on some songs. It can clearly be seen in the film. After this it vanished.

What happened? The problem is nobody knows. It seems very likely that someone stole the bass. To this day it has remained a mystery. There have been rumours over the years, but this is all they amount to: rumours.
Someone, somewhere, knows what happened to this bass and someone knows if it still exists and where it is now. This information is out there if only someone would provide it.

We strongly believe that it is time for this bass to return to its owner, Paul McCartney if it still exists. It is such an important instrument, we all deserve to see it again. This was THE bass you hear on all the Beatles recordings up until 1964. It's the one you hear on "She Loves You, "I Want to Hold Your Hand", it was played in Hamburg, at The Cavern Club, at Abbey Road, isn't that enough alone to get this bass back! I know, because I talked with him about it, that Paul would be so happy, thrilled if this bass could get back to him.

So we offer the following to anyone who can positively give information about the bass:

We would handle any information in total confidence.
We do not need to know your identity if you prefer.
We can collect the bass from anywhere.
Total anonymity.
No recriminations.
No question of the authorities being involved.

Please, is it not time to give this bass back? Or at the very least to tell us what happened to it? It should not remain lost forever.

If you have definite information (and can provide some proof of this) you can contact us by sending an email to a postbox set up especially for this matter.

email: thelostbass@hofner.com

Please do not send me or call me with your own conspiracy theories. These aren't going to help. Please do not waste our time.

(The short history above is just that. Please do not contact me about this.)

Nick Wass

Marketing Manager at Höfner GmbH & Co KG.

# by one_after909 | 2019-08-07 23:39 | GUITAR | Comments(0)
2019年 08月 04日

Shea stadium jaclet と '65 styled cap

f0057849_178536.jpg


ステージ衣装 ...いやコスプレ衣装か^^;?


確かこのジャケットに袖を通すのは6〜年振りの事ではなかろうか?


緊張の瞬間。。。


ほっ、なんとか釦は留まる様です。よかった(笑)



まぁ、正直昨年の11月でやりきった感・燃え尽き感みたいなものは確かにありましたが、懲りずに今も帰任したメンバーから新たなフォームで継続してる訳でして、まだ擦り合わせ段階ですがその2回目のライブが週末に予定されており、そのステージコスプレ衣装をクローゼットの奥の奥から...って次第でした^^

f0057849_12361157.jpg

年齢も50代後半に差し掛かり、ご本人達が20代の頃の全盛期に着用した衣装を着ても痛いばかり。。。なのですがね(笑)

ま、真夏のライブは暑いし、カチッとシャツにネクタイを締めてJK羽織ったイデタチより確かにエエです♪


f0057849_15504054.jpg

釦外してラフにShea stadiumスタイルで行くか?それともキチンとボタンを留めて帽子被って行くか?

さて、どんな夜になるでしょうか?


# by one_after909 | 2019-08-04 16:13 | Comments(0)
2019年 07月 29日

夕暮れ時

f0057849_20321182.jpg

6万kmも見えてきましたねぇ?


注目はそちらではなく90℃をちょっと超えたくらいの水温計。梅雨が明けたら一気に真夏の猛暑がやって参りましたが、そんな日中とは大きく異なり今日の夕刻は本当に気持ちいい秋の様な空が拡がっていて走っていても最高でした。

帰途、

7時くらいになりますと冷房もよく効きいい感じ。久し振りに、カルナバ蝋のシートでピカピカに磨き上げ...カルナバ蝋ってもう近頃はいいケミカル系ばかりで流行らんのかな^^;? 汗だくで作業終え、コイン洗車場で見惚れるの図。


ああ、相変わらず美しい(笑)
f0057849_2032855.jpg



# by one_after909 | 2019-07-29 20:58 | FERRARI | Comments(0)
2019年 07月 27日

🥂...at somebody's place

f0057849_1171497.jpg



はじめて^^


 例の如く、ソムリエさんにお味の好みをお伝えしてチョイスして貰う。1本目はまさにそのズバリ!な感じのナパのシャルドネで、2本目は木蘭の香りがとても官能的なワシントンのヴィオニエ…愉しませて頂きました

時の過ぎゆくのは誠、なんとかで...その重みみたいなものも改めて感じつつ




# by one_after909 | 2019-07-27 11:12 | etc...etc... | Comments(0)
2019年 07月 26日

灼熱! 真夏の12気筒ふたたび

f0057849_926327.jpg

兎に角 Cool down だ!!


1号線は封鎖されるのだろうから、なんとなく土佐堀通りを選んだ訳ですがこれが大誤算! 淀屋橋から天満橋の所迄、大渋滞!

昨日、梅雨明けし一気に夏日全開の気温の許の走行。渋滞に嵌ると水温は一気に100℃まで! クルマとカラダには相変わらず良くないですね? 思わず昨年の御仁との和歌山苦行僧行を思い出しました...。


でも、久し振りにステアリング握りますと、やはりいいもんですね^^

More

# by one_after909 | 2019-07-26 09:38 | FERRARI | Comments(0)
2019年 07月 26日

tenjin matsuri festival✨

f0057849_0404010.jpg


天神祭り。。。

 今年はタイミング良かったのでお呼ばれして参りました^^

f0057849_0413160.jpg

しっかし凄い人出だ...

f0057849_973981.jpg

さて、来たはエエけど帰りはどうする^^;


人波が少し引いて、道路封鎖が解ける頃合いを待ってお暇(いとま)しましたがタクシー捕まる気配は全くNOTHING-_-

仕方ないので京橋の駅まで歩きました。暑かったしAlcholも入ってたので…でしたが、お昼間といいよく汗かいた1日でした。

f0057849_0415660.jpg

ドッカ〜ン!


とてもいいひととき、ありがとうございました^^



# by one_after909 | 2019-07-26 00:48 | etc...etc... | Comments(0)
2019年 07月 24日

忍冬...

f0057849_23415025.jpg


そんなドライブのお供で嵌ったのは...

 懐かしい'90年代のサントラ盤でした♪




老詩人の跳舞のシーンで掛かってたこの曲。CARLOS GARDEL MADRESELVA ...ジャンル的にはタンゴになるんかぁ?

僕の当時の日本盤のライナーノーツには"つたかずら"(蔦葛)の邦題が付いていました。

そしてこの曲以外のスコアで印象的な音色が聴けるバンドネオン...

今のバンドでもギター掻き鳴らしながら十何年経っても一向に上達しない下手っぴいな演奏を繰り広げてる訳だが、こんな楽器を感情が溢れでる侭に自然と奏でられればええな〜? と思ったりします^^;

f0057849_19413425.jpg



行ったことないけど映画の舞台のプローチダ島も美しいです。が、淡路島もエエとこ^^♪ 天気は今ひとつでしたが...


# by one_after909 | 2019-07-24 00:08 | 閑話休題 | Comments(0)
2019年 07月 21日

I GIRSOLI...

f0057849_21205275.jpg


お天気は生憎でしたが...

 海辺の向日葵が美しく、とてもいい週末でした♪

f0057849_21205712.jpg


残念ながらクルマなので飲めません。海眺めながらノンアルでぷはぁぁ...

f0057849_21304132.jpg

旧友にも会えました^0^


More

# by one_after909 | 2019-07-21 21:36 | 閑話休題 | Comments(0)
2019年 07月 20日

50 jahre

f0057849_15273147.png


本屋さんで雑誌コーナー眺めておりましたら、91450周年特集のものがありました。


そうか... 50周年なのか? そりゃあお目出度いね^^


f0057849_1662830.jpg


自分の少ない経験の中ではありますが、運転してこんな楽しい車もないですね? 屋根を外せばオープンになるタルガトップ、ミッドシップ搭載のVW4気筒エンジン、...そしてそれ故の抜群の安定感を誇る乗り心地♪


こんな話題に触れますと、ちょっと恋しくなりますね〜? 引き続きよろしくお願いいたします<(_ _)> あ! もイッコ方もね〜^0^

f0057849_1621236.jpg

本屋さんでは一旦持ち堪えたのですが、結局買ってしまった。...雑誌も大量断捨離したのに^^;






# by one_after909 | 2019-07-20 15:56 | PORSCHE 912 | Comments(0)
2019年 07月 03日

オリジナルの構造と強度…

f0057849_18392327.jpg

'58年製のRickenbacker 325


f0057849_184159.jpg


"Kauffman"


前々から、この部分の問題フルテンションで弦を張ると強度的に問題がある旨を伺っておりましたが、具体的に何処がどうなのか?正直判っておりませんでした。dubaiさんよりご教授いただきようやく理解出来ました^^;

要は...
f0057849_1885992.jpg


ちょっと見難いですが、← →の部分です。

プレート側の穴は本来、ストラップピンを兼ねた螺子で4隅のネジを補助する形でプレートを押さえなければならない = 螺子頭より少し小径でなければならない のがナント!逆に少し大きく押さえになっていない!と言う構造なのです!

←プレート穴径 → ←螺子頭径→


斜めから見るとよくわかります。
f0057849_1884015.jpg


ホームセンターで何か適当なワッシャーを買って押さえが効くように対応が必要!

...って事ですね?


因みに後年のコフマン(左)のプレートは穴の径もきっちり改善されております。但し大きさ/形状は大きく異なってしまっておりますが...機能優先ってところでしょうか^^;? 故にリプレイスは残念ながら不可であります。
f0057849_1885670.jpg



早速、ワッシャー買いに行くとしましょう〜♪


# by one_after909 | 2019-07-03 18:26 | GUITAR | Comments(0)
2019年 06月 19日

この手のに反応、もえる。

f0057849_10101365.jpg

信号待ちしてて動き出す...


停まってる間、対向車線のマンダリン色の車の小さく低いシルエットに反応しました。  …ん〜なんだろう?


そしてすれ違う
f0057849_10222254.jpg

FIATX1/9でした^^

嗚呼いいなぁ〜?この手のカクカクしたの、堪りません。

f0057849_1025355.jpg

当時の914との比較広告がありますが、(VW)PORSCHEとしてはリーズナブルだったとは言え其れよりも更に25%程もお安いお値段である事をアピールしてますね♪


まだ梅雨入り前の大阪はG20のなんやかんやで忙しないですヘリも煩い^^;
f0057849_21421096.jpg



# by one_after909 | 2019-06-19 10:30 | PORSCHE 912 | Comments(0)
2019年 06月 13日

Farewell partyにて...

f0057849_0111097.jpg

網膜剥離の緊急手術でピアニストNちゃんが前日アウト!!

自分は自分でトラブルに見舞われサ行が上手く発音出来ない諸見里くん状態*ごめんなさい<(_ _;)>に陥り超大ピンチ! そんな直前の災難に見舞われはしましたが...


ギタリスト/ドラマーが変わった上海贋ビートルズの再出発のライブは、10年の長きに渡ってお世話になった活動拠点のオーナーご夫妻の送別会パーティでの演奏でありました。

f0057849_0165155.jpg


長い間、本当にお世話になり有難う御座いました。ホント、場さえ与えてくれればMinnesota公演喜んで参りまっせ〜!発音ご容赦願えればね^^(笑)


More

# by one_after909 | 2019-06-13 01:19 | GUITAR | Comments(0)
2019年 06月 02日

お久し振りの時計ブログ^^

f0057849_9353251.jpg


大和三山...耳成山の向こうに夕日が沈む。


f0057849_9371561.jpg


平日の喧騒からたとえ暫しでも離れられる稀有なる...心地良き時間。3月四国以来の...



continuing story of >>>>>

# by one_after909 | 2019-06-02 09:43 | 閑話休題 | Comments(0)
2019年 05月 26日

再始動と再発見

f0057849_12161880.jpg

長年のパートナーを提げて3月以来のスタジオ入り致しました。


贋BEATLES、何度目かの再始動!

19曲を初合わせしました。まぁ、声とか100%の演奏コピーなんて出来っこないから、演奏的に"なんとかビートルズに聞こえる"を最低目標に掲げ85%くらいでやってますが、さてはて今回の布陣はどう言った音が紡ぎ出されるでしょうか^^

...しかし、

昨年8月の前フォームのスピンオフユニットの'acoustics'でピアノ入りでやったのを今回からは満を持して女史をレギュラーとして迎え入れ、初の練習*ベースレスでしたが...と相成りました。通常の有名な所謂ピアノ曲は贋Pが弾くのでそれ以外の意外に盲点な初期曲なんかが余りにも嵌ったので吃驚でした!

f0057849_21142971.jpg
'66年迄の所謂ライブイヤーズ。

当時の4人編成のライブではごく一部、'65年UK ツアーの"We Can Work It Out""Yeaterday"そして翌年まで続く"I'm Down"を除き、当然ギターだけのアレンジですが幾らマニアがライブバージョンはこうだから!とか言い張っても明らかにピアノ入ってた方がいいし、レコードみたいで新鮮至極!この路線は今後大いに期待だなぁ...とこの編成でのバンドの新たな方向性をも感じました♪

そうそう!

# by one_after909 | 2019-05-26 21:49 | Comments(0)
2019年 05月 23日

近頃気になるクルマ

f0057849_1483462.jpg
なんて名前か知りませんが...近頃よく見掛けるコレ。

グリーンのグラデーションのナンバープレートからするとこれは電気自動車ですね? なかなかに整合性もあって新鮮な感じでマツダのSUVラインにもいい対抗馬になりそうなデザインだと思います。しかし中国の車も変わったな〜♪

f0057849_1417960.jpg


今日の上海はover 35℃でした...もう真夏の様な気温ですね〜? つい先日連休の頃まで真冬の様に寒かったのに! ..しかし嗚呼、先日届いたばかりのTraveller's の箱みたいな気の利いたボストンでゆっくり旅に出たいものやなぁ。。。

とか搭乗前の関空でボ〜っと外眺めてて思いました。
f0057849_14474949.jpg


# by one_after909 | 2019-05-23 23:58 | 閑話休題 | Comments(0)
2019年 05月 22日

エジプトステーション: トラベラーズ・エディションの秘密

f0057849_0152050.jpg


全容を顕したLUXURY BOX SET

久し振りの全米#1獲得、そして久し振りに聴き込んだアルバムだったから個人的にもいい記念の御品達になりそうです♪

開けてみましょう。。。

f0057849_0162346.jpg


なにやら国内仕様盤の発送アナウンスが27/28日とありましたから、詳細はまた改めて...




# by one_after909 | 2019-05-22 20:44 | Comments(0)
2019年 05月 21日

Egypt Station: Traveller's Edition

f0057849_1946222.jpg


遂に届く!

f0057849_19454047.jpg
*Shipping Mark...パッキンにケース番号=限定ナンバーに該当するのか?が記載されている。

...しかし物品で、ひさびさに届くのワクワク心待ちにしたブツやったな((((^▽^))))? ...だいぶ毒は抜けた様ではあるが其の実まだまだなんかもな(笑) どれ?ではでは早速開梱してみましょか♪


おっと!その前に。。。


continuing story of >>>>>

# by one_after909 | 2019-05-21 19:46 | THE BEATLES | Comments(0)
2019年 05月 20日

日曜日の...

f0057849_1005248.jpg
風にそよぐlavender...


咲き誇る薔薇園のバラ達は魅惑的で美しいけど、どっちかって言うと地味な方へ目が行く性分(たち)の様です。

f0057849_1024873.jpg


暮れる間際の海。霞む遠景に目を細め何想ふや
(=_=)

f0057849_1053072.jpg


continuing story of >>>>

# by one_after909 | 2019-05-20 10:18 | 閑話休題 | Comments(0)
2019年 05月 18日

it won't be long, yeah! yeah! yeah!

f0057849_15393038.jpg

Traveller's

昨日、遂に遥々大阪まで来た様です。もうすぐ着荷でしょうかね? 久し振りにギターでも手に取って待つと致しましょう^^



f0057849_173952.jpg




continuing story of >>>>

# by one_after909 | 2019-05-18 16:08 | THE BEATLES | Comments(0)
2019年 05月 17日

Anchor...謎解明す。

f0057849_1150158.jpg


昔っから気になってたRINGOのバスドラの下に付いてるパーツ。


f0057849_1212268.jpg

結局コレは何やったんや?な素朴な疑問の許、今の世の中まこと便利なものでありまして検索したら出て参りました。しかも凄く詳しく解説されたページもあったりして意外に簡単に判明致しました。結果これはバスドラムアンカーなる物でありました。

Walberg & Auge model #1304

f0057849_10164229.jpg


continuing story of >>>

# by one_after909 | 2019-05-17 12:18 | GUITAR | Comments(0)
2019年 05月 16日

本日のおすすめ

f0057849_18331456.jpg

間奏が"Summer Means New Love"^^


洋楽・邦楽問わず愛に溢れた選曲。圧倒的な歌唱と演奏。

『還暦少年』と言う身近なタイトル。"Windy"にあの頃と同じ感覚を覚えた。

なにより...30年が経って昔、その当時叶わなかった景色がそこにあって、同じ歌声が添えられている。


...これはワイン食堂のママさんに相談に行かねばな(笑)





# by one_after909 | 2019-05-16 18:44 | 閑話休題 | Comments(0)
2019年 05月 15日

on the way...まだまだ先やな^^;?

f0057849_11123935.jpg


あれから時折り追跡を楽しみつつ。経過などを...

ブツはまだイリノイ州のElk Grove Villageにある模様。輸出待ち...の状態ですね?仮に航空貨物扱いで通関が既に切れてたら明後日くらいの便に乗って週末日本へ。 週明け通関で次週中頃の配送って感じかな〜?そう考えれば国内盤仕様の24日頃と言うアナウンスは一度どこかの倉庫で一手間作業があったとしてもまぁいい読みなのでしょう。。。ま、自分のは海外仕様ですからね、関係ないですが^^

しかしこれって関税とかなんとか徴収されるんやろか? ...そうなったら折角の1万円くらいの差額は。。。やな-_-?

ま、それはいいとして音の方はと申しますと...

f0057849_11481414.jpg

既にDL出来たハイレゾ音源からライブテイクを除いて、Who Caresを新しいバージョンに差し替えました。これが続く同様にPOPなFuh Youとの絶妙なクッションとなり元々想定されてたかの如き嵌り具合でいい感じ! そして自分購入のオリジナル(I)は国内盤でした故 Get StartedNothing For Freeは既にあるものとして新曲2曲とGet Enoughを最後に加えコンプリート・スタジオトラックスとして再びガンガン楽しんでます^^

Egypt Station I & II Complete Studio Tracks

01. Opening Station
02. I Don't Know
03. Come On To Me
04. Happy With You
05. Who Cares (Full Length)
06. Fuh You
07. Confidante
08. People Want Peace
09. Hand In Hand
10. Dominoes
11. Back In Brazil
12. Do It Now
13. Caesar Rock
14. Despite Repeated Warnings
15. Station II
16. Hunt You Down/Naked/Clink
17. Get Started
18. Nothing For Free
19. Frank Sinatra's Party
20. Sixty Second Street
21. Get Enough



# by one_after909 | 2019-05-15 11:37 | THE BEATLES | Comments(0)
2019年 05月 12日

日本、しかも大阪でもう一本!?

f0057849_1893856.jpg

淀屋橋の芝川ビル。


1927年に建てられたこの古く趣きのある雰囲気に溢れた場所に、一軒の時計屋さんが入っている。*上の画像は時計屋さんではなく雑貨・お洋服のセレクトショップです。

個人的時計趣味はもう嘗てとは完全に様相を変え、ちょっと明後日(あさって)の方向へ行ってしまってて^^;...な今日この頃。

此方様もHPの記述拝読させて頂き、相当な拘りを窺い知る事が出来そのお言葉『完成度の高さ、そして美しさを求めておりますので、ただ単に乗せ換えれば良いと言うのでは意味がありません...』と言う記述からも、この手のコンバートウォッチにありがちな"違和感"を感じさせないバランス・仕上げにお応え戴けるに違いない!と、恐る恐る扉を開けさせて頂きました..。趣きの良いアンティークの陳列棚に懐中時計が沢山並んだ狭い店内、そしてその奥の方には機械と作業スペースが。..垂涎の空間だ。

残念ながら作業でご多忙そうなご主人には終ぞお声掛けする事が出来ず仕舞いでしたが、暫しあれこれ眺めさせて戴き久し振りに幸せな気持ちを少し思い出しましたまた改めまして宜しくお願いいたします。^^♪ 

f0057849_18491689.jpg

洒落たセレクトショップがたくさん入ってます。..自分のじゃないけどね、一緒に覗いて。。。夏の様な紫外線の下、北浜〜中之島辺りを散策しました、とても穏やかないい日曜日でした。*唯一、お昼の蕎麦だけは粉っぽかったな^^;?


公会堂にて...

More

# by one_after909 | 2019-05-12 18:26 | 閑話休題 | Comments(0)