飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 27日

シリアル。。。

機械の仕様や特徴を見て判断出来ればそれに越した事はありませんが、残念ながらそんな眼力は持ち合わせて居りません。。。

もしこのムーブメントがPATEK製だと仮定すると、特定するキーワード(数字)は2つ!

ひとつは文字盤表記が Tiffany Reed & Co. でありますこと。
(*ネット上の記述より...

Tiffany Reed & Co , Paris and Geneva . Tiffany Reed & Co opened at 79 Rue de Richelieu after forming a partnership with G.F.T Reed in 1850 and by 1853 Charles Louis Tiffany had renamed the store Tiffany and Co , so I can safely date this movement to within three years


ティファニー・リードは1850年から1853年のたった3年間のみの存在...と謂う事に為りますね? そして2つ目の数字=シリアルがこの間のもので有れば信憑性は更に高まります。しかし1800年代のシリアルを手繰るなんて初めての事...。

文字盤側の機械面に彫って有る数字は2種類。

"2178"

"10000"

シリアル表を手繰りますと...仮に2178だと致しますと1200 〜 3739間は 1845 - 1850年間製造と謂う事に相成りますか? う〜ん。。。どうでしょう?微妙。まぁ考えられない事はない...って感じでしょうか*ムーブの製造と販売時期が即、直結する訳ではありませんゆえ? 10000だともう全然...でありますね?

...しかしなにか考古学的紐解きで楽しいモンです♪

なんとなく好きなPATEK製と相成りますれば殊更、嬉しくもありますし(^ー^)♪
シリアル。。。_f0057849_1841596.jpg

シリアル。。。_f0057849_182438.jpg

綺麗に焼かれた文字盤の裏。そして手描きのPP印...。僕のは中心が剥がれております(こんな品質有り?...それとも後年に剥がれた?)。微妙。。。


さて真相や如何に(^o^)?

by one_after909 | 2012-04-27 19:11 | ORIGINAL WATCH | Comments(0)


<< kobe...旧居留地あたり      Água de beber >>