飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 16日

some other guys at "CAVERN"

ロンドンを出る頃から苛まれていた偏頭痛。。。


時差ボケ由来の睡眠不足、そして何よりリバプールの"気"にもあてられたのか?到着以来、少々高揚気味だった事も相俟ってどうも余り調子は宜しくない...。駅から大凡10分程の距離にあるホテル*これは後程、詳細に記す事としよう...。に先ずは何はともあれチェックイン。部屋に入るや否やキングサイズのベッドに崩れ込む。...暫し踞ってはいたが30分後の待ち合わせも有ったのでロビーに降りて待ち合わせの後、先ず立ち寄りましたのは此処!そう。。。

THE CAVERN
f0057849_13151425.jpg


ご存知!デビュー前後のビートルズのライブ本拠地。此処で彼等は300回近くライブステージをこなし*ハンブルグでの日々と共にライブ演奏力を鍛えていったのである。

現在のこの場所は'70年代の地下鉄工事の為、閉鎖になった元の場所より少しだけ離れた所へ移設(再現)されている。
(*余談だが大学の頃、その取り壊しになったオリジナル・キャバーンの煉瓦が証明プレート付きで数千円〜一万円程でシネクラブとかで販売されて、『何でも商売にするんやな?』と呆れ返ったモノであったが其の煉瓦も今や。。。である。まったく恐ろしい(-_-;)。

f0057849_13255731.jpg






因みに ☞ が元の場所。今の場所から数十メートルしか離れてない。




..まぁ、何はともあれ諌む気持ちを抑え階段を下ってゆくと。。。

f0057849_13341151.jpg


"CAVERN"

もともとはLe Caveauと言うパリのJazz クラブを模して其の昔ワインセラーだった場所(*戦時中は防空壕としても使用)を改装して造られたクラブ(其の模倣)。アーチ状の柱で間仕切りされたステージ前のスペースは想像通り余り広くない全体的にはソコソコ広いが...。しかし此処(元の場所)には一体どんなワインが貯蔵されてたんだろう?..とか今、全然関係ない事を妄想したりしてる自分。此処の場所柄、地元消費用としてそう高級な銘柄が貯蔵されてたとは考え難いが、港町リバプール!もしかしたら水揚げされたフランスとかイタリアとかから来たヤツを全国販売用に一時貯蔵してたのかも?...いや。フランスからだったらわざわざリバプールに着く筈もない?
f0057849_1341683.jpg

ステージではアコギを掻き鳴らしつつおっさんのシンガーがドスの効いた声で BEATLESナンバーを独り歌ってる。...しかしヤケにギターの音響がジャリジャリとハイトーンで耳障りで煩い。

...『おい!この甚幸な一時の いまそんな事(ワインの事)を考えんでもええやろう?』 と自嘲しつつ、タイミング良く差し出してくれたhalf/halfを半分程ぐいぐいと飲んだら、アルコールも手伝ってか?目眩がして僕は其の侭この場に踞ってしまった!
f0057849_13585393.jpg






f0057849_1431732.jpg

其れは瞬間だったのか?結構、時間が経過したのか?不明の侭、僕は目を覚ました。。。
f0057849_1456966.jpg

いつの間にかバンドも交代してたのか?若いバンドと思しき面々が嬉々と演奏をしていた。虚ろな頭で『..ああ、コレ (cat call)ね?若いのにマニアだなぁ。。。感心!』と、インストの曲に耳を傾ける。場所柄に因る天然の残響感だけでリバーブの類いは一切掛ってないスッケラカンだがある種重い音の固まりが心地よく懐かしいひびきを醸し出してる。併せてこのバンドのファンなのだろうか?客層も随分変わって。。。と言うか?ロンドンからこの街に遣って来て先ず感じた往く人々の服装の野暮ったさ、ロンドンの雑踏の中でも思わず参考にしたくなる様な時折りすれ違う人達の洗練された着こなし..からはほど遠い、其れをさらに鈍重にした感じの客層。若いのに。。。しかも女子率多し(笑)
f0057849_14294022.jpg

冬なのにもわっとした熱気と 経験した事のない只ならぬこの雰囲気。アーチをくぐった脇の方では地べた座りのお嬢さん達。"???"

英語はそう達者ではないが、更に彼女らが発してる"英語"は聞き取れない!こ、これが所謂リバポー訛りってヤツなのか(@-@;)???
f0057849_15264558.jpg

聞き覚えの有る声がカウントを取る!『one, two, three, four!!』振り返ったその時、半分程Beerの残った使い捨てのプラスティックコップを持った手が滑り、カメラキャップと一緒に地面に!!液体は飛び散り、キャップはからからと音を立て転がる。其の瞬間、何処かくぐもったモノトーンで一種異様な景色は一瞬で総天然色に!

f0057849_1546419.jpg


ステージでオヤヂが歌い始めたのは"I saw her standing there"。熱気に溢れた満杯の若いお客さん達は消え失せ、疎らな軽装な年配客が飲み物片手にステージを見つめる景色が拡がる。そして今回、旅を共にした一流商社マン氏が向こうから手を振ったので僕も応えた。。。
f0057849_15543013.jpg


はて? あの風景はいったい何だったのか? ...夢か現か?既視感(デジャヴ)..とは少し意味を別とするのかも知れないが..症状はこの旅を通して続く事と相成るのである。。。





*youtube貼れませんので。。。もし再生不可なら帰国してまた遣り(構成し)直します。すみません<(_ _)>

by one_after909 | 2012-10-16 16:07 | 旅に出よう♪ | Comments(0)


<< let me take you...      D7 sus4! >>