飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 28日

verona Ⅰ

f0057849_21392948.jpg


ミレーの晩鐘やらのimageな風景ながら、初夏のこちらその描かれた敬虔なフランスの風情とは異なりは肥沃に実った収穫前の広大な麦畑。


遥か遠くに雪を冠したアルプス山脈を臨みながら高速道路をひたすら北東へ走ると...










f0057849_22513010.jpg


やがて到着した街は石造りのアーチが静かに出迎えてくれる。古えの佇まいに溢れて居り其の雰囲気に魅入られるのにそう時間は掛らなかった。 


f0057849_22272510.jpg


気温は20℃前半、湿度が少なく非常に心地よい..。


f0057849_2328263.jpg


じっとりと纏わりつく様なAsiaの逸れとは明らかに異質な空気感...さらりと上質な絹のベェルを纏った様な...を肌から感じつつ散策の歩を進めれば、午後8時を過ぎても暮れきらないそんな非日常感も手伝ってなのか?風景の色んな表情に触れる度に益々この街の佇まいに魅入られるのであった。 *更に正直に付け加えればショウウィンドウに並んだ堪らない仕立ての品々の数々も手伝って^^;
f0057849_20103017.jpg

              この年号はどう読むのだろうか? いずれにせよ相当年が経過してる事は疑いないのであろうけど...


街の広場には異(畏)骸を晒す前時代の遺構が静かに鎮座している。。。そしてこのアレーナは特に翌日 大きな意味を持つ事と相成るのだ!
f0057849_23121833.jpg



さて 明日、また改めて散策することとしよう♪

by one_after909 | 2013-06-28 21:57 | 旅に出よう♪ | Comments(0)


<< verona Ⅱ      here, I am... >>