飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 01月 19日

Frankie Valli & The Four Seasons 初来日公演

Frankie Valli & The Four Seasons 初来日公演_f0057849_15445814.jpg

日比谷公会堂

とても趣のある..こじんまりした会場。'60年代~'70年代を通して全米#1をソロ/グループで7曲も発表したアーティストの?と感じました..。
...しかし後程、この小規模な会場を包んだ素晴しい雰囲気は忘れ得ぬ感動に変わった事を最初に付け加えておきましょう(T0T)
Frankie Valli & The Four Seasons 初来日公演_f0057849_15594095.jpg
ticketは普通にオンラインで購入したS席。1F 中程少し後方の右の端っこ!..って席でした(-_-*) ..ライブ中は写真撮影は不可でしたので絵はありません。
Frankie Valli & The Four Seasons 初来日公演_f0057849_1751056.jpg







..僕が嵌ったキッカケは1985年。

アメリカで結成25周年記念の一大プロモーションが行われてて偶々滞在時にTVで往年の映像を初めて見た事でした。そして其のバックに流れてた"Sherry"の昂揚するファルセットが米国での夏の日々の気分にとてもマッチしてたから^^♪ ..そして帰国してほどなく蒐集が始まりましたが運悪く当時、カタログは悉く廃盤で中古レコードも恐ろしく高価で辛かった想い出が蘇ります..。最初に入手したのは『GOLDEN HITS of the 4 SEASONS』と言うベスト盤LPでした。
Frankie Valli & The Four Seasons 初来日公演_f0057849_16364748.jpg

何処かの百貨店の催事のレコードフェアでコンディションそこそこの..まだ大学生にも現実的だった価格で買えた最廉価のがコレだったんです。もうそれは擦り切れる程、聴きました。胸躍る様な珠玉の曲の数々に"もっと聴きたい!"な欲求にレコード屋さん巡りの新たな捜索対象に加わりました。その少し前にディスコで流行ったBOYS TOWN GANGの"君の瞳に恋してる"がこの人がオリジナルだと知った事、そして其の素晴しいオリジナルバージョンを初めて聴いた時の感動!...フランキーヴァリの声と言うのは日本で言えば松任谷由実さんと共通する、一度聴いたら忘れない惹き付けられるone and onlyな...決してベストの声質/シンガーではない(失礼<(_ _)>)とは思うのですが、琴線に触れる何かが確実に存在する。そんな歌声だと思うんです。

そしてなにより楽曲の素晴しさ!

これに尽きます。オリジナルは勿論の事、他人の曲も独特の雰囲気で聴かせる..。


..あかん!
こんなペースで書いてたら、いつもの如くとてもコンサートレビュー迄辿り着かん(-_-;)!しかしひとつだけ。。。ライブで曲を聴いてじんわり涙が込み上げて来る感覚はSir.そしてビーチボーイズの比ではなかった。とだけ記しておきましょう。待ち焦がれて歳を取った我々日本の観衆は変な表現だが"熱狂的に暖かかった"。恐らく平均年齢は4~50代くらいではなかろうか?其の大勢は遠慮がちで恥じらいのあるそんな我々の繰り出す精一杯の鳴り止まない大きな拍手と歓声に何度も腕を広げ享受する間もなく80歳になる御大。若いメンバーのパフォーマンス力(そして楽しかった日本語を交えた自己紹介^^)、生のブラス隊(5人の日本人現地隊含む!)とバンドの力強さ!

最高のコンサートをまたひとつ体験出来ました^^





つづく。。。かな(^_^;)>?

by one_after909 | 2014-01-19 16:27 | etc...etc... | Comments(0)


<< economy class な...      my eyes adored ... >>