飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 06月 07日

スワッピング♥

f0057849_16171083.jpg
narrow porsche 911 & 912 今日はその運転/ドライブの愉しさを再認識した1日でもありました..。


'912'というmodelはご存知の通り長年 "廉価版"のレッテルを貼られて*事実其の通りなのですが^^;久しいですが、近頃の色んな記事/コメントを拝見しますと どうやら911の呪縛から解放され独立したmodelとして復権した感もあり嬉しい限りであります..。*親(オーナー)バカ的願望も含むw

それでは其のドライビングプレジャーとは一体何なのでしょうか?

事あるごとに呪文の如く繰り返し語られる文言...

動力性能は911に及ばなかったがエンジンが軽量であったため重量配分は911よりも良好であり、そのために操縦性に関してはむしろ優れていたと言われている。*wikipediaより


..マヂか? ほんまにそうなんか?









f0057849_7543119.jpg

...narrow 911のステアリングを握る! ..そして霞さんからも912の印象を伺う事も出きました。


❶動力性能は911に及ばなかった..

これは歴然です! 勿論、排気量の差もありますがトルクの太さが全く別次元です。我が912はボアアップされて居りノーマル車より若干馬力はあるとは思いますが、911のアクセルを少し開くその圧倒的精密機器感が醸す豊かで瞬発的なレスポンスは体感的なものに加えタコメーターの針にもよく顕れていました!それは公称30〜60馬力程の数字的な差*高性能のSは除く 以上に明らかに感じます。

❷操縦性に関してはむしろ優れていた..

..果たして本当にそうなのか? 確かに912の後で911のステアリングを握ると圧倒的に*接地感がどっしりと感じられ、これは即ち単純に重量の差995kg と1095kg=100kgの違いに他ならないのでしょう。しかもこれがほぼリアに集中している*フロントの重しはあれど..のだから、こと"重量配分は911よりも良好"というくだりは強ち間違ってはいない! しかしこの当時、この最新鋭の高性能発動機を搭載する事を前提に開発された356より進化したボディ/シャーシは当然そんな事など計算/昇華の上だろうから、total的にあのパワーと自重を高剛性ボディは見事に吸収している=前述の*接地感=と思うし、これこそが我々日本人が呼ぶthe "NARROW PORSCHE"に他ならず、ハイパフォーマンスな特性は唯我独尊でこれを手懐けるドライビングの愉しみは明白です! 一般道でそんな"ストイックにコーナーを攻める!"的な運転ではありませんでしたが、この4気筒オーナーが911を普通に運転する限り大袈裟にリアが振られるとかそんなネガティブさを感じる事は当然ながら一切ありませんでした。


911の感覚でコーナーに入(操舵をす)れば、気持ち早めに頭が曲がりますね? これは興味深いです。。。』

911オーナーの霞さんが 短い時間でしたが912とのスワッピング走行を終えられた後に零されたご感想です。なるほどぉ...きっと全てここに尽き凝縮されているのではないでしょうか? EGが軽いが故に偶然 ..いやこれも計算の上? 手に入れる事が出来た軽快感?..とでも申しましょうか? 確かに山道のワインディング走ってると楽しいですからね〜^^

f0057849_9233567.jpg


再び912の運転席に座ってアクセルを踏めば...か細いVDO製のウッドステアリングの繊細な感じも手伝ってか? 911と比べ"線が細い"と思い知る。霞さんのご表現をお借りすれば、それは凄く女性的なしなやかさだ! しかし更に踏み込めば一変した様に野太さも覗かせる..そう!芯は強い女性なのだ!
公表90hp..ボアアップしてるから恐らく100hpくらいだろうか? けたたましく回るFLAT4は、実速度と体感速度の差が大きく、実はあんまり出てないのに物凄くアクセルを踏む昂揚感がある事を付け加えておきましょう^^♪ ..これは公道において車を楽しむには凄くメリットがあると思うし何事も適度を由とすべき宗にはモッテコイ!な選択だと思います。


...トンネルに分け入ると、先に入った6気筒の金属音が轟く中、我が4気筒のsoundが混じり合う感じがオープン故に余計に痺れました。。。

まだまだつづく。。。

by one_after909 | 2015-06-07 00:06 | PORSCHE 912 | Comments(2)
Commented by at 2015-06-07 18:06 x
お疲れさまでした!
2度の翻意が幸いしましたね。気温の低さが空冷エンジンにベストマッチ! 人出の少なさもええ感じでした!
911とは全く異なる912の肌触りを楽しませていただきました!(男っぽい911に対して912は女の柔肌って感じかなw)
次のtouring楽しみにしています。
Commented by one_after909 at 2015-06-07 21:07
霞さん 昨日はありがとうございました!
ホント!6月にしてあの気温はまさに空冷には最高でした(ルート/曽爾高原の空気..ともに最高!)^^♪

おっと!"女の柔肌"な912!流石のご表現!頂きます<(_ _)>^^

そして911の男っぽさ...トンネルでのとある瞬間(後程)も心地よい体験でした!また次のtouringも心待ちに致しております...もう秋口。。。でしょうか?よろしくお願い致します。。。(超ご多忙の中..どうかご自愛のほどを...)


<< 曽爾高原      はじまりは雨... >>