飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 04月 02日

#771 at NISHITANABE

#771 at NISHITANABE_f0057849_719964.jpg


野菜室からセラーへ...

更に数年間、熟成を重ねたbottle #771はあの特徴的な林檎の蜜の部分をより凝縮した様な濃厚で甘いcidreの如く変貌を遂げていました。






#771 at NISHITANABE_f0057849_7273584.jpg#771 at NISHITANABE_f0057849_7261497.jpg
GiraudさんのBlanc de Blancs '02...

その余りの美味しさに魅了され、思わず買い込んでしまったあの時の鮮烈な記憶。先日、同年のSALON '02に感服し比較の意もありチョイスしました。

Fおおお師匠様より『..ちょっと液面が下がってるね?』とご指摘を受ける。コレがその原因の一端でしょうか? 数年前に感動した完璧なる調和。お年頃の内気な甘い蜜が 恥じらいに透き通る様な滑らかな絹のベール纏い爽やかに舌の上で踊っていた感覚が..少し年齢を重ねたその蜜の部分が一糸まとわぬpheromone溢れる肢体を武器に迫ってくる感じ。そう!強烈な熟成した甘さが先ず襲ってくるのだ!


#771 at NISHITANABE_f0057849_8281540.jpg




'perfect harmony' ..そう書いた調和のグラフが少しだけ歪んだ感じ。かわらずとても美味しいのだが...

きっと保管の状況もあるのだろう、コルクも極端に短いし..。それか男は8の倍数の年に体が変化してゆくらしいから、自分自身の味覚の好みの様なモノ自体が3年前より更にあっさりとした感じを求める様に相成った結果なのかも?...って、おい?其れって更なる感覚の老化ってヤツちゃうんか^^;

..という事で、前置きが長くなってしまいましたが(これも老化の一端か(-_-;)?)、昨夜はFおおお師匠様のお膝元の西田辺にての悦楽のオヤヂ4人宴で御座いました^^

#771 at NISHITANABE_f0057849_755403.jpgつづく...
タグ:

by one_after909 | 2016-04-02 08:02 | WINE? | Comments(0)


<< 自分なら...      this quake had ... >>