飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 30日

things we said today...

f0057849_1271896.jpg

気温が一気に下がった..

早朝の蝉の声も見事に一斉になくなった。一夜にして..


似たnuanceで'既存の興味'の対象が一気に瓦解した感もあったこの夏、

此処のところの何十年に一度の"体重移動"も大いに関係してるのでしょう、きっと...


危うさは否めずも、扉は開かれた! さぁ、もう一息! ようやくな^^;>


by one_after909 | 2017-08-30 10:26 | 閑話休題 | Comments(2)
Commented by かもとろば at 2017-09-01 10:29 x
お師匠様

 アクマの弟子かもとろばでございます。
朝夕とみに涼しくなり、お師匠様の5065Jにもなんとなく秋の気配が・・。
画像からはコスモスが似合いそうな風情さえ感じられます。

 とはいえ、まだまだ日中の日差しは侮れませぬ。
この夏はアクアのトロピカルバンドなくしては乗り切れぬ暑さでございましたもの。
この季節革ベルトは狂気の沙汰。そもそも見る人を暑苦しくさせるのはこの道に外れることかと。
ブレスであっても、汗の塩分で錆びるのではと心配になって後で拭いたりするのも煩わしく・・。
 その点アクアのラバーベルトはそういう心配もなく日本の夏にぴったり。
特別な処理が施してあるのか、あの嫌なゴムの匂いがなぜかしないのも実に結構でございます。

 アクアといえば、この夏かみさんとバンコク駐在の友人を訪ねたおり、
入国審査でプライオリティレーンに並んでいたご婦人が、クルーレーンの警備員と
何やら会話を交わし、クルーレーンからさっさと入っていくではありませんか。
ん?
どう見てもクルーではない。
このお方はひょっとして王族か? それとも政府要人の奥様か?
そのうちプライオリティレーンに並んでいた人が次々とクルーレーンから入っていきます。
どうやらプライオリティレーンが混雑していたので、空いていたクルーレーンの利用を認めたらしい。
弟子めも倣ってクルーレーンからスイスイ入国できたという次第。
そのご婦人の交渉力実にお見事でございました。

 その手首に涼やかな5066Aがはめられていたのを弟子めは見逃しませんでした。
とても似合っておいでだったのでつい惚れ惚れ見とれてしまいました。
余計このご婦人が颯爽と恰好よく見えたものでございます。

 というだけで何のオチもなくたわいもない余談でございます。
長々とお目汚し申し訳ございません。

これからも四季折々のアクアの画像アップで眼福を施して頂ければ嬉しく存じます。



Commented by one_after909 at 2017-09-03 11:37
かもとろばさん こんにちは!
随分と涼しくなりましたね〜^^?...此方では一夜で早朝のセミの声がしなくなったのに驚きました。

如何せん、今年の夏は酷暑でしたので気温が落ち着くのはとても有り難い事です。生まれ月と言う事もあり、やがて晩秋...一番好きな季節も到来待ち遠しいです^^

いつも素敵なお話ありがとうございます<(_ _)>

そういったシチュエーションで、颯爽と5066Aが巻かれておられたのをもし目の当たりにすれば(ファンとしましては)思わずニヤリ!としてしまいますよね? 語学は...地場での自我流で、今思えばキチンとどこに出ても恥ずかしくないスキルとして身につけておけばよかったなと後悔もあります。スマートに交渉出来ればなんと格好いい事か!それ以前に、海外移動などでなにかと事が上手く運ばず正確に状況を把握出来なかったり、折衝したり...無駄なストレスを軽減出来る術としても。。。と、何度思った事か!..で御座います^^;

この四半世紀で いろんな時計が自分の中で通り過ぎて参りました。世評/価値的な人気とは一線、それが何であれ分身的な大好きな一本と永く共に...な感覚が理想なのかな?と思ったりも致します♪

四季折々のaqua。...いいですね^^☆


<< while my guitar...      ハイド氏の日曜日。 >>