飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 03月 31日

calibre 0100

f0057849_10515663.png

次はこれの腕時計版でお願いします。

奇を衒わず基本この路線の文字盤(特にインデックス/針)にて...年差1秒?凄いな。。。 拘ったクリスタルなのであれば、逆手に取って何もダイヤなんかでなくっともクリスタルインデックスなんて洒落てるのではないかな?..っと個人的には思う次第です♪

私事、車のオリジナル至上主義に続き...もう"機械式至上主義"もありません。造り込みの良い上質な一本であれば嬉しいですね
^^



by one_after909 | 2018-03-31 10:43 | 閑話休題 | Comments(3)
Commented by かもとろば at 2018-04-09 17:11 x
お師匠様

 アクマの弟子かもとろばでございます。
シチズンのキャリバー0100搭載ポケットウォッチ。斬新なデザインでございますね。
グランドセイコーが誇る9Fクオーツが年差±10秒でございますから、その10倍の精度。
時計片手に時々スマホで正しい時間を確認するという間抜けな作業は一切必要ございませんね。

弟子め実は外道でございまして、ホントのところを申すと機械式にあまり執着はございません。
なぜってそりゃお道具が1本のみならば、それを毎日いつくしむ手間もものかわ。
これが5本以上になってまいりますともう毎日のお世話が大変だからでございます。
ほとんど染之助染太郎のようなものでございまして、忙しいことこの上ない。
自動巻きは本田選手よろしく左右の腕に巻いてぐるぐるさせてももう追いつきませぬ。
これがデイト付きでございますとますます厄介。
昼夜の区別がないモデルでは日付を合わせたつもりがお昼にはもう翌日になってしまったり・・。
以前JLのマスタームーントリプルカレンダーPGというモデルに一目ぼれ。
ムーンフェイズに曜日に日付。合わせるのにほとほと疲れ半年でお別れした苦い思い出が・・。

思えば弟子めの初ノーチは3900/11Dというクオーツモデルでございました。
5800を手に入れた折り手放しましたが、今は恐ろしい値段で出ている模様。
現在クオーツはクレドール黒革ベルトPTを一本だけ持っておりますが、
冠婚葬祭専用としてたまの出動時には重宝しております。





Commented by かもとろば at 2018-04-09 17:34 x
 (続き)
 以前取り逃がしたご報告をした5064A-001もクオーツでございました。 
ネットで発見したもののタッチの差で商談中。結局ご縁がございませんでした。
おそらくコレクター物のミント状態で付属品完備(お察しの通り付属品フ●チでございます。)
夜光が妖しく光る画像は垂涎を通り越して鳥肌が立つほどの美しさで御座いました。
5066Jではふさわしくない場面の代打に好適。価格もクオーツだけにリーズナブル。
誠に惜しいことを致しました。

このところいつも逃がした魚の話ばかりでお師匠様のご不興もごもっとも。
 そこで閑話休題。
先頃百貨店で時計売場をのぞいておりましたら、GSがロゴ一新したとかで、
ふむふむと何気に聞いていたら、これなどはいかがと一本薦められました。
径37mm。アイボリーの文字盤や盛り上がったドーム風防がアンティーク風でなかなか。
ロゴが変わって従来普及品も高級品も同じロゴというチープさがかなり薄れておりますし、
日本男児なら一つぐらい世界に誇る日本製GSがあってもいいかも・・。
ちょっと気になりましたそのモデルとは「SBGW235」でございます。

ん? 手巻きモデルやんけ! クオーツとちゃうんかい?
とのお師匠様の怪訝なお眉顰めもごもっともにござりまするが・・。
この道ばかりは蓼食う虫もすきずきと申しまして・・・。
まだまだ修行の足りぬこの弟子め。反省しきりにござりまする。
徒然にまかせて長々とお目汚し。誠にご無礼致しました。




Commented by one_after909 at 2018-04-10 10:41
かもとろばさん おはようございます^^

..確かに、90年代最後半〜00年代ごく初期のアクアの感じは後年のものとは明らかに異なっておりますよね?文字盤の塗料?夜光の材料のかさついた感じ?は旧規格なものなのでしょうか...モダンモデルにも関わらずclassicalな趣きが看て取れますのは="鳥肌が立つほどの美しさ"..とはそんな所以なのかも^^

ベカベカに蓄光する最近のは機能的かつ便利に進化してるのでしょうけどそんな風情にはいささか欠けるかも知れませんね?

このGSもシンプルでいい感じ^^♪ アニュアルカレンダーから永久カレンダー..その複雑かつ便利(かつ満足感たっぷり)な機能だって仰るように一度怠ると逆に厄介な代物と変貌したり(苦笑) よ〜く判ります。月の満ち欠けも同様に。。。

そんな疲弊(..そして既成の概念へ)の反動か?

近頃よりシンプルな方へ気持ちが向いている様な気が致します。そのカテゴリ中では矢張り以前のパーティで拝見させて戴きました3939モデルが究極なのかも知れませんが流石に自分にはチョット過ぎた一本に違いありませんので心の中にだけ留めてます^^ そんなわけで近頃、嫁さんの7200をちょいと拝借したり...この辺りのサイズのカラトラバは選択肢も豊富なので、肌の合いそうなデザインのをいつか一本欲しいなぁ。。。と思っております☆♪


<< 天満橋      しかし現実は... >>