飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 07日

熟成

熟成_f0057849_0315737.jpg

出張して戴きバッテリー交換。

タンクを外したり、奥まった所に据えられてるので『こりゃは自分ではナカナカ厳しいものがあったな?』..とか、近況お話ししながら作業風景を眺めさせて戴いてますとそう感じました。

熟成_f0057849_0342759.jpg


長らく交換されておりませんでした。手元に来てからも既に4年以上が経過してますから、寿命でしたね〜^^♪


換装を終え、促され運転席へ。

..キーを捻ると12気筒は一発で目覚めファアーン!っとひとつ咆哮した。 近年の甲高くよく調律された音色とは少し異なるこの旧世紀の官能。性能とか価値以前にどのmodelも時が熟成すれば謳われるであろう存在意義や、芸術性みたいなもの。これは唯一無二で他で味わうことは叶わない。

造形美、音、肌触り、匂い..

その美しい空間に包まれる至福の時間は単なる移動手段上のものにとどまらない。あとどの位、堪能できるかわからないが長く続けばいい..と思う次第だ。出来ればその"時が熟成"する頃まで^^



..さて先の近況を伺い、前オーナーさん今では大戦中の戦車までレストア為されてるそうで..凄い! ,,,さて、週末久々に霞さんと悦楽のrendez-vousのつもりで急遽作業お願いさせて戴きましたにも関わらず、何やら黄砂飛来で酷い状況も予想され残念ながらお楽しみは月末あたりに延期しました。*鮎も残念(((>〜<;)))


また、改めまして宜しくお願い致します。


IDさん有難うございました。

タグ:

by one_after909 | 2018-04-07 00:40 | FERRARI | Comments(0)


<< 深夜食堂 de Sapience      天満橋 >>