飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 04日

大阪ノ景色トクルマ

f0057849_0551036.jpg

色々と片付かぬ儘、何はともあれGW連休の後半に突入しました^^;

嫁さんを梅田迄送って、自分はその足で難波へ..。

御堂筋を往くと前方に敵機発見!ではなく(笑)、感じのいい997のカブリオレがオープンで流してました。EG/排気音もイイカンジですね〜♪
車線変更難しい休日で混雑する大阪の目抜き通りを暫く追走する..タルガトップを外した其の記憶から『あ ゝ気持ちええやろな〜?』とかその時は思いつつも。。。
f0057849_11316.jpg

駐車場に停めて所用を済ませ1ヶ月以上も開いてしまってボサボサになった髪を切りに行って、ちょっとお茶休憩して戻ってきた時にボディに薄っすら積もった黄砂やら何やらを見て..これ迄恍惚として散々遣っとき乍ら、そして亦これからも性懲りも無く遣るであろうにも関わらずコレ吸引する人体空気清浄ならず二酸化炭素発生器やな?』と、少し微妙な気分に変わりました-_-;

f0057849_11261484.jpg


斜め前には精悍な488が鎮座...

しかしお休みにはいろんな車と遭遇出来て楽しいですね〜^^? ..身近な達人の皆様は、やはり英国車を極められる究極の流れのご様相。『いつかは自分も嗜んでみたい..』と思いつつ、しかし間も無く5年のこの美しきイタリア車と今しばし。。。

f0057849_115374.jpg

好きな角度のひとつ。





奥山さんのデザイン...もう本当に堪らん! いつ見ても惚れ惚れする。どちらかといえばDaytonaのあのシルエットを踏襲した456がマイナーチェンジを経て更なる流麗さと洗練を纏ってこうなったのだから... "オリジナルこそ至上"..には違(たが)わないし異論はない。しかし畏れ多くもあるが、其のマイナーチェンジでも変わらなかった純正サイズのタイヤはボディとのバランスがどうも居心地悪く感じていた。だから少しだけinch upしたホイールを履かせてあります。但し年代やモデルイヤー的なもの/シンプルなデザインから余り押し出しの効いたホイールは拒絶反応がある。ここが難しい...

今は残念ながらDaytonaの様な評価はない。しかし時が来れば....*と、なんどもなんども言ったけど、これからも繰り返すでしょう(笑)
f0057849_22421258.jpg



...中之島の処は催しがあったみたいで通行止めの様でしたが、丁度封鎖が解除され公会堂のトコを通過。出店も沢山出てたみたいでしたね♪ 車内から通りすがり眺めただけですが.. いいお天気の中、心地よい時間は運転してるだけで気分も同様に^^
f0057849_11305532.jpg




by one_after909 | 2018-05-04 00:56 | FERRARI | Comments(0)


<< お足元♡      久し振りの弐號機続報届く >>