飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 19日

key of '煩悩' life

f0057849_9321791.jpg


夕刻残り少ないであろう時間を過ごそうと、キルスイッチをONにしハザード点滅するセキュリティ(?)を切ろうと、リモコンのキーを押した。が...反応しない。どうやら電池が切れた様である。先日来、どうも何かの意図を感じざるを得ないのだが-_-;

...という事で残念ながらドライブは断念。

トボトボと部屋に戻り、リモコンキーの螺子を緩め開けてみますと少々時代感のある基盤が目に飛び込んで参ります^^; ..まぁ前世紀設計のお車ですから仕方ありませんね〜?

f0057849_934204.jpg

電池はボタンではなく小さな乾電池が入ってました。其れは単4電池の半分くらいの大きさの...初めて見るモノ。単5電池?当然家にストックなんてある筈もなく..

f0057849_1155721.jpg

簡単に考えて、帰途にホームセンター立ち寄ってなんの疑いもなく購入し帰宅後合わせてみたら、あらあら? 購入した単5電池の方が微妙に太いやんけ -_-*? ...よくよく調べてみたら12V電池と言ってちょっと特殊なやつみたいでした。ややこしや...

向かって左:単5電池 右:12V電池

まぁ我ながら実にど〜でもいい内容に妙に固執したり^^; ..でも知らなかった事なんでちょっとタメになったかも(笑)♪ 家電量販店に行けばあるかな〜?


....


所変わって、純正色ではないとの事ですが精悍な少し青の入ったメタリックグレーを纏い美しくレストアされたSEを拝見した。

う〜ん抜群に色気がある...

と、ため息をつきながらしばし佇み眺めさせていただく。きっとこんな感じ⇩なんやろなぁ?..と妄想を膨らませつつ。
f0057849_10112636.jpg
お写真は時計でも有名なコチラから転載させて頂きました。

お値段伺いますと、4桁前半との事。

う〜む、やはりもうこの辺りは既に"vintage"のカテゴリに入って相応の価値が見出されて居るんですね。シルエットも優雅で美しいcoupeであり、大きさもそこそこあって後席も実用的に使える..何より、メルセデスの堅牢性=ある程度普段使い出来る'実用性のある趣味車'という今の我が要望に嵌るのではないか? そしてそれは現『特別な非日常を味わう 』より多分しっぽりくる(笑)


...と、相変わらず能書きだけ垂れる。

つづく..


by one_after909 | 2018-09-19 17:53 | FERRARI | Comments(0)


<< ジオメトリックな街の...      ぬか喜びの freshen u... >>