飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 02月 09日

そしてもうひとつの疑問...

以前から気になってたこの穴埋め跡。此れまで以前の何れかのオーナーさんがCAVERN仕様に個人改造して其れを元に戻したもの..と一抹の疑念もなくそう思って居りました。

今回、いろいろ調べております内にシリアル#122の同年'63年製造のオーナーさんが書いておられた『1962年頃に、ステイプルピックアップのものも、キャバーンと同じ位置に付いていたのが極わずかに生産されています。』の一節と添付されたお写真に釘付けになりました..。

これは元々のファクトリー仕様だったって事?
そしてもうひとつの疑問..._f0057849_12584994.jpg

我が#226

2個のビス穴と配線用の穴を塞いだ跡が確認出来ます。しかも薄っすらとPUの設置のボディ焼けの差が分かりますのである程度の期間、その状態であったことが推測出来ますね?

しかし#122には配線用の穴は無いようです...

う〜ん・・・謎が多い-_- まぁ仕様の違いなんて、こっちが真剣に悩むほど当時の方々は案外Sir.の'62年仕様を色濃く残す'63なんか見てても謂わばテキトーであったのではないか?とは思いますが、結構嵌ってしまいます。


CAVERN staple仕様かぁ。。。しかも'63。もし本当なら実に興味深い。..が、やっぱり自分のの穴埋め具合見たら ん〜?

そしてもうひとつの疑問..._f0057849_1231374.jpg
Sir、当議案如何思われますか? 『ん〜?・・・It doesn't matter what...どうでもエエんちゃう?』 Sirは意外とこの辺りおおらかであられるらしい。


by one_after909 | 2019-02-09 13:25 | GUITAR | Comments(0)


<< it's just a...      Büchse der Pandora >>