飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 02月 10日

"nine-sixteen"...the first million$ 914

\"nine-sixteen\"...the first million$ 914_f0057849_16381399.jpg

昨日、パリで開催されたARTCURIAL : RÉTROMOBILE 2019 THE OFFICIAL SALEの気になったその結果。それは..


素のモデルではなく11台しか作られなかった特別モデル、当時フェラーリ・ディーノ迎撃の為に用意されたと言うその名も..

916

\"nine-sixteen\"...the first million$ 914_f0057849_2235940.jpg
\"nine-sixteen\"...the first million$ 914_f0057849_2235449.jpg
\"nine-sixteen\"...the first million$ 914_f0057849_22345675.jpg
お写真はJoël Goyer Design ㌻より

914初のミリオンプレイヤーと相成りました。凄いな〜? この黒いスパルタンな916の愛称は"BRUTAS"と言うのだそうです。タルガトップはなくしかもRS用の強力なチューンド6気筒エンジンを搭載したパフォーマンスは、自分が好きなとてもライトな所謂"914"とは根本的性質を異としますが、それでも一派として評価されるのは嬉しい事ですね^^





\"nine-sixteen\"...the first million$ 914_f0057849_17403880.jpg

我が家の914は現在、ドナドナ積載車に揺られて市場...否、'東の匠'のところで外装お色直しの順番を待って居ります


所謂ナローポルシェ・タルガ(912)の同じ簡易オープン/4気筒エンジン搭載車としての比較は...やはり後年設計の強みか? 走りや安定性に於いて明らかに914にアドバンテージがあると運転してて感じます。まぁ普遍的なあのナローのスタイリングや軽・爽快感もあったりして総合的には甲乙つけ難いものはありますが(どちらをエコ贔屓目に見ても)。914もその良さが再評価されたのと折からのVINTAGEモノへの価値付与の風潮余波が及んだ事で、ウチに来た頃のお値段はもう何処へやら? 価格的割安感のある唯一の穴場モデル的古い空冷ポルシェとしてももう...ではありますが、それでもその括りに於いてはまだまだ最安値ですからね^^


なににせよ運転してて純粋に楽しいのがやはり一番! だと思います。...ちょっと遠ざかってるので恋しいです。

タグ:

by one_after909 | 2019-02-10 16:51 | PORSCHE 912 | Comments(0)


<< 或る如月の夕べに      it's just a... >>