飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 03月 07日

揺れる..

揺れる.._f0057849_22482932.jpg

ふぅ〜...


煙草は吸わぬが、気持ち一服しながら愛車と海を眺めながら考える。さて。。。










揺れる.._f0057849_2323944.jpg

昨日の某本屋さんにて...


そういえば近頃、クラシック・ポルシェの雑誌が凄く沢山刊行されている様な?

この横の棚に陳列されてたお馴染みの定期刊行誌からこれらの単発もの迄、非常にバラエティに富んでいて楽しいですね?...ちょっと興味あった一冊をチョイスしました♪

912はどちらかといえば正道からちょっと逸れた選択・存在であります故、これを以ってポルシェを語る事は烏滸がましいかもですが、914も含め'4気筒P愛好家'と致しましてはやはりポルシェでありながら若干お気軽・フレンドリーなimageも、356程クラシックとしての評価が確立されてる訳ではなく且つナロー911ともまた少し...な絶妙な疎外感と申しますか? この辺りの誌面から見事に迫害(?)無視されてるケースも多々ありで相変わらずほくそ笑んでしまいます。どんな歪んだ性格や^^;?

そろそろお引き取りに...

なタイミングで運悪く大規模修繕のガレージ使用制限余波もありとほほ..であります。今回のありがたくも予想だにしなかった展開で旧い'小型軽量の粋'の様な一台と、中途半端に新しい時代の狭間、評価のタイムポケットにある'超重量級スーパーカーの子孫'の永遠と思われた体制が根底から覆るのか??

揺れる.._f0057849_1053443.jpg
その後者の創始者をして『世の中で最も美しい..』と云わしめた一台。間違いなく生涯の宝と相成ろうそんな選択。そうなのだ!レマン湖のほとりのフォーシーズンズホテルの玄関前に誇らしげに停まっている優美の極みなるその姿・佇まいに都度何度も見惚れた記憶。



問題はOld Mercedesの時に舐めた辛酸やな?(今思えばあれだけ見事に全てが纏まらないのはきっとサダメだったのか?とも思う。) ...と、自分に維持が出来るのか?と言うこと。今回も、そのサダメとやらに身を委ね、自分が相応しいのか? 判断を仰ぐとしよう。...で、今朝から行動開始(笑)

タグ:

by one_after909 | 2019-03-07 20:20 | FERRARI | Comments(0)


<< 至極落ち着く音...      my SINGER but n... >>