飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2020年 01月 17日

春うらら

春うらら_f0057849_21104938.jpg
誠、見事な雲海のさざなみ。連なり霞む山々に打ち寄せ見下ろされる場所。



一昨日から、雲南省/昆明行きの直行便が関空から毎日就航と相成って早速搭乗してみた。


早朝なのがタマニキズではあるが、上海経由で真夜中着の上に、最悪に荷物の出てくるのが遅い長水国際机場のバゲッジクレームで行李を回収した後、ホテルに落ち着くのは3時近くなる事も少なくない此れまでの同地トランジット。それを考えればこの便は時間は余分に掛かるが体力的には随分マシだ。
春うらら_f0057849_21225114.jpg

...話を出発時に戻すと、関空で使用機までバスで向かうのは初めて!111〜115だったか?のゲートも初めて利用する。ラウンジ行くとまたモノレール(?)乗って戻ってこなきゃなんで面倒臭いからゲートで待つ事にした。辺り眺めてても多分、日本人は自分一人の様な気がする...まぁ、別に気にもしないけど。
春うらら_f0057849_21234597.jpg
更新されたばかりの真新しいパスポート...

昆明長水国際空港では、IHG系の各宿は市内・郊外へTAXIで40分〜1時間程走らねばならないので流石に真夜中に着いて翌朝トランジットの場合は余計にしんどい*何度か試したけど... 。結果、空港ターミナルの宿紹介所で近隣のお宿を取り次いでくれるカウンター・サービスがあって寝るだけなんで意外に重宝してたのだが、今回はなんと見事にカウンター共々サービス自体がなくなっていた!

別の総合案内所で聞いてみたらもうないので、ケータイで個人予約してくれ...と-_-;

そうか?それは面倒臭いな?が仕方ない。booking.comとかexpediaで予約して、更に電話してシャトルバスの時間とかピックアップ地点なんかを訊かねばならない。只でさえ不標準な我が贋北京語、此方の地方の訛りも聴き取れない事もままにある。


...と言う訳で暫し『おいらは宿無し』状態 in 雲南省(笑) ...然し気温は20℃近くあってポカポカと心地よい^^♪




by one_after909 | 2020-01-17 20:33 | 旅に出よう♪ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< トランジットの憂鬱      . >>