飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2020年 05月 02日

sixty years ago today... 大好きな声

sixty years ago today... 大好きな声_f0057849_16300977.jpg
Beverly三昧。...な皐月初頭


...遺されたたった6作のオリジナルそして近年発掘モノ4枚。一枚あたりの収録時間はごく短いからあっという間に聴き終えてしまう訳だが。

歌が上手くて情感溢れる売れたJazzのディーバは数多、しかし他のどのシンガーより声がとってもチャーミングで個人的に好きな曲を歌ってくれてる、勿論そのアレンジ/録音も自分の好みにピッタリ合致ってるから。そして何よりも彼女の悲劇的なバックグラウンドのストーリーにうち震え...そう、それはこの"What Is There To Say?" 付属のある意味、衝撃の赤裸々な手記の内容に詳しいが、この冊子を以てほぼ全てが回収されると言っても過言ではない。

sixty years ago today... 大好きな声_f0057849_17171385.jpg
オトコ目線の、'問題は相手にありき'とも受け取れる若き日の恋愛の顛末の記述だけは少々気に入らない、しかし下手な小説読むよりよっぽど沁み入る、"よくぞ語ってくれました"と前言撤回して感謝したい程の内容だ。それだけで所有意義のあるアルバム...と言うのも珍しい。*そして短いがインタビュー肉声収録も嬉しい限りだ。

"ないもの強請り"

この方の録音をなんでもいいからもっと聴きたい!いつまでも聴いていたい歌声。そう思わされる稀有な存在。Beverly Kenney 今年*先月で没後60年を迎えられた。

sixty years ago today... 大好きな声_f0057849_22585701.jpg
<追記>
但し、その冊子のついたアルバムは生前リリース6枚+、そしてSSJのデモ音源盤で射抜かれた方にのみ機能するレコード/CDだと忘れず追記しておきたいと思います。それはビートルズで云えば『アンソロジー』から聴く...みたいなニュアンスでしょうか?

タグ:

by one_after909 | 2020-05-02 17:56 | 閑話休題 | Comments(0)


<< New Release      周辺アイテムでノメり込め! >>