飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2020年 07月 30日

レーザー斬鉄剣、アクリルを伐る!

レーザー斬鉄剣、アクリルを伐る!_f0057849_23573670.jpg







お洋服の後身頃です。

お仕事の話で恐縮ですが、この薄い合繊の生地を一枚断ちするのは非常に手間が掛かるんです(ズレるしやり難い)。それがなんとPC上のイラレとかのAIデータから変換不要で直接カットする事が出来ます。ここ数年、再び前時代的な集約型の人海戦術での大量生産型の生産体制に麻痺してしまってる感覚からしますと...でございます^_^;

構造的には黎明期の...まだwindowsもなくms dosとか直接数式みたいの打ち込んで必死に動かしてたあの頃のアパレルCAD/CAMと何ら変わらないのですが、感覚的にコピペで打ち込めて刃の代わりにレーザーが仕事をする。隔世の感がございます。...しかもこんなコンパクト!

バイオーダーの製品には威力を発揮しますね?
レーザー斬鉄剣、アクリルを伐る!_f0057849_00013922.jpg


そしてワークスペースの大きいのん...

コレだと生地幅なりそのまま置けてマーキング(型入れ)して一発で裁断可能。但し、こちらはデータ・フォーマットの置き換え要。スペースとか勿論価格とかは↑のコンパクトなのと比べれば3倍くらいしよる。しかし裁断するのは何も生地だけではなく多岐に渡り汎用性があり広がりそうですね?
レーザー斬鉄剣、アクリルを伐る!_f0057849_00123752.jpg
レーザー斬鉄剣、アクリルを伐る!_f0057849_08104520.jpg
勿論、綿素材もドンと来い!ミクロ単位では焦げもある様ですが没問題です。そうそう!何でも切れるって言えばこんなのも出来るそうです!お写真ボケボケですが...アクリルスタンド!コレは興味深い。何故って?この前初めて存在を知ったから^^(後述) 国内でやってコスト的にどうなのか?...とか色々調査は必要ですが、生産国も今回の事で色々考えさせられましたからね?色んな選択肢があっていいのかな?と思います。然し何かアパレル以外でも色々妄想広がって楽しいです♪

レーザー斬鉄剣、アクリルを伐る!_f0057849_08173496.jpg
(上)機械メーカーさん展示場の製品サンプル (下)何故か一個だけウチにあるcollector's item^^


レーザー斬鉄剣、アクリルを伐る!_f0057849_15491293.jpg


by one_after909 | 2020-07-30 00:59 | etc...etc... | Comments(0)


<< MDM 耐用試験中!      梅雨明けを待つ... >>