飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2024年 02月 22日

1936 - 2024 巧克力麻花兒

1936 - 2024 巧克力麻花兒_f0057849_22182600.jpg

先日、長崎から届いたコレ、激美味!でちょっと感激しました。

111.png


蘇州林のねじねじは昔から有名でしたが、コレは初めて知りました。正直「あ〜懐かしいね?硬いんよねこれ…」くらいの気持ちで食べ始めたんですが、「⁉️」程よい食べ応えで甘〜いチョコとカリッとした麻花兒のハーモニーがもう絶品で吃驚!

我がの身体の状態鑑みず即完食でこれはお取り寄せ確定!と検索しましたらなんとこの時期(春節)だけの限定商品とのこと!マジですか?

1936 - 2024 巧克力麻花兒_f0057849_22563164.jpg

チョコよりより
ねじねじじゃなかったですね^^;?


…って言うんだそう。これは来年は大量購入確定です♪






さて、先日ちょっとしたお宝の入手が叶い(((110.png)))な気分だったところに、古書店さんにまたまた堪らないブツが唐突に出現した!しかしソレには蒐集を始めて以来、最高額となるイッコ桁の違うout of my leagueな驚愕のプライス・タグが下がって(?)おり悶々と致しております^^;



そんな中、昨日たいへん地味ではありますが141番目の掲載・展示と致しまして補足資料⬇︎を一点掲載しました。




戦時中の京都音樂協会による、記録集です。

コチラは京都での音樂藝術興行の同年までの総括で、錚々たる顔ぶれの来日/在日演奏家、舞踏家、聲樂家、オーケストラなどの演奏記録としましても大変興味深い記録となっております。


1936年 1月19日の京都朝日會館での「諏訪根自子嬢 渡歐告別提琴獨奏會」⬇︎が開催された事と曲目が掲載されております。


残念ながら期待しました写真はなく、活字のみの紹介でありましたがそれでも貴重な掲載であります。

"フランスへ遊學"とありますのは、丁度この刊行時期的に在フランスでられた(*本格的にドイツに移られる前)所以できっと混同されたのではないでしょうか?



在欧中の記事も、パリでの初舞台辺りもまだ未探索なのでまた追い追い・・・




1936 - 2024 巧克力麻花兒_f0057849_11332877.jpeg
全然、関係ないんですけどふと目にしましたこちらの雑誌の表紙。浜辺美波嬢…ショート、実にお似合いで。いいお写真だったので思わず♪
爺ィの癖して年甲斐なく…^^;)>




by one_after909 | 2024-02-22 10:49 | 諏訪根自子 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 他愛もないこと・・・      BERLIN 1920s >>