飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 13日

9th December...

f0057849_115699.jpg

11月のSir.ご来日も、そして12月のこの日も...

Bangladeshで、特に先日の9日は現地で来孟ご来客もあり完璧にその日を失念してしまっていた。


帰国して、壁に掛かったギターを眺めながら、『そう言えば、Imagineの新装盤は買わず了いだったなぁ..』とか思いつつ..

遅ればせながらちょっと偲ぶことにした。

f0057849_1432913.jpg
1972年撮影の1枚。

1958 Rickenbacker 325 V81 やっぱり佇まいは堪らない。。。

だいぶ厳しい状態だが紛れもなく'64年に一線を退いたその侭の最後の'黒の艶姿'に違いない。現在はご存知の通りJOHNの意向通りにこの写真の後にナチュラルに戻され白いピックガードが奢られた*その外されたゴールドのPGとオープンバックペグは2014年にオークションに出品された.. 姿で保管されている。


そして対となるのに一番相応しいHOFNER。...本当は'61 modelがいいのだろうけどね^^;? '世界制覇前夜の布陣'印象も手伝って、ちょっとの差異なれど昔からコッチの方の造形のが好きなんで♪
*その'ちょっと'の仕様の差で出てくる音は結構違うのだ! そして"I Saw Her Standing There" のベースはやっぱり'61でなくっちゃあ気分出ない

f0057849_1545764.jpg





More

# by one_after909 | 2018-12-13 02:24 | GUITAR | Comments(0)
2018年 12月 06日

sound of silence...

f0057849_12101298.jpg
週末は嫁さんが東京の子供達の所へ出向いちゃったので、日曜日は独りポツネンでした。 片付けや溜まったなんやをやっつけつつ...


ひと段落してベランダでふぅっと一服*煙草は吸いませんが..な夕暮れ時。う〜ん いい初冬の空気感やなぁ?と暫し悦に入りました♪

が! 週が変わって短いターンで再び出発のその日はうって変わってナント気温は25℃迄上昇したではありませんか?

暑い!観測史上12月では最高温度だったそう OMG...

f0057849_14111425.jpg

機上の人と相成って、西へ沈む夕陽を追い掛ける。

雨の上海に到着し2時間程のトランジット待ち...しかし定刻より更に遅れた便が雲南省昆明に到着したのが午前2時前。...やっぱりこの便での移動はしんどいなぁ? 常宿は昆明市内そして郊外の水辺なので今回は両方外して正解でした。それでもなんやかんやで落ち着いたのは午前4時になろうとした頃でありました-_-

気温は7℃。,

最終目的地も流石に冬で28℃くらいなので、まだマシですが毎度の事ながら気温差に体調崩さないように持って行かねばなりません。そしてカレー生活も今回は少し控えるとしましょうかね^^

f0057849_14321051.jpg


あらゆる面での確立前夜故の勃発する事象にも、たとえ気分がささくれ立っても'手前味噌チンコ〜ン♪'のやさしい音色で心を鎮め いつもの平穏を忘れずに参るとしましょう。。。


...前々世紀のその美しき響きに。


しかしこの時計してると随分、腕がか細く感じるなぁ? それだけデカい^^;(笑)



# by one_after909 | 2018-12-06 00:41 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 12月 01日

理屈じゃ幸せになれない...

f0057849_12103141.jpg


今日発売開始です!

MITSUOKA ROCKSTAR

まさにコルベットミニこれは楽しいですね〜?...相変わらずネーミングや広告・コピーは独特ですが^^; 好きです♪

f0057849_1202192.jpg

f0057849_1243918.jpg


でも、こうやってコピー並べると...ですね^0^






More

# by one_after909 | 2018-12-01 12:15 | etc...etc... | Comments(0)
2018年 11月 24日

我が感傷の320

f0057849_20452981.jpg
先週末のAbbey Roadにて...

あたり前の様にライブが出来て...


下手っぴいな歌と演奏でも、熱烈に喜んで貰えるお客様方の表情に幸せを感じ...

心地よい疲労感に包まれながら、夜半にTAXIで戻る帰り道*この時間、高速が閉鎖されていれば帰宅に2時間掛かる。興奮物質(?...それが何か知らないが)が分泌されるのか明らかに気分は昂揚し、身体はヘトヘトに疲れてる筈なのに感じさせず不思議な充足感に満ちみちていて...部屋へ戻ってもナカナカ寝付けない。そんな夜。
f0057849_21134285.jpg

近頃はメンバーのスケジュールもあって、"出来る時は折角なんで纏めてやっとこう!"的にダブルヘッダーも珍しくなく、今回も翌日もお昼間からインターナショナルスクールでお呼ばれして演奏。*煩くてまた近隣住民より投訴...は最早我々のRoof Top的お約束!(笑)


今更ながら、これがどれほど貴重な経験であり且つ近頃の実生活にあって興奮を伴いエネルギーと感情の暴発・発散を味わえるこれ以上の場はまず存在しないであろう事を思い知るのだ!

16年。

度重なるメンバーの変遷、都度ラッキーが重なって新しい巡り合わせや、懐かしい顔ぶれの復帰で途切れる事なくバンドは存続しつづけてきたが、どうやら今回ばかりは一旦休止を強いられるのは必至の様相です。残念ながら...


More

# by one_after909 | 2018-11-24 02:38 | GUITAR | Comments(0)
2018年 11月 22日

平成最後の...時計編

f0057849_8473475.jpg

"ふた周り"ののちに...


お師匠様の呟かれた台詞がとても印象的であった。その通りである。

十人十色の趣味とその指(嗜)向性は、確かに色々と巡り巡ってどう言った道を辿るのか?非常に興味深いものが御座います...

入り口は確かにROLEXへの憧れだった。バブルバック大全盛後期のあの頃、そしてSPORTS隆盛の勃興からVINTAGEへの傾倒。やがてPATEKへ。。。音楽志向もそうである様に変遷があって、でも変わらないところもあってと...同じように紆余曲折の末辿り着くのは何処なのでしょうね〜?

まぁそんな訳で、私的2018年=平成最後の年の時計趣味は『自作自己満足の一本』を愉しむ...と言った様相でしょうか^^



the continuing story of....

# by one_after909 | 2018-11-22 09:00 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 11月 21日

the debut

f0057849_1383215.jpg

f0057849_8454344.jpg
先日、友人が送ってくれた現地auberge訪問時のお写真を思い出しながら、

同ドメーヌの一本を入手し開けてみた。

f0057849_910444.jpg
ソムリエールさんの仰る通り 温度は少し高い方がいい様です。

澄んだ端(淡)整な味わいは...地理的には異なるけどまさに眺めた湖畔の斜面と冷たい空気の記憶そのものでした。和食との相性も中々宜しい様で、こういう脳裏に風景や想い出が浮かぶような頂き方も偶にはいいものですね^^



the continuing story of....

# by one_after909 | 2018-11-21 01:41 | 閑話休題 | Comments(2)
2018年 11月 18日

Sunday kind of love♡...そして1980年のV81サウンド

f0057849_1319358.jpg

久し振りにウチで過ごす週末...


楽器拡げて、弾いたりお手入れしたり撮影したり^^♪  相変わらずLudwigは結局スネアもシンバルも無い侭です。。。
f0057849_13211720.jpg
f0057849_13212187.jpg


...そして魅惑のショートスケール

2オクロックfホールの赤と黒。'猫の眼' 2個と4個。向かって左のはキチンと弾けるようにして大事にしたいと思います♪
f0057849_13274040.jpg

右の赤いのはFOR SALE中...このheritageの次の担い手・嫁ぎ先絶賛募集中です<(_ _)>

さて、折角なので ちょっとタメになる(かも知れない?)事も記録しておきましょうか?


the continuing story of....

# by one_after909 | 2018-11-18 13:45 | GUITAR | Comments(0)
2018年 11月 16日

激闘!カレー星人

f0057849_8462742.jpg

交差点にて...

信号がないから、4方向あらゆる車線から我先に突っ込んで来て二進も三進もいかなくるから動かない。乗用車、トラック、リキシャ、バイク、自転車、人...人。無意味で騒がしいだけのクラクションの大合唱が虚しく夕暮れ時の砂塵に乱反響してるかの様。

何処も彼処もこんな感じだから、なんてことない数十キロの距離の移動に途方もない時間を取られてしまう。一日二〜三軒の工場/事務所を廻りたいところだがなかなかに難しい所以だ。故に食事も工場や事務所で慌ただしく戴くことが多く、特に今回は厭わなかったのでほぼ9割カレー生活です^^

the continuing story of....

# by one_after909 | 2018-11-16 09:09 | 旅に出よう♪ | Comments(0)
2018年 11月 15日

赤いプッシャー..忘却と追憶

弍號機が仕上がり、この佇まいを眺めてて忘却の彼方に置いていた記憶が蘇った。。。


世紀が変わる前か?変わった頃の事だったか?...ん〜?近頃、昔のことどんどん忘れてるな。

一本の古いボロボロのクロノグラフを清水の舞台から..で購入した。予備知識はなかったがホンモノの威光が凄まじく 何処か風体に引っ掛かるものがあったから...。プッシャーには掠れた赤い塗料が少し残る黒い文字盤のその2カウンタークロノグラフは、地金も所々覗いてた。

レター..そして裏蓋の手彫り からドイツブランドである事は読み取れたが、詳細はよく判らなかった。

f0057849_10271336.jpg
お写真はこちらのsold itemsより。確かこの類だった..

GlashütteHanhart? Tutima?のどれだったかのかも失念している...が、こんな感じの一本。当時のアイドル的存在だったDAYTONAのref.16520と同じくらいの市場価値があると購入後知人に教えて貰った時は驚きと同時に小躍りした。なぜなら購入価格はその半分くらいだったから(笑) 分断後の東ドイツ製ではなくまだ大戦中の個体であった事も併せて教わった。..あ!と言うことはインターネットを本格的に使い出した'95〜'97年か何れにせよ世紀跨ぐその辺りの頃だったのか?

何処から流れて来たかは知る術もないが、流石に機械はOVHを要したので購入したお店で施して貰うべく預ける事としました。




the continuing story of....

# by one_after909 | 2018-11-15 11:10 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 11月 14日

装着

f0057849_9182592.jpg


完成形


f0057849_9302687.jpg


結局、若干PANERAIチックは否めず^_^;

...ではありますが、雰囲気は頗る良いです。この手のお顔にはやはりこのムード!と言う感じでしょうか?

南方での実用テストも問題なくクリアし、新しいストラップを纏い遂に最終完成形と相成りました。次回、再度細部のチェック/調整を施して頂き実戦(?)配備に就きます。


f0057849_2205691.jpg

外観、そしてこの時計のもうひとつの特色は無論、リピーター*quater 機能です。

友人のご厚意で、そして総本山で体験させて頂きましたリピーターの音色違い。記憶に留めたのは勿論の事、幾つかは動画に収めさせて貰いました、そんな現代の垂涎の名機達と比較すれば...どうなのでしょう? 非常に興味のあるところです♪


動画も撮影、記録しておきたいですね〜? 求ム美シヒ手モデルサン


お披露目も兼ねました'初冬の宴'も次週に控え、楽しみ
^^

# by one_after909 | 2018-11-14 09:52 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 11月 11日

HADLEY-ROMA MS913

f0057849_2247740.jpg

Genuine Saddle Leather Extra Heavy (5mm) Pad Self Lined MS913 (Wide Strap series) Water resistant, very thick padding, Thumbnail buckle.


Sizes: 20x20mm
Color:Tan
Length:75x125
Thickness:4.25mm

$49.95


手元にあるのを色々あわせてみました。

JCペランのいい竹斑の*但し20mm x 16mm があったので『いいかな?』...とあわせてみたものの、正直マッチしません。PATEKの純正品も同様でドレス系統のはどうやら似合わないみたいです。続いて白いステッチの入ったカーフの...これはref.5524Gの組み合わせもあるしイケると思ってたが少々クドイ印象。これは予想外でした...

仕方ないので、新たに購入する事としました。

昆明〜上海間のフライトで何とWI-FIが繋がる!ってんでパパッと検索!で引っ掛かったのが、このHadley Romaってお品。余談ですが普段、殆ど737とかエアバス320とかの旧型機体しか乗らないので新鋭機の787はとっても新鮮でした♪ ...ん〜?結局 PANERAIチックやん^^;? ..はさておき、お値段もお手頃ですし目立たないお色目のステッチもいい感じなので直感でオーダーしました♪


お披露目ワイン会に間に合うかな〜^^
 

# by one_after909 | 2018-11-11 22:41 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 11月 11日

details #3: BEZEL and LEVER

f0057849_22551257.jpg

バナナの花... そして葉陰のひと休み♪


パワーリザーブは余り長くはない。精度は歩度測定器にかけたところ+46秒〜大凡1分以内で収まっているが これはスプリングが新しいせいもあって暫くしたらもう少し安定するだろうとの事。

160年もの前の機械に現行機基準を求めたりはしない*今や'動いてるだけで丸儲け'^^(笑)が、PATEK製であれどうであれ当時はどの位の精度が出ていたのだろうか? 非常に興味があるところだが...
f0057849_1355740.jpg

佇まいは至極よい。

more...

# by one_after909 | 2018-11-11 02:29 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 11月 10日

"despite repeated warnings"...sure?

f0057849_2358238.jpg
BBC newsより。。。

中間選挙が終わって、結果としてのこの2年間の評価は? そしてこれからの展望は?


さて、
この大統領の名前を冠した一本は価値あるものと相成るのか? それともSir.に歌われてしまった表題の通りなのか? ...自分は未だはかれず着用出来ずに居ます...乗せてるだけ^_^;

f0057849_14511730.jpg

Johnが当初"REVOLUTION"*のビデオでとったある意味曖昧な意思表示...あの感じ。

count me out, in...


# by one_after909 | 2018-11-10 13:48 | etc...etc... | Comments(0)
2018年 11月 08日

はじめての経験...

f0057849_12112825.jpg

はじめて此の地を訪れてから4年近く。。。


宗教の違いで基本的には忌酒故...であるが、勿論嗜まれる方はおみえだし外国人はその範疇ではない。しかしながら『郷に入れば..』で もともと晩酌する方でもないので滞在中此方から欲する事は無かった。偶に無遠慮な出張客人の我儘に付き合わされる事はあれど。。。

まぁ、中華圏でもそうであるがDhakaでも然り。此処は'そう言った'施設だ。

『なに飲む?』と訊かれたので、『じゃあ..』と乗ってみた。その宗教の方は気分を害されるかも知れないので控えますが、勿論この施設では合法であり初めてこの地で味わう。。。と相成った次第であります。

映画の話になったので、丁度先日大感動したPKの話で大盛り上がり『お〜PK知ってるのか? Wちゃん*今回 同行した超有能スタッフは観た事ない? じゃ、観ようか?』と、貸し切ったお部屋で長丁場の映画を食事しながら一緒に笑いながら観た。折々にシチュエーションの説明や宗教の観点の説明を入れてくれたり、笑いのツボもちょっと違ったり...非常に興味深い時間が流れて行った。
*しかも自分が観たVersionは、恐らく幾つかのsceneがカットされていて少し短い版だった..と知った。

f0057849_12165772.jpg

実務上はいろいろと軋轢があったり、それでも共に前進する為の日々是好日..ならぬも奮闘の毎日が続く訳なのだが...体力的にも精神的にも磨り減らしつつもそれでも少し新鮮な気分で過ごせてるのかも知れない♪

そうそう! 毒々しい上海の空気だって...ダッカから昆明経由で戻ると随分綺麗に感じてしまうから恐ろしい事だ-_-;

more...

# by one_after909 | 2018-11-08 12:39 | 旅に出よう♪ | Comments(0)
2018年 11月 05日

お呼ばれして...

f0057849_3503759.jpg

バングラデシュで初めておウチにお呼ばれして、家庭料理をご馳走になりました♪


垂涎のお皿達はナント!カレーが5品も!まさにカレー天国!...もう堪りません! 激辛のビーフカレーに舌を麻痺させつつ、大量発汗しつつ、大満喫で舌鼓を打ちつつ ご家族の皆さんと食卓を囲ませて頂きました。あゝ..色々と沁みるなぁ? ごちそうさまでした<(_ _)> もっと気張ろう。


...しかし、そんな罪なカレー天国。進んで三食カレーの日もあるし優に帰国時の倍は食べてる様な気がするな? ここのところ大分控えて折角頑張ってたのに元の木阿弥たぁ正にこの事やな^^;(苦笑)?

それはさておき、バングラデシュのカレーはお汁(ルー)が極少なく、飽くまで具材の引き立て役のカレーな印象を受けました♪


# by one_after909 | 2018-11-05 03:59 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 11月 05日

strapはどんなんが似合うでしょう?

f0057849_1150429.jpg

軍への納入である事を偽装する為に便宜的に奢られた、布製のカーキストラップ。


...は真っ赤な嘘だが^_^;

兎に角、正浩が当面用で付けてくれた人民解放軍のものかは知らないが..のバンドが装着されている。如何せん本体が前述の'当時物'の雰囲気を纏っているのでこれはこれで違和感なく着用出来るのだが、やっぱり革製のものが似合うと思う。

ステッチの入った厚手のモノが似合いそうだが、一歩間違えばPANERAI擬きになってしまうからチョット工夫が必要やな?

一番に思い浮かぶのは、当時のデッドストックの時計や以前パーツと一緒にごっそり出てきて何本か譲って貰った当時モノだ。
PIG-SKINの独特な風合いのものが雰囲気だ! しかし皮がカピカピに乾燥してしまっていて具の一杯詰まった重量級のヘッドを支えるには強度的に聊か一抹の不安が残る。却下-_-


More

# by one_after909 | 2018-11-05 02:23 | etc...etc... | Comments(0)
2018年 11月 03日

details #2: THE CRYSTAL

f0057849_1181488.jpg

高温多湿な地域への渡航へ帯同させるつもりは毛頭無かったのだが...


結果的に傍に居て、そしていちばん似合う風情はやはり空の上で間違いなかった。
f0057849_1213675.jpg

早朝の雲南省・昆明は気温5℃もなく薄着しか準備がなく震えたものだが、機上の人となって国境を越えミャンマーの肥沃なジャングル(?)上空を通過する頃にはすっかり夏雲が拡がり30℃を超えるだろう到着地の空気感を肌に思い出させた。


手にしたばかりの'お誂え'の一本。冒頭の理由で上海にお留守番させるつもりだったのだが、些(いささ)か自画自賛の感は否めないが、世辞や手前味噌は抜きにして手にした感じが余りにも良く、『こんなに眺めていたくなる時計なんて一体いつ振りだろう?』と今回思い切る事としたのだ...
f0057849_149547.jpg

なだらかなサファイアクリスタルの絶妙な曲線が映す。

まがりなりにも嗜んできた名だたるブランドのその部分と比較したとしても、勝るとも劣らない風情がベゼルからガラストップに連なるラインには存在する。*そしてこのベゼルも一見フラットに見えるがひと工夫入れてあるのも肝だ。

午後3:31(日本時間)

いつもなら中国人/ベンガル人で溢れるこの路線便には珍しく 隣席は空いていたから、ちょっと辺りを窺ってから レバーを6時方向へ引いてみた...

すると綺麗な音色で3回打ったのち、連打が2回と大凡の時刻を知らせるチャイムを打つ。それは何とも場違いな響き..。平成の世の(旧)ビルマ上空は対空砲火もない(当然と言えば当然だ)。軍用時計の顔を持つ...しかしミルスペックには一切必要のない現代では象徴的な形骸でしかないこんな前前世紀の仕掛けだって、一見相反する中に共存してることは何とも我ながら'ワールドタイム/クロノグラフ'同様に無意味為りと思っていたが、実は大いに意義ある様に響いたから不思議なものではないか?

偉大なる無為...AVIATOR'S REPEATER こうして飛べる事に大いに感謝をしつつ。。。まったくSir.のニューアルバムに収録されている某曲通りである。


暫く実用試験を兼ねた帯同レポートを続けたいと思う。


# by one_after909 | 2018-11-03 02:19 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 10月 31日

details #1: THE HANDS & CROWN

f0057849_1154957.jpg

それでは細部を検証して参りましょう。

先ずは""です。

削り出しでの製作も大詰めを迎えておりました頃、時計師さんの方で1800年代当時の未使用補修用のストック*短長針/小秒針のセットが出て参りまして、これがまた自分の要望通りの形状でありました事から一旦作業を中断し合わせて見る事と致しました。 スペードの先端が若干レイルウェイのラインに届きませんが、これは先に向けて細くなる延長線上が'消滅の上到達'的に美しい事からも此方を採用する事と致しました。

f0057849_1155320.jpg

無論、文句の付けようなどありません! 短針のバランス、そしてすごく繊細な長針の'くびれ'が醸し出す雰囲気は無骨なアヴィエーションの堅さを優雅に中和してくれる様な効果があったと思います。素材は金無垢です。

...しかし、事前に貰った画像から得た感想、"現代の時計ではなく、当時のモノ!と言われても違和感ない様な佇まい"は、この辺り=当時の針を採用した事と、文字盤の意匠それ自体も基本、秀逸な過去モデルのアレンジ(パクリ^^;(笑))から来てるのかな〜?とか思う次第です。相反して風防は目立たないながら現代的に拘りました♪

More

# by one_after909 | 2018-10-31 12:23 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 10月 30日

弐號機 prologue

f0057849_1558424.jpg
昆明へのフライトまで、間隙を縫って待望のご対面を果たしました!

一言...

超大満足です! これ迄送って貰ってた画像とは質感/雰囲気共に全くベツモノでした!(勿論いい意味で..^^)

細部はまた改めまして詳しくレポートすると致しまして、先ずはなにより この手のお時計にありがちな'不自然さ'=感覚的な違和感が皆無だと言うことに驚いた! PANERAI真っ向勝負の47.5mmの巨大さを除けば、全てにおいてまるで計算され尽くされたかの様な...各パーツの比率の整合性=黄金比率が基本/法則に基づいて構成されている事だろう。よく一点物のワンオフでこの辺りを克服出来たものだなぁ..と感心しきりだ!

ヴィンテージウォッチに長年携わってはいても、いざ0から何かを造るとして そう言った綿々と引き継がれてきたモノ*先述の基本/法則を感覚的にキッチリ具現化するのは容易ではないと思う。流石やるな?正浩! ..そして時計師さん! 13もの欠損した旧々世紀のパーツを別作し完動品に仕上げる確かなる技量とその先述の卓越したセンス!これには国籍なんて全然関係ないであろう。...もう一つ正浩の言葉を借りれば...

大凡1850年代の、一度は途切れた命に160年ものその後(のち)新たな魂を吹き込んだかの様な...


久々に時計を手に取ってドキドキしたわ(笑) ムーブ入手から6年半。途中、困難もありながら*後述結実迄こぎ着けてくれて本当に有難う<(_ _)>^^


# by one_after909 | 2018-10-30 22:41 | Comments(0)
2018年 10月 29日

離日/来日 29th October

f0057849_9182163.jpg

関西空港 橋は直ったのか?


丁度今から5年前の2013年、初めてここに空路で降り立ったSir.Paul McCartneyをお出迎え...いや、一眼みたいと群衆に紛れたものである..。

『リストの新鮮味が...』とかうだうだ不平不満を垂れつつも、我々一握りのコア*厭〜なマニアのことは置いといて全音楽好きをあたたかくそして熱狂的に迎え満足させるであろう'慈愛の輝き'(選曲)には異論はある筈もなし!..と寝返り的な豹変ぶりでさも何事もなかったかの様にしれっと両国のチケットも確保したのだが、BEATLESの神様は事前に散々わがまま・言いたい放題撒き散らしてた男を容赦しなかった!

汝、その数々の雑言の償いを課す

...と言うわけで本日無事、新意匠の法被を纏って羽田に到着されたSir.と入れ替わってアジアお仕事ツアーの為 急遽日本を離れます。ぐうぅ-_- 贖宥符ください

f0057849_20565099.jpg
NHK newsより...

さて、今回も台風...やっぱりおるな? ナント4ヶ月連続!しかもこの26号、今年最大級と仰る。願わくば内陸の都市とかバングラデシュで遭遇したくないものでありますが...さて?

f0057849_21453534.jpg


なんやかんや言って、まさかポールマッカートニーが来日してコンサートに行かない!なんて日が来るとは思わなかったけど、致し方ないですね〜? 行けなかった事を後悔させる様な、素晴らしいライブになる事を祈願しつつ*Back In Brazilやってくれないかな〜?...行って参ります。


# by one_after909 | 2018-10-29 21:00 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2018年 10月 29日

PK

f0057849_1831782.jpg

これは面白い! お薦め^^

普段身近でない宗教観もありなかなかに楽しませて頂きました♪ ...まぁ正直、その'外'に居るからこうやって客観的に笑っていられるのかも知れないけど。ちょっと近頃はイスラム教の世界が近くにあるからチョット身近ではあるが...

f0057849_1913486.jpg


ショートカットなアヌーシュカ シャルマ嬢もとっても魅力的❤︎

コメディータッチのSF要素...これだけでも個人的に◎なのですが、よくぞここまで...と踏み込んだ宗教観・神様だって'外'=宇宙人からの視点では? ある意味笑ってる自分と立場が似て居る主人公設定の妙が醸す本質を突く真摯さと滑稽のアンバランスさ。ココやな? そしてお馴染みインド映画的要素..は余り濃くはなく、途中ちょっと冗長に感じがちですが、知らぬ間に引き込まれラストの頃にはもう...涙腺大崩壊でした


後味のいい、今の時代に非常によくあった すばらしい映画だと感じます。2014年の作品なのですね... 


文句なし! ☆☆☆☆☆

# by one_after909 | 2018-10-29 19:54 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 10月 25日

試写...adapterのチェック

f0057849_12194284.jpg

クローズ・フォーカス・アダプター。螺子が一個欠如、全部緩んで居りました。...しかし螺子イッコ何処行ったんや?


欠損分は仕方ありませんので、他のを全部締め直してあげましたら何とか使える域まで参りましましたので嬉しい限り^^v

...此処で東欧怪獣FLEKTOGON 35mmを装着。

我が怪獣は第二世代であり特徴はシマシマゼブラ柄である事からフォトジェニックで人気を誇る。まだマルチコーティングは施されて居りません故、防御能力(?)はこの後の第三世代F2.4に譲りますが必殺技は何と言っても"寄り"! 準マクロ並みに寄れます。...但しちょっと黄緑っぽく振れがちなので今回フィルターを購入し装着してみました。ん〜? 少しはマシかな・_・

f0057849_12212644.jpg

被写体は美しいHILTON の bowtie/triangle。

自然光でいつもの普通〜の撮影環境ですが、視力(老眼)は別としてピントもちゃんと合わせ易いし、フィルターの効果こそイマイチ体感出来ませんが...あ〜?でもやっぱりまだ少しだけカタつくな? 螺子はやはり補わなければならない様です。


More

# by one_after909 | 2018-10-25 12:56 | CAMERA趣味 | Comments(0)
2018年 10月 22日

adapterとmagnifier...

f0057849_11235843.jpg

M→Eマウントで大変*否、無ければ成り立たない程に重宝していたフォクトレンダーのクローズフォーカスマウント

永年の酷使による勤続疲労が原因?

ガタつきが顕著になって来てしまいました(T_T) 精巧な金属製で当初から造りも大変素晴らしかったのですが、重量級のMレンズをほぼ付けっ放しにしていたのが悪かったかな...と猛反省です。

無可動のマウントは『精密マイナスドライバーを溝に差し込んで...云々』と対処法がネットで見つけられましたが、此方は可動式ですゆえ探せませんでした。技術系のカメラ屋さん持って行ったらやって貰えるかな〜? or 買い替え必須?...うう(T_T)


と言う訳で、久し振りににEマウントレンズの直付けで 55mmのゾナーと16mm〜35mmのヴァリオテッサーをゴロゴロっと、もう一台のメイン機と共に提(ひっさ)げ!..の重装備で週末出まして彼方此方レンズ向けた訳ですが、自分が好きな素人全開フル開放BOKEH写真なんて今や嫁さんのi-phoneの方がより手軽にいい画角で綺麗に撮れると言う事実に落胆。*自分のはまだi-phone6^^;


...しかも近頃、MFでビューファインダー覗いてピント合わせするのが中々分かり辛い。マグニファイヤー欲しいなぁ。。。


f0057849_21561657.jpg
お写真はコチラから転載させて頂きました。


mainで使って居りますのが50mmだからx1.25が適正の様ですね♪ ...しかし歳とって近眼になっても対策兵器(?)があるのは有り難いこってす^^

continuing story of Bungalow Bill....

# by one_after909 | 2018-10-22 11:57 | CAMERA趣味 | Comments(0)
2018年 10月 22日

Looking through a awaji-island onion...

f0057849_8212356.jpg


秋も深まって参りました。。。

f0057849_823850.jpg

其処此処で風情を味わえますね〜^^

f0057849_831426.jpg

雲ひとつない秋晴れ...とは、まさにこの事か? 遠景と凪いだ海、『結局今年もサップやらず仕舞いやったなぁ? -_-』...とか

夕暮れ時、隣接する施設散策。随分久し振りです♪
f0057849_8422297.jpg


珈琲おかわり頂いて...まったりとした時間だけが流れていきます。お供ですか? シックにこんな感じで如何でしょう^^

f0057849_8294573.jpg


お土産はやっぱりコレですね^0^!

# by one_after909 | 2018-10-22 00:48 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 10月 20日

FOR SALE : model #001

f0057849_1384584.jpg
*古い広告風に(いちどやってみたかった(笑))。..万が一支障ある場合は申し訳ありません、すみやかに削除致します<(_ _;)>

詳細はコチラ! continuing story of Bungalow Bill....

# by one_after909 | 2018-10-20 00:35 | FOR SALE ! | Comments(0)
2018年 10月 20日

これはどうしたものか?

f0057849_2124687.jpg


PAUL McCARTNEY AND WINGS: WINGS 1971-73

Paul McCartney Archive Collection Limited Super Deluxe Edition
Both Wild Life and Red Rose Speedway Limited Deluxe Editions, plus:
Exclusive and numbered edition, 7-colour screen print on corrugated board.
Exclusive Wings Over Europe 96-page photo book with screenprinted cover.
Facsimile of the Wings Over Europe 1972 European tour programme.
Brand new stereo mix of tracks played on the 1972 tour on CD.

1. Big Barn Bed [Live In Newcastle]
2. Eat At Home [Live At The Hague]
3. Smile Away [Live In Berlin]
4. Bip Bop [Live At The Hague]
5. Mumbo [Live In Antwerp]
6. Blue Moon Of Kentucky [Live At The Hague]
7. 1882 [Live In Berlin]
8. I Would Only Smile [Live In Antwerp]
9. Give Ireland Back To The Irish [Live In Groningen]
10. The Mess [Live In Berlin]
11. Best Friend [Live In Antwerp]
12. Soily [Live In Berlin]
13. I Am Your Singer [Live At The Hague]
14. Seaside Woman [Live In Groningen]
15. Wild Life [Live At The Hague]
16. My Love [Live At The Hague]
17. Mary Had A Little Lamb [Live At The Hague]
18. Maybe I’m Amazed [Live In Groningen]
19. Hi, Hi, Hi [Live At The Hague]
20. Long Tall Sally [Live In Groningen]

厄介なのは、遂に5万円の領域に踏み込んだお纏め盤にはこのライブ盤が付いてくる事だ-_-

f0057849_1530138.jpg

その頃のライブ音源のLP/CDを、パッキン詰めしてあるのを除いて何枚か取り出してみました...扉写真と⇩のもの。。。

continuing story of Bungalow Bill....

# by one_after909 | 2018-10-20 00:01 | EXCEPT ME & MY MONKEY | Comments(0)
2018年 10月 17日

季節の茸とピスタチオのポタージュ♪

f0057849_912818.jpg


お土産で頂いた pistàcchio

う〜ん...ローストされて実に香ばしく、ぽりぽり!っと堪らん^^ はて? ペーストの方は、どうやっていただけばエエんかな?

f0057849_11323281.jpg

と言う事で、辺りを見渡しまして...む!? キッチン片隅のこやつに目をつけました!


f0057849_1131410.jpg


季節の茸とピスタチオのポタージュ〜 *ドラえもんっぽく^^

ペーストのオイルとエドガーさんのオリーブオイルで仕上げ。我ながら美味ぃ〜!絶品!(笑) してレシピは?...と申しますと其の実ネット上の適当なんを参考にアレンジしただけ(^_^;)> ピスタチオとペースト少々を一緒にMIXER加えただけで俄然気分ですね〜? どっかのレストランで頂いた冷製のジャガイモのピスタチオ風味のを思い出させます♪

今度は混ぜる比率でお色目までもう少し気を遣ってみましょう


たいへんおいしく戴きました、ありがとうございました<(_ _)>


More

# by one_after909 | 2018-10-17 10:01 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 10月 16日

究極movementの復活

f0057849_12184561.jpg

"1999年の永久機関"

このmodelだけは別格であった。近未来感のあったケースも流石に20年の時が経過して聊か前時代的印象は拭えませんが、それでも今だに当時の衝撃は色褪せるものではない...





More

# by one_after909 | 2018-10-16 11:35 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 10月 15日

大阪観光案内人

f0057849_9144286.jpg

平成30年 この年号最後の秋。


日曜日の心斎橋は来日旅行者で凄い人出であります。ちょっと辺りの有名な場所をご案内しました〜♪

しかし、素通りする事はあっても立ち止まる事なんてなかったから...改めてこうして眺めますと 随分変わりましたねぇ? 風情もへったくれもありませんが、閑散としてるよりはいいかもです^^ ミナミはある意味全盛期の九龍界隈にも引けを取らない混沌(caos)に溢れてます。。。



More

# by one_after909 | 2018-10-15 09:46 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 10月 14日

時雨月。肌寒くなりました...

f0057849_914235.jpg

所用があって夕刻靱公園辺りに出ましたので、そのまま晩飯を。。。と言うことに相成りました。


この辺りは、美味しいインド/ネパールetcのレストランも多うございますが、ここはグッと我慢の子で横目にしながら嫁さんお奨めの和食を頂きました♪

お献立てには時雨月と...

ああ、こう書けばより季節感がありますね^^? そして添えられたまだ色付く途上の銀杏と楓の葉が更にその風情を掻き立てます。上品なお出汁のよく効いたお料理は...思わず『Leroyのん合いそうやなぁ?』とか妄想すも、車でしたゆえ残念ながらアルコールは我慢我慢。次回のお楽しみ!と言う事で器の上の秋を堪能させて頂きました。ご馳走様でした^^お品数/ボリュームも満点..


余談。カウンター両脇はなんか共に医療関係の方々だった様で、ドラマ張りの話や専門用語飛び交ってました。..別段きき耳立ててた訳じゃないんやけどね^^;


More

# by one_after909 | 2018-10-14 09:44 | 閑話休題 | Comments(0)