飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 04日

心には春がいっぱい

f0057849_7455645.jpg


これはまたなんとも素晴らしいジャケット!

このところのレコードストアデイの商品は本当に楽しい♪ 音的には所有どうの..はありませんが、ファン/マニアにとりましてはこのジャケだけで欲しい!って思わせる一枚ですね?

ブライアン参加のこの曲にやられてしまったのはいつの事だったか? ..勿論'69年 ロンドンでのライブ盤収録のテイクもライブらしい息遣い/テンポで素晴らしくって大好きなのだが、矢張りブライアンのファルセットが絡むとひと味もふた味も違うのだ!
確固たるクリエーター/コンポーザーとして評価とは別に、この'声'!このファルセット!これもまた同様にひとつの才ですね...

そしてこの7inch盤の最後に収録されて居る⇩




Lavender,

Graduation Day,

Things We Did Last Summer...そしてこの曲。正規録音及びスタジオアウトテイク/ライブテイク/TV用音源。オリジナル以外のスタンダード曲のハーモニーも もう蕩けるように素晴らしい。

ポップ/ロックグループとしての側面、礎となったノスタルジックなこのギャップも殊更魅惑的に感じさせられた。。。


# by one_after909 | 2018-06-04 22:00 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 06月 03日

shinmachi de montreal

f0057849_1885488.jpg

和菓子を買いにドライブがてらちょっと新町まで。車内はもう暑いくらい...

みなさん、イートインコーナーにてかき氷とか召し上がってらっしゃる。もう暑い季節はすぐ其処やなぁ..-_-;

f0057849_2318274.jpg
甘くなく絶品の餅匠しづくさんの黒豆餅...

...等、お持ち帰りのお菓子を待つ間、外で暫し佇んでおりますと、明らかに普通と違うエンジン音が遠くから響いてこちらにやってくる! そして路脇に止めた456Mの脇をすり抜けてゆく、平べったいが少し腰高の一眼で'6〜'70年代のスーパーカーと判るシルエット!

うおっ!? ミウラか?

...いや? 似てるが違う! 特徴的なフロントマスク そして窓の脇のスリットで直ぐに車種は判った。公道を走ってる姿は初めてお目に掛かる! 興奮! 思わずスーパーカー少年だった頃の感覚が蘇った!そのお車は一方通行から大通りへ出る前を左折された..

あ〜ぁ、行っちゃった。

程なくして嫁さんも、お菓子を携え戻ってきたので早速スタート! 少し走らすとその大通り手前のトコはガソリンスタンでありました! コレはもしかしたら!?






More

# by one_after909 | 2018-06-03 18:31 | FERRARI | Comments(2)
2018年 06月 03日

ワイン食堂again

f0057849_7593646.jpg

過日のお師匠さま方とご一緒させて頂いた"自然派なワイン会"以来の再訪でした..。

なんやかんやで、このシンプルなref.7200こそ理想!?...なのかも?とか横目にチラチラ眺めながらの週末のお食事とワイン^^
理想っちゃあ? 横っちょにレバーのある、200引いたreferenceのんがやっぱり^^?...イヤイヤもういいでしょう(笑) この34〜5mmメンズ版があれば!


f0057849_925995.jpg
大江橋あたり...

は..意外と、普段余り利用しない路線を使えば近い事も判明しフラッと出向いて参りました。..さてワインは?とオーナーsommelièreさんに好みのニュアンスだけお伝えしセレクトして戴きます事に。なにかこの遣り取りと、嵌った時の快感がなんとも云えなくって...結構ドキドキ*逆に当たらなかった時のシドロモドロ含め^^;します。

自然派な..お若い作り手さんというピエール・ジェルべさんのシャンパーニュ。ピノブランのみを使用したというとっても端正な印象の"L'Originale"からスタート、そして特筆すべきはお次の白でした!

f0057849_757423.jpg

アンティノリと言われてもピン!と来ませんでしたが、ああ!あの何年か前の年末の有名な!(笑)

『まだ若いからアレかもですが...』と仰られました。グラスに顔を近づけますと、余り湧き立つような香りこそありませんが仄かな廃墟感が漂いいい予感、そして一口目からもう!『はい、好みです!有難うございます!』...美味しい!思わず3杯も頂いてしまいました。相方の制止がなければ軽く一本空けれたでしょう^^


旦那さまのお料理は...'洋食'カテゴリは頑なに守られるも、旬な選りすぐりの食材と其の洋食の醸すノスタルジアな雰囲気が見慣れたメニューお料理名を以って逸脱させず、気取らずただただ美味い!奥様セレクトのワインとの相性も勿論抜群です♪ 居心地もいいなぁ。。。


そんな週末の夕刻でした


# by one_after909 | 2018-06-03 08:32 | WINE♥ | Comments(2)
2018年 06月 02日

NSX

f0057849_12124960.jpg

先日、高速を走っておりましたら珍しいクルマが...

新しいNSXでしょうか? レクサスもそうですが格好いいですね〜? 近頃の日本のスポーツカー^^

昔、前職同期だった淡路島の友人が初代modelに乗ってたのを思い出しますが、整合性のあるリトラクタブルヘッドライトを備えたスーパーカー然!とした、しかし後部のウィング的な所とか流れるようなラインが洗練されていてとても好きでした❤︎ 高嶺の花でした...

f0057849_1230273.jpg
画像は此方より転載させて頂きました。

..しかしこうして見ますと改めましてやっぱり最新鋭よりこの頃くらいまでのデザインにより惹かれるかなぁ〜? もうずっとそうなるんやろうか-_-;? クルマだけでなくトケイも何も。。。とか我がの感覚の停滞/衰退に危惧を覚えつつも、既に諦念もあってか? 近頃は新しかろうが古かろうが余り拘りなく...ってそんな事よりも情熱を注入出来る'何か'の欠如の方がどちらかと言えば由々しき問題で...^^;(苦笑)

まぁ、とはいえ拘りなんてものも余り固執し過ぎない方が吉なのかな?..っと、偶に昔の記事読み返してて思ったりする次第です♪
(なんか身も蓋もねぇな^^;?...それも死力の限りを尽くして没頭してきたから?とも思うわけですが...)
f0057849_12182493.jpg
SEIKOとのコラボ時計も発表されてる模様...


来週から雨続きみたいだし今日は軽くドライブでも参るとしましょうか^^


# by one_after909 | 2018-06-02 13:04 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 05月 28日

75mm...in love with Bokeh

f0057849_13565455.jpg

ちょっと...いやかなり中心外してしまっちゃってますが^_^;

オフィシャルの写真にこんな感じのがあったのでちょっとやってみようとしたら、な、何とコロコロ回ってレンズ落下! ぐぁ〜

OH MY GOD!

..幸いにも事なきを得ましたが、ほっ、助かった-_-;

f0057849_1424058.jpg
因みに本家のはこんな感じ。

ちゃんと光線の入りとか流石計算されている...って、当たり前か^^;? ハイ、兎に角そんな訳で自分なりに楽しんでカメラ趣味も続けさせて頂いて居ります♪

以前みたいに情報収集の網を張ることもなくなりましたので全然知りませんでしたが、何とノクチルックスの新口径=75mmがリリースされてました。75mmとくれば少し距離を置いてのポートレイトポートレイト撮影には持ってこい!でありますね?

"焦点距離75mmと開放値F1.25によって生み出される薄い被写界深度は、圧倒的な明るさを持つNOCTILUX-M 50mm F0.95 ASPH.よりさらに薄く、最短撮影距離0.85mでは約1cmと想像を超えたボケ味を見せてくれそうです。"

ヨドバシのRANGEFINDER専門の頁より抜粋

う〜ん...

個人的には、最強に趣味嗜好に合う一本。『どれか一本だけ!』と言われれば間違いなくコレを選ぶこの...しかし使いこなせているとは言い難い悦楽の50mmの第二世代のf1.0 ノクチルックス。新たなる煩悩の対象が出来てしまった感も確かにあるが、今新たにもう一本増やすなら古いズミルックスの35mmか超広角の21mmの方が先かも知れない。。。

ボケボケにボケるそのf1.0の世界。

バキッ!としたお写真より、個人的にボケボケのがいいです。..しかしこの前、LEICAからのDMで紹介されてテーマはズバリ!ボケでありましたね? そうそう、ボケは英語(?)で"BOKEH"と書くんだそうです。知らなかった。


# by one_after909 | 2018-05-28 14:36 | CAMERA趣味 | Comments(0)
2018年 05月 23日

an old movement from ENGLAND...

f0057849_23473212.jpg

久々の開放的ひととき...

弐號機のことを進捗含め、時計師さんのパーツ別作ご苦労話...例えば1800年代と現代の材質の違いやあがきなど、素人には到底計り知れない領域/テクニカル的な事に興味津々に耳を傾ける。

其の未だ途上の弐號機ではあるが、ご多忙を極められる時計師さんにあっても何とか 大凡今年中には目処がつきそうな気配もあり、今から非常に楽しみではある訳なのだ。が、...そんな中、唐突にも今日は次なるコンセプトに取り掛かる事と相成った。


f0057849_23512320.jpg


ドラえもんのポケットならず、奥の引き出しから無造作に出てきた機械..。

よく仕上げの施された上のPATEK PHILIPPE製のものと比べれば少々地味な印象こそあるが、同じ文字盤側から見た感じで決定的に異なる中央の風車、若しくは'手裏剣'のようなパーツが象徴する様に同機構乍ら決定的に機能は異なる。

径も少し小型で、30mm台をギリギリキープしている。

英国より届いたという無銘の...ブランドとかを排除したココが'肝'でもある!1900年頃製と思しきこのムーヴメントは、パーツ洗浄及び簡単なOVHこそ必要だが完動品で聞かせて貰った限り音の響きも悪くない! ...久々に瞬時に妄想が駆け巡った! 本当は弐號機の後には'デッドビートセコンドのデュアルタイム'が控えていたのだが、残念ながら小型化に限界がある事もあって頓挫しており、一旦トラベルウォッチとしての参號機計画は白紙化、根本路線変更させて貰う事としました。。。

未だにいつか見たZenith製のグランソヌリの幻影はつき纏うが*理想だが、やはり小型化/厚みの壁は立ちはだかる、コチラはきっとまた其の内いい出会いもあるだろうから...

究極のシンプルミニマリズムをエナメルでいこう!

日用する'生涯の記念品'TTアクアと併用出来るもっと爺じいになっても愛用可能な自分スペシャルなオリジナル...さて、具現化出来るか^^;???


# by one_after909 | 2018-05-23 08:09 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 05月 21日

1965年のepiphone...

f0057849_10593750.jpg

...とくればやっぱりCASINOなんでしょうけど^^;

SORRENTOです。

超久々に引っ張り出しました。電気を通せば相変わらず時折りガリガリ鳴ってあきませんが生成りは相変わらずいいですね♪

f0057849_1141016.jpg


スタジオ入りしてアコースティックフォームの2回目のsessionでした。ピアノを交えて呼吸が合うまでまだ少し時間を要しそうな雰囲気ですが...此方も少々調整必須なJ160E抱えて楽しみたいと思います^^




# by one_after909 | 2018-05-21 23:47 | GUITAR | Comments(0)
2018年 05月 17日

クラブベース 修理上がり

f0057849_2053111.jpg

500-2 club bass

リペアから戻って参りました! お店で少し試奏させて戴きました*まぁこの試奏ってのもね? こっ恥ずかしいのですがね^^;

PU*コイル巻きなおし/サーキットが整備された事により音質は少々硬質な印象に変貌!そ其れ迄はピラミッドを張ってたのですが、ラベラで換えて下さったので其の弦起因もあって迫ってくるようなアタックに思わず圧倒されます。。。弦高も低くなり ベツモンや...』 -_-; 勿論いい意味でね!

大切に置いときます、..と告げますと

え?ライブで使わないんですか?と意外で '勿体ない!'と仰らんばかりの返し。流石、お仕事に対する自信が顕れてます^^
お察しいただいて『..でも海外持ってくとなると、難しいですよね〜?』とフォローをくださったが、確かにこの素晴らしいvintage bassを素人ながらステージで奏でられるのは堪らなく幸せな瞬間に違わない。現行の同モデルを準備してくれた偽Gには申し訳ないが、やはり"悦楽"という意においては残念ながら及ばない...

f0057849_849438.jpg
再びライブ登用するとなると、あとはペグ交換は必須やなぁ。...しかしオリジナルだから正直勿体ない-_-; 本当、仰せの通りなのだ。所有してる限りライブで使いたい!欲求はある。楽器もその方が幸せな筈だ!

この500-2はスペイン製である事も判明し、希少度からも日本に何本現存してるのか?ってくらいの珍品でありますし10年以上もライブで活躍してくれたし、状態もパーフェクトに相成った事だし結論、暫し休養...という事といたしましょう^^'63 500-1と並んで。。。
f0057849_20512192.jpg


完璧なお仕事でクラブベースを蘇らせてくださった八弦小唄さん。ありがとうございました<(_ _)>引き取りが遅くなってしまい大変申し訳ありませんでした。

...しかし、お話してて凄く楽しいし雰囲気もいい。次は500-1(↑)の方といつか宝物もお願いしようかしら^^



More

# by one_after909 | 2018-05-17 21:20 | GUITAR | Comments(0)
2018年 05月 17日

ファクトリーツアーin 長野

過日、お世話になりましたエコドライブワン購入後、オーナー登録させて頂きましたらファクトリーツアーの参加抽選のお知らせが届きましたので応募してみました。抽選結果は来月みたいですが...たった6名だけなので難しいかな^^;?

あ"、よくみたら一泊での開催なのですね〜?

でももし当たったら例の記念品(懐中時計/ケース)持参して訊いてみよう。。。まぁ、88年前のことですからね? 判らんかな? あ、100周年ってことは創業は前身会社で'シチズン'って名前の会社になったのが1930年って訳か。。。

f0057849_107059.jpg


..しかしこの一号機には爽快な逸話がある。ネット上の記事を抜粋しますと...


昭和2年(1927年)に名古屋での旧陸軍晩餐会で、コーヒーを楽しみながらの歓談中、一人の紳士が手持ちの時計を見せ..

陛下、これは外国製でございますが、まことに良く(正確に)合います。日本製のものはどうも不正確でまだまだ到底、外国製には及びません

と申し上げたところ、陛下は無造作にズボンの右ポケットから懐中時計を取り出し..

私のこの時計は12円50銭の国産品だけれども、とても良く合うよ

..と嬉しそうに示したのが、「尚工舎(現シチズン)」が発売したばかりの同社第1号モデル「CITIZEN(16型)」だった。



Oh,Royal Watch!



...それはさておき、 2018年(平成30年)。我がeco drive oneも大活躍してくれてます♪ 届いたowner's cardと記念に一枚パチリ!

ちょっとお値段上がっちゃったけれども、薄くって軽くって designよくって とてもよく合うよ...と畏れ多くはありますが、91年後その一号機からの進化報告と共に付け加えておきましょう^^
f0057849_113316100.jpg



# by one_after909 | 2018-05-17 11:55 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 05月 16日

新緑、クルマはQuattroporteへ...

f0057849_19374498.jpg

伊藤園 お〜いお茶 "新緑" ..特に意味はありませんが^^;

そんな'新緑'の季節は過ぎた感もありますが、禁断症状に駆られ、緑の中を久し振りに少し走って参りました。う〜ん、気持ちエエ♪

f0057849_1931819.jpg

最初のクーぺのナローから10年。

残念ながら今は、山頂から先は通行止め不通と相成ってますが、近くって気分転換にもってこいのお山の道。窓を開けると風と緑の匂いも至極心地よく...

こうしてクルマ停めて眺めながら、ペットボトルのお茶啜りながら呆けてるのも変わらずいい時間で。。。

気温30℃を超えて参りますと、且つ冷房をつけてやりますと結構水温が気になるし 12気筒の発熱もあってか車内の温度も結構厳しく真夏は乗ろう! って気にはなかなかなりません..。でもエバンスの存在を知ったので今度のオイル交換の時にでも? とか思ってます^^

f0057849_19311732.jpg


..さて、

5年経ってもまだまだ暫く蜜月を楽しみ、そして2+2のお次は満を辞してクアトロポルテ=四枚ドアですかね? ..あ、一台しかないから無理か^^(笑)♪
f0057849_8395372.png



More

# by one_after909 | 2018-05-16 08:42 | FERRARI | Comments(2)
2018年 05月 14日

it's coming up, like a flower!

f0057849_15355290.jpg


降りしきる雨の日曜日。。。

ご出勤であられた霞さんとランチして...しかしフリーフローはあかんですね^^;? ついつい飲みすぎてしまいます。なかなかタイミング悪く春先のrendez-vous 叶わずやきもきでしたが、この春からの家族環境変遷も両家ともよく似た感じでしたので、その辺りとか...勿論、メインの車の話題も'目から鱗'な流石なご視点のイタリアンな新展開(?)とか久し振りにお会いしてお聞きしとても楽しいひと時でした。有難う御座いました! 来月初旬はなんとか走りに行きたいですね〜^^

f0057849_1642597.jpg


さて、

それから帰宅しまして、4家族集まってウチでこれまた賑やかなひとときでありました。泡に続きまして...dachiroさんにインポーターさんお世話になり何本か購入させて頂きましたプイィフュイッセを思いつきで一本開けてみました。何年か前、買ってすぐ一本開けた時は正直全然早く硬く閉ざした蕾の如くブラインド会で唸った'あの感じ'。。。は微塵も感じられませんでしたがあれから時が経過して、今回はとても美味しく戴けました^^

好みのいつもの'あの感じ'がブワ〜っと溢れ出てくる!堪らん!

f0057849_18325666.jpg

どちらかと言えば温度低めの方が美味しいですね?

抜栓して暫く経過すると程よく解け、前面に出てた果実味も落ち着き'クリアさ'も増し本当に好みの感じに近づきます。あともう数年したら、更に丸みが出て...なのかな〜^^?大好きなラモネ ビアンヴニュB/Mも凄〜くお高くなってしまってなかなか買えませんので又これ補充しておくと致しましょうか^^? *其の'クリアさ'...雑味のない澄んだ岩清水感の差..しかし1/10以下のコルディエさん素晴らしいです。

f0057849_20435029.jpg

芍薬と...梅科のお花らしい名前知らず。

殆ど蕾だったがやさしい感じの花が一斉に開きました。ワインもそうですがあらゆる面で開花のいい予感がします。'coming up' と 'with a little luck'でも聴きながら参りましょう〜


# by one_after909 | 2018-05-14 16:05 | 閑話休題 | Comments(2)
2018年 05月 10日

FOR SALE

f0057849_0481432.jpg
f0057849_048173.jpg


f0057849_14324645.jpg


コンディションはご覧の通り...入手時のままです

ネック裏は長年の運指による剥げ、その他ボディ等にも打痕もあります。しかし補って余る雰囲気ですね? まさに芸術品です^^


*ナットは6弦 強く弾くと脱弦する時がありますのでライブ等で登用の際は交換お勧めします。

*Upperピックガードの先端、少し整形されてるのかな?

写真のコフマンのアームは付属しません。別モデルのものを撮影用に装着しております。(別途相談に乗ります。)


もう一本の365 CAPRIも共にFOR SALE... 次に引き継いでくださる方、宜しくお願い致します<(_ _)>^^

# by one_after909 | 2018-05-10 08:57 | FOR SALE ! | Comments(0)
2018年 05月 10日

オーケストレーション

f0057849_9575787.jpg

10年くらい前だっただろうか?

よく聴いた、このCDと同時期に出たカリビアンタッチのココモが収録されてた同趣向の盤を思い出した。そんなThe Beach Boys with The Royal Philharmonic Orchestra なるリリース。

f0057849_8581192.jpg


御多分に洩れず当時、盛んにリリースされた未発表音源やリマスターなんんかから好みのを抽出して自分で纏めたりもした際によくこの中からチョイスした。その時感じた、ご本人達以外の方の歌唱は...勿論本家より圧倒的に上手く洒落てて聴き応えもあり素晴らしいのですが矢張り"声のマジック"という点では生粋のマニアにとりましては訴えるものが少し希薄だったというポイント。"神のみぞ知る""素敵じゃないか"で顕著、Al息子さんのMattとAdrian Bakerの其れはまた少し違にする... そんなマニア心理を知ってか知らずか?それが今回リリースされるものではなんと!当時のボーカル/演奏トラックに被せるという凄技で来た!

BEATLESで言えば、ジョージマーティンスコアのオーケストラ演奏に本家のレコードの音をそのまま乗せた"抱きしめたい"をブートで聴いた際、そのオーケストレーションが'60年代初期当時'64年のもの...多分"Off the beatle track"のテイクだろうと思うが、CD化された際にもう一枚と合わせ二枚購入したもののUNITED ARTISTS盤の"A hard day's night"の"こいつ"なんかの感じを期待したが、なんか全体を通して聞くとイマイチ...な印象が拭えず、断捨離の際に処分した500枚くらいの中に残念ながらその中に入ってしまった経緯があって確認は出来ないが... が使われていた為にチープながらも違和感なく聞けた。

この辺りの時代感や空気感が先入観としてあると、洗練された現代の音とアレンジが'60年代のオリジナル音源*何曲かは'70〜'80年代 に乗る感じがどうか?って懸念はあるが、もう"音源マニア"はとうに卒業廃業してるし...BGM的にかけ流してでええのんかな^^? いずれにせよ楽しみに待つとしましょう♪


# by one_after909 | 2018-05-10 08:57 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 05月 08日

おつかれ!

f0057849_22311914.jpg

お休みの間よく活躍してくれた2+2の4人乗り^^


皆買い物に出ちゃったんで、独りで少しドライブして...洗って羽箒で叩(はた)いてシートで拭き上げてあげようと思い午後の遅がけに山方面へ出ました。天気予報は5時頃から降り始めるとの事だったのですが、ウチを出てほんの数分 暫く走っただけでフロントガラスにポツリ。

ん〜? 本格的に降り出したら嫌なので引き返す事に致しました。

f0057849_22312474.jpg

拭き上げてピッカピカ

...でも一度、タイヤハウス内やEGルームの隅々まで噛んだ砂埃を時間を掛けて念入りに拭ってあげたいなぁと思います。。。拭き上げながら細部見てるとホイールにガリ傷が新たに増えてしまっており泣けてきた(T_T) ..車幅ギリギリの車庫入れの時かなぁ?


やがて程なくして雨も本降りとなり車庫へ納める事と致しました。。






More

# by one_after909 | 2018-05-08 00:33 | FERRARI | Comments(0)
2018年 05月 06日

平成

f0057849_22131296.jpg

昨年のGW来、丁度一年振りにアワビ(淡路島美術大学)工房訪問させて頂きました。

今年も1セット購入^^

ちょっと歪んだ食器達が増殖中です。*子供達独立して2人だけなのにな〜?
f0057849_22141140.jpg
f0057849_22215554.jpg


帰りは西海岸線の方を下道で。。。

出来たばかりのKIttyちゃんトコは、車で通っただけですが満杯の様相でした^^ 夕暮れ時少し前、ナントカ映えしそうなお写真撮ってはる若者好きそうなニクとカレーのお店のテラスでお茶休憩。しかしパラソルを避けてくる強い斜めの陽射しに耐えきれず早々に退散しました。
f0057849_22301272.jpg

近海物の海の幸、お肉にタマネギと食べ物は美味いし、空気もいいし寛げるしドライブも楽しい。やっぱり淡路島はいいですね〜? 帰りは爆睡の女性陣を横目に渋滞の中を睡魔と格闘しながら帰阪致しました。いい休日でした♪

..昨年は、其のアワビの佇まいから'昭和'ってタイトルで書きましたが、今年'平成'としましたのは、もう来年の今頃は新たな年号に変わっているだろうから。『平成最後のGW淡路島』..いや、もう全ての事が平成最後ですね。。。
f0057849_236248.jpg







# by one_after909 | 2018-05-06 22:09 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 05月 05日

お足元♡

f0057849_9353443.jpg


崩壊したウレタンのカバーの残骸が脚元に散乱していた。。。

なんじゃこりゃあ〜 -_-;?

More

# by one_after909 | 2018-05-05 09:36 | FERRARI | Comments(0)
2018年 05月 04日

大阪ノ景色トクルマ

f0057849_0551036.jpg

色々と片付かぬ儘、何はともあれGW連休の後半に突入しました^^;

嫁さんを梅田迄送って、自分はその足で難波へ..。

御堂筋を往くと前方に敵機発見!ではなく(笑)、感じのいい997のカブリオレがオープンで流してました。EG/排気音もイイカンジですね〜♪
車線変更難しい休日で混雑する大阪の目抜き通りを暫く追走する..タルガトップを外した其の記憶から『あ ゝ気持ちええやろな〜?』とかその時は思いつつも。。。
f0057849_11316.jpg

駐車場に停めて所用を済ませ1ヶ月以上も開いてしまってボサボサになった髪を切りに行って、ちょっとお茶休憩して戻ってきた時にボディに薄っすら積もった黄砂やら何やらを見て..これ迄恍惚として散々遣っとき乍ら、そして亦これからも性懲りも無く遣るであろうにも関わらずコレ吸引する人体空気清浄ならず二酸化炭素発生器やな?』と、少し微妙な気分に変わりました-_-;

f0057849_11261484.jpg


斜め前には精悍な488が鎮座...

しかしお休みにはいろんな車と遭遇出来て楽しいですね〜^^? ..身近な達人の皆様は、やはり英国車を極められる究極の流れのご様相。『いつかは自分も嗜んでみたい..』と思いつつ、しかし間も無く5年のこの美しきイタリア車と今しばし。。。

f0057849_115374.jpg

好きな角度のひとつ。

More

# by one_after909 | 2018-05-04 00:56 | FERRARI | Comments(0)
2018年 05月 01日

久し振りの弐號機続報届く

f0057849_20473047.jpg

OVH並びにパーツ別作中の図

なんのかって? ..自分でさえ少し忘れかけてた=Repeater Aviator 写真送ってくれました^^パチパチパチ(拍手)

これまでの流れを抜粋してみましょう...



転ノ一
転ノ二

..しかし仕込み始めてから6年かぁ-_-;
f0057849_20445850.jpg


レバーも金で削り出して貰いました バイカラーが気分です。

まだまだこれからポリッシュして形状を整えて参ります。...しかし気分上りますね〜? まぁこう言っちゃあ身も蓋もないんですが、元々のプランは"アヴィエーター"の顔を持つってコンセプトでスタートしたにも関わらず、完成を待たずに既に少々飽きちゃってですねぇ...と申しますか? あんまりaggressiveな時計よりもよりシンプルな時計に惹かれる様になって参りましたので、新たにエナメルで換え文字盤焼成して貰おうかなぁ?..とか思う様次第です♪


...もう近頃何見ても時計欲望勃ちませんが、これは堪らん^^! タノシミダ〜! 引き続き宜しくお願い致します。


# by one_after909 | 2018-05-01 21:16 | etc...etc... | Comments(0)
2018年 05月 01日

燃ゆる太陽のごとく...

f0057849_11271411.jpg


ポカポカと心地よい一日♪

連休で戻ってきた息子と3人買い物に出ようと思ったんですが、なんか嫁さん二人っきり(息子と^^;(笑))で出掛けたい雰囲気醸してたんで、察して僕は独りカメラだけ提げてちょいとドライブに出る事としました...。

f0057849_11225939.jpg

買い物を済ませ、久々に料金払って奈良の方まで足を伸ばそう...と思い料金所でお金を払おうとしましたら、あらら! なにやら土砂崩れの影響で通行止めとの事。そりゃあ仕方ないですね〜?...クルマは木陰に停めて暫しドアを開け放って、冬の間湿気たimageのある車内も風通し 運転手はほっこり日向ぼっこです^^

f0057849_11281085.jpg


再び...ポカポカ 心地よかですね〜?

More

# by one_after909 | 2018-05-01 12:00 | FERRARI | Comments(0)
2018年 04月 27日

オヤヂ二人でカロンもなかろうから...^^

f0057849_1452413.jpg

2017年の腕時計と...恐らく'3~40年代の懐中時計。

共に1846年創業の老舗 Ulysse Nardin製のものである。


青焼きのブレゲ針、インデックスはエナメルのブレゲ数字の懐中時計に対してローマ数字の腕時計。キャンバスとなる文字盤は共に美しいエナメルだ! 特にドンツェ・カドランを買収した同社が現代に誇るこの艶めきは特筆に値いし、近年のモデルで"本質を捉え本当に価値のある一本"としては群を抜いており...それは一限定品だったのが其れにとどまらず、一般発売されてしまった事にもよく顕れているのではないか?..と思う次第だ。

f0057849_1420223.jpg

1980年のバルバレスコは熟成し抜栓直後はシェリー酒の如く...であったが、徐々に刺々しさが落ちてゆきお料理に添えられていたテリーヌと抜群のマリアージュを遂げ、それは思わずお代わりを戴いて仕舞う程でした^^

f0057849_14285778.jpg

煉瓦色の古酒。


鹿児島以来の再会でしたか? ...あゝそう思えば昨年の祇園からもう一年経ったのか? そういえばその去年の'80某シャンパーニュは黑酢化してたっけ^_^;?...な思い出。早いなぁ...


話を時計に戻しますが、市販版の針はこのブレゲタイプではなかった様な気がする。そういう意味でも特別でいいですね〜♪ 待望の大凡80年のmodel yearを経たツーショットでした。楽しいひと時をありがとうございました<(_ _)> ...and おめでとう〜^0^/





# by one_after909 | 2018-04-27 14:53 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 04月 26日

diamondの塩梅。。。

f0057849_11163627.jpg

ダイアモンドを見るブラックライトで透かして見る機会。。。

ROの同仕様のもそうでしたが、やはりファッション的要素/価格の兼ね合いもあり...って感じなのでしょうね〜? まぁこの辺り"輝度なんて余んまり関係ないや"..的な?^^;

f0057849_1124943.jpg


涼しげな時計が...な季節が遣って参りました。

横目にしつつも、左腕には変わらず...


# by one_after909 | 2018-04-26 11:40 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 04月 24日

スピンオフ acoustic unit♪

f0057849_22453857.jpg

予てからあがっていたアコースティックライブに向け...新しい女性ピアニストを迎え、初のスタジオ入り致しました。


アコギ2本とピアノとパーカッション。


オリジナル演奏に極力忠実にアレンジを施さずやってきたので果たしてどうなるのか?..だったけど、いやぁ〜新鮮でいいですね〜^^

Gとの声の溶け具合もいい感じのケミストリで普段演奏らない曲、例えば...

"across the universe"

"julia"

"I'll follow the sun"

"I will"

...とかの佳曲を気儘に奏でる楽しさよ!

まぁこの辺りはスタジオではピアノ曲中心だったので時間が足りずに演奏出来ず、R行きつけの日本料理店のお座敷での合わせ(笑)だったのですが至極気持ちよかった! このJ160Eとも もう15年。ライブでよく使ってた頃、10年ほど前にペグを総交換した。以来、部屋で爪弾くくらいでライブでは使用してない。こちらもいつの頃からか? オクターブが微妙に合わなくなって来たので要調整。。。しかし再びこの愛機に日の目を見せてあげられるのも嬉しい限りです。

P100は通さず、ピエゾPUをサウンドホールに装着した。

つい先日も書きましたがジャリジャリとしたJ160Eの音は、この個体に関しては皆無。どちらかと言えばJ45のそれに近く、声同様にGのマーチンとの取り合わせもとってもいい感じに響いた。『バングラデシュ難民救済コンサート』でのジョージとピートハムのあの感じにコーラスが乗ってゆく様な表現が出来ればいいなぁ...と思ってます^^

f0057849_023626.jpg


# by one_after909 | 2018-04-24 00:06 | GUITAR | Comments(0)
2018年 04月 22日

magic in the moonlight

f0057849_937914.jpg

偶々チョイスした映画をボ〜っと観てて...

登場した南仏の美しい海岸沿いをいろんなシチュエーションで走る一台のクラシックカーに釘付けになりました。
f0057849_9385988.jpg

alfa romeo 6C 1750 gran sport

現在のお色目で言えばルビーノレッドだったかしら?のカラーが絶妙なサイズのボディラインと相俟ってとても素敵に感じました♪

以前、156から166と10年くらいどっぷり嵌った時期がありましたので、最後の方159を少し検討しました際にいいな..と思ったのが当にこのお色でしたのも懐かしい思い出^^
f0057849_9461594.jpg

丁度、同時期にセンセーショナルに登場した8Cも確かメディアによく登場たのがこのお色目でしたね。

映画の舞台は多分1930年代なのでしょうけど、きっと当時の最新鋭の一台であったであろう颯爽たる設定が現代であったら? と考えてみますと。。。

過ぎ去りし時代へのノスタルジアや其れ故のダンディズム...おっさん同士であっても、若い女性を横にしても...映える選択。レースシーンで大活躍したり、ん〜? なんだろ? 思い浮かばん。。。
f0057849_1051292.jpg

映画自体は、ウディアレンらしい他愛もない軽妙な後味いいラブストーリーでしたが、クルマはもちろんのこと衣装やなんかもEmma Stone嬢とともにとても興味深く見入ってしまいました^^ ...しかしだんだんこういうの(クルマ)が良くなってくる..ってのは流れ/既定路線なんですかね〜? ん〜(大いなる疑問符)


# by one_after909 | 2018-04-22 10:28 | etc...etc... | Comments(0)
2018年 04月 19日

一息

f0057849_1505532.jpg

頂きものの本を読み進める。

ここ数年は意図的にBEATLES関連の書籍は遠ざけて参りました。刊行されるその種類も立て続けの Sir.ご来日もあってなのか? 驚くほど多く、全盛期を凌駕するほどではなかろうか? ハンター・ディヴィス本に始まってそう種類も多くなかったから'70年代から'80年代初頭にかけてレコードと共に小遣いの許す限り可能な限り読み漁った。。。
f0057849_22594320.jpg

新しい交通量の多い幹線道路に隣接するホテルは、少し喧騒が漏れてはくるが耐えられない程ではない。クラブラウンジも明るく変な豪華内装にしてなくシンプルで至極居心地が良い。

新しくバンドに加わるピアニスト女史が、宿泊された際の情報を聞いてたので...確かに周りに何にもないから籠るにはもってこい!カモでした^^
f0057849_2321748.jpg

部屋に置いてあった果物を

一晩冷蔵庫で冷やしてから、マンゴーは魚を捌く様に三枚におろし、真ん中の大きな種の周りをしがむ。。。後の二つは切り目を入れ食べやすくする。甘くてとても美味しい...洋梨も熟しててシャクっと噛み心地がよく旨い。お水と...こんな食事を続けてたら健康的なんやがなぁ? と思うが続く筈もないな。


今回は7フライト、ハードな行脚です。相棒もお疲れ様。



# by one_after909 | 2018-04-19 23:55 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 04月 17日

ジョンレノン 対 火星人

f0057849_1732463.jpg

街角にて。。。

しかし高温多湿最強月!なイメージのあったこちらの4月にしては耐えられる感じ。っうわ!?唐突に胸ぐらを掴みあって喧嘩が始まった!..バナナを守れ!

f0057849_17373023.jpg

暢気に写真なんか撮ってる場合ではないのだが...^^;

これから雨季になれば、インフラ整備の脆弱な舗装されていない一般道路は...泥水に浸かり ただでさえ深刻な交通渋滞に苛まれるところが一層尚更だ! 移動に必要以上の時間と労力を搾り取られラリー並みの悪路は滅入る気分を更に助長させる不快なup downを...って、
随分ネガティブな事柄しか出て来ねぇじゃないか?


f0057849_17541365.jpg

f0057849_18382317.jpg
街中から外れて少し郊外の未舗装の道を征くと砂塵で視界はこんな感じ。..ん?左手の黒いカタマリは一体??

少しだけ仕事のことを書けば...

# by one_after909 | 2018-04-17 18:20 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 04月 13日

再び雲南省にて...

f0057849_115777.jpg
誰かさまがアンダーズの素敵なお部屋で優雅に寛がれてるであろう(?)その同じ頃...

上海から、安徽省 合肥をへ経て遥か雲南省の昆明に辿り着きました^^


悔しいので(笑)一杯引っ掛けてから寝よう! っと独りラウンジへ向かうも 軽食はおろかアルコールの類いも終了していた-_-* ラフに半パンだったのでわざわざ着替えてバーに赴く気にもなれず、仕方なくトボトボ部屋に戻り腰掛けて、ルームサービスでも頼もうか?とメニューをパラパラ捲っておりましたら...魅惑的な広告のカードがするりと落ちました。


タイ式マッサージ か?

む〜? ..っと暫く考える。 さて?


More

# by one_after909 | 2018-04-13 12:22 | 旅に出よう♪ | Comments(0)
2018年 04月 10日

春の庭 秋の花...

f0057849_2234732.jpg


桜とかチューリップも勿論いいけど、やっぱりこの辺りの地味〜なのが一番ええなぁ〜?...っと 強かった風に揺れる季節外れなお色目のんを見ててそう感じます。

..唆られる花には残念ながら出会えませんでしたが、

バッテリー交換で先日、目出度く復活したGTで久し振りに宝塚の方まで足を伸ばしとても心地よいドライブでした^^

f0057849_11212848.jpg

2人分のパンだけ買って、温かいスープを車内で啜り少し暖をとる..。

特別なことは何もない日常の一コマ。余り意識したことの無い類いの感情に、なんとなく余分なものが削げてゆく不思議な感覚。。。別にこんないきったクルマでなくったって..とか元も子もないよな^_^;(苦笑) う〜ん? これはエエことなんか? それとも?


f0057849_11332679.jpg


...そして春色の明朗な花達は、少しばかり照れ臭い。


# by one_after909 | 2018-04-10 22:11 | etc...etc... | Comments(0)
2018年 04月 09日

深夜食堂 de Sapience

f0057849_22294556.jpg


馬で耕作...

自然派な夕べ。一度味わってみたかった泡 マルゲさんのサピアンス その'07年...ヴィンテージで糖度が異なり表記*EBとか..も変わるとか? 偶々タイミングもよく一月ほど前に生産者試飲会があったらしく、奥様(sommelièreさん)に資料まで拝見させて戴き 味わう前からもう興味津々でした。

この香りも特筆すべき個性を湛えており当(まさ)に好みズバリ! ..個人的にはこの価格帯としては稀有なえも言われぬ官能的なる匂ひを湛え...それは鼻腔をくすぐる心地よい栗の花の残り香。その糖度の部分でもう少し取っ付き易い年のものならまた少し印象を異にするのかなぁ?

『出だしと時間を置いてからでは別物ですよ』と仰られてたので、試してみましたが...そんな感じですね〜? でも矢張りある程度の...2本目の白が空くくらい迄の方が好みでした♪ '唯我独尊'って意味では、コレとグラヴナーさんを並べてどんなお料理と合わすのか? そりゃ難しいやろな〜?..とかボ〜っとか妄想しながら味あわせて頂きました。

あの術後の松虫の夕べ以来、約4年ぶり。新地の方へ移転されたアンデルセンさんにてお師匠様方と同席させて頂きました。

More

# by one_after909 | 2018-04-09 09:58 | WINE♥ | Comments(2)
2018年 04月 07日

熟成

f0057849_0315737.jpg

出張して戴きバッテリー交換。

タンクを外したり、奥まった所に据えられてるので『こりゃは自分ではナカナカ厳しいものがあったな?』..とか、近況お話ししながら作業風景を眺めさせて戴いてますとそう感じました。

f0057849_0342759.jpg


長らく交換されておりませんでした。手元に来てからも既に4年以上が経過してますから、寿命でしたね〜^^♪


換装を終え、促され運転席へ。

..キーを捻ると12気筒は一発で目覚めファアーン!っとひとつ咆哮した。 近年の甲高くよく調律された音色とは少し異なるこの旧世紀の官能。性能とか価値以前にどのmodelも時が熟成すれば謳われるであろう存在意義や、芸術性みたいなもの。これは唯一無二で他で味わうことは叶わない。

造形美、音、肌触り、匂い..

その美しい空間に包まれる至福の時間は単なる移動手段上のものにとどまらない。あとどの位、堪能できるかわからないが長く続けばいい..と思う次第だ。出来ればその"時が熟成"する頃まで^^



..さて先の近況を伺い、前オーナーさん今では大戦中の戦車までレストア為されてるそうで..凄い! ,,,さて、週末久々に霞さんと悦楽のrendez-vousのつもりで急遽作業お願いさせて戴きましたにも関わらず、何やら黄砂飛来で酷い状況も予想され残念ながらお楽しみは月末あたりに延期しました。*鮎も残念(((>〜<;)))


また、改めまして宜しくお願い致します。


IDさん有難うございました。


# by one_after909 | 2018-04-07 00:40 | FERRARI | Comments(0)
2018年 03月 31日

天満橋

f0057849_2045691.jpg


夕刻の造幣局通り抜け...

が、近い事もあって多かったのですが今年はお昼間に、北浜の方に車を停めてぶらぶらしました。..まぁあんまり変わらないけど^^:

水面にキラキラと太陽が反射し、散った桜の花びらと...

f0057849_20524.jpg

その通り抜けから出店の立ち並ぶいつもの終着点辺りに、逆方向から到着すると...

遡って行こうか?..とも思ったが辞めることにした。昨年迄と異なるのは、何もこのルートだけではなく つい先日、子供達も独立/巣立ちし心のどこかに空虚感があること。そんな心境の微妙な違いも殊の外大きく。。。

f0057849_20302421.jpg


あ〜...でも焼きとうもろこしは食べたかった。Anyway, いい1日でした♪

あ"!リストショット忘れました^^;(笑)


# by one_after909 | 2018-03-31 20:39 | 閑話休題 | Comments(0)