飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:FERRARI( 20 )


2018年 07月 16日

真夏の12気筒。。。結論

f0057849_2355593.jpg

今日も暑かった。。。

所用を済ませて夕刻、それでも気温は34℃と厳しいもの。..昨日に懲りずまた少し乗りたくなった。まるで習慣性媚薬である。

なんとなく...

昨日の帰途のCDで、独身時代の仕事帰り(多くは11時/0時を回っていた..)や時間があれば車に乗っていたい、そんな懐かしい感覚を少し思い出したのかも知れない。

f0057849_12141853.jpg

『まぁ、陽の暮れる頃にはもう少しマシになるやろう?』.. と心斎橋迄乗って出る事にした。

1枚目の写真の様に空調を効かせても水温は90℃前後で昨日の様な心配はどうやらなさそうだ。5回の夏を共に過ごして、なんとなく感覚的に外気温32℃を超えてくると厳しい..な、個人的ボーダーも設定されているし、そう言った意味でも昨日の行為は結論として..

真夏の12気筒はクルマにもドライバーにも良くない! ということ。

日本の夏は高温多湿で、道路は渋滞が多く平均速度も低い。そんな本来の想定を超えた環境で使われると、元々エンジンの発生する熱量が多い上、走行風によるエンジンルーム内の冷却が充分に行われず、熱に弱いゴムや樹脂部品の寿命をさらに短くしてしまう。

f0057849_1205944.jpg
切り口は異なるが二冊の好著

バイブルにもこう記載されている。そう言うことなのだ。 んな事わかり切っとったやんけ?..ではあるが 矢張り趣味車で行くのとそうでないのは違いますから...な言い訳^^;


まぁ、こう言った制約を乗り越えても愛でたい気持ちがあるうちは...かな? 「もちっとその辺楽なんも」な選択肢もあるが、年代物の車の耐久性って意味でもこれからますます難しいですな^^


by one_after909 | 2018-07-16 00:22 | FERRARI | Comments(0)
2018年 07月 15日

真夏の12気筒。。。後編

f0057849_1042681.jpg

ピスタチオ状態のM ...はい、結局456Mで出ました。

混み混みの大阪市内/高速を水温計と睨めっこしながら征く...4号湾岸方面から分岐を過ぎると流れも良くなった。それ迄は90℃を超えて100℃くらい、しかし気持ちよくアクセルを開ける区間は90℃を下回っていい感じだ..。グランドツーリングカーの本領、至極心地いい♪

目的地は和歌山

御仁のショート・ゲレンデはまだ納車前なので、並べる事は叶わないので地元の美味しいお米を使った古民家を改装したお店でオーガニック親爺と化す事とした..。
f0057849_1041892.jpg


36℃に達した気温。

ワインディングの登りの山道に差し掛かると、余りにも暑いので冷房のツマミを"3"にあげた。一般道でありますゆえ速度もそれなりで、風圧でラジエーターが機能する高速とは異なりみるみる水温は上昇しリミットの110℃に達した! う〜...

仕方ないので精神衛生上良くないし、冷房消して窓を開けることにする。

するとオーガニック気取り親爺は程なくして本性たる妖怪油すましへと変貌し正体を著した!...そして塩分濃度の濃い汗に苛まれはじめる。この汗は暫くすると普通のサラサラなのになるのだがライブやってる時も同様でそう感じるが普段からどれだけ発汗/新陳代謝の乏しい生ぬるい環境に居んねん!?って感じである。お店も冷房はなく扇風機だけだったんで回復には至らない-_-;

f0057849_1115095.jpg

シンプルでボリュームのあるランチ堪能した後、近くを散策する...

この、夏の趣味車の辛さは...だいぶ以前にTARGAでJeff先輩にお会いしに行った真夏の苦行僧を思い出すが、そもそも冷房のないナローとは根本的に異なるし、いや遥かにタチが悪い。まぁ兎に角、木立の中は25℃くらいでひんやりとしてて、12世紀頃の修験僧がこのせせらぎの辺りで寛いだであろうことも容易に想像出来る。きっと当時から余り変わってないのだろう佇まいだ。21世紀の半パン親爺をストイックな修験僧が見たら果たしてなんて言うだろう?

f0057849_11483581.jpg


九度山では地場の美味しい桃を使ったかき氷で体温を下げる。。。フゥ、やっと落ち着いた感じ^^;

ピスタチオはワニワニパニックである。

御仁にも随分、暑い思いをさせてしまい恐縮だった。自家産のスイカまで頂戴し...色々話せたし、とても開放的な一日でした!ありがとう。

帰途は、幾分斜めになった日差しもあってか? 高速に乗ってしまえば往路同様に心地よいドライビングを楽しめた。関空道経由ではなく阪和道を直進して帰るルートを選んだ。携行したCDは変わらないジャズのボーカルものやイタリアの古いの...しかしちょっとした出来事があって懐かしいスターダストレビューの当時買った('80年台後半...)CDを一枚持って出てきていた。帰りは独りになったからそのCDをプレイヤーに挿れた。
f0057849_16412612.jpg

最初と最後の曲はオリジナルとは異なりアレンジが施されておりますが、やはりいい曲はいいですね。ちょっと当時を思い出し浸ることが叶いました^^


by one_after909 | 2018-07-15 10:03 | FERRARI | Comments(0)
2018年 07月 14日

真夏の12気筒。。。

f0057849_021242.jpg

今週、某駐車場にて...

気温は32℃くらいだった。市街地走行では水温計は90℃を超えて100℃くらいまで上がってゆく。今では110℃がリミットって事は知識としてあるから慌てはしない。

このお休みの間の予想最高気温は36℃。

根性据えて、替えのTシャツ4枚準備して冷房なしの914で出る覚悟は出来てたのに、あ"!車検*意を決しての抹消/整備で無理やん?...って少し先ですが匠に依頼してた癖に、近頃の煩雑さに感け失念してました。情けなし..=_=


f0057849_8463479.jpg


さて? どっちで出るか?



つづく


by one_after909 | 2018-07-14 01:19 | FERRARI | Comments(0)
2018年 06月 03日

shinmachi de montreal

f0057849_1885488.jpg

和菓子を買いにドライブがてらちょっと新町まで。車内はもう暑いくらい...

みなさん、イートインコーナーにてかき氷とか召し上がってらっしゃる。もう暑い季節はすぐ其処やなぁ..-_-;

f0057849_2318274.jpg
甘くなく絶品の餅匠しづくさんの黒豆餅...

...等、お持ち帰りのお菓子を待つ間、外で暫し佇んでおりますと、明らかに普通と違うエンジン音が遠くから響いてこちらにやってくる! そして路脇に止めた456Mの脇をすり抜けてゆく、平べったいが少し腰高の一眼で'6〜'70年代のスーパーカーと判るシルエット!

うおっ!? ミウラか?

...いや? 似てるが違う! 特徴的なフロントマスク そして窓の脇のスリットで直ぐに車種は判った。公道を走ってる姿は初めてお目に掛かる! 興奮! 思わずスーパーカー少年だった頃の感覚が蘇った!そのお車は一方通行から大通りへ出る前を左折された..

あ〜ぁ、行っちゃった。

程なくして嫁さんも、お菓子を携え戻ってきたので早速スタート! 少し走らすとその大通り手前のトコはガソリンスタンでありました! コレはもしかしたら!?






More

by one_after909 | 2018-06-03 18:31 | FERRARI | Comments(2)
2018年 05月 16日

新緑、クルマはQuattroporteへ...

f0057849_19374498.jpg

伊藤園 お〜いお茶 "新緑" ..特に意味はありませんが^^;

そんな'新緑'の季節は過ぎた感もありますが、禁断症状に駆られ、緑の中を久し振りに少し走って参りました。う〜ん、気持ちエエ♪

f0057849_1931819.jpg

最初のクーぺのナローから10年。

残念ながら今は、山頂から先は通行止め不通と相成ってますが、近くって気分転換にもってこいのお山の道。窓を開けると風と緑の匂いも至極心地よく...

こうしてクルマ停めて眺めながら、ペットボトルのお茶啜りながら呆けてるのも変わらずいい時間で。。。

気温30℃を超えて参りますと、且つ冷房をつけてやりますと結構水温が気になるし 12気筒の発熱もあってか車内の温度も結構厳しく真夏は乗ろう! って気にはなかなかなりません..。でもエバンスの存在を知ったので今度のオイル交換の時にでも? とか思ってます^^

f0057849_19311732.jpg


..さて、

5年経ってもまだまだ暫く蜜月を楽しみ、そして2+2のお次は満を辞してクアトロポルテ=四枚ドアですかね? ..あ、一台しかないから無理か^^(笑)♪
f0057849_8395372.png



More

by one_after909 | 2018-05-16 08:42 | FERRARI | Comments(2)
2018年 05月 08日

おつかれ!

f0057849_22311914.jpg

お休みの間よく活躍してくれた2+2の4人乗り^^


皆買い物に出ちゃったんで、独りで少しドライブして...洗って羽箒で叩(はた)いてシートで拭き上げてあげようと思い午後の遅がけに山方面へ出ました。天気予報は5時頃から降り始めるとの事だったのですが、ウチを出てほんの数分 暫く走っただけでフロントガラスにポツリ。

ん〜? 本格的に降り出したら嫌なので引き返す事に致しました。

f0057849_22312474.jpg

拭き上げてピッカピカ

...でも一度、タイヤハウス内やEGルームの隅々まで噛んだ砂埃を時間を掛けて念入りに拭ってあげたいなぁと思います。。。拭き上げながら細部見てるとホイールにガリ傷が新たに増えてしまっており泣けてきた(T_T) ..車幅ギリギリの車庫入れの時かなぁ?


やがて程なくして雨も本降りとなり車庫へ納める事と致しました。。






More

by one_after909 | 2018-05-08 00:33 | FERRARI | Comments(0)
2018年 05月 05日

お足元♡

f0057849_9353443.jpg


崩壊したウレタンのカバーの残骸が脚元に散乱していた。。。

なんじゃこりゃあ〜 -_-;?

More

by one_after909 | 2018-05-05 09:36 | FERRARI | Comments(0)
2018年 05月 04日

大阪ノ景色トクルマ

f0057849_0551036.jpg

色々と片付かぬ儘、何はともあれGW連休の後半に突入しました^^;

嫁さんを梅田迄送って、自分はその足で難波へ..。

御堂筋を往くと前方に敵機発見!ではなく(笑)、感じのいい997のカブリオレがオープンで流してました。EG/排気音もイイカンジですね〜♪
車線変更難しい休日で混雑する大阪の目抜き通りを暫く追走する..タルガトップを外した其の記憶から『あ ゝ気持ちええやろな〜?』とかその時は思いつつも。。。
f0057849_11316.jpg

駐車場に停めて所用を済ませ1ヶ月以上も開いてしまってボサボサになった髪を切りに行って、ちょっとお茶休憩して戻ってきた時にボディに薄っすら積もった黄砂やら何やらを見て..これ迄恍惚として散々遣っとき乍ら、そして亦これからも性懲りも無く遣るであろうにも関わらずコレ吸引する人体空気清浄ならず二酸化炭素発生器やな?』と、少し微妙な気分に変わりました-_-;

f0057849_11261484.jpg


斜め前には精悍な488が鎮座...

しかしお休みにはいろんな車と遭遇出来て楽しいですね〜^^? ..身近な達人の皆様は、やはり英国車を極められる究極の流れのご様相。『いつかは自分も嗜んでみたい..』と思いつつ、しかし間も無く5年のこの美しきイタリア車と今しばし。。。

f0057849_115374.jpg

好きな角度のひとつ。

More

by one_after909 | 2018-05-04 00:56 | FERRARI | Comments(0)
2018年 05月 01日

燃ゆる太陽のごとく...

f0057849_11271411.jpg


ポカポカと心地よい一日♪

連休で戻ってきた息子と3人買い物に出ようと思ったんですが、なんか嫁さん二人っきり(息子と^^;(笑))で出掛けたい雰囲気醸してたんで、察して僕は独りカメラだけ提げてちょいとドライブに出る事としました...。

f0057849_11225939.jpg

買い物を済ませ、久々に料金払って奈良の方まで足を伸ばそう...と思い料金所でお金を払おうとしましたら、あらら! なにやら土砂崩れの影響で通行止めとの事。そりゃあ仕方ないですね〜?...クルマは木陰に停めて暫しドアを開け放って、冬の間湿気たimageのある車内も風通し 運転手はほっこり日向ぼっこです^^

f0057849_11281085.jpg


再び...ポカポカ 心地よかですね〜?

More

by one_after909 | 2018-05-01 12:00 | FERRARI | Comments(0)
2018年 04月 07日

熟成

f0057849_0315737.jpg

出張して戴きバッテリー交換。

タンクを外したり、奥まった所に据えられてるので『こりゃは自分ではナカナカ厳しいものがあったな?』..とか、近況お話ししながら作業風景を眺めさせて戴いてますとそう感じました。

f0057849_0342759.jpg


長らく交換されておりませんでした。手元に来てからも既に4年以上が経過してますから、寿命でしたね〜^^♪


換装を終え、促され運転席へ。

..キーを捻ると12気筒は一発で目覚めファアーン!っとひとつ咆哮した。 近年の甲高くよく調律された音色とは少し異なるこの旧世紀の官能。性能とか価値以前にどのmodelも時が熟成すれば謳われるであろう存在意義や、芸術性みたいなもの。これは唯一無二で他で味わうことは叶わない。

造形美、音、肌触り、匂い..

その美しい空間に包まれる至福の時間は単なる移動手段上のものにとどまらない。あとどの位、堪能できるかわからないが長く続けばいい..と思う次第だ。出来ればその"時が熟成"する頃まで^^



..さて先の近況を伺い、前オーナーさん今では大戦中の戦車までレストア為されてるそうで..凄い! ,,,さて、週末久々に霞さんと悦楽のrendez-vousのつもりで急遽作業お願いさせて戴きましたにも関わらず、何やら黄砂飛来で酷い状況も予想され残念ながらお楽しみは月末あたりに延期しました。*鮎も残念(((>〜<;)))


また、改めまして宜しくお願い致します。


IDさん有難うございました。


by one_after909 | 2018-04-07 00:40 | FERRARI | Comments(0)