飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:FERRARI( 49 )


2019年 02月 23日

疲れを知らない子供の様に...

f0057849_22572069.jpg

眼前に大鳴門橋。

此れ迄の感じからすれば淡路SAで一服してから?..と思ってましたが、全然行けそうなので淡路島を一気に縦断し四国は目前だ!

これは楽勝...?

..なムードでGTはひた走る。高速走行ではまるでレールの上を走ってるかの如き抜群の安定性を誇る。流石だ。アクセルをもっと踏み込めば...な欲求は確かにあるが決してそうしない。巡航速度はあくまで常識範囲内。

BGMもいつものに加え何枚かサントラのCDを持参した。特に『紅の豚』のはなかなか嵌る^^。運転してても至極気分がいい。


しかし...

More

by one_after909 | 2019-02-23 23:05 | FERRARI | Comments(0)
2019年 02月 21日

GTたるを証明す

f0057849_194208.jpg

我が愛しのピスタチョ...❤︎


明日はきっとバタバタするので今日の内に、ガソリンスタンドでタイヤ空気圧⇧写真/オイル量チェック⇩写真と燃料満タンに給油しました。一体どれ程のガソリン喰らうんや? と延々と回り続けるメーターに慄きつつ、主人によく似て全く以って笑えんわ-_-;
...と思った。


f0057849_19542316.jpg

それもその筈タンクの容量は110ℓとの事らしい。

燃費は色々拝見してて平均4.8ℓ/kmくらい、高速走行がメインとなろうけどまぁ安全にみて4kmとして440kmか? 片道約350kmの道程だからなんとか無給油で到達出来そうやな? ...しかしこんな事、事前に気にしなきゃってのは現時点での電気自動車の感覚ってこんな感じなのでしょうかね?


往復700km行。勿論初めての試みである。グラントゥ〜リスモォ〜🇮🇹 wikipediaにはGTカーの定義がこう書かれてます


..まぁ、片道350kmくらいでグランドツーリングもないとは思いますが、自分にとっては最早冒険的な距離である。

クルマも...456M GTA ってくらいだから*最後のAはオートマのAそんな用途が本来の姿の筈。超大発熱量の12気筒発動機は本当に4時間半のドライブに耐え得るのか?? 途中で何かの梨液ブシャ〜!!(古っ^^;)っとかならないだろうか?? それ以前にドライバーが持つのか(笑)?? とか正直不安もありますが、もう一つの楽しみとして参りたいと思います♪


続く。。。



by one_after909 | 2019-02-21 17:08 | FERRARI | Comments(0)
2019年 02月 18日

might as well ..?

f0057849_213353.jpg

小雪がちらつく中、能勢の方まで。。。




More

by one_after909 | 2019-02-18 02:06 | FERRARI | Comments(0)
2019年 02月 15日

valentine date with 456...❤️

f0057849_14122399.jpg

アパートの駐車場の大規模補修が区分順にあってて、先週迄代替スペースに退避させておりました。


イッコお隣りのブロックなのでそう影響ないか?っと思ってたら、なんと!埃やら飛礫がクルマの上に積もっておりました。『この前折角綺麗にしたのに、ボディカバーしときゃあ良かったなぁ..T^T』と甘くみた事を少々後悔しつつ、まぁちょっと走れば飛ばされて落ちるか?...と難波まで乗って出ると致しました。。。

大部分は落ちましたが、予想以上に堆積してた様でご覧の通りの有り様でしたので専門のトコでエアーで飛ばして貰いたかったですが、まだ少し時間に余裕がありましたので駐車場でままよ!っといつもの羽箒でパタパタはたく事としました♪

f0057849_14203882.jpg

所用を終え、何処かで再度羽箒掛けしてシートで拭きあげようか?と思いますも外は余りに寒いのでやっぱり辞めとこっとあっさり断念!...はい、根性なしです^^;

どうやら『白秋期』とやらに入って以来、我が趣味・嗜好も大きく変わってきちゃったけど、端的に言えばこれ迄価値を抱いてたポイントが全く違ってきてしまう...これには自分でも少々驚きを隠せないが、まぁ趣味一つとっても変遷があった様にそれが自然な流れなのでしょう。きっと^^

クルマも、この理想なる流れるように美しい流麗なスタイリングのものより少々鈍重でも味のあるもの、若しくはデザイン的に押し出しの少ないものにより惹かれるようになって参りました。其れもなんか既定路線みたいで嫌やなぁ?...とかブツブツ呟きつつ。


じゃあその代替の一台は何やねん?と問われれば...

やっぱりコレかな^^;

by one_after909 | 2019-02-15 02:29 | FERRARI | Comments(0)
2019年 01月 30日

DIY 内装・革のお手入れ....part Ⅱ

f0057849_17311497.jpg

そのステアリング。

前回出来なかったディンプルのその奥まで、付属の刷毛でコシュコシュやってやる事とした...

More

by one_after909 | 2019-01-30 17:47 | FERRARI | Comments(0)
2019年 01月 28日

DIY 内装・革のお手入れ♪

まぁ言う程、革自体の劣化が著しい訳ではないのですが、ちょっと気になるのはこのドアのハンドル。明らかに少しテカってます。

f0057849_14422131.jpg

【処置前】
f0057849_14422752.jpg

【処置後】

ココはドア開閉の際、必然的に手が伸びますゆえレザーパーツではステアリングの次に接触頻度が高いので仕方の無い事です。

blissの使用方法は簡単、かたく絞ったタオルに5〜10回程スプレー噴射してただ拭き上げるべし!...するとご覧の通りテカってた部分の嫌な光沢は軽減されしっとりと付近の部分と馴染んで見えます。う〜ん? なかなかエエ効果やないか? っと感心しつつ作業をシートに移します。。。

f0057849_14574220.jpg

【処置前】
f0057849_14574779.jpg

【処置後】

456の座面は可動の柔らかい中心クッション部分とサイドのピン!と張られた硬い部分とに分かれます。ヒビ割れとまでは行きませんが、中に汚れも溜まってどうしても皺が目立ってしまいます。特に乗降車時につくと思しき硬いサイドの部分と、重い体重で圧迫されるクッション部分ですね?余り擦り過ぎないように拭いていきますと、皺の中に詰まった汚れが落ちたのと此方も若干あったテカリが軽減されました。

付属のブラシを使えばもっと奥の汚れを落とせて綺麗になりそうな? 今度やってみよう。。。

説明文にあった文面は伊達やないな? これまでミンクオイル入り保湿ナントカやら、大層なネーミングの製品を色々と試しましたが間違いなく一番効きます! それなら? ステアリングには? *説明書では過走行の車には使うなとあるが...-_-;

f0057849_1621099.jpg

こちらはテカテカに光沢が出てしまっており、正直イチバン・・・な箇所。

パンチングレザーな事もあり蓄積した汚れは厄介でありナカナカに手強い-_-* ひと通りやってみたが時間を掛けたサイド部分は少し光沢が落ち随分落ち着いたが、やはり新品時*どんなか知らんけど想像の域で..には程遠いか?

これはもしかしたら付属のブラシでやると更に効果があるかも?なのでまた改めてやってみたいと思う次第だ。

それでもやっぱり大幅改善されたかな〜^^? このセンターコンソールの物置きスペースもテカりが解消され綺麗に仕上がりました。レザー部分全体的に随分スッキリして凄っごく気分がいいです♪
*殆ど未使用状態の後席は未施工です。

f0057849_16543338.jpg




PS; 全然関係ないけど、シートとこのセンターコンソールの隙間が狭くってここにモノが落ちて入り込むと手が入らずナカナカ取れないんです。..先日、待ち時間に車内でポップコーン食べてたら一個落としちゃって気になってたんですが無事吸い込み成功! 同様にスッキリしました^0^...実はまだペットボトルのキャップが残ってるのを発見!こんなのいつ落としたっけ? 記憶にない。。。


by one_after909 | 2019-01-28 15:21 | FERRARI | Comments(0)
2019年 01月 25日

老朽車の宿命

f0057849_1165062.jpg

もちろん'老朽'...っていう程ではありませんが、それでも18年前のクルマ。コレクション用途で飾ってる訳じゃなく極々普通〜に乗っております故、当然 接触頻度の高い部分は結構アタリが出て来てしまってます。

大分前にPoltrona Frau専用の保守キットが販売されている事も知りましたが、拘らずちょっと自分で出来る範囲でやってみたいなぁ? と思います..。


さて、Let's get started♪
f0057849_1150872.jpg
classic driver頁より抜粋・転載させて戴きました。...

"In 1998, Poltrona Frau was asked to asked to upholster its first series production Ferrari, the elegant 456M, shortly followed by the 550 Maranello. When, in 2000, the prolific British company Connolly Leather ceased production, it opened up a whole new world of opportunity for the leather-workers of Tolentino: Lancia, Fiat, Maserati, Alfa Romeo, BMW, Mercedes, Jaguar, Land Rover and Bugatti – suddenly, all were being finished in leather by Poltrona Frau..."


と、評判/効果の良さそうな液体買いに行ったが残念乍ら実店舗では売ってなかった。...仕方ないのでネットで注文、着果待ち〜^0^



by one_after909 | 2019-01-25 05:07 | FERRARI | Comments(0)
2019年 01月 21日

modificato前後

f0057849_10203782.jpg

former owned by Sheikh Abdulaziz Bin Khalifa Bin Hamad Al Thani

均整の取れた美しいシルエット、そしてお色目のGTは6速MT仕様である。昨年春のSotheby'sのオークションに出品されたカタール王族の所有車。

f0057849_10264541.jpg
PETROLICIOUSより

このお色目も素敵だなぁ?..とずっと思い続けてます^^

後方からのシルエットは基本同じ。アンダースポイラーの可変仕様が固定となったMはフロント部分に手が入れられDaytonaを想起させたエアダクトがなくなりクラシカルな意匠と共に若干まろやかなな曲線を帯びた印象を与えられました。どちらも捨て難し。

f0057849_16454026.jpg

赤や黄色が余り似合うとは言い難い珍しいFerrariではありますが ...まぁ言い換えれば一言'地味'^_^; でも逆に其処が由!と個人的には思う次第で御座います。

5年/数千kmの走行で何処までこのクルマの事が判ったのか? それは甚だ疑問ではありますが、導入後すぐにEGの腰上をやったのと、ショックから油漏れを起こしメーカー(ビルシュタイン)OVHを施し...あ、リトラクタブルも片目を修理と、『意外にトラブルも少なく』と書こうと思いましたがこうしてみると結構ありますね〜(笑)

一度、タイミングベルト/ウォーターポンプ辺りは交換されておりますがこれもまた将来どこかのタイミングで...と相成る構造上の宿命。


随分ネガティブな事も書きましたが、補って余る魅力に溢れている事もしっかりと付け加えておかねばなりません。そのあたりもまた追って...


by one_after909 | 2019-01-21 11:14 | FERRARI | Comments(0)
2019年 01月 16日

55,558km over... 最長不倒を目指して

f0057849_2129386.jpg

4ヶ月分の、そして淡路島行の埃を落としに洗車場へ...

急な降雨で濡れたのを除けばボディに水を掛けた事ありませんから *あ"一度だけあの若草山ラリーの後はやったか^^? 

ホイール/タイヤハウス部のみ手洗いガンで泡噴射と水洗いで...それ以外は羽箒で埃を払ってシートで丹念に吹き上げます。旧型携帯での撮影で判り難いですがピカピカになり嬉しい限りです^^

f0057849_23111661.jpg

2000年式だから既に18年落ち。 走行距離も55,555kmを超えました。..導入後丸5年、10,000kmも乗ってませんね〜^^;

数年前、90,000kmの走行距離の金色のMの存在を知ったが、こうなったら100,000km越えを目指して乗り続けるか? ..なにせGT(グランドツーリング)ですから、長距離を征くのが本望のク・ル・マ❤︎ さてはて?

しかしフェラーリってどの位 走るのでしょう? ざっと眺めた感じ国内では'70年式の365GTB4 デイトナの111,000kmと言うのが突出してる様だが? コレクションとしても勿論いいと思うが、走らせるとどっぷり嵌る唯一無比の12気筒発動機の官能。...エコな電気自動車/小排気量ハイパワーの時代の流れとは真っ向から逆行する、この前時代の恐竜を大手を振って走らせるのが憚れる日がやって来るのもそう遠くないのかも知れません。。。

f0057849_9203592.jpg






by one_after909 | 2019-01-16 22:20 | FERRARI | Comments(0)
2019年 01月 15日

中途島... midway

f0057849_23464713.jpg

大凡1/3の距離である。うん、これなら(体力的にも)なんとなくイケそな気がする...が^^?

島にMで訪れたのは何度目だろう? やはりGTロングドライブはいいもんだ..と改めて感じる。

f0057849_23515524.jpg

ウチの内装顚末の事では嫁さんと今でも都度都度話すが、正直やはりこう根本・細部共にセンスやなぁ? ..と、今日も決して華美に虚飾が施された訳でもないのにシンプル/ミニマルな、採光の具合とか? 外への視線の感じとか? お色目だとか? ごくごく抽象的だけど多分緻密に計算されてるのだろう、しかも余り好みではないモルタルやモノトーン基調乍ら、凄く心地良く感じさせる空間に居ると改めて会話に上がったりする。

f0057849_0284450.jpg

歪(いびつ)な硝子瓶の陰影が和紙張りの漆黒のテーブルに。そして仄暗い室内からお外を臨む感じが、冬なのに鮮明で何か凄くいい♪ ..勿論、車眺めながら頂く浅煎りの珈琲もだ。
f0057849_0324527.jpg

暖炉のぬくもり...焔のゆらめき...


うだうだ言ってると、ビシッ!と『マンションじゃ無理やし、偶にやからええの』と釘を刺される。ハイ、仰る通りですね^^;





by one_after909 | 2019-01-15 00:46 | FERRARI | Comments(0)