飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ORIGINAL WATCH( 28 )


2020年 06月 02日

#2 Amelia's solo going (the finale)

 #2 Amelia\'s solo going (the finale)_f0057849_14311551.jpg
💕


予期せぬ迎撃機との遭遇・回避、対空砲火による多少のダメージ= 当然、納付すべき消費税・地方消費税(納付済み。但し関税は0%) はあるが"ブツ"は無事である事を改めて確認。久し振りの再会を果たす。ただただ 大感激!

 19世紀ミドセンチュリーに生を受けた一本は、一度はその鼓動を止めてしまうも幾久し後の21世紀に極東の匠の手によって再び時を刻み始めた。今では味わう事の叶わない過去の意匠...其れは奇しくも、冠したこのペットネームのヒロインが活躍そして不幸にも消息を絶ってしまった年(1937)とほぼ同年(1936)に製造された稀少なmodelをモチーフとしている。込めた想い、そして将来誰かがこの一本を手にした時、今は飽く迄プライベートユーズ目的で作成された少し大きな一本の腕時計に過ぎないが、この身朽ち果て製造後200年以上経ても尚、元気で平和な時を刻み続けていてくれれば... 少しは意味があるのかな?とも思う。 AD 2020/6/2 蘊 蓄蔵


...今度、磨き魔の人にやり方教わろう129.png


by one_after909 | 2020-06-02 14:39 | ORIGINAL WATCH | Comments(0)
2020年 06月 02日

#2 Amelia's solo going (3)

 #2 Amelia\'s solo going (3)_f0057849_09062770.jpg
万難を排し遂に早朝の滑走路に舞い降りた!


奇跡の如く150年前の息吹を再び与えて下さった技師さんの許、余り大きな声では言えないがSWISS某独立時計師さん試作モノやref.5074P等の錚々たるequipments達の間隙を縫って整備が施され半年の期間を経て再び日本の地を踏んだ我が#2 Amelia



 #2 Amelia\'s solo going (3)_f0057849_01535567.jpg
Night Flight...そして

暁光の中、紀伊水道を北に機首を向け着陸態勢に入ったLockheed 10E Electra ...


無線傍受/暗号解読を危惧し昨夜半過ぎ隠密裏に離陸したのであった。燃料タンクが増設されてる故に航続距離は数値上無給油での到達が可能。


(*単にデータ更新がなかっただけみたい^^, 早朝、最大の懸念のひとつだった通関も無事クリアし配送の途上にあるみたいです。待ち遠しい!)





タグ:

by one_after909 | 2020-06-02 02:25 | ORIGINAL WATCH | Comments(0)
2020年 06月 01日

#2 Amelia's solo going (2)

#2 Amelia\'s solo going (2)_f0057849_10214375.jpg
土曜日早朝の入電では陸路を丸2日間かけ警戒網突破し〇八一六、無事に搭乗機迄到達した旨の報告があって一先ず胸を撫で下ろした。


...然し

未だ続く離陸の報はなく、それ以降の情報も既に48時間途絶えた侭だ!果たして弐號機は無事なのか?手に汗握る緊迫した状況は続く。。。




by one_after909 | 2020-06-01 10:41 | ORIGINAL WATCH | Comments(0)
2020年 05月 29日

#2 Amelia's solo going (1)

#2 Amelia\'s solo going (1)_f0057849_00295785.jpg
東シナ海を越えて約1,400kmの単独飛行。

整備・点検を完璧に施され戦線復帰の機会を窺っておりましたが戦況厳しく、当面回収作戦不可なので極秘裏に単機隠密飛行を決行ス!


久し振りの『水無月作戦』。間に合うか?




by one_after909 | 2020-05-29 21:29 | ORIGINAL WATCH | Comments(0)
2020年 02月 29日

motif : Ashen x Rose Gold -カラーリング編-

motif : Ashen x Rose Gold -カラーリング編-_f0057849_16005491.jpg
Ay&TyさんのInsta拝見しいいな〜?とグレー x ローズの配色に面舵いっぱいモダン路線に大転換しよっかな?...とか妄想中。

Ferdinand Berthoud Chronomètre FB 1R.6-1
motif : Ashen x Rose Gold -カラーリング編-_f0057849_16011294.jpg


あと、昔から気になってたジュルヌさんのアレの感じもそうでしたね^^KさんのAPもそうだった...。


余りデザイン先に来ちゃうと飽きて長く使えない...ってのもありますが、さて?

前回の#2 Amelia(弐號機)の時は、リピーターで反響とか加味して銀製の文字盤でこさえて貰ったけど、極々シンプルでスモールセコンドの所だけ窪ませただけでした。今回ステンレスで構わないからこの手のデザイン採用するならレイヤー構造で貼り合わせ?とか...妄想してしまいますが、んにゃ?嫌がられるかな?

...と申しますか? この昨今の状況でそもそもどうなんや? 出来るんか?

ってのが先に参りますね^^;



More

by one_after909 | 2020-02-29 01:32 | ORIGINAL WATCH | Comments(0)
2020年 02月 14日

嬉しいね😊

嬉しいね😊_f0057849_00012397.jpg
Instagramを覗かせて頂くと...


飾らず、いいお写真^^💕

なんか古いPATEKでこんなん有っても全然不思議じゃない感じに映りますね?長らく手許にあった時より嵌ってる様な(笑)



...ちょっと弐號機が恋しくなりました。


More
タグ:

by one_after909 | 2020-02-14 00:20 | ORIGINAL WATCH | Comments(2)
2020年 02月 07日

復活!...そしてtourbillon参號機計畫

復活!...そしてtourbillon参號機計畫_f0057849_11484115.jpg
'整備完了'のmessageが動画と共に届いた。


🔔チンコ〜ン


...うん、いい感じに見受ける。原因はやはり湿気所以のものだったらしく諭されてしまった-_-; 

確かにそうやな?

一昨年上がって、嬉しがって『実戦試験飛行や〜』とか即バングラ戦線帯同したり、その後も大陸戦線からより過酷な高温多湿の真夏の本土戦に駆り出したり其の容貌にたがわぬ'歴戦の猛者'たる八面六臂の活躍で、デザイン・機能・着用満足度も実に素晴らしかったが...思い遣りが足りなかった!飽く迄、非防水の鎧羽織った前々世紀の超複雑精密機械なのだ!と、反省。




幸い極軽微な整備で事無きは得た様ではあるが、同じ過ちは繰り返さぬ様にしよう。



More
タグ:

by one_after909 | 2020-02-07 12:43 | ORIGINAL WATCH | Comments(0)
2020年 01月 31日

the last shot...

the last shot..._f0057849_21403692.jpg
記念すべき初號機...


長年、旧車の良き相棒=ドライビング・ウォッチとして活躍してくれました。最後の一枚はref.5004とサイド・バイ・サイド。


とても寒かった本日、その気鋭の5004オーナーさんの許へ嫁ぎました。


久し振りの時計談義、楽しかったです^^。有難うございました。お近くなので、またお会いしましょう♪




by one_after909 | 2020-01-31 22:54 | ORIGINAL WATCH | Comments(2)
2019年 11月 21日

国境を越え、限界を超える我が弐號機

国境を越え、限界を超える我が弐號機_f0057849_1293072.jpg

時計も殆どご無沙汰な今日この頃ですが、マガジンが届き興味深かった記事にあわせましてちょっと..


へ〜? アラーム付いたんですね? コレはなかなか使い勝手がよさげな?

..も、勿論なのですが興味は其処ではなくこのモデルのルーツとして取り上げられてたmodelに...1936年製造で Ref.の記載はなくムーブメント№だけの表記。相変わらずイカす外貌だ!

国境を越え、限界を超える我が弐號機_f0057849_1334924.jpg

しかし乍ら本家PATEK様が2015年にRef.5524Gとしてほぼ80年の時を経て現代に蘇らせて今に至るモデルは少々趣きの異なるものであり、やっぱりあの感じが好きだったんで思い切って少々のアレンジを加え具現化させたのがこの私的、弐號機だったのであります。

国境を越え、限界を超える我が弐號機_f0057849_1223641.jpg

3〜40歳台だったらきっと何の疑いもなくオール・ステンレス製にしたんだろうけど、年齢的な嗜好で竜頭・レバー等外装に少し色(金)を加えました。

そのルーツモデルが55.3mmでリリースモデルが42mm。我が弐號機は47.5mmと中間的な大きさだ。

これは具現化に当たってミュージアムで可能な限りあのショーケースの前に佇み目に焼き付け、一般的流通モデルに比べ圧倒的に少ない...と言うか皆無と断言出来る"実機を見る"機会から得られる感覚的な蓄積・経験を得ました。そこからしても出来上がった一本は違和感は少ないと思う次第です。
*勿論、一点製作の手作りだから甘い部分は仕方がないが...

結果、アクリルかガラスか判らないがあの分厚いせり上がった強靭そうな風防ではなく、現代のPATEK的なベゼルからなだらかな弧を描くサファイアクリスタルで別作した。

国境を越え、限界を超える我が弐號機_f0057849_1373350.jpg

文字盤中央の積算表記が形骸化された事により、機能表記から只のデザインに…それに伴いハンドも無骨なオリジナル型から、当時のストックパーツのスペード針に意匠変更。リピーター機能は当時夢中になってた機能的満足感を齎してくれた。その物ズバリを作る!のではなく*余りそう言うのには興味ない 飽くまで個人で愉しむ域で雰囲気拝借のノリ...



能書きはいいから、そんな事より早ぅ修理に出せや!?。。。って感じですね^^;?

...チンコン遊び出来ん-_-


More

by one_after909 | 2019-11-21 12:46 | ORIGINAL WATCH | Comments(0)
2019年 10月 01日

stop to working ??

stop to working ??_f0057849_11463938.jpg

コレが手許に遣って来てからと言うもののそれまでの癖(へき)も何処へやら?

その大きさから決して日々愛用出来るものではないけど偶に着用しチンコン鳴らしては悦に浸っていたのであります。が、此処に来て発条が巻けなくなってしまった。。。

...うう、

高温多湿の日本の夏を甘く見過ぎたか?...いや?それ以前にもバングラとか平気でしてったからなぁ。見てくれは強靭な印象のPILOT WATCHだが中身は飽く迄1850年代の精密機械、甘く見ていたかも知れない。...後悔。

stop to working ??_f0057849_12404375.jpg


初號機のOVHが上がっている様なので入れ替えやな?


by one_after909 | 2019-10-01 12:18 | ORIGINAL WATCH | Comments(0)