飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:閑話休題( 239 )


2018年 05月 23日

an old movement from ENGLAND...

f0057849_23473212.jpg

久々の開放的ひととき...

弐號機のことを進捗含め、時計師さんのパーツ別作ご苦労話...例えば1800年代と現代の材質の違いやあがきなど、素人には到底計り知れない領域/テクニカル的な事に興味津々に耳を傾ける。

其の未だ途上の弐號機ではあるが、ご多忙を極められる時計師さんにあっても何とか 大凡今年中には目処がつきそうな気配もあり、今から非常に楽しみではある訳なのだ。が、...そんな中、唐突にも今日は次なるコンセプトに取り掛かる事と相成った。


f0057849_23512320.jpg


ドラえもんのポケットならず、奥の引き出しから無造作に出てきた機械..。

よく仕上げの施された上のPATEK PHILIPPE製のものと比べれば少々地味な印象こそあるが、同じ文字盤側から見た感じで決定的に異なる中央の風車、若しくは'手裏剣'のようなパーツが象徴する様に同機構乍ら決定的に機能は異なる。

径も少し小型で、30mm台をギリギリキープしている。

英国より届いたという無銘の...ブランドとかを排除したココが'肝'でもある!1900年頃製と思しきこのムーヴメントは、パーツ洗浄及び簡単なOVHこそ必要だが完動品で聞かせて貰った限り音の響きも悪くない! ...久々に瞬時に妄想が駆け巡った! 本当は弐號機の後には'デッドビートセコンドのデュアルタイム'が控えていたのだが、残念ながら小型化に限界がある事もあって頓挫しており、一旦トラベルウォッチとしての参號機計画は白紙化、根本路線変更させて貰う事としました。。。

未だにいつか見たZenith製のグランソヌリの幻影はつき纏うが*理想だが、やはり小型化/厚みの壁は立ちはだかる、コチラはきっとまた其の内いい出会いもあるだろうから...

究極のシンプルミニマリズムをエナメルでいこう!

日用する'生涯の記念品'TTアクアと併用出来るもっと爺じいになっても愛用可能な自分スペシャルなオリジナル...さて、具現化出来るか^^;???


by one_after909 | 2018-05-23 08:09 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 05月 17日

ファクトリーツアーin 長野

過日、お世話になりましたエコドライブワン購入後、オーナー登録させて頂きましたらファクトリーツアーの参加抽選のお知らせが届きましたので応募してみました。抽選結果は来月みたいですが...たった6名だけなので難しいかな^^;?

あ"、よくみたら一泊での開催なのですね〜?

でももし当たったら例の記念品(懐中時計/ケース)持参して訊いてみよう。。。まぁ、88年前のことですからね? 判らんかな? あ、100周年ってことは創業は前身会社で'シチズン'って名前の会社になったのが1930年って訳か。。。

f0057849_107059.jpg


..しかしこの一号機には爽快な逸話がある。ネット上の記事を抜粋しますと...


昭和2年(1927年)に名古屋での旧陸軍晩餐会で、コーヒーを楽しみながらの歓談中、一人の紳士が手持ちの時計を見せ..

陛下、これは外国製でございますが、まことに良く(正確に)合います。日本製のものはどうも不正確でまだまだ到底、外国製には及びません

と申し上げたところ、陛下は無造作にズボンの右ポケットから懐中時計を取り出し..

私のこの時計は12円50銭の国産品だけれども、とても良く合うよ

..と嬉しそうに示したのが、「尚工舎(現シチズン)」が発売したばかりの同社第1号モデル「CITIZEN(16型)」だった。



Oh,Royal Watch!



...それはさておき、 2018年(平成30年)。我がeco drive oneも大活躍してくれてます♪ 届いたowner's cardと記念に一枚パチリ!

ちょっとお値段上がっちゃったけれども、薄くって軽くって designよくって とてもよく合うよ...と畏れ多くはありますが、91年後その一号機からの進化報告と共に付け加えておきましょう^^
f0057849_113316100.jpg



by one_after909 | 2018-05-17 11:55 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 05月 14日

it's coming up, like a flower!

f0057849_15355290.jpg


降りしきる雨の日曜日。。。

ご出勤であられた霞さんとランチして...しかしフリーフローはあかんですね^^;? ついつい飲みすぎてしまいます。なかなかタイミング悪く春先のrendez-vous 叶わずやきもきでしたが、この春からの家族環境変遷も両家ともよく似た感じでしたので、その辺りとか...勿論、メインの車の話題も'目から鱗'な流石なご視点のイタリアンな新展開(?)とか久し振りにお会いしてお聞きしとても楽しいひと時でした。有難う御座いました! 来月初旬はなんとか走りに行きたいですね〜^^

f0057849_1642597.jpg


さて、

それから帰宅しまして、4家族集まってウチでこれまた賑やかなひとときでありました。泡に続きまして...dachiroさんにインポーターさんお世話になり何本か購入させて頂きましたプイィフュイッセを思いつきで一本開けてみました。何年か前、買ってすぐ一本開けた時は正直全然早く硬く閉ざした蕾の如くブラインド会で唸った'あの感じ'。。。は微塵も感じられませんでしたがあれから時が経過して、今回はとても美味しく戴けました^^

好みのいつもの'あの感じ'がブワ〜っと溢れ出てくる!堪らん!

f0057849_18325666.jpg

どちらかと言えば温度低めの方が美味しいですね?

抜栓して暫く経過すると程よく解け、前面に出てた果実味も落ち着き'クリアさ'も増し本当に好みの感じに近づきます。あともう数年したら、更に丸みが出て...なのかな〜^^?大好きなラモネ ビアンヴニュB/Mも凄〜くお高くなってしまってなかなか買えませんので又これ補充しておくと致しましょうか^^? *其の'クリアさ'...雑味のない澄んだ岩清水感の差..しかし1/10以下のコルディエさん素晴らしいです。

f0057849_20435029.jpg

芍薬と...梅科のお花らしい名前知らず。

殆ど蕾だったがやさしい感じの花が一斉に開きました。ワインもそうですがあらゆる面で開花のいい予感がします。'coming up' と 'with a little luck'でも聴きながら参りましょう〜


by one_after909 | 2018-05-14 16:05 | 閑話休題 | Comments(2)
2018年 05月 10日

オーケストレーション

f0057849_9575787.jpg

10年くらい前だっただろうか?

よく聴いた、このCDと同時期に出たカリビアンタッチのココモが収録されてた同趣向の盤を思い出した。そんなThe Beach Boys with The Royal Philharmonic Orchestra なるリリース。

f0057849_8581192.jpg


御多分に洩れず当時、盛んにリリースされた未発表音源やリマスターなんんかから好みのを抽出して自分で纏めたりもした際によくこの中からチョイスした。その時感じた、ご本人達以外の方の歌唱は...勿論本家より圧倒的に上手く洒落てて聴き応えもあり素晴らしいのですが矢張り"声のマジック"という点では生粋のマニアにとりましては訴えるものが少し希薄だったというポイント。"神のみぞ知る""素敵じゃないか"で顕著、Al息子さんのMattとAdrian Bakerの其れはまた少し違にする... そんなマニア心理を知ってか知らずか?それが今回リリースされるものではなんと!当時のボーカル/演奏トラックに被せるという凄技で来た!

BEATLESで言えば、ジョージマーティンスコアのオーケストラ演奏に本家のレコードの音をそのまま乗せた"抱きしめたい"をブートで聴いた際、そのオーケストレーションが'60年代初期当時'64年のもの...多分"Off the beatle track"のテイクだろうと思うが、CD化された際にもう一枚と合わせ二枚購入したもののUNITED ARTISTS盤の"A hard day's night"の"こいつ"なんかの感じを期待したが、なんか全体を通して聞くとイマイチ...な印象が拭えず、断捨離の際に処分した500枚くらいの中に残念ながらその中に入ってしまった経緯があって確認は出来ないが... が使われていた為にチープながらも違和感なく聞けた。

この辺りの時代感や空気感が先入観としてあると、洗練された現代の音とアレンジが'60年代のオリジナル音源*何曲かは'70〜'80年代 に乗る感じがどうか?って懸念はあるが、もう"音源マニア"はとうに卒業廃業してるし...BGM的にかけ流してでええのんかな^^? いずれにせよ楽しみに待つとしましょう♪


by one_after909 | 2018-05-10 08:57 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 05月 06日

平成

f0057849_22131296.jpg

昨年のGW来、丁度一年振りにアワビ(淡路島美術大学)工房訪問させて頂きました。

今年も1セット購入^^

ちょっと歪んだ食器達が増殖中です。*子供達独立して2人だけなのにな〜?
f0057849_22141140.jpg
f0057849_22215554.jpg


帰りは西海岸線の方を下道で。。。

出来たばかりのKIttyちゃんトコは、車で通っただけですが満杯の様相でした^^ 夕暮れ時少し前、ナントカ映えしそうなお写真撮ってはる若者好きそうなニクとカレーのお店のテラスでお茶休憩。しかしパラソルを避けてくる強い斜めの陽射しに耐えきれず早々に退散しました。
f0057849_22301272.jpg

近海物の海の幸、お肉にタマネギと食べ物は美味いし、空気もいいし寛げるしドライブも楽しい。やっぱり淡路島はいいですね〜? 帰りは爆睡の女性陣を横目に渋滞の中を睡魔と格闘しながら帰阪致しました。いい休日でした♪

..昨年は、其のアワビの佇まいから'昭和'ってタイトルで書きましたが、今年'平成'としましたのは、もう来年の今頃は新たな年号に変わっているだろうから。『平成最後のGW淡路島』..いや、もう全ての事が平成最後ですね。。。
f0057849_236248.jpg







by one_after909 | 2018-05-06 22:09 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 04月 27日

オヤヂ二人でカロンもなかろうから...^^

f0057849_1452413.jpg

2017年の腕時計と...恐らく'3~40年代の懐中時計。

共に1846年創業の老舗 Ulysse Nardin製のものである。


青焼きのブレゲ針、インデックスはエナメルのブレゲ数字の懐中時計に対してローマ数字の腕時計。キャンバスとなる文字盤は共に美しいエナメルだ! 特にドンツェ・カドランを買収した同社が現代に誇るこの艶めきは特筆に値いし、近年のモデルで"本質を捉え本当に価値のある一本"としては群を抜いており...それは一限定品だったのが其れにとどまらず、一般発売されてしまった事にもよく顕れているのではないか?..と思う次第だ。

f0057849_1420223.jpg

1980年のバルバレスコは熟成し抜栓直後はシェリー酒の如く...であったが、徐々に刺々しさが落ちてゆきお料理に添えられていたテリーヌと抜群のマリアージュを遂げ、それは思わずお代わりを戴いて仕舞う程でした^^

f0057849_14285778.jpg

煉瓦色の古酒。


鹿児島以来の再会でしたか? ...あゝそう思えば昨年の祇園からもう一年経ったのか? そういえばその去年の'80某シャンパーニュは黑酢化してたっけ^_^;?...な思い出。早いなぁ...


話を時計に戻しますが、市販版の針はこのブレゲタイプではなかった様な気がする。そういう意味でも特別でいいですね〜♪ 待望の大凡80年のmodel yearを経たツーショットでした。楽しいひと時をありがとうございました<(_ _)> ...and おめでとう〜^0^/





by one_after909 | 2018-04-27 14:53 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 04月 26日

diamondの塩梅。。。

f0057849_11163627.jpg

ダイアモンドを見るブラックライトで透かして見る機会。。。

ROの同仕様のもそうでしたが、やはりファッション的要素/価格の兼ね合いもあり...って感じなのでしょうね〜? まぁこの辺り"輝度なんて余んまり関係ないや"..的な?^^;

f0057849_1124943.jpg


涼しげな時計が...な季節が遣って参りました。

横目にしつつも、左腕には変わらず...


by one_after909 | 2018-04-26 11:40 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 04月 19日

一息

f0057849_1505532.jpg

頂きものの本を読み進める。

ここ数年は意図的にBEATLES関連の書籍は遠ざけて参りました。刊行されるその種類も立て続けの Sir.ご来日もあってなのか? 驚くほど多く、全盛期を凌駕するほどではなかろうか? ハンター・ディヴィス本に始まってそう種類も多くなかったから'70年代から'80年代初頭にかけてレコードと共に小遣いの許す限り可能な限り読み漁った。。。
f0057849_22594320.jpg

新しい交通量の多い幹線道路に隣接するホテルは、少し喧騒が漏れてはくるが耐えられない程ではない。クラブラウンジも明るく変な豪華内装にしてなくシンプルで至極居心地が良い。

新しくバンドに加わるピアニスト女史が、宿泊された際の情報を聞いてたので...確かに周りに何にもないから籠るにはもってこい!カモでした^^
f0057849_2321748.jpg

部屋に置いてあった果物を

一晩冷蔵庫で冷やしてから、マンゴーは魚を捌く様に三枚におろし、真ん中の大きな種の周りをしがむ。。。後の二つは切り目を入れ食べやすくする。甘くてとても美味しい...洋梨も熟しててシャクっと噛み心地がよく旨い。お水と...こんな食事を続けてたら健康的なんやがなぁ? と思うが続く筈もないな。


今回は7フライト、ハードな行脚です。相棒もお疲れ様。



by one_after909 | 2018-04-19 23:55 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 04月 17日

ジョンレノン 対 火星人

f0057849_1732463.jpg

街角にて。。。

しかし高温多湿最強月!なイメージのあったこちらの4月にしては耐えられる感じ。っうわ!?唐突に胸ぐらを掴みあって喧嘩が始まった!..バナナを守れ!

f0057849_17373023.jpg

暢気に写真なんか撮ってる場合ではないのだが...^^;

これから雨季になれば、インフラ整備の脆弱な舗装されていない一般道路は...泥水に浸かり ただでさえ深刻な交通渋滞に苛まれるところが一層尚更だ! 移動に必要以上の時間と労力を搾り取られラリー並みの悪路は滅入る気分を更に助長させる不快なup downを...って、
随分ネガティブな事柄しか出て来ねぇじゃないか?


f0057849_17541365.jpg

f0057849_18382317.jpg
街中から外れて少し郊外の未舗装の道を征くと砂塵で視界はこんな感じ。..ん?左手の黒いカタマリは一体??

少しだけ仕事のことを書けば...

by one_after909 | 2018-04-17 18:20 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 03月 31日

天満橋

f0057849_2045691.jpg


夕刻の造幣局通り抜け...

が、近い事もあって多かったのですが今年はお昼間に、北浜の方に車を停めてぶらぶらしました。..まぁあんまり変わらないけど^^:

水面にキラキラと太陽が反射し、散った桜の花びらと...

f0057849_20524.jpg

その通り抜けから出店の立ち並ぶいつもの終着点辺りに、逆方向から到着すると...

遡って行こうか?..とも思ったが辞めることにした。昨年迄と異なるのは、何もこのルートだけではなく つい先日、子供達も独立/巣立ちし心のどこかに空虚感があること。そんな心境の微妙な違いも殊の外大きく。。。

f0057849_20302421.jpg


あ〜...でも焼きとうもろこしは食べたかった。Anyway, いい1日でした♪

あ"!リストショット忘れました^^;(笑)


by one_after909 | 2018-03-31 20:39 | 閑話休題 | Comments(0)