飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:閑話休題( 238 )


2018年 03月 16日

雲南省...

f0057849_1734689.jpg

...そんなカレー天国の日々にもお別れです。しかし確かに言われたように此処のラウンジのんが...かも知れないな^^;

表題の経由地との気温差は28℃あり、又昨日と今日の寒暖差も10℃近くもあったから...見えない蓄積した疲労もあって身体も変調をきたしそう-_-;


f0057849_10475536.jpg

3針モードに戻す *あ"日付け入れたら4針やったな^_^;?

長きに渡って色々と試して参りました、その過程でいろんなモノが削ぎ落とされて...こと実用時計に関しましたら私的には名実ともに間違いなくBEST!な選択の様です。ま、いつぞえかのマガジンに掲載されてたパリ!っとした着用ではありませんがね〜^^:♪

f0057849_8452994.jpg

無事ランディング。...経由地の夕暮れ時

怪鳥が翼を広げた様なこの空港のターミナルは民族的意匠(?)な威容を誇り兎に角、巨大で移動にも時間が掛かる*勿論、トラム移動でターミナル繋がる海外の大都市空港程の煩わしさはないが...。そして荷物が出てくるまでも長い。 この路線は乗り継ぎが往復とも深夜/早朝で非常に疲れる。当たったタクシードライバーさんは一様に饒舌であり付近な観光名所には行ったか? 此処はエエとこやど?と盛んに勧めてくるので少し余裕が出て来たら いつかは行ってみたいとも思う次第だ。


f0057849_10375694.jpg


by one_after909 | 2018-03-16 17:38 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 03月 04日

トランジットと微信支付

f0057849_850114.jpg
別段、出発時刻が遅れたとかなかったのですが...トランジットを経て目的地に到着したのは日付が変わってからのこと-_- 何故かこの時点で40分近くの遅れ。平素ならこのくらい序の口で『まぁまぁやな?』レベルなのだが、流石にこの時間 微妙な時差もあり結構堪える。

そこからタラップを降りて、トランジット組と国内線組にバスを分けられて...点呼に手間を要し、そしてターミナルで荷物を待つ事延々と小一時間。TAXIに乗ってホテルに着いたのは既に午前3時を回っていた*日本時間4時。

f0057849_901683.jpg


途中、機内サービスで見慣れないラベルに興味を惹かれました。青島ビールは勿論アレだが、ミネラルウォーターは..."Святой источник" ロシアのものなのかな? 中国産のもコンビニで550mlとかのが3元(50円くらい)で売られてますが、もっと安価なのでしょうか? それとも何か別の意図があっての事?...とか暇に任せいろいろ考えてしまいます。

..そういえば、そのコンビニで買い物をする時。

列並んでて皆、携帯をピ!って 『もう現金使ってんの自分くらいやなぁ?』..とか、置いてけぼりな気分な今日この頃です^^♪ ...さて、時間ですね? ではではもう一発。もう半袖に着替えてます




by one_after909 | 2018-03-04 09:08 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 02月 26日

裏なんばの宵

f0057849_943487.jpg

復帰戦(笑)

お師匠様/おおお師匠様とご一緒させて頂く折角の機会。ちょっと飲んでみたかった一本を持参する事にしました。『それならば!』という事でhお師匠様は"同じ畑"の逸品にご変更され、当夜は凄くバランスの良い素晴らしいラインナップと相成りました。

...しかし口を酸っぱく『自分の好みで評しちゃアカんよ』と何度も窘められているにも関わらず、この出来の悪い弟子はやはり自分の尺度で決めつけてしまう。

そのブルゴーニュブラン。

大いなる期待感を抱いてグラスに鼻を近づける、そして変化を愉しみながら味わうのだ。。奥に覗くあの好みの権化'バタースカッチ'はかわいい海豹の如く途中少しだけ海面に'ひょっこりさん'するも、しかし多くはずうっと酸の海中に漂う様に戯れる。...流石、特性をご存知のおおお師匠様が事前に抜栓されデキャンティングまで施されるも、これがなければ更に...な状況だった事だろう。やはりあのラモネの一本との差は其の酸のベールの有無なのか? これは海水/淡水程の差に感じ、酸味とミネラルのバランスは饒舌至極だが単にこの'酸'が自分的に苦手なだけな事実を再認識したのである (...お叱りを受ける自分の尺度です<(_ _;)>)

f0057849_1681352.jpg
香りも麗しく美味しいんだけどな。

まぁ、いいや。ワインもお料理も須らく幸せで美味しかったし、お師匠様方の吟じを拝聴しつつふむふむと勉強になったし何より少し酔いが回った耳に心地よく響いた。凄く楽しかったです^^

f0057849_106361.jpg

hお師匠様の驚きのニューカマーとリストショット!

LANG & HEYNE

これも年末のランゲ同様シンプルでいいですね〜? 裏から覗く機械も本当にクラシカルで綺麗♪...ブランドや人気、世評/価値観が逆に邪魔して食傷気味な昨今、明らかに時計に関していえば退行傾向にある自分とは裏腹に氏の大いなる進化は続く!!そんな今の我が気分に於いてもこれはいいなぁ..と思わせる逸品でした^^

病み上がりなこともありまして、凄く酔いが回りました。夜は余り冷えなかった事もありまして会場の"裏なんば"から御堂筋沿いを心地よい冷気の中を酔い醒ましも兼ねテコテコ歩を進めまして...調子乗って松屋町あたりまで。


幸せなる残り香の余韻。。。ありがとうございました。


◯時だよ全員集合記念写真^^

by one_after909 | 2018-02-26 10:07 | 閑話休題 | Comments(4)
2018年 02月 16日

初一...雨上がりの呟き

f0057849_21502045.jpg

最早中華圏だけではないので、この時期にあっても気が休まる事はもうないなぁ。。。

イスラム圏...

これまでの四半世紀の間に染み付いた日本のお正月に春節(旧正月)/労働・国慶節などが絡んだサイクルに、ラマダンとかイードとか聴きなれなかった行事が、ある意味そのサイクル的に言えば季節外れの時期に加わった訳だ。




戌年、雨上がりの初一を少し散策した。。。



by one_after909 | 2018-02-16 22:37 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 02月 14日

春節前。。。

f0057849_22451357.jpg


すこし暖かい。。。

思い返せば25回目か?...そりゃ時代も移って然りやな。更なる西部戦線への移行も暗中模索の3年を経てカタチになってきたし、きっと最期の'主戦場'と相成るでありましょう。


気候的にもちょっとタフな相棒が欲しいところだが...38mmのPANERAIでも手に入れるかな^^(笑)?  



by one_after909 | 2018-02-14 23:30 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 02月 05日

'黒く濡れ" 13年目の戯れ言...

さて、

当Blogもめでたく(?)去る1月31日をもちまして12周年を迎え、よくもまぁ続いたものやなぁ?...と我ながら感慨を伴った唖然○笑でございます^^

前記事を'物欲的ピーク'に、蒐めた時計も車もギター etcも...これから徐々に吟味して参ると致しましょう♪


f0057849_1225826.jpg
懐かしいトロピカルと最初の'66 coupe..

『あの日あの時あの場所で〜♪』

ではありませんが 年齢や、その時その時の感覚で好みも随分変わりますよね〜? ...と申しますか、雑誌や達人の皆様に憧れ随分影響されて来た変遷って言った方が近いんかな? 自分の場合^^(笑)

f0057849_2128887.jpg

今迄、いいな?..と思ってた感覚が、しっくり来なくなってくる。

例えば、好きで好きで堪らなかったあの憧れの美しいグリジオチタニオ。それすら近頃は これまで何とも思わなかった"黒"がなんかいいよな〜? originality損うけど塗るか?..とか思う始末。まぁ単に飽きっぽいだけなのかも知れませんが、あらゆる方面でこれ迄の自分の価値観が瓦解してきてる感じが殊更顕著です。 *確かに時計は20代、車なんて下手したらスーパーカー時代(小中学生)迄遡った 若い頃からの...だったからな? 中年も後期な今、当然っちゃあ当然か?


ひとことでいえば歳か? ^^;


...さて、

問題はこっからやな♪








by one_after909 | 2018-02-05 13:01 | 閑話休題 | Comments(4)
2018年 01月 21日

症状改善の兆しは...

f0057849_17504642.jpg
ようやくちょっと一息つきました。 ふぅ。。。

さて、

そしてやっとSIHHの新作関係を眺める事が出来ました。個人的にはブレゲのトゥールビヨンや前出のJLなんかのsimple系が少しエエな? と思いましたが...。懐かしいカルパグランデの名前が出たParmigianiは、今年のモデルではありませんが'TRIC'は唯一、昨今のモダンモデルで欲しいかな?..と思った一本です♪
f0057849_1810913.jpg

シンプルも過ぎて極限に近いHモーザー、あとは38mmのPANERA*悪くない などなどI。。。皆様はぶっちゃけ印象如何でしたでしょう?


『今年は何か久し振りに一本欲しいなぁ〜?』 とか思いつつ。が、相変わらず病状は改善せぬまま...と申しますか? きっと'正常'になって来たと言うべきか^^;(苦笑) 読書の効果は意外に覿面だった様です♪





by one_after909 | 2018-01-21 18:52 | 閑話休題 | Comments(2)
2018年 01月 08日

正月

f0057849_1734416.jpg

チョット遡りまして...

今年のお正月は、実家にて久し振りに両親/妹夫妻と家族水入らずでゆっくり過ごさせて頂きました^^


お屠蘇...

日本酒は効くなぁ-_-

f0057849_17405666.jpg


なんか他愛もない時間に妙な安らぎを感じたり、とても穏やかな三ヶ日でありました^^ 

..ただ流石にチョット食べ過ぎたかな〜? まぁ、それも2018年を邁進する為のエナジー補給っちゅう捉え方で理由づけしときましょ♪

f0057849_1145645.jpg

ワンオーナーBeetle。高齢者マークつけて最初のオーナー共々まだまだ元気に現役でした♪ *本当に心よりありがたいことだね^^


あ!ブログの文字。見難くなってきた(老眼)んで微妙に大きくしてみました。


by one_after909 | 2018-01-08 17:47 | 閑話休題 | Comments(2)
2018年 01月 06日

thin and minimal...

f0057849_13415019.jpg


あけましておめでとうございます。 遅ればせながら^^;

本年も宜しくお願い申し上げます。


...さて、本年一発目の時計は此方にてございます。此れが有ればもうロイヤルオークもノーチラスも不要!..ってな訳には単純には参らないかも知れませんが、昨年 友人と色違いお揃いで入手以来 結構、使用頻度高い一本です♪

近頃はTVCMも流されておりチョット吃驚〜

f0057849_13415417.jpg


ハイ、ご覧の通り"超薄々"です。

チョット既成の価値観やらに飽きた向きには気分変わっていいかもですよ〜^^? 嫁さんには『ホームセンターで買ったん?』なんて言われますが(苦笑) そんな単純な意見に代表される価格と見栄え/質感が見合ってるのか?..と言う疑問もありますが、個人的には悪くないと思います。
まぁ1stモデルですから...ここから突き抜けてこの路線で度肝を抜く様なmodelに仕立てて行って欲しいなぁ?と思います。でも確かにCMのんみたいに革バンド仕様の方がキャラクター的には合ってるのかも?其の内換装してあげたいと思います♪



購入後、来月で丁度6年を迎えるメイン機 TTアクアは既に第二時間針の逆向き送りが出来なくなったのに続き、ピンでの日付け送りも出来なくなりました。どうやらOVH時期を迎えた様です。。。


by one_after909 | 2018-01-06 14:18 | 閑話休題 | Comments(0)
2017年 12月 24日

究極romance

f0057849_103561.jpg


1930年(昭和5年) CITIZEN社 設立の際に数個(6〜7個?)が関係者に配られた...と言われる。

f0057849_104872.jpg

間もなく90年を迎えようとしている年季を経たこの懐中時計本体とケース。ケースの方は端々に劣化の兆しは垣間見えるが銀側の本体はくすみはあるが文字盤を含めコンディションは良くブレゲインデックス/針を擁する雰囲気は頗る良い。

f0057849_1041710.jpg

ケースを開くと...

☆S印にCITIZENの文字が。これはシャープペンシル(前者)と懐中時計(後者)の"優秀国産品"を擁する前身会社の代表商標。しかし...

窓から覗くその本体の時計は、CITIZENのものではなくTAVANNESのものが収まっている!

普通、設立の贈品であるならば当然 自社製品が収まって然りなのであろう。恐らく90年に近い年月の間になんらかの理由で入れ替わってしまったのか?はたまた当時、コンクール受賞/販売量と飛ぶ鳥落とす勢いの同社(タバン)製品を..というのは考えすぎか?そして腕時計/懐中時計の過渡期出会ったことも鑑みる...

f0057849_1183158.jpg
*凄く詳しい此方の頁を参考にさせて頂きました。↓そして吉田時計店さんの当時の価格表(同)

f0057849_12363646.jpg


年代的な関係か?有名なTRUSTY/犬印は裏蓋には刻印されていない。銀製であるホールマークとケース#のみである。



真相は持ち主も記憶は定かではない。(相当以前にCITIZEN社に写真を送って整備の問い合わせを行ったらしいが...)ただこのセットは1930年(昭和5年)のもので、其れ故に我々の世代に"バースイヤーウォッチ"とか言ってはしゃいでるのと同義で当時、最初の持ち主より贈られた経緯が明確な記憶として永年所有してきた我が叔母にはある。

誠、羨ましきその記憶。

人の人生は本当に様々で身内であっても口出す権利はないしそうしようとも思わない。だが、佳き思い出として刻まれ此れ迄永きに渡って所有し続けてきた経緯からしてもこの懐中時計は、そしてその記憶/思ひ出は幸せだったのだと言って間違いないのではないかと思う。僕が'時計が趣味である'ことを知った彼女は何個かの懐中時計と品のいい超小型の角型金腕時計*不動のこれはOVHを施し再び動き出したら娘へね!と..と添えて と共に躊躇なく自分に此れを託した。。。


放蕩なるその'趣味'が恥ずかしいくらいに愛おしく思える品。

そう、そしていつか此処はウィッシュボード的に..と書いたが、其れはどうやらブルーアクアではなくこの数ヶ月気になってて、目出度く(?)一般発売された故、ちょっと揺れていた某社商品のそのご先祖であるコレ*懐中時計ですが..であった様です^^

More

by one_after909 | 2017-12-24 12:34 | 閑話休題 | Comments(0)