飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2018年 07月 29日

déjà-vu

f0057849_15152243.jpg


雨上がりの夕暮れ時...

一本辻を入れば昔の日本の下町、天満の入り組んだ商店街の裏の住宅地辺りの風情を想い出す。幼い頃のおぼろげな記憶、1960年代後半のこと...

f0057849_15153417.jpg


まぁ...人はこんなに多くはなかったけど^^;

ダッカ市内中心部から郊外のনারায়ণগঞ্জ(ナラヤンガンジ)へ移動。委託先の工場から、何度も売り込みに来た工業団地の中にある工場へ視察に出向く...。この街はジュート等の生産/貿易で旧世紀より栄え、現在も繊維/アパレル生産基地的要素が強い。その工場もtypicalな欧米向け量産型の工場であった。日本向けもやった事あると仰るが...

20代後半から、一般的に世界基準からすれば厳格と言えよう日本向け商品のクオリティ/納期意識のまだまだ希薄だった頃の中国で格闘してきたが、夜半まで展示会見本の上がるのを待つこの感じは正にその頃舐めた辛酸の味に他ならない。

f0057849_15154773.jpg

もの凄く しんどかったけど、まぁ、飽和気味のバブル直後/以降の日本での閉塞感より抜け出して、再活性の場を与えて貰ったのが他ならぬ中国だったと個人的には思ってるから、感謝もしてる。

あれから丁度、四半世紀を経て今ベンガルの地に居る...


ん〜? なんか重いな^^;? まぁ大好きなカレーも毎日食べられるのは嬉しい。が!..流石にコレが続くとこの油分は日本人の体にはよくないと感じる。其れは如実に分かる=_=

相棒はゴムバンドの時計以外は考えられないから どんな時もコレ一本なのである。ま、もう少し生産精度が安定して軌道に乗ったら、記念に何か一本買おうかしら?..って全然欲しいのがないんですけど(苦笑)これが問題。 ナニかええのんありませんかね〜♪ 



by one_after909 | 2018-07-29 23:21 | Comments(0)
2018年 07月 25日

お見積もりをして頂きました...

f0057849_12523142.jpg

このモデルではありませんが...もう少し古いなかなか素敵な一台がございましたのでお見積もりして頂きました。

old mercedez

...少し前のセダンのプライスが頭にありましたので、そのお値段にちょっと吃驚!でもやっぱり、いいものはいいですからね〜? 前記事のROLEXと一緒で価値ある古いものは総じて...なプライスタグが掲げられておりますのはもう流れですね? 認識を改め世の中の時流に付いて行かなくっちゃあきません。

自分にとってはまったく未知のそのオールドメルセデスの世界。

和歌山の御仁に影響されて*本日ご納車だった様!おめでとう!綺麗なお色目だこと^^先月来色々眺めておりましたが、此方も実に魅惑的で深遠な世界が拡がっております。
f0057849_22584392.jpg


数年前456Mの時に、実は排気量の小さい230SLを見たりもしたのですが912の加減もあり この時は余り古いのは..と選択肢から外した経緯もございました。さてはて
f0057849_13164324.jpg

雨の昆明 airportにて..

この季節、此方の地域は雨季に入り気温は16℃と低く、大阪~上海と渡って参りますと少し、いえかなり体に優しいです^^ さて、もうひとっ飛び、気張って参ると致しましょう♪

...っとラウンジ出ようとしたら、悪天候のためDelayのアナウンスが。Dhakaはまた彼方此方冠水してるんだろうか? それよかいつ飛ぶかやな?=_=


by one_after909 | 2018-07-25 13:07 | Comments(8)
2018年 07月 24日

蘇る...

f0057849_917958.jpg

我が長年の愛機J160E *変質者仕様^^ チューニングが合わなかった件...

新兵器導入も視野に入れ、やきもきしておりましたが贋Gのアドバイスもあり上海でリペアに出す事と致しました。。。

ネック捻れてるかも知れませんね?と言われておりましたので、最悪、手放して下取りして貰って何か適当なのを見繕うかな?とまで念頭に出向きました。..とは云え15年、異国の地で共にした一本ですから其れなりに思い入れもある訳でして、いざ手放す..事を考えると少々寂しく憂鬱な気分でありましたのも事実です-_-

f0057849_9313011.jpg
日本語堪能なイシバシ上海店のmr.Z

お若いのに実に手際よく的確に診断されて、最小限の手入れと太っとい弦を張る事でどうやら解消された様です! 時折りレモンオイルで拭ってはあげてましたが其れでも長年蓄積していたであろう指板の汚れなども綺麗にして頂いて...

楽器が喜んで見えるとは正に!でありました。

弦が.11〜とかなり太く感じ...いや、実際325に張ってるのと同じなのですがフラット弦故其れでもまだマシなのか? これまでとはかなり弾き心地は異なり正直、違和感もあるし以前はエレキ弦だったから鳴りも当然アコギの其れと相成り...云々ではありますが、このギターで参戦出来る事がファースト!嬉しいです^^ Zさん有難う御座いました
<(_ _)>

f0057849_1055155.jpg


by one_after909 | 2018-07-24 10:05 | GUITAR | Comments(0)
2018年 07月 24日

一体どないなってますのんや?

f0057849_23421146.jpg

今日、正浩とお茶を啜りながら聴いた話題。。。お写真はこちらより転載させて頂きました。


...まぁ、個人的趣味/嗜好としては確実に過ぎ去った感はあるけど、事このPRICEに関しては確かに驚愕なモノが御座いますね?

ひゃ、百万ドル!って夜景か? と思わず突っ込みたくなります^^;

しかもベゼル付いてまへんねんで-_-;? ...何はともあれ希少な価値あるお品は置いとかなアカン!って事ですな?

そんな昨今のROLEX事情を窺い知る度に驚嘆するばかりであります。まったく持って強いなぁ...と熱いお茶を頂きながらの楽しいひと時で御座いました^^


by one_after909 | 2018-07-24 00:02 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 07月 23日

揺れるバンドと...

f0057849_10234418.jpg

2002年より、変遷を重ねて現在に至る我らが贋BEATLESバンド。

現在のフォームになってからも可能な限りステージを重ね結束を強めてきた。贋Pはシンガポール駐在で自分は日本/中国/バングラデシュを行ったり来たり。これ迄は上海駐在の贋G/Pが居てくれたから何とかこうとかスケジュール擦り合わせも可能だったが、ここへ来て贋Gがどうやら日本へ帰任の運びと相成る様である..。

25年に渡ってこう言う生活をしていると、こちら(中国)で出会った日本の駐在ベースの方とは幾度となくこの様なお別れを経験してきた訳で、しかし乍ら帰任された後でも幸いにもSNSであったり、また機会があれば何年かに一回でもどこかで会って楽しく食事したりする間柄がつづくのは嬉しくもとても幸せな事だと思っている。

そうなんだ、帰任はお目出度く喜ばしい事なのだ! しかし無事に在任期間を勤めあげられ元の(or 新しい)生活に戻って行かれるお姿拝見してると毎度自分だけが取り残された様な少々寂しい感覚に陥ってしまう事も否めません(ま、事業やってる以上そんなことは覚悟の上だが...)

そしていつしか、バンド関係以外では同邦の友人/知人よりこちらの朋友の方が増えていった経緯も..。

気を取り直して! スピノフユニットたるAcousticフォームによるライブが控えて居りますので、これが贋G一旦区切りのステージと相成ります故頑張るとしましょう♪ ...併せまして彼も出張ベースでライブが継続出来ますように祈願しつつ(人)
f0057849_10435641.jpg


完全なフルオリジナル状態ではない我が'63 HOFNER 500-1、そして'58 RICKENBACKER 325...でもまぁ、これ以上は望む術もないし相応で いいかなっ?と思ってます^^;

'58の方は最終的にMG(NT)=Johnが入手した時の状態にしたいなぁ..と思ってますがさてはて? *我が個体は元はAGだったとか...

f0057849_12233123.jpgf0057849_12261439.jpg
やっぱり洗練された右より、無骨な左...それもナチュラルやな(個人的には)^^


至上命令により 少しずつ諸々整理しておりギターも本数減って参りましたが、ガレージから持ってきた品々で溢れる部屋を整頓するにはまだまだ減らさねばなりません。。。あ、あと先日の地震で壁に打ったギターハンガーが抜けかけので補修しなきゃです。...危うく325落ちかけました。



by one_after909 | 2018-07-23 11:57 | GUITAR | Comments(0)
2018年 07月 20日

museumで涼む...

f0057849_19565287.jpg

ニクを喰らったので、ミュージアムに入れて頂けました^^ ありがとうございます<(_ _)>

以前寄せて貰った時から車両も一部流動しかなり充実してる様な印象を受けましたが、やはり旧いクルマは須らくいいですね〜?

特にBMWラインナップが大充実してました。

f0057849_19571949.jpg


More

by one_after909 | 2018-07-20 20:13 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 07月 19日

最強のリストショット!

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More

by one_after909 | 2018-07-19 22:37
2018年 07月 16日

真夏の12気筒。。。結論

f0057849_2355593.jpg

今日も暑かった。。。

所用を済ませて夕刻、それでも気温は34℃と厳しいもの。..昨日に懲りずまた少し乗りたくなった。まるで習慣性媚薬である。

なんとなく...

昨日の帰途のCDで、独身時代の仕事帰り(多くは11時/0時を回っていた..)や時間があれば車に乗っていたい、そんな懐かしい感覚を少し思い出したのかも知れない。

f0057849_12141853.jpg

『まぁ、陽の暮れる頃にはもう少しマシになるやろう?』.. と心斎橋迄乗って出る事にした。

1枚目の写真の様に空調を効かせても水温は90℃前後で昨日の様な心配はどうやらなさそうだ。5回の夏を共に過ごして、なんとなく感覚的に外気温32℃を超えてくると厳しい..な、個人的ボーダーも設定されているし、そう言った意味でも昨日の行為は結論として..

真夏の12気筒はクルマにもドライバーにも良くない ということ。

日本の夏は高温多湿で、道路は渋滞が多く平均速度も低い。そんな本来の想定を超えた環境で使われると、元々エンジンの発生する熱量が多い上、走行風によるエンジンルーム内の冷却が充分に行われず、熱に弱いゴムや樹脂部品の寿命をさらに短くしてしまう。

f0057849_1205944.jpg
切り口は異なるが二冊の好著

バイブルにもそう記載されている。 んな事わかり切っとったやんけ?..ではあるが 矢張り趣味車で行くのとそうでないのは違いますから...な言い訳^^;
しかし7月14日の和歌山の気温は36.3℃に達していたから、アスファルト上は余裕で40℃くらいになってたのではなかろうか?



まぁ、こう言った制約を乗り越えても愛でたい気持ちがあるうちは...かな? 「もちっとその辺楽なんも」な選択肢もあるが、年代物の車の耐久性って意味でもこれからますます難しいですな^^


by one_after909 | 2018-07-16 00:22 | FERRARI | Comments(0)
2018年 07月 15日

真夏の12気筒。。。後編

f0057849_1042681.jpg

ピスタチオ状態のM ...はい、結局456Mで出ました。

混み混みの大阪市内/高速を水温計と睨めっこしながら征く...4号湾岸方面から分岐を過ぎると流れも良くなった。それ迄は90℃を超えて100℃くらい、しかし気持ちよくアクセルを開ける区間は90℃を下回っていい感じだ!これぞ正にグランドツーリングカーの本領! 至極心地いい♪

目的地は 和歌山!

御仁のショート・ゲレンデはまだ納車前なので、並べる事は叶わないので地元の美味しいお米を使った素朴なランチが愉しめるという古民家を改装したお店でオーガニック親爺と化す事とした..。
f0057849_1041892.jpg


36℃に達した気温。恐らくアスファルト上は軽く40℃以上優にあったでしょう...

ワインディングの登りの山道に差し掛かると、余りにも暑いので冷房のツマミを"3"にあげた。一般道でありますゆえ当然一般車も多く速度もそれなりで、風圧でラジエーターが機能する高速とは異なりみるみる水温は上昇しリミットの110℃に達し超えそうな勢いだ! う〜...=_=;

仕方ないので精神衛生上良くないし、冷房消して窓を開けることにする。

するとオーガニック気取り親爺は程なくして本性たる妖怪油すましへと変貌し正体を著した!...そして塩分濃度の濃い汗に苛まれはじめる。この汗は暫くすると普通のサラサラなのになるのだがライブやってる時も同様でそう感じるが普段からどれだけ発汗/新陳代謝の乏しい生ぬるい環境に居んねん!?って感じである。お店も冷房はなく扇風機だけだったんで回復には至らない-_-;

f0057849_1115095.jpg

噂通りの天日干しの美味しい白米とシンプルでボリュームのあるランチ堪能した後、近くを散策する...

この、夏の趣味車の辛さは...だいぶ以前にTARGAでJeff先輩にお会いしに行った真夏の苦行僧を思い出すが、そもそも冷房のないナローとは根本的に異なるし、いや遥かにタチが悪い。まぁ兎に角、木立の中は25℃くらいでひんやりとしてて、12世紀頃の修験僧がこのせせらぎの辺りで寛いだであろうことも容易に想像出来る。きっと当時から余り変わってないのだろう佇まいだ。21世紀の半パン親爺をストイックな修験僧が見たら果たしてなんて言うだろう?

f0057849_11483581.jpg


九度山では地場の美味しい桃を使ったかき氷で体温を下げる。。。フゥ、やっと落ち着いた感じ^^;

ピスタチオはワニワニパニックである。

御仁にも随分、暑い思いをさせてしまい恐縮だった。自家産のスイカまで頂戴し...色々話せたし、とても開放的な一日でした!ありがとう。

帰途は、幾分斜めになった日差しもあってか? 高速に乗ってしまえば往路同様に心地よいドライビングを楽しめた。関空道経由ではなく阪和道を直進して帰るルートを選んだ。携行したCDは変わらないジャズのボーカルものやイタリアの古いの...しかしちょっとした出来事があって懐かしいスターダストレビューの当時買った('80年台後半...)CDを一枚持って出てきていた。帰りは独りになったからそのCDをプレイヤーに挿れた。
f0057849_16412612.jpg

最初と最後の曲はオリジナルとは異なりアレンジが施されておりますが、やはりいい曲はいいですね。ちょっと当時を思い出し浸ることが叶いました^^


More

by one_after909 | 2018-07-15 10:03 | FERRARI | Comments(0)
2018年 07月 14日

night blooming...

f0057849_22451637.jpg


by one_after909 | 2018-07-14 22:45 | etc...etc... | Comments(0)