飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 31日

details #1: THE HANDS & CROWN

f0057849_1154957.jpg

それでは細部を検証して参りましょう。

先ずは""です。

削り出しでの製作も大詰めを迎えておりました頃、時計師さんの方で1800年代当時の未使用補修用のストック*短長針/小秒針のセットが出て参りまして、これがまた自分の要望通りの形状でありました事から一旦作業を中断し合わせて見る事と致しました。 スペードの先端が若干レイルウェイのラインに届きませんが、これは先に向けて細くなる延長線上が'消滅の上到達'的に美しい事からも此方を採用する事と致しました。

f0057849_1155320.jpg

無論、文句の付けようなどありません! 短針のバランス、そしてすごく繊細な長針の'くびれ'が醸し出す雰囲気は無骨なアヴィエーションの堅さを優雅に中和してくれる様な効果があったと思います。素材は金無垢です。

...しかし、事前に貰った画像から得た感想、"現代の時計ではなく、当時のモノ!と言われても違和感ない様な佇まい"は、この辺り=当時の針を採用した事と、文字盤の意匠それ自体も基本、秀逸な過去モデルのアレンジ(パクリ^^;(笑))から来てるのかな〜?とか思う次第です。相反して風防は目立たないながら現代的に拘りました♪

More

by one_after909 | 2018-10-31 12:23 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 10月 30日

弐號機 prologue

f0057849_1558424.jpg
昆明へのフライトまで、間隙を縫って待望のご対面を果たしました!

一言...

超大満足です! これ迄送って貰ってた画像とは質感/雰囲気共に全くベツモノでした!(勿論いい意味で..^^)

細部はまた改めまして詳しくレポートすると致しまして、先ずはなにより この手のお時計にありがちな'不自然さ'=感覚的な違和感が皆無だと言うことに驚いた! PANERAI真っ向勝負の47.5mmの巨大さを除けば、全てにおいてまるで計算され尽くされたかの様な...各パーツの比率の整合性=黄金比率が基本/法則に基づいて構成されている事だろう。よく一点物のワンオフでこの辺りを克服出来たものだなぁ..と感心しきりだ!

ヴィンテージウォッチに長年携わってはいても、いざ0から何かを造るとして そう言った綿々と引き継がれてきたモノ*先述の基本/法則を感覚的にキッチリ具現化するのは容易ではないと思う。流石やるな?正浩! ..そして時計師さん! 13もの欠損した旧々世紀のパーツを別作し完動品に仕上げる確かなる技量とその先述の卓越したセンス!これには国籍なんて全然関係ないであろう。...もう一つ正浩の言葉を借りれば...

大凡1850年代の、一度は途切れた命に160年ものその後(のち)新たな魂を吹き込んだかの様な...


久々に時計を手に取ってドキドキしたわ(笑) ムーブ入手から6年半。途中、困難もありながら*後述結実迄こぎ着けてくれて本当に有難う<(_ _)>^^


by one_after909 | 2018-10-30 22:41 | Comments(0)
2018年 10月 29日

離日/来日 29th October

f0057849_9182163.jpg

関西空港 橋は直ったのか?


丁度今から5年前の2013年、初めてここに空路で降り立ったSir.Paul McCartneyをお出迎え...いや、一眼みたいと群衆に紛れたものである..。

『リストの新鮮味が...』とかうだうだ不平不満を垂れつつも、我々一握りのコア*厭〜なマニアのことは置いといて全音楽好きをあたたかくそして熱狂的に迎え満足させるであろう'慈愛の輝き'(選曲)には異論はある筈もなし!..と寝返り的な豹変ぶりでさも何事もなかったかの様にしれっと両国のチケットも確保したのだが、BEATLESの神様は事前に散々わがまま・言いたい放題撒き散らしてた男を容赦しなかった!

汝、その数々の雑言の償いを課す

...と言うわけで本日無事、新意匠の法被を纏って羽田に到着されたSir.と入れ替わってアジアお仕事ツアーの為 急遽日本を離れます。ぐうぅ-_- 贖宥符ください

f0057849_20565099.jpg
NHK newsより...

さて、今回も台風...やっぱりおるな? ナント4ヶ月連続!しかもこの26号、今年最大級と仰る。願わくば内陸の都市とかバングラデシュで遭遇したくないものでありますが...さて?

f0057849_21453534.jpg


なんやかんや言って、まさかポールマッカートニーが来日してコンサートに行かない!なんて日が来るとは思わなかったけど、致し方ないですね〜? 行けなかった事を後悔させる様な、素晴らしいライブになる事を祈願しつつ*Back In Brazilやってくれないかな〜?...行って参ります。


by one_after909 | 2018-10-29 21:00 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2018年 10月 29日

PK

f0057849_1831782.jpg

これは面白い! お薦め^^

普段身近でない宗教観もありなかなかに楽しませて頂きました♪ ...まぁ正直、その'外'に居るからこうやって客観的に笑っていられるのかも知れないけど。ちょっと近頃はイスラム教の世界が近くにあるからチョット身近ではあるが...

f0057849_1913486.jpg


ショートカットなアヌーシュカ シャルマ嬢もとっても魅力的❤︎

コメディータッチのSF要素...これだけでも個人的に◎なのですが、よくぞここまで...と踏み込んだ宗教観・神様だって'外'=宇宙人からの視点では? ある意味笑ってる自分と立場が似て居る主人公設定の妙が醸す本質を突く真摯さと滑稽のアンバランスさ。ココやな? そしてお馴染みインド映画的要素..は余り濃くはなく、途中ちょっと冗長に感じがちですが、知らぬ間に引き込まれラストの頃にはもう...涙腺大崩壊でした


後味のいい、今の時代に非常によくあった すばらしい映画だと感じます。2014年の作品なのですね... 


文句なし! ☆☆☆☆☆

by one_after909 | 2018-10-29 19:54 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 10月 25日

試写...adapterのチェック

f0057849_12194284.jpg

クローズ・フォーカス・アダプター。螺子が一個欠如、全部緩んで居りました。...しかし螺子イッコ何処行ったんや?


欠損分は仕方ありませんので、他のを全部締め直してあげましたら何とか使える域まで参りましましたので嬉しい限り^^v

...此処で東欧怪獣FLEKTOGON 35mmを装着。

我が怪獣は第二世代であり特徴はシマシマゼブラ柄である事からフォトジェニックで人気を誇る。まだマルチコーティングは施されて居りません故、防御能力(?)はこの後の第三世代F2.4に譲りますが必殺技は何と言っても"寄り"! 準マクロ並みに寄れます。...但しちょっと黄緑っぽく振れがちなので今回フィルターを購入し装着してみました。ん〜? 少しはマシかな・_・

f0057849_12212644.jpg

被写体は美しいHILTON の bowtie/triangle。

自然光でいつもの普通〜の撮影環境ですが、視力(老眼)は別としてピントもちゃんと合わせ易いし、フィルターの効果こそイマイチ体感出来ませんが...あ〜?でもやっぱりまだ少しだけカタつくな? 螺子はやはり補わなければならない様です。


More

by one_after909 | 2018-10-25 12:56 | CAMERA趣味 | Comments(0)
2018年 10月 22日

adapterとmagnifier...

f0057849_11235843.jpg

M→Eマウントで大変*否、無ければ成り立たない程に重宝していたフォクトレンダーのクローズフォーカスマウント

永年の酷使による勤続疲労が原因?

ガタつきが顕著になって来てしまいました(T_T) 精巧な金属製で当初から造りも大変素晴らしかったのですが、重量級のMレンズをほぼ付けっ放しにしていたのが悪かったかな...と猛反省です。

無可動のマウントは『精密マイナスドライバーを溝に差し込んで...云々』と対処法がネットで見つけられましたが、此方は可動式ですゆえ探せませんでした。技術系のカメラ屋さん持って行ったらやって貰えるかな〜? or 買い替え必須?...うう(T_T)


と言う訳で、久し振りににEマウントレンズの直付けで 55mmのゾナーと16mm〜35mmのヴァリオテッサーをゴロゴロっと、もう一台のメイン機と共に提(ひっさ)げ!..の重装備で週末出まして彼方此方レンズ向けた訳ですが、自分が好きな素人全開フル開放BOKEH写真なんて今や嫁さんのi-phoneの方がより手軽にいい画角で綺麗に撮れると言う事実に落胆。*自分のはまだi-phone6^^;


...しかも近頃、MFでビューファインダー覗いてピント合わせするのが中々分かり辛い。マグニファイヤー欲しいなぁ。。。


f0057849_21561657.jpg
お写真はコチラから転載させて頂きました。


mainで使って居りますのが50mmだからx1.25が適正の様ですね♪ ...しかし歳とって近眼になっても対策兵器(?)があるのは有り難いこってす^^

continuing story of Bungalow Bill....

by one_after909 | 2018-10-22 11:57 | CAMERA趣味 | Comments(0)
2018年 10月 22日

Looking through a awaji-island onion...

f0057849_8212356.jpg


秋も深まって参りました。。。

f0057849_823850.jpg

其処此処で風情を味わえますね〜^^

f0057849_831426.jpg

雲ひとつない秋晴れ...とは、まさにこの事か? 遠景と凪いだ海、『結局今年もサップやらず仕舞いやったなぁ? -_-』...とか

夕暮れ時、隣接する施設散策。随分久し振りです♪
f0057849_8422297.jpg


珈琲おかわり頂いて...まったりとした時間だけが流れていきます。お供ですか? シックにこんな感じで如何でしょう^^

f0057849_8294573.jpg


お土産はやっぱりコレですね^0^!

by one_after909 | 2018-10-22 00:48 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 10月 20日

FOR SALE : model #001

f0057849_1384584.jpg
*古い広告風に(いちどやってみたかった(笑))。..万が一支障ある場合は申し訳ありません、すみやかに削除致します<(_ _;)>

詳細はコチラ! continuing story of Bungalow Bill....

by one_after909 | 2018-10-20 00:35 | FOR SALE ! | Comments(0)
2018年 10月 20日

これはどうしたものか?

f0057849_2124687.jpg


PAUL McCARTNEY AND WINGS: WINGS 1971-73

Paul McCartney Archive Collection Limited Super Deluxe Edition
Both Wild Life and Red Rose Speedway Limited Deluxe Editions, plus:
Exclusive and numbered edition, 7-colour screen print on corrugated board.
Exclusive Wings Over Europe 96-page photo book with screenprinted cover.
Facsimile of the Wings Over Europe 1972 European tour programme.
Brand new stereo mix of tracks played on the 1972 tour on CD.

1. Big Barn Bed [Live In Newcastle]
2. Eat At Home [Live At The Hague]
3. Smile Away [Live In Berlin]
4. Bip Bop [Live At The Hague]
5. Mumbo [Live In Antwerp]
6. Blue Moon Of Kentucky [Live At The Hague]
7. 1882 [Live In Berlin]
8. I Would Only Smile [Live In Antwerp]
9. Give Ireland Back To The Irish [Live In Groningen]
10. The Mess [Live In Berlin]
11. Best Friend [Live In Antwerp]
12. Soily [Live In Berlin]
13. I Am Your Singer [Live At The Hague]
14. Seaside Woman [Live In Groningen]
15. Wild Life [Live At The Hague]
16. My Love [Live At The Hague]
17. Mary Had A Little Lamb [Live At The Hague]
18. Maybe I’m Amazed [Live In Groningen]
19. Hi, Hi, Hi [Live At The Hague]
20. Long Tall Sally [Live In Groningen]

厄介なのは、遂に5万円の領域に踏み込んだお纏め盤にはこのライブ盤が付いてくる事だ-_-

f0057849_1530138.jpg

その頃のライブ音源のLP/CDを、パッキン詰めしてあるのを除いて何枚か取り出してみました...扉写真と⇩のもの。。。

continuing story of Bungalow Bill....

by one_after909 | 2018-10-20 00:01 | EXCEPT ME & MY MONKEY | Comments(0)
2018年 10月 17日

季節の茸とピスタチオのポタージュ♪

f0057849_912818.jpg


お土産で頂いた pistàcchio

う〜ん...ローストされて実に香ばしく、ぽりぽり!っと堪らん^^ はて? ペーストの方は、どうやっていただけばエエんかな?

f0057849_11323281.jpg

と言う事で、辺りを見渡しまして...む!? キッチン片隅のこやつに目をつけました!


f0057849_1131410.jpg


季節の茸とピスタチオのポタージュ〜 *ドラえもんっぽく^^

ペーストのオイルとエドガーさんのオリーブオイルで仕上げ。我ながら美味ぃ〜!絶品!(笑) してレシピは?...と申しますと其の実ネット上の適当なんを参考にアレンジしただけ(^_^;)> ピスタチオとペースト少々を一緒にMIXER加えただけで俄然気分ですね〜? どっかのレストランで頂いた冷製のジャガイモのピスタチオ風味のを思い出させます♪

今度は混ぜる比率でお色目までもう少し気を遣ってみましょう


たいへんおいしく戴きました、ありがとうございました<(_ _)>


More

by one_after909 | 2018-10-17 10:01 | 閑話休題 | Comments(0)